2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

このサイトについて

Noburo01

 


 本サイトは、『みにの夢色探索』(http://blog.goo.ne.jp/yumeirotansaku)から、
中華料理店にまつわる記事だけを抜粋しスタート。検索しやすくした姉妹サイトです Ojigi

 

 

 
04_2

 


『ノブローの中華な日常』
 主人公は「食のアイドル」を目指して中国からやってきた、パンダのノブロー。
 中国料理を美味しく食べるためのヒントがいっぱいの、4コマ漫画です!(休止中)


・50音順索引 Kakeru
 左のメニュー「ウェブページ」から、レビュー記事のある店名を引くことができます。
(日付は、訪問日ではなく記事の投稿日です)

(※携帯電話からは、『ノブローの中華な日常』目次、および「50音索引」は使えません)

 


中華料理(飲食店) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 中華料理(グルメ)へ
にほんブログ村

 

2019年11月15日

老酒舗(ロウシュホ) 御徒町

Photo_20191115145701

老酒舗」(ロウシュホ)

最寄駅は御徒町。飲食店が軒を連ねるJR高架下に立地しています。

ネット情報で「味坊」さんグループという当店へは

前から一度お邪魔してみたかったのですが機会を逸していました。

先日の秋葉原イベントは都内に出る丁度良いタイミング。

夜と呼ぶにはまだ少し早い時間ですが、軽い中華飲みを目的として訪問しました。

店内は食堂というより日本の大衆酒場っぽい感じでとてもカジュアル。

壁のそこかしこに貼られた料理紹介の中に紹興酒の飲み放題情報を発見。

聞くと、入り口近くの紹興酒のカメから自分で注ぐシステム。

負ける気がしないので、この3杯目からの勝負に挑むことにしました。

料理は今日のおすすめとグランドメニューも含め、アラカルトチョイスでオーダー。

茹で馬肉の大蒜ソース@900

馬肉はさっぱりとしてあっさり。つけだれの大蒜ソースには刻んだ香菜も入り

赤身の旨さを味わうのに一役かっています。

苦瓜の塩卵和え@600

塩卵は白身のみ。色味的に少しイメージしていたものとは異なりましたが、

箸休めに丁度良し。サイドメニューとして置いておきたくなる1品です。

豚足

金額を失念してしまったのですが、きちんと処理された豚足は味がしっかり染みこみ、

皮がむっちりとしてコラーゲンぷるんぷるん。こりゃあ旨い。

とことんしゃぶりつきましたよ。

発酵白菜水餃子(酸菜猪肉)@240

数種類ある水餃餛飩からチョイス。むちむち皮に仄かな酸味と豚肉のあまみが調和した

肉餡で、この味に記憶が呼び覚まされ、味坊さんグループであることを再認識。

華美な創作系餃子とは一線を画する本物の力強さを感じます。

 

念願の初訪問を果たし、会計は1人当たり 2,000円ほど(千円未満四捨五入)。

最近はなかなか都内へ出ないので、再訪はいつになることかなあ。

老酒舗 (ロウシュホ)
東京都台東区上野5-10-12
TEL     03-6284-2694
営業時間/月~土 7:00〜10:00 11:00~22:30(L.O)
     日・祝 7:00~10:00 11:00~21:30(L.O)
定休日  無休    -店舗情報「食べログ」より-

2019年11月 1日

2019年11月1日

11

(ノブロー) いよいよ寒くなってきただな。

2019年10月14日

李厨房 香味 鶴見

鶴見駅東口、中華哈爾浜料理「李厨房」香味。

Img_3168

地元の方の情報をもとに某日の夜に初訪問。

目的地に着くとディープ感漂う隣の立ち飲み屋さんがのん兵衛のアンテナに引っかかり、

足を鈍らせますが、まずは初志貫徹。

入店後、指示を受けられたのは入り口に近いテーブル席。

店内TVでは丁度スポーツ番組が放映され、お馴染みさんなのかしら。

皆さん熱心に贔屓のチームを応援していて、活気に満ち大衆的な雰囲気が感じ取れました。

羊肉串

値段は失念してしまったのですが、羊肉串は本数縛りがあり、4本から。

锅包肉

店員さんにオススメされた壁貼りメニューより。お値段は1,260円ぐらいだったかな。

カリカリ衣の豚肉を甘酢あんで絡めた中国東北地方の名物。

ハルビン酢豚とも言われる料理です。ボリュームたっぷりで食べ応え十分。

サービスで供されたもの。

同様にサービスの鶏足(もみじ)

食べ切れなかったお料理はテイクアウト可能。

いただいた料理が少ないため、判断材料としては乏しいのですが、交通費をかけてまで、

とは言い難いように思えます。ここはお近くの方の利用向きかも。

店員さんもフレンドリーで感じがとても良かったです。

李厨房 香味
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2-9-11

2019年10月 1日

2019年10月1日

10

2019年9月10日

慶和楼(ケイワロウ) 鶴見

広東房「慶和楼」(ケイワロウ)再訪

ライス・お新香・スープ・デザートが付いたお手頃価格のランチメニューからチョイス。

Img_2818

麻婆豆腐@670

溶きたまごと豆腐の塩味スープにお新香のポジションには冷奴。

写真は失念してしまいましたが、杏仁豆腐のデザートが食後に供されます。

主菜の麻婆豆腐ですが、対面時の印象そのままに辛さはなく、程よく滑らかな豆腐に

挽肉はちらちら混じっていて、軽いとろみあり。

地元の方々の利用が多い当店ですから、老若男女安心していただける

緩やかな味わいとなっています。

 

私自身、四川スパイスの香る風味豊かな麻婆豆腐を望んでいたのですが

広東を主軸とする当店でこの料理を選んだこと自体、チョイスミス。

味のメリハリで物足りなさを感じてしまったのでした。

慶和楼(ケイワロウ)
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町21-7 第2野木ビル
TEL     045-585-5155
営業時間/11:00~15:00 17:00~23:30
定休日    第2・第4火曜日    -店舗情報「食べログ」より-

«南粤美食(ナンエツビショク) 横浜中華街