2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

このサイトについて

Noburo01

 


 本サイトは、『みにの夢色探索』(http://blog.goo.ne.jp/yumeirotansaku)から、
中華料理店にまつわる記事だけを抜粋しスタート。検索しやすくした姉妹サイトです Ojigi

 

 

 
04_2

 


『ノブローの中華な日常』
 主人公は「食のアイドル」を目指して中国からやってきた、パンダのノブロー。
 中国料理を美味しく食べるためのヒントがいっぱいの、4コマ漫画です!(休止中)


・50音順索引 Kakeru
 左のメニュー「ウェブページ」から、レビュー記事のある店名を引くことができます。
(日付は、訪問日ではなく記事の投稿日です)

(※携帯電話からは、『ノブローの中華な日常』目次、および「50音索引」は使えません)

 


中華料理(飲食店) ブログランキングへ

にほんブログ村 グルメブログ 中華料理(グルメ)へ
にほんブログ村

 

2019年9月10日

慶和楼(ケイワロウ) 鶴見

広東房「慶和楼」(ケイワロウ)再訪

ライス・お新香・スープ・デザートが付いたお手頃価格のランチメニューからチョイス。

Img_2818

麻婆豆腐@670

溶きたまごと豆腐の塩味スープにお新香のポジションには冷奴。

写真は失念してしまいましたが、杏仁豆腐のデザートが食後に供されます。

主菜の麻婆豆腐ですが、対面時の印象そのままに辛さはなく、程よく滑らかな豆腐に

挽肉はちらちら混じっていて、軽いとろみあり。

地元の方々の利用が多い当店ですから、老若男女安心していただける

緩やかな味わいとなっています。

 

私自身、四川スパイスの香る風味豊かな麻婆豆腐を望んでいたのですが

広東を主軸とする当店でこの料理を選んだこと自体、チョイスミス。

味のメリハリで物足りなさを感じてしまったのでした。

慶和楼(ケイワロウ)
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町21-7 第2野木ビル
TEL     045-585-5155
営業時間/11:00~15:00 17:00~23:30
定休日    第2・第4火曜日    -店舗情報「食べログ」より-

2019年9月 2日

南粤美食(ナンエツビショク) 横浜中華街

Photo_20190830214401

南粤美食」(ナンエツビショク)再訪

貸切宴会での利用。後に公表された幹事さんの記録に準じ、提供料理は以下の9品。

豉油鷄
西洋菜陳腎豬蹍湯
椒鹽粟米・香炸鴨舌
冬瓜炆蝦乾雷干
鹹蛋黄蝦碌
大頭菜蒸多寶魚
涼瓜炆排骨
蝦子撈麵
清補涼鷄蛋糖水

※幹事さんが、事前にお店と 打ち合わせして決定したもの。
通常メニューと異なるものがほとんどです。

なお、以前記した料理については、レポートを省略させていただきます。

豉油鷄

皮目はぷるとろで肉はむっちりとジューシー。

味の精度の高さは言うまでもなく、のっけから本気食いを発動させる力があります。

西洋菜陳腎豬蹍湯

具だくさんで食べて良し、飲んで良し、の滋味深い老火湯。

椒鹽粟米・香炸鴨舌

以前も登場したトウモロコシの揚げものに今回は鴨の舌も揚げもので参戦。

塩胡椒がピリッと効いた心憎い酒のおつまみコンビです。

鹹蛋黄蝦碌

殻をつけたまま包丁を入れ、揚げた大エビは香ばしく、身はぷりっぷりで、

繊維をプツプツ噛み切る醍醐味あり。鹹蛋(塩タマゴ)の黄身でコクがプラスされ、

エビの持つ甘みと調和した味わいは、筆舌に尽くしがたく、

思わず「旨い」と声が出てしまうほど。手掴みした指も舐めたいくらいです。

冬瓜炆蝦乾雷干

冬瓜と乾貨の煮物。

色味は地味ですが、乾貨特有の香りと旨味が味を深め、冬瓜はとろっとろっで、

ついつい箸が伸びる美味しさ。こうしたお料理がきちんと美味しいお店は貴重です。

大頭菜蒸多寶魚

大頭菜の漬け物を乗せた蒸し魚(鰈)。

鰈の身はふっくらとして皮目はとろ~り。漬物を乗せて蒸すと、クセのある味になるのでは、

と思ったのですが、醤油ベースのタレともしっくりとマッチし、予想以上の美味しさ。

やっぱりご飯が欲しくなります。

涼瓜炆排骨

排骨からのコクと旨みが炒め煮の大きな武器に。ゴーヤの苦みが爽やかです。

これも白飯に合う!

蝦子撈麵

ぷりぷりの海老ワンタンが周りを囲む蝦子撈麵。

スープをかけてほぐしながらいただきました。

清補涼鷄蛋糖水

白キクラゲ、ハスの実、クコの実ほか、をチームメンバーとした

甘すぎない庶民派デザートスープ。

しっかり食べているので、さすがに茹で玉子まで胃袋に収めることができませんでしたが、

毎度のことながら、現地の味を大切にした薄っぺらさのない内容構成で、

お店の方々はもちろん、幹事さんの采配にいたく感服しました。

南粤美食 (ナンエツビショク)
神奈川県横浜市中区山下町165-2 INビル
TEL     045-681-6228
営業時間/11:30~23:30(LO)
定休日 不定休     -店舗情報「食べログ」より-

2019年9月 1日

2019年9月1 日

09

2019年8月26日

本格湖南料理 李厨(リチュウ) 高田馬場

Photo_20190823220001

本格湖南料理「李厨」(リチュウ)再訪

宴会仕様で供された料理は12品。

過去の記録を振り返ると、同じ料理も多々登場しますので、それらについては

細かい記録を省きます。

凉拌腐竹(ゆば和え)

歯応えのある腐竹(ゆば)をピリッとした辛さで。

剁椒皮蛋(ピータンの漬け唐辛子和)

漬け唐辛子のパワーで辛さもアップ。辛味をストレートに感じます。

老干妈蒸茄子(湖南風蒸し茄子)

先の2品とはまた違うウマ辛さ。ニンニクが効きとろっとした茄子は

一度揚げられたようなコクがあり白飯を誘います。

干锅烟笋炒腊肉(ラーロウと竹の子干し鍋炒め)

干しの旨みがたっぷり。

ピリリとした辛さで食欲を刺激し、酒の肴にはもってこい。

ビールががんがん進んでしまいました。

剁椒鱼头(魚の頭の湖南風蒸し、麺付)

毛氏紅烧肉(毛氏豚角煮)

长豆角炒肉沫(長インゲンと挽肉炒)

前回いただいた発酵インゲンと同様に漬物のようなシコシコ食感。

肉の旨味に相まっておつまみ力を発揮しています。

白辣椒炒牛肉(白唐辛子と牛肉炒め)

牛肉は中華ならではのふわふわとした歯触りで、白唐辛子を使っているようですが、

唐辛子を使った料理の中では最もマイルドな辛さで親しみやすい。

全家福(湖南風豚ガツと豚肉団子の野菜鍋)

香辣翅中虾(エビと手羽の唐揚げ)

外はカリッと香ばしく中はしっとりジューシーな手羽先に舌鼓!

おこげも同居した唐揚げはピリッとスパイシーで、酒とは抜群の相性の良さですから、

これはできたら前半で出してもらいたかったなあ。

水果拼盘

スイカとメロン。

糖油粑粑(もち米団子)

揚げたもち米団子に砂糖とハチミツを合わせたようなシロップがかかっています。

ボリュームのある宴会料理に、すでにお腹も一杯ですが別腹が起動。

素朴で日常的に愛せる味わいです。

 

当店も信頼を寄せることが出来る一軒。

どのお料理もがっかりさせられることがなく、味の根底に本場のもつ底力を感じました。

本格湖南料理 李厨 (リチュウ)
東京都新宿区高田馬場3-4-16 MKビル2F
TEL     03-6886-9751
営業時間/11:00〜24:00(L.O.23:00)     -店舗情報「食べログ」より-

※今回も幹事さんのご尽力に感謝いたします。

2019年8月 5日

台湾客家料理 新竹 (タイワンハッカリョウリ・シンチク) 御徒町

Photo_20190801211101

台湾客家料理「新竹」 (タイワンハッカリョウリ・シンチク)再訪

某日は貸切宴会仕様。

事前情報によるとこの時期にしかいただけない台湾の緑竹筍をテーマに

新竹地方の特産品やおすすめの客家料理を織り交ぜてメニューを組んでもらうという話。

計13品になりますが、昨年の記録を振り返ると、同じ料理も多々登場しますので、

それらについては細かい記録を省きます。

皮蛋

台湾豆腐細切りの和え物

豚耳

香腸(台湾ソーセージ)

テンポよく供された上記4品に続き、スープ(正式名は不明)がサーブ。

テーブルに置かれた瞬間に春菊の青い香りが立ち上り鼻腔をくすぐりました。

ひと口いただくと干しエビや干しシイタケの乾物の力を宿したスープで、旨みの層が深く、

春菊の香りに相まって、地味な風体ですが、心底旨い。

また柔らかモチモチの白玉団子もこのスープの大きな魅力。

例えは適切ではないかもしれませんが 、スープにしっくりと馴染み、

お正月に食べる関東風雑煮のような親しみやすさです。

お替り必至の美味しさに頬が緩みっぱなしでした。

水餃子

緑竹筍

スルメ、セロリと豚肉の炒め

芙蓉蛋

エビオムレツ。エビ特有の臭みは下処理がきちんとなされているので皆無。

うるっとしてぷりぷりの心地よい食感にたまごは香ばしさと塩気のバランスが

絶妙で白飯を欲する美味しさです。

台湾高菜と豚バラ醤油煮(梅菜扣肉)

白鳳菜の炒め

客家飯(台湾高菜と挽肉の醤油煮丼)

レンゲで煮卵も崩し、がしがしと混ぜ合わせて口に運ぶ。

このスタイルでいただくのが一番うまい。

当店の梅菜は手間をかけ作られていますから、これを使うことで味の奥行きが

ぐんっと深まり、醤油煮に継ぎ足したようなコクが生まれ、他店ではなかなか

味わえないような味の円熟味を感じました。

新竹ビーフン炒め(炒米粉)

シーズン必食の旬グルメを求めての参加ですから、前回と料理構成が同じでも何ら不足なし。

マストで押さえたいお気に入りの料理もいただけ大満足でした。

台湾客家料理 新竹 (タイワンハッカリョウリ・シンチク)
東京都台東区台東3-14-9 水野ビル1F
TEL      03-5688-1388
営業時間/ 平日 11:30~14:00 17:00~22:00
土 17:00~22:00
定休日    日曜・祝日

台湾客家料理 新竹台湾料理 / 仲御徒町駅御徒町駅末広町駅

※今回も幹事さんのご尽力に感謝いたします。

«2019年8月1日