2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

01-1.横浜中華街

中華街大通り・関帝廟通り

2017年2月13日

大珍樓 新館 (肉まん) 横浜中華街

Photo

横浜中華街、本通りの「大珍樓 新店

本店ロスで心にぽっかり穴が空いたような自分。新館前の売店で点心を買い求めました。

店頭では様々な中華まんが販売されていますが、今回、記録するのは、塩味の肉まん。

個数やサイズもいろいろあるので、人数や目的に合わせた選び方が出来ます。

5個入りの肉まんは830円(税込み)で、小腹満たしにも丁度よい中くらいのサイズ。

きめ細かくほんのりと甘みのある皮に包まれ、練られた肉餡は細かくカットした野菜が入り

一つ一つの食感に先立ち、具材の一体感が織りなすコクを楽しむタイプ。

ふんわりと軽やかで、塩味ベースだからナチュラルな素材の旨さを味わえます。

個包装の大きい肉まんは340円(税込み)になります。包まれた肉餡の印象は同じ。

(ノブロー) おお!やっぱりボリューム感あるな。だども、味に重たさがねえから、ぺろりと食べれるで。

お醤油味の豚まんも食べましたが、私の好みは塩味の肉まん。

味の食べ比べも楽しい中華まん。中華街にお越しの際はぜひお試しくださいね。

大珍樓(ダイチンロウ) 新館 横浜中華街
神奈川県横浜市中区山下町143
TEL     045-663-5477
営業時間/11:00~14:00(LO) 11:00~22:00 21:30(LO)
定休日    無休     -店舗情報「食べログ」より-

2016年8月 6日

一楽(イチラク) 横浜中華街

Photo

中華街本通りの中国料理「一楽」 再訪

(ノブロー) またも2次会使用でか。おめら、すっかり一楽さんに甘えてるだな。

(寝太郎) 新規開拓も良いけど、麺を食べちゃったし、知ってる一楽さんなら

快く、中華飲みもさせてもらえるから……(汗)。それに、僕はこの店が好きなんだよー。

三色拼盤(三種冷菜盛り合わせ)1~2人前@1,400

叉焼、白切鶏、クラゲの冷菜(海蜇皮)。

また、当店、おまかせ季節前菜六種盛り合わせ(時季拼盤)もあります。

ちょこちょことした前菜が6種類、仕切り皿に盛られて1人前900円で提供してもらえます。

少ないポーションでいろいろな味を試したい方にはうってつけ。オススメですよ。

骨付き若鶏のパリパリ焼き@1,300

夏のおすすめよりチョイス。

味の変化を楽しめるようにハーブ野菜を効かせたタレもセットされますが、

まずは何もつけずにそのままで。皮目を香ばしく焼いた豊かな肉の旨みをじっくり味わいましょう。

なお、お話だと、こちらは宴会等の事前予約で申し込まれると、低温真空調理で出すことが

可能とのこと。さらに柔らかくジューシーな若鶏の味を体感することができるらしいので、

ご興味のある方はお店にお尋ねくださいね。

(ノブロー) 会計時に杏仁豆腐もらえただ。おっそろしくミルキーだで。ご機嫌な美味さだよ

 

一 楽

神奈川県横浜市中区山下町150

TEL      045-662-6396

営業時間/ 11:30~21:30(L.O.)

定休日/  不定休          -店舗情報「食べログ」より-

2016年7月 9日

一楽(イチラク) 横浜中華街

Photo_2

中華街本通りの中国料理「一楽」 再訪

某日は中華街の先輩と待ち合わせ。

大事な日は安心感をもって利用できる当店が間違いなしです。席のみを予約し、現地集合。

注文はグランドメニュー、夏のおすすめを中心にアラカルトでお願いしました。

焼味拼盤(焼き物盛り合わせ)@1,140

叉焼と豚バラ(クリスピーポーク)の焼き物。

以前にも何度か注文していますが、今日はタイミングがばっちりあったよう。

中華スパイスを控えた叉焼も塩加減の塩梅が良い皮目パリパリの豚バラ肉も

ジューシーで好感触。お酒とも相思相愛の間柄です。

サツマイモ春雨の酸辣ソースがけ@920

夏のおすすめよりチョイス。

当店にも詳しい先輩のお話だと、6月から夏メニューが登場するらしい。

食べるときはよく混ぜ合わせてから口に運ぶ。

マイルドな酸辣ソースを絡めた春雨はツルンとして喉越し滑らか。ここに香菜や細かくカットした

香味野菜、ピーナッツの食感を合わせ、味に立体感をもたせたさっぱりテイストの冷菜です。

私は好きな味なのですが、お店の方は順調にオーダーを頂けるか心配なよう。

風体も地味な感じですからね(涙)。

夏のおすすめの中で一番出世できるかはお客様の応援次第。宜しくお願いします!

蝦醤炒通菜

通菜(空芯菜)のえび味噌炒め。

クセのある味なので好みは分かれると思いますが、ハマルとこのコクがたまらなくなるのです。

インゲンと干しエビの強火炒め@1,200

夏のおすすめよりチョイス。火入れの妙でインゲンは歯触りしっかり。

(ノブロー) 細けえパラパラ干しエビは、旨味たっぷりで香ばしいだ。

白飯のふりかけに使いたくなる味だよ。

和え麵

ぱっと見はスープパスタ?のようですが、これが一楽スタイルの和え麵。

熱きファンの多い中、現在は裏メニュー的ポジショニングとのこと。

今回先輩の計らいにより提供いただけました。具材はシンプルに叉焼とネギ。

柔らかな麵が甘みとコクのあるープを吸い込み、ほのかな生姜の風味が食を進めさせる1品。

まかない料理のような親しみやすい味ですが、懐に取り込む旨さを実感しました。

(レンタロー) 一楽さんの隠れ飯、ごっちゃんになれてオラ幸せだよー。

先輩さん、多謝哂呀!

 

一 楽

神奈川県横浜市中区山下町150

TEL      045-662-6396

営業時間/ 11:30~21:30(L.O.)

定休日/  不定休          -店舗情報「食べログ」より-

2016年6月11日

同發本館(ドウハツホンカン) 横浜中華街

Photo_2

横浜中華街、郷土料理フェア。

次の店は中華街大通りの広東料理、中華菜館「同發 本館」 再訪

当店では広東料理の撈麺(ロウミン)に、“焼き物の同發”らしく名物の叉焼と細切りの

家鴨肉を使ったまぜそば「叉焼鴨絲撈麺」が登場。

清炒時菜蔬(季節の野菜炒め)Sサイズ@1,050

お目当ては撈麺だけれど、それだけでは申し訳ない。

一番リーズナブルなボトル紹興酒(金額失念)とともにオーダーしたのは、ニンニクを

僅かに効かせた野菜炒め。ちなみにRサイズは1,760円です。

(タクロー) この日の野菜はチンゲン菜だよ。

叉焼鴨絲撈麺(叉焼と細切りアヒルのまぜそば)@980

メニュー説明によると、「ロウミン」は同發新館の裏メニュー。

細麺の上にレタス、叉焼、アヒル肉を盛り、その頂には、パクチーをトッピングしています。

生姜も使い本館流にアレンジした撈麺は、オイスターソースベースのタレと混ぜて、

ということなので、寝太郎さんの協力のもとに作業を進行。

香り立つ焼物を主役にと、味付けは控えめにしているのかもしれませんが

一般にイメージできるオイスターソースとはまた別の味わいで、いまひとつピンとこない。

味付けが薄いわけではないのですが、独特で変化球を投げ込まれた感じ。

(寝太郎) 何かをかけたくなる味だね……。

卓上に用意はありませんが、個人的には辣醤のちょいつけがしたかった。

Hand01会計は、1人当たり2,000円(千円未満四捨五入)

フェアの料理を注文したので、当店でも缶バッジ(善隣門、朝陽門、朱雀門、延平門、玄武門)

を1個ゲット。こちらでは、選択不可。店員さんが持ってきたのは玄武門でした。

 

中華菜館 同發 本館

神奈川県横浜市中区山下町148

TEL      045-681-7273

営業時間/月~金・日・祝 11:00~21:30 土・祝前日 11:00~22:30

定休日   第1・第3火曜日

2016年6月10日

一楽(イチラク) 横浜中華街

Photo

2016年5月21日~29日、横浜中華街では郷土料理フェアが開催されました。

メニューにない「家常菜」が、この期間中、参加店舗24店でいただけると知り、

まず1店目に向かったのが、中華街本通りの中国料理「一楽」 再訪

このフェアでは、内モンゴル、広東、山東、四川、上海、台湾、福建と、7つの地方から

24種の料理が紹介されますが、当店では広東の家庭料理「例湯」が登場。

胃袋を開くには丁度良いではありませんか。

例湯@980

具材は、豚スペアリブ、鶏足(もみじ)、ハスの実、ダイコン、肉厚の干しシイタケ、ハトムギなど。

サーブ時には、醤油も小皿でセット。

鶏足(もみじ)やスペアリブも、骨からするりと外せるぐらい、じっくり煮込まれており、

出汁に力を使い果たしていますから、醤油につけて食べるのが正解でしょう。

派手さはありませんが、広東のおふくろの味「例湯」は、素材の生命力をいただく

素朴で温かみのある滋味豊かなスープ。このしみじみとした美味しさがたまらないのです。

(タクロー) こいは現会長が、昔、まかない料理として食うていたんだと。羨ましいだ。

(ノブロー) フェアの料理を注文すると、缶バッジ(善隣門、朝陽門、朱雀門、延平門、玄武門)

を1個もらえただよ。「一楽」さんでは、母ちゃんが選ばせてくれたんだ。

揚げナスの山椒塩炒め@1,200

薄く衣をつけからっと香ばしく揚げたナスを山椒塩と唐辛子で調味したおつまみに嬉しい1品。

スパイスを効かせたピリ辛さが酒を進めさせてくれました。

 

甕出し紹興酒(2合)@1,140ほか、生ビール、横浜LAGERで

Hand01会計は、1人当たり2,000円(千円未満四捨五入)

「例湯がいただきたくて私たちお邪魔したんです。」

そうお母さんに告げると、(例湯は)なかなか好評であるとにっこり。

またお邪魔させていただきますね。

 

一 楽

神奈川県横浜市中区山下町150

TEL      045-662-6396

営業時間/ 11:30~21:30(L.O.)

定休日/  不定休          -店舗情報「食べログ」より-

2016年5月19日

華都飯店(カトハンテン)(肉まん) 横浜中華街

Photo

横浜中華街、北京料理の「華都飯店」(カトハンテン) 再訪

前回目にした中華饅頭が気になったので、お土産に肉まん(4個)@1,080を購入。

同梱されていた「美味しい召し上がり方」によると蒸籠で15分程の蒸し時間が目安。

大きさは無駄にでかすぎず小さすぎずの丁度よい中華街一般サイズ。

17分ぐらいで蒸しあげました。

きめが細かくうるるん美肌なふっくら皮は、噛むとほんのりとした甘みが口に広がり、

皮のパートナーになる肉餡は、細かくカットしたタケノコ、シイタケなどが入り、下味が

強くないので素材の自然な美味しさを味わえ、軽やかで飽きの来ない肉まんになっています。

自分の中の位置づけでは、1個のインパクトは強くありませんが、

「紅棉」さん同様ナチュラル系に属し、後味の軽やかさでぱくぱく食べれてしまうタイプ。

これに対し、インパクトの強さでは、大きめにカットし調味した具材がごろごろ入った

「北京飯店」さんの五目肉まんがあげられると思いますが、こちらはパワフル系に属し

1個で充足感を得られるタイプ。

また、おやつ系に属するのが、下味しっかり「大三元酒家」さんの小さい肉まん、

「皇朝」さんが該当するのではないかと考えています。

 

華都飯店 (カトハンテン)

神奈川県横浜市中区山下町166

TEL      045-641-0335

営業時間/ 11:00~21:00

定休日    無休          -店舗情報「食べログ」より-

2015年12月30日

徳記(トッキ) 横浜中華街 

Photo

廣東料理「徳記」(トッキ)再訪

利用は壁際の4人掛けテーブル席。着座後の流れは変わらないけれど、ビール(中瓶)@520を

注文すると、お茶は後で新しいものをいれてあげると、いったん下げられた。

(ノブロー) 「とんそくそば」が有名な店だけんど、オススメしてえ料理には春巻もあるだよ。

脆皮春巻(五目入り春巻)@820

からしとカットレモン付き。小皿は人数分サーブ。

ぷっくりと膨らみ、きつね色に揚がったその風貌は、豚足ではないかと見紛うほど。

豊満なボディで実に力強く、美形なのだ。

バリバリバリ!心地よい音をさせながら皮を噛み切ると、中からしっかり下味をつけた

エビや豚肉入りの五目具材がお目見えする。

油こさがなく、軽くいただけ、物足りなさが微塵もありません。

からしなどの薬味はお好みで。満足度は高いですよ。

羗葱白灼尤鱼(イカの湯通し特製ソース掛け)@1,550

取り皿は人数分用意。

特製ソースを下に敷き、鹿の子切りされた真っ白なイカの上に白髪ねぎと香菜を配置したスタイル。

歯でさくっと切れるほど柔らかいイカに特製ソースを絡めながらいただきますが、

この味がまさに純廣東!うんまい。

豚脚麵(とんそくそば)@1,030

1人前をシェアする場合、取り皿は出されません。

刻みネギがちらちら浮いたスープは正しい醤油味。

自家製平打ち麺もお行儀よく綺麗に収められ、素っ気ないビジュアルにも敬意を払いたくなる。

豚足は醤油味をベースにした秘伝のたれで、とろんとろんになるまで煮込まれています。

(寝太郎) 八角も効いているね♪

連れ(寝太郎さん)と意見が分かれましたが、私は八角はそれほど強いとは思わず、

豚足にしゃぶりつくと骨が容易に外れる柔らかさで、濃い目の味も素材に調和し、

コラーゲンのぶるんっとした食感を存分に味わえた。

下には青菜も隠れています。

豚足は2本。1本を食べ終わったところで、タレに麺を漬け、つけ麺風にしていただく。

1度の注文で、味に変化をつけ楽しめるのが豚足そばの強みであります。

(寝太郎) みには、つけ麺風より、別々に食べたい派だけど、僕は双方とも

支持したい派だな。はじめは味が濃いけど、次第に薄まるしね。意外とイケルんだよ。

酒は、ほかに紹興花彫酒(ボトル640ml)@2,580を注文。

店のおばちゃんの話だと、あとプラス500円ほどでランクの上のものもだせるのだそう。

Hand01 お会計は、1人当たり3,000円(千円未満四捨五入)

今年も残すところあとわずか。年末年始用の紹興酒でも買って帰ろうかな。

 

徳記 (トッキ)

神奈川県横浜市中区山下町166

TEL      045-681-3936

営業時間/月~土 12:00~14:30 17:30~20:45 日・祝 12:00~16:00 17:30~20:45

定休日   水曜日(祝日の場合は営業)          -店舗情報「食べログ」より-  

2015年11月26日

紅棉(コウメン) (胡桃酥・特選肉まん) 横浜中華街

Photo

横浜中華街、関帝廟通りの中華菓子とまんじゅう「紅棉」(コウメン)→前回

久しぶりに当店の肉まんをお土産に買っていこう♪

新発売の胡桃酥も気になるところ。1個でも快く販売してくれます。

ひと口サイズの胡桃酥は、サクサクほろりのクッキー生地。

間にはクルミ入りのヌガーのようなものがサンドされていて、このサイズなら重たさを

感じさせず丁度良いお茶請けになる。

(ノブロー) こりゃあ、ええ。甘さにくどさがねえよ。

特選肉まん@330

価格改定あり。蒸籠蒸しで13~15分が目安と同梱された紙には記されていましたが

使用する鍋の大きさによっても時間は異なるよう。

店頭では17~19分とのアドバイス。今回は17分で蒸しました。

(早めの消費を推奨。夏期は冷蔵庫で約四、五日。冷凍庫で約一週間から一か月の保存可)

(ノブロー) オラ、覚えているだよ。ここんちのは、口当たりの優しい肉まんなんだで。

甘みのあるふっくら皮に、肉餡には細かくカットされたタケノコ、シイタケなどが入り

下味が強くないため素材の自然な美味しさが楽しめ、軽やかで飽きのこない味。

中国点心専門店と謳うだけはあり、好感度の高い味わい。

中華街にお越しの際はぜひお試しください。

 

紅棉 (コウメン) 

神奈川県横浜市中区山下町190

TEL    045-651-2210      

営業時間 10:00~20:00

定休日   無休

2015年11月16日

一楽(イチラク) 横浜中華街

Photo

横浜中華街、中華街本通りの中国料理「一楽」 再訪

(ノブロー) 2次会のちょっと飲みで立ち寄らせてもらっただよ。

若社長!TVK(テレビ神奈川)観ただよ、実物のほうがイケメンだでぇ。

「巻揚げ時間がかかりますので。」

青ザーサイは出来上がりを待つまでの嬉しいサービス。ありがとうございます。

エビの巻き揚げ

「巻揚げまいりました。失礼します。こちらお好みでレモン絞っていただいて、あとは薄く

味がついてますのでそのまま召し上がっていただくか、山椒塩、ケチャップもしくはお酢、

醤油をたらしてお好きな召し上がり方でどうぞ。」

酒の肴に選んだのは、網油炸巻

網脂で巻き、きつね色に揚げた衣は油っこさがなくて、サクサクかりっとした歯触り。

エビをはじめとする豊富な具材がみっしり詰まって、お肉感もしっかりあるから

食べたときの充実度が違います。当店で好きなメニューの一つです。

 

一 楽

神奈川県横浜市中区山下町150

TEL      045-662-6396

営業時間/ 11:30~21:30(L.O.)

定休日/  不定休          -店舗情報「食べログ」より-

2015年11月11日

一楽(イチラク) 横浜中華街

Photo

横浜中華街、中華街本通りの中国料理「一楽」 久しぶりの再訪

中華街のメイン通りに立地することもあり、平日遅めのランチだけれど、店内は盛況。

幸い1階奥の4人掛けテーブル席に空きがあり、スムーズに入店が叶った。

卓上周り等は変わりがないので省略します。

(ノブロー) 兄ちゃん、中華街で生まれ育った四代目の若社長だったんだな。

自らフロアにでて率先して接客にあたっているだ。向上心に富んでいて、立地の良さや

店の歴史の長さなんぞに、甘んじてねえんだな、意識が高え!

 

利用は2名、その若社長のオススメも参考に料理はアラカルトで注文。

まずは、キリン瓶ビール(一番搾り とれたてホップ)@600で乾杯だ。

焼味拼盤(焼き物盛り合わせ)@1,140

叉焼と豚バラ(クリスピーポーク)の焼き物。

焼きたて感はありませんが、厳選した質の良い肉を使用。

「そのままで召し上がっても美味しいですし、お好みで醤油、からしをつけられても良いです。」

焼味は香料をがっちり効かせた専門店(焼味)とは異なり、中華スパイス控えた

マイルドで食べやすい仕上がり。

中華街の目抜き通りに位置し、ここは観光客も多いのだ。したがって、(中華)料理通の方

ばかりが来店されるわけではない。やりたいことと出来ることのギャップをよく知っていて、

その中で力を尽くしているのだ。

(ノブロー) クリスピーポークはバラ肉に塗り込んだ塩の塩梅もええで。

叉焼はレジ近くで販売されてるで、買うて帰れるな。

で、レシピももらえたで、家で叉焼絲葱油湯麺なんてどうだろ。

鶏肉、スルメイカ、砂肝の四川式汁無し鍋@1,300

料理長イチオシ&社長オススメの干锅。

ほかに具材はネギ、じゃがいも、レンコン、香菜など。きっちり唐辛子と花椒たちも確認できる。

柔らかい鶏肉を頬張り、次は弾力のあるイカへと箸をのばす。こりっとした砂肝に

ホクホクとした根菜、様々な食感が楽しめ、旨味がダイレクトに伝わってくる。

強烈な辛味が突き抜ける四川特有のエッジのきいたものではありませんが、

ゆっくりじわじわ円やかな辛さが攻めてくるタイプで、味にまとまりがある。

ほら、いつの間にやら小鼻の脇にはじんわりと汗が……。

「パンチがもっと効いても良いと思うんですけど、そうすると食べる人を選ぶように

なっちゃうから。この場所柄、ある程度万人に受ける様なものにしておかないと。」

料理長を含め、厨房のコックさんはみな日本人なのだそう。

料理長の優しい味が生かされた四川。私は、これも一楽さんのカラーであると理解した。

(ノブロー) この時期、一楽さんにお邪魔したからには、これをごっちゃんにならねえとな!

上海蟹を食べるなら、都内より断然中華街!

今年は上海蟹の価格が高騰しているらしいが、ここは競争が厳しいため、

容易に提供価格を上げられないからだ。

丸蒸しをお願いすると「オス、メスどちらになさいます?」との問いに、

いまはどちらがオススメか尋ねると、どちらも詰まっていて美味しいですよ、とのこと。

蒸蟹は雄(オス)が好みなので、男の子でお願いした。(先日、雌(メス)もいただいているしね)

蒸し蟹用つけタレの赤酢と黒酢。

もちろんそのままでも十分に甘みがあり、美味しいので使用はお好みで。

蟹用の道具一式は、ガラ入れ、ハサミ、カニフォーク(2)。

フィンガーボウル(2)にはカットしたレモンも。

活け上海蟹の丸蒸し (雄)@2,500

「もし、あれでしたら、先にお写真をお撮りください。」

卓上へのお披露目タイム。産地証明のタグ付きです。

丸蒸しさんの晴れ姿をきっちり収めさせていただきました。

(ノブロー) 今日は社長さんが手袋をつけて解体してくれるんだと、ありがてえ~。

 

本日の上海蟹のサイズは170gぐらいとのこと。

これが11月になると、240gという大きさのものが入荷してくるらしい。

先日(10月)私も都内某上海料理店に電話で上海蟹の有無を聞いたが、11月スタート

と返答を受けた。やはり(上海蟹は)まだ出数が少ないため、中華街でも本格的な始動は

11月からのよう。当店、シーズンピークには、雌(メス)、雄(オス)、特大サイズの雄(オス)と

3種類用意されるので、食べ手の選択肢も増えていくことになる。

甲羅の中に、白子と味噌を取り分けてくれる。これが一楽スタイル。

オレンジがかった黄色が味噌で、透明で少し白っぽく見えるのが、オスの白子です。

スプーンを使ってシェアする。

「温かいうちに召し上がった方が良いですよ。」

うんまい!

ねっとりと甘美な旨さの白子を食べたいがために、蒸蟹を頼むようなものであります。

ハサミで足は丁寧に処理。このサービスは中国飯店さんに倣ったものだそう。

「そしたら、うちのお客さんもすごい喜んでくれるようになって――。」

社長さんは積極的に食べ歩き、学ぶべきところはしっかり吸収し、自店に反映させる努力家。

いまや、この解体処理のサービスは一楽の秋・冬の名物といっても過言ではないのである。

味のご紹介は古越龍山EXTRA SMOOTH(エクストラスムーズ)。

こちらはSaiさんでもちょこちょこいただいていますが、こうして写真に収めるのははじめてね。

口当たりも軽く飲みやすいタイプで、これは紹興酒を飲む方の間口を広げようと出されたものだとか。

度数も普通のものより若干低いのです。

飲み比べセット(定番)@800、(古越龍山)@900

蒸蟹を食べながらの紹興酒飲み比べ、このセットも手軽に味が楽しめて

Hand01会計は、1人当たり4,000円(千円未満四捨五入)

食後にはお茶のサービスも受けられた。

バランスよく中国料理が楽しめ、安定した人気を誇る老舗店。

気さくな若社長さんのお人柄も魅力だなあ。またお邪魔しよう。

※この日TVの取材があり、当店が本日(11日)12時TVK(テレビ神奈川)で紹介されます。

ご覧になれる方はぜひ。社長さんも出ているようですよ!

 

一 楽

神奈川県横浜市中区山下町150

TEL    045-662-6396

営業時間/ 11:30~21:30(L.O.)

定休日/  不定休          -店舗情報「食べログ」より-

※横浜中華街満足度数は、4.0~5.0

より以前の記事一覧