2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

01-2.横浜中華街

2017年8月23日

大三元酒家(ダイサンゲンシュカ) 横浜中華街

Photo_3

横浜中華街、南門シルクロードの上海料理「大三元酒家

テイクアウトで、何度か小包子(小さい肉まん)を購入していますが、

老舗の佇まいをみせる当店へは、以前から一度お邪魔したいと思っていたので、

海の帰りに提案し、はじめて入店しました。

中華街大通りあたりの喧騒から離れたことも、心理的に影響しているかもしれませんが

テーブル席のみでレイアウトされた店内は、しっくりと落ち着いた雰囲気です。

テーブル・セッティング:なし
テーブルクロス:なし
卓上調味料:有り
その他:爪楊枝、紙ナプキン
着座後:割り箸、業務用タオルおしぼり、メニュー、茶

海で飲み疲れた私達、今宵は料理の系統分類にはこだわらず、昔ながらの中国料理店で

食べた心安らぐ懐かしい味を求めて2品選びました。

奶油白菜(白菜のクリーム煮)@1,200

形をそろえ細長くカットした白菜に、仕上げはハムをトッピング。

優しい味のクリーム煮で、とろみ加減は緩めです。

協調性のある味わいですし、料理によっては組み合わせ、アレンジを楽しめそう。

蝦仁炒麺(海老やきそば)@750

表面を焼きつけた平べったい麺に、塩味ベースで調味された海老、キクラゲ、タケノコ、ニンジン、

チンゲン菜などがこんもり乗って、サーブ時にはからしもセットされました。

期待を裏切らず、ほっと和む味わいで、お手もとで酢をかけるのも有効。

(ノブロー) クリーム煮に麺を絡めて食べるのも美味いで。

お店自体は地味な印象ですが、気負わず利用できて、寛げる味があります。

会計時には、自家製の小包子(小さい肉まん)をお土産に購入。

小腹満たしにも丁度良いので、気に入っています。

大三元酒家 (ダイサンゲンシュカ)
神奈川県横浜市中区山下町136
TEL     045-641-4402
営業時間/11:00~22:00(21:30L.O)
定休日    不定休     -店舗情報「食べログ」より-

2017年8月 7日

許厨房 (キョチュウボウ) 横浜中華街

Photo

横浜中華街、上海路の「許厨房」(キョチュウボウ)

当店はオーナー師父の店。

葉山からの帰りに立ち寄ると、カウンター席とテーブル席でレイアウトされた小体な

1階は満員御礼状態。表には予約名を記した札が出ているし、入店は無理かと諦めかけましたが、

対応してくれた男性の話では、2階に15名様の宴会が入っていますが、その手前の席なら

案内は可能とのこと。外は大雨だし、この天候の中、海の荷物を持って移動はしんどい。

お言葉に甘えて、宴席の片隅にお邪魔させていただくことにしました。

 

指示を受けられた2階はテーブル席のみ。貸切るには丁度良い空間ですが、

週末の稼ぎ時なので、他のお客様の利用がある場合には、案内をしてもよいと、

幹事様とお話がついているらしい。ありがとうございます。

お店の方々はドリンク出しに大忙しのため、通常時とは異なるかもしれませんが、

テーブル周りは下記のとおり。

テーブル・セッティング:なし
テーブルクロス:なし
卓上調味料:有り(醤油、酢)
その他:爪楊枝
着座後:取り皿、箸、メニュー

店頭やメニューには、許耀庚氏と下田哲也(許明哲)氏が師父として紹介。

店名はこの2人が腕をふるうシェフ(ひょっとしたら親子?)の厨房を意味しているのだ。

フロアで接客にあたる年配女性は、奥様ではないかしら。

家族経営を柱とするアットホームな雰囲気が伝わってきます。

アラカルトチョイスの作戦会議。

メニューには一般的な中国料理もありますが、当店の主軸は台湾料理(台菜)であります。

ドリンクを注文後、サーブされてきたのは塩ピーナッツ。状態も良好です。

まずは、オーナーおすすめの一品から。

紅油餛飩(皿ワンタン)@800

香辛料の入った特製ダレを使い、仕上げに葱油をかけ香菜をトッピング。

自家製ワンタンはぺろんとした皮にきゅっと詰まった肉餡がチャーミングで、

そのワンタンを染める特製ダレは、辛味より甘みの勝る濃厚な味わいでありました。

蒸魚@1,500

油淋子鶏をお願いしようと思っていたのですが、フロアでサービスにあたっていた男性に聞くと

2人ではサイズが大きすぎるのではないかとのこと。

はじめてのお店で、こうしたアドバイスって有り難いです。

食べきれず、残したら勿体ないもの。

「2人で丁度よい量のおすすめって、ありますか?」

肉or魚の希望を聞かれ、提案力のある彼が推してくれたのが、イサキの姿蒸しです。

(寝太郎) 解体作業は僕がチャレンジしてみるよ!

蒸魚鼓油。イサキはふっくらとして身離れも良く、火の通し具合は申し分ありません。

もちろん、白飯をもらい、魚の身、ネギ、香菜をのせ、タレをかけていただきます。

しかし、自分には若干、タレの味が強く、同様に濃い味の、皿ワンタンのあとに続くと、

ドバドバかけるとまではいきませんでした。(汗)

ほかにおすすめは、牛腩刀削麺と聞きましたが、酒量が進み今宵はここまで。

直感ですが、当店は人数を集め、掘り下げてみる価値あり。

宴会のお料理には、通常メニューにはない台湾料理も提供されていました。

 

会計は、白カルロ@2,000、ウーロンハイ@400×3、紹興酒グラス@500を含め

1人当たり3,000円(千円未満四捨五入)

昼に葉山の「魚佐」さんで煮魚を食べ、夜に清蒸を食べる。お魚三昧の嬉しい1日でした。

許厨房 (キョチュウボウ)
神奈川県横浜市中区山下町188
TEL     045-264-4689
営業時間/11:00~24:00(L.O.23:30)
定休日    無休     -店舗情報「食べログ」より-

2017年6月 8日

南粤美食(ナンエツビショク) 横浜中華街

Photo_2

南粤美食」(ナンエツビショク) 再訪

「工夫厨房」さん退店後ですが、まだ食べたりないのであります。

東江鹽焗鷄(丸鶏の塩蒸し焼き)半羽@600

丸鶏の塩蒸し焼きをつまみに紹興酒(3年)@1,800を飲み、前回心に決めた雲吞で〆よう。

塩味がしっかり効いた骨付き肉は変わらず、シコシコとした歯触りで力強く、旨味が閉じ込められ、

現地っぽさを感じさせてくれる骨太な味わい。テイクアウトで求めることも可能です。

ほらね、麺抜きの海老ワンタン。ちゃんとあります。

香港海老ワンタン(8個)@880

淨雲吞。黄ニラの浮かぶ塩スープは鶏出汁メイン。

ぷりっとしたエビ入り肉餡を包んだ雲吞は芝麻醤の風味も感じられ、本場を想起させる味わいで、

なかなかいい線いってると思うんです。連れもこの雲吞には好反応でした。

さて、丸鶏の塩蒸し焼きをテイクアウトし、干し貝柱と自宅に眠るお宝食材、大地魚を

少しプラスして、とろっとろ粥を作りましたが、めちゃうまでしたよー。

自宅粥のために、当店に立ち寄りたいとさえ思うのでした。

南粤美食 (ナンエツビショク)
神奈川県横浜市中区山下町165-2 INビル
TEL     045-681-6228
営業時間/11:30~23:30(LO)
定休日 不定休     -店舗情報「食べログ」より- 

2017年5月10日

南粤美食(ナンエツビショク) 横浜中華街

Photo_2

南粤美食」(ナンエツビショク) 再訪→(前回:2016/10/29ブロマガ

初回同様、利用は1階窓際のテーブル席。

飯友さんとの会食にあたり、オーダーはお店推しの料理を中心にアラカルトチョイスしました。

明爐燒鴨(アヒルの炭火焼き)1/4サイズ@1,500

この日、2階では宴会の予約が入っていて、明爐燒鴨はそのリクエストに応えて作ったのだそう。

私達にとっては幸いなことに、少し余りがでたのでいただくことができました。

燒鴨(ローストダック)は、醤油や様々な漢方スパイスを加えて作る鹵水に

漬けてあるので、肉の芯まで味が染み込んで、香りよく、アヒル肉の旨みを味わえ、

本場の気取ったレストラン味ではなく、ちょっと街場を感じさせる骨太な美味しさが魅力。

(レンタロー) サイズは選べるんだけど、2人なら1/4で十分な。

今日はオラ的には、ちいと味が濃い思うんだけんど。

季節時菜@1,200

蒜蓉油菜。シンプルにニンニクと塩で味付けした小松菜の炒め。

芥藍と見紛うような見目良いビジュアルですが、調理前に、国産のものだと、

実物を見せてくれました。ハンサムな小松菜の、その健康美を損なうことのない

見事な火入れでシャキシャキとした歯触りを残しています。

皮蛋

料理の間のつなぎかしら。皮蛋をサービスでもらえました。多謝!

シェフもフロアのおばちゃん達も相変わらず感じが良いのであります。

西芹百合炒臘腸@2,000

シェフから厨房に吊るしてある廣東臘腸を食べてみるかい?とお尋ねあり。

卓には紹興酒の空き瓶が並びはじめ、財布の紐も緩み始めた頃です。気も大きくなって注文。

セロリ、百合根、中国腸詰(ソーセージ)の炒め。ニンニクと塩で軽く調味しています。

百合根はほこほこ食感で口に優しく、臘腸は甘みがあって香辛料の香り高く、噛むほどに

独特の風味が口に広がりますが、組み合わせたセロリの香りが力不足。

やはり日本のセロリでは難しいのかなあ。と独り言。

鮮蝦雲吞麵@900

黄ニラの浮かぶ鶏出汁メインの塩スープも本場っぽさを念頭に置いていると思いますが、

麺が違うため、香港のゴムのようなコシをもつ麺をイメージして注文すると、

気抜けしてしまうかもしれません。

個人的には、ぷりっとしたエビ入り肉餡を包んだ雲吞が、なかなかに本格的で

好感触だから、今度は雲吞のみでお願いしようと思います。

酒はアサヒ中ジョッキ@500×2、紹興酒ボトル(5年)@2,800、紹興酒(3年)@1,800。

この酒代がかさみ、1人当たり7,000円(千円未満四捨五入)(;・∀・)

1階は一人客やテイクアウトで「鹽焗鷄」を求めに来るお客様の姿もあり、

店も安定した人気をつかんだ様子。当店のファンの一人として嬉しく思います。

南粤美食 (ナンエツビショク)
神奈川県横浜市中区山下町165-2 INビル
TEL     045-681-6228
営業時間/11:30~23:30(LO)
定休日 不定休     -店舗情報「食べログ」より- 

2017年2月10日

大珍樓(ダイチンロウ) 本店 横浜中華街 【閉店】

Photo

横浜中華街、西門通りの広東料理の老舗「大珍樓」(ダイチンロウ) 本店。再訪

2016年の忘年会で、本店が年明け1月で閉店するというショックなニュースを聞きました。

大激震に動揺を隠せない参加者たち。

4階、座敷の円卓テーブル席ともこれでお別れなの(涙)?

一同の声に応えるように、当店と親交の深い幹事さんの尽力で、農歴新年會が開催され、

営業最終日に再び宴会メンバーが集結しました。

テーブル・セッティング:箸置き、箸(横置き)、取り皿、グラス、ナプキン、おしぼりトレー
テーブルクロス:有り
卓上調味料:有り
その他:爪楊枝
着座後:タオルおしぼり(トレー置き)

幹事さんから事前にお知らせいただいた情報では、料理は潮州菜。

当日菜單の用意はなく、後に教えてもらったのは以下の11品。

(※幹事さんが、事前にお店と打ち合わせして決定したもの。通常メニューにないものもあります)

1.鹽脆花生・鹹菜粒
2.潮州滷水(千層肉・豬脚凍・鴨肉片・鷄翼・鷄蛋・荳腐)
3.鹹檸檬燉鴨
4.炸牛肉丸
5.炸荳腐
6.梅子蒸大鱔
7.脆皮糯米醸大腸
8.魷魚碎肉粥
9.白果芋泥
10.水晶包
おまけ:伊府麪

料理は全て大皿での提供です。

鹽脆花生・鹹菜粒

潮州菜のスターターは、揚げ塩ピーナッツとフレッシュ感あふれる瑞々しいザーザイ。

潮州滷水(荳腐)

滷水は醤油や様々な漢方スパイスを加え作るタレのこと。

次はこのタレを使って煮込み、味を馴染ませた潮州滷水のオンパレードであります。

潮州滷水(鴨肉片)

潮州滷水(千層肉)

潮州滷水(鷄蛋)

潮州滷水(豬脚凍)

潮州滷水(鷄翼)

これぞ、潮州料理の本髄!

独特の風味が息づき、非の打ちどころがない美味しい滷水煮たちを堪能。

中でも私が気に入ったのは手羽先。手掴みでかぶりつくと、味がしっかり染み込み

ゼラチン質たっぷりで肉はすこぶるジューシー。滷水という芳香を放つ旨みのかたまりのよう。

目の覚めるような衝撃的な美味さでした。

(ノブロー) 日本でここまで完成度の高い滷水煮が食べれるとは――オラ、度肝抜かれただ。

鹹檸檬燉鴨

(レンタロー) アヒルの蒸しスープは、幹事さんが香港から調達してくれた

鹹檸檬が味の決め手だで。

鴨のコクに鹹檸檬の風味が相まり、蒸しスープならではの奥行きの深い味わいは

胃袋にしみわたる美味さで、レンゲを持つ手を休ませません。

炸牛肉丸

牛肉だんごは、香菜とニンニクががっちり効いて、牛脂も入っているんじゃあないかと思うほど

力強い味わいで歯触り豊かにぷりっぷり弾力。また、揚げてあるため香りもプラスされ、

酒のつまみにも嬉しいパワフルな1品です。

炸荳腐

しっとり揚げ豆腐はふわっとした食感で、ニラたっぷりの塩ダレに漬けて食べると美味しさ倍増!

梅子蒸大鱔

うなぎのプラムソース蒸し。

現地そのままのブツ切りスタイルにテンションは――。

(寝太郎) うなぎのぼり!なんちゃって~(汗)。sweat01

口当たりのよいまろやかなプラムソースがうなぎのコクにマッチし、本場力を有しながら

重くなりすぎないバランス感は妙々。目からウロコの旨さです。

脆皮糯米醸大腸

カリカリ大腸に糯米を詰めたもの。

(寝太郎) うぉぉぉー!インパクトあるなあ。まじかー!

ぱりっもちっ!

糯米には食感のアクセントにも働く、干し蝦、ハスの実、臘腸などが入って香り高く味わい豊か。

スイートチリがよく合うのだ。悶絶級の美味さに参加者一同笑みがこぼれっぱなしです。

魷魚碎肉粥

潮州式のお粥は、さらりとしておじやのように食べれるタイプ。

鶏、豚、干し蝦などをベースに、イカ、挽肉、干しシイタケほか、素材の生命力を生かした

旨味の深いスープは味の奥行き感がもの凄く、

前回その美味しさにガチ惚れしたのですが、早くもラストになろうとは(涙)。

飲んで良し、食べて良し!しみる美味さの潮州粥

ブログマスコットも別れを嘆き涙しております。

白果芋泥

ラードの旨さがきらりと光るタロイモとギンナンのデザート。

水晶包

スケルトンタイプのもっちり皮に包まれたのは、あんこ。

蓮の実あん。

素朴な美味しさのデザートのあとには、お店からのサプライズ!

伊府麪

油で揚げてから茹で戻した麺なので、味がよく染みるのです。

美味しく楽しい宴も幕引きの時間。名残惜しいのですがこれで本店ともお別れです。

こちらは3階の洋間、しっかり記憶に刻もうと、帰りは4階から階段でおりました。

1階でお客様を出迎えてきたジャイアントパンダの来来。

お店の方の話だと新館に移動するかも、と聞いたけれど。今頃、どうしているだろう。

また会いたいな。

骨格の太い料理構成に、今回も満足度は神クラス!この味に出会えて良かった。

※お店の方々をはじめ、ご尽力頂いた幹事さんに感謝であります。ありがとうございました。

2017年1月27日

好記園(コウキエン) 横浜中華街

Photo

横浜中華街、南門シルクロードの台湾料理「好記園」(コウキエン)

並びの「留仙閣」さんにお邪魔した時から気になっていたので、ランチに友人を誘い初訪問。

厨房を奥に配し、カジュアルで気安い雰囲気の店内。

利用人数を告げ、指示を受けられたのは4人掛け仕様の片側ソファテーブル席です。

テーブル・セッティング:なし

テーブルクロス:なし

卓上調味料:有り(醤油、酢、胡椒)

その他:メニュー、中華箸(箸立て)、取り皿、爪楊枝、紙ナプキン、ストロー、砂糖、ミルク(ポーション)

着座後:使い捨て紙おしぼり、中国茶(温)

台湾色を打ち出した家常的な料理を軸とする店ですが、ご家族連れの利用も多い

中華街という場所柄のためでしょう。メニューには一般的な中国料理も存在しています。

しかし、私のお目当ては台湾味。

チョイスはセットメニューから、台湾庶民の味、パイコー飯ですが、

これは実に悩ましい二者択一でありました。

席に着き、メニュー写真を見ると当店の台湾魯肉飯は「秀味園」さん、「蓮香園」さん同様、

魯肉のほか豚バラ角煮も参加するタイプで、脇を固めるメンバーは煮たまごと高菜。

対し、台湾風とんかつを乗せたパイコー飯にも魯肉と高菜が在籍しているじゃあないですか。

カリッと揚がったお肉に味のしみた魯肉、そこに高菜が混じり、などと想像を膨らませていたら

お腹の虫がグウグウと悲鳴を上げ始めましたよ。

パイコー飯にセットされるスープは、ワンタンスープ、海老団子スープ、魚団子スープから選べますが、

お店の女性(奥様かな?)の一押しは、ワンタンスープでした。

パイコー飯セット@950(税別)

チンゲン菜を両サイドに、ざっくりと盛り付けた家飯的風貌ですが、

香ばしいとんかつを齧りながら、白飯に魯肉と高菜を混ぜ合わせるようにしていただくと、

仄かに八角が香り、気取らない旨さが爆発!親しみやすい味のうまか飯です。

なお、卓上に豆板醤がなかったので、お願いすると快く出してもらえましたよ。

使うと味がピリリと引き締まります。

ワンタンスープは大きめの器で提供。

正直なところワンタン自体にインパクトはありませんでしたが、フライドガーリックの風味が

コクづけに働き、食欲を掻き立てるので、セットの良きパートナーとして活躍。

たっぷり飲めて身体も温まります。

友人チョイスの海老団子スープ。ベースの味は同じです。

デザートは杏仁豆腐。

トッピングはクコの実。のど越しがつるんとした杏仁豆腐(下)とぽってり濃厚な杏仁豆腐(上)の

ちょっと気の利いた二階建て。こうした細かいところにお店の本質が表れるのかも。

中華街のメイン通りからも外れ、立地的に少し地味な存在で、店頭のメニューを見ていると

奥様かと思いますが、表に出てきて声をかけてくるのです。

後に知ったのですが、ヒトサラの情報によると、当店は2012年にオープンした

オーナーシェフの店。

客を引いているお店は要注意という持論ですが、生き残りの厳しい中華街です。

アピールしないと、たちまち歴史の浅い個人店は食われてしまいますよ。

お酒も各種取り揃えられていました。今度は夜にお邪魔してみたいと思います。

好記園
神奈川県横浜市中区山下町106
TEL     045-641-8868
営業時間/平日・祝前 11:00~15:00(L.O.14:30)16:30~23:00(L.O.22:00)
              土・日・祝  11:00~23:00(L.O.22:00)   
定休日    木曜日 第2・4週目     -店舗情報「ヒトサラ」より-

2017年1月19日

大珍樓(ダイチンロウ) 本店 横浜中華街 【閉店】

Photo

横浜中華街、西門通りの広東料理の老舗「大珍樓」(ダイチンロウ) 本店。

再訪→(前回:2016/12/26ブロマガ

入店後、指示を受けたのは2階、窓際のテーブル席。

テーブル・セッティング:取り皿、小皿、小碗、レンゲ、箸置き、箸。

テーブルクロス:有り(布とビニールクロス)

卓上調味料:有り(醤油、酢、からし、北京ダック用海鮮みそ)

その他:爪楊枝、オーダー用メモ、鉛筆、呼び出しベル

着座後:メニュー、タオルおしぼり(直置き)

注文を検討するにあたり、食べ放題のメニューを見てみると、なかなか力の入った料理もあり、

その幅広さにびっくり。通常メニューにはないものもあり、またお値段もリーズナブルだから、

勝てる?と思ったのでしょう。食べ放題プランにも興味を示す寝太郎さんでしたが、

私の一声により彼の野望は打ち砕かれ、グランドメニューからアラカルトで臨むことに。

(寝太郎) ドリンクは飲み放題プランでいくよね……。

白灼牛肚(広東式やわらか牛モツのネギ生姜和え)@680

大ぶりカットのハチノスはハッとするほど肉厚で、ふっくら柔らかく咀嚼する楽しみに溢れ、

もちろん丁寧に処理されているので、臭みとは無縁。

中国醤油をベースとするソースにピーナッツオイルがコクを出し、味はまろやかで

モヤシ、ネギ、エノキ、香菜もふんだんに参加していますが、主役のハチノスがどっさり

入っているので、かさ増し感を覚えず、一致団結!味の調和を成しています。美味い。

叉焼滑腸粉(チャーシュー入り蒸しクレープ)@480

点心からも1品。腸粉は食べ放題メニューにも載っていたと思います。

ブログマスコットと見比べると大きさがわかりますでしょうか?小さめなサイズです。

つるんと滑らかで、ぷるぷるとした食感を期待していたのですが、蒸しクレープ自体が硬く、

歯触りが日本の餅のよう。これはちょっと当てが外れたなあ。(生意気を言ってすみません)。

避風塘天使蝦(天使エビの漁師風サッと揚げ金砂仕立て)@880

宴会でも登場したことのある避風塘天使蝦。

塩、胡椒、唐辛子がピリッと効いた細かいスパイシーパウダーは、エビの甘みを引き立て、

1粒たりとも残せない旨みのある味わいで食欲を刺激します。

(ノブロー) 天使エビは頭から全てバリボリ食べれるだ。

スパイシーパウダーとは好相性だよ。でえ好きだ。

毎日新鮮蔬菜料理(本日仕入れた野菜チョイス)@480

本日入荷のある野菜から選べ、調理法も指定できるシステム。

当店ぐらいの老舗店になると、通常2~3人前ぐらいの分量から提供されると思いきや、

新感覚のサービス形態。油菜は注文しやすい価格設定、かつ、飽きのこない小皿サイズが。

これなら、もて余すことなく楽しめるし、追加でほかにいろいろ食べれそう。

まずは、レタスのニンニク塩炒めから攻略。

毎日新鮮蔬菜料理(本日仕入れた野菜チョイス)@480

次は白菜の腐乳炒め。

広東白菜の入荷がなかったのは寂しいけれど、白菜の持つ甘みが生かされています。

(レンタロー) ポーション少なくか。メニューよく練られているな。社長のアイデアだべか。

千焼伊府麺(蟹肉入りイーフーメン)@880

(寝太郎) 乾麺の一種、伊府麺は、

『小麦粉と卵だけで練って作った麺(全蛋麺)を揚げ、保存が可能なことから、

インスタントラーメンの元祖といわれている』ものなんだって。知ってた?

具材は蟹肉とフクロタケほか。飾り気のない表情だけれど、コシのないくたっと柔らかい平打ち麺に

味がしっかりしみ込み、ついつい箸がのびる美味しさ。風味豊かでコクうまベリーナイスな味わいです。

お会計は、1人当たり4,000円(千円未満四捨五入) 

今回のチョイスは、食べ放題メニューに載せていないものを極力選びましたが、利用の際には

両メニューを見比べ熟考したうえで、それぞれのスタイルを楽しまれると良いかと思います。

さて、大珍樓本店2Fとこれでお別れです。ありがとうございました。

大珍樓 本店
神奈川県横浜市中区山下町202
TEL     045-681-3277
営業時間/11:00~22:00(LO21:30)
定休日    無休     -店舗情報「食べログ」より-

2016年10月20日

大珍樓(ダイチンロウ) 本店 横浜中華街 【閉店】

Photo_3

横浜中華街、西門通りの広東料理の老舗「大珍樓」(ダイチンロウ) 本店。再訪

以前、当店の社長さんから、小皿料理を始めると聞いたけれど、その内容が知りたくてならない。

某休日、寝太郎さんをお供に訪問を決行。

表のスタンド看板にも紹介されているし、本店で間違いないわね。

入店後、指示を受けたのは2階、窓際のテーブル席。

テーブル・セッティング:取り皿、小皿、小碗、レンゲ、箸置き、箸。

テーブルクロス:有り(布とビニールクロス)

卓上調味料:有り(醤油、酢、からし、北京ダック用海鮮みそ)

その他:爪楊枝、オーダー用メモ、鉛筆、呼び出しベル

着座後:メニュー、タオル地のおしぼり(直置き)

(寝太郎) ね、飲み放題プラン、まだやっているかな?

料理は小皿を中心にアラカルトで、と決めてあるけれど、メニューの束の中に、

飲み放題プランが見当たらない。ダメもとで聞いてみると、変わらずちゃんとありましたよ!

スタンダード(1,500円)とプレミアム(2,000円)で、各2時間制。

選んだのはスタンダードです。

チェイサーの水もウォーターピッチャーでもらえ準備万端。

今回、タイミングよく、1階で社長さんに会え、オススメの小皿料理を教えてもらえたので、

チョイスはそれを参考に選びました。

清蒸魚(核桃肉)(広東式蒸し魚の昔風(アイナメのホホ肉)メロウ使用@480

蒸し魚を注文となると、ある程度の人数が理想的だったり、また、2人では小さいサイズの魚で

お願いしなくてはならず、けっこうハードルが高いのですが、切り身での提供により問題はクリア。

小皿料理なら2人でも注文しやすく、これだけでお腹がいっぱいにならないところが嬉しいです。

お話によると、安定した供給が望めるとのことで、魚はアイナメのホホ肉を使用。

よく動かす部分だから、筋肉を食べているような健やかな歯触りで、タレの味も申し分なし。

白飯を誘う味わいです。

さて、次は社長さんも推していた鉄板焼き。

テーブルサイドにワゴンを寄せ、スタッフさんが料理を仕上げてくれます。

目で見て、じゅうじゅうパチパチとした音を聞き、香りが立ちのぼる。このライブ感がたまらなく楽しいのです。

鉄板黒椒牛柳(大珍楼特製牛ヒレ肉の黒胡椒鉄板焼き)@680

厳選したバターと玉ねぎを使い、ヒレ肉はすっと歯が入る柔らかさで、

ほんのりとした甘みが感じられ味はまろやか。

(寝太郎) これは原価率が高いんじゃあないかな。質が良いし、お得感ありだよ。

時菜沙律(広東式新鮮野菜の中華サラダ)@380

箸休め的に小さいポーションのサラダ。エビと揚げたワンタン皮が砕かれ、トッピング。

手元であっさり味のドレッシングをかけていただきます。

鹹魚蒸肉餅(ハンバーグ風蒸し肉の塩漬け干し魚のせ)@480

小さなボディの肉餅も、はっとさせるほど鹹魚の香り豊か。

このお値段が信じられないほど、クオリティが高く、真剣勝負の味わいに舌も心も満たされました。

白飯もですが、これで、チビチビ飲る酒もまた格別なのです。

お会計は、1人当たり3,000円(千円未満四捨五入) 

ポーション少なく、小皿料理がお手頃な価格から取り揃えられてるので2人でも楽しめ、かつ、

アラカルトでもお願いできる飲み放題効果で満足度は神クラス。


経営センス抜群の社長さんは、率先して現場に立ち、また各卓を回りホスピタリティ溢れる接客に

努めてくれるので、本当に頭の下がる思いです。

私達、料理だけでなく、そのお人柄の素晴らしさにも惚れ込み、足を運んでしまうのです。

最後に、今回は当店の宴会でお子様へと登場するハローキティカスタードまんをご紹介したいと思います。

1階「飲茶發發」のコーナーで販売。割って食べるのが躊躇われるぐらいの美形でしょ。

説明によると、厳しいチェックにより、選りすぐりのべっぴんさんだけが店頭に並ぶとのこと。

皮はふっくらしっとり、カスタードあんはとってもミルキーです。横浜中華街のお土産にいかがでしょう。

大珍樓 本店
神奈川県横浜市中区山下町202
TEL     045-681-3277
営業時間/11:00~22:00(LO21:30)
定休日    無休     -店舗情報「食べログ」より-

2016年8月24日

大珍樓(ダイチンロウ) 本店 横浜中華街 【閉店】

Photo

横浜中華街、西門通りの広東料理の老舗「大珍樓」(ダイチンロウ) 本店。再訪

某日は4階、座敷の円卓テーブル席を利用して潮州菜を軸とする宴会仕様。

以下の料理は、すべて幹事さんが、事前に店側と打ち合わせをしたうえ、

提供されたものなので、今回の料理に興味のある場合は、お店に確認を行い相談等を願います。

なお、テーブル・セッティング等は、変りがないため省略。料理は全て大皿です。

潮州打令

冷菜3品が次々に登場。

醃鹹菜 

荳醤蘿蔔

パリポリ食感が楽しい大根のお漬物。

豬脚凍

スネ肉の入った煮凝り。うんまい!

滷水鴨片

ニンニクと酢を合わせた漬けダレもセット。

家鴨の滷水煮込みです。下には滷水豆腐も。

豬尾花生湯

豚の尻尾、落花生をはじめとし、素材力によって味に深みが息づく滋味深いスープ。

スープに使った材料はきちんと皿に並べられます。

煮込まれ力を使い果たした感は、それほどではありませんが、やはり醤油ベースのタレを

かけていただくほうが無難。ぷるぷるの豚の尻尾、美味し!

凍蟹

蒸し蟹の冷菜。身もしっかり詰まってました。

旨味の強い発酵大豆のソースは、凍蟹で使う以外にも活用の余地あり。

蠔烙

牡蠣のお好み焼き。

外側をこんがりと焼き付け、中はしっとりもっちり。

小さな牡蠣の風味と相まり、味に甘ったるさがなく、これが潮州スタイルなのかと注目した1品。

香ばしさに食欲が刺激され、またずっしりとくる重たさがないのでパクパク食べれてしまいます。

菊花石榴鷄

鶏の茶巾包み蒸し。

中を確認すると潮州蒸粉果で出会う五目餡が包まれているような感じ。

塩味で整えられていますからこのままでOK。丁寧に作ったことが伝わる味です。

鹹檸檬蒸烏魚

蟹サンも驚きの大きさ。ビッグサイズの鰡の塩レモンソース蒸しに歓喜の声が上がる。

そして、幹事さんの見事な手さばきによる解体タイム。

豉汁鰻魚煲

歯応えしっかり、鰻の豆鼓煮込み。

ソースもいたずらに塩辛いものではなく、丸みを帯びた味わいで白飯と好相性。

魷魚肉碎粥

潮州式のお粥は、さらりとしておじやのように食べれるタイプ。

イカ、挽肉、干しシイタケほか、素材の生命力を生かした旨味の深いスープが味の要で、

味の奥行き感が凄い。飲んで良し、食べて良しの、非の打ち所がない、満点お粥は

一同の胃袋をガッチリとらえ、お替りラッシュ炸裂ですよ。

凄うまっ。ありがとうございます!と声に出したいくらい。食べれて良かったわー。

(ノブロー) こりゃあ、うめえだ!ええ出汁でとる。絶品だで、絶品!

馬蹄緑荳爽

緑豆とクワイの温かいデザートスープ。

芝麻球

骨格の太い料理構成に、今回も満足度は神クラス!非常に美味しかったです。

 

大珍樓 本店

神奈川県横浜市中区山下町202

TEL       045-681-3277

営業時間/  11:00~22:00(ランチタイム 11:00~15:00)
                オーダー式食べ放題 11:00~22:00
定休日     年中無休

※お店の方々をはじめ、ご尽力頂いた幹事さんに感謝であります。

2016年8月 5日

中華第一家 杜記(トキ) 横浜中華街

Photo_2

横浜中華街、香港路と市場通りを結ぶ台南小路の創作四川料理「中華第一家 杜記」(トキ)

中華街でのショッピング帰りに立ち寄ってみました。

お目当ては看板料理の刀削麺ですが、1品料理も頼んで軽く飲めないかしら?

店内は厨房をL字型のカウンター席で囲み、奥にはテーブルが2卓ほどで小体な造り。

ぐるなびによると総席数は18席とのこと。指示を受けたカウンター席に着きましたが、

店のキャパシティを考えると、中華飲みで腰を落ち着けるに申し訳なさそう。

卓上には、醤油、酢、辣油、胡椒、爪楊枝、箸(箸立て内)、テッシュボックス、

ウォーターピッチャーが完備。

着座後には水の入ったコップと業務用タオルおしぼりが袋のまま直置きされました。

カウンターにはメニューも置かれているので、目を通すと、2人で適量な小皿料理は少なく、

あまり食指の動かぬラインナップ。ならば、作戦変更が賢明。

とりあえず、頼んだエビス瓶ビール@550のあとは

目の前にアピールしている杜記イチオシメニュー、焼き餃子6個、エビス『樽生』セットで

餃子をつまみにビールを流し込み、さくっと刀削麺を食べて2次会へ向かおう。

焼き餃子6個、エビス『樽生』セット@760

サーブ時に不安を覚えましたが、予感は的中。

厚い皮は片面に痛々しい焦げ目を作り、噛り付くと肉餡がスッポンと抜けた。

肉質もいまひとつだし、硬くなった皮の焦げの味が口に広がり、チープな喉越し。

卓上の醤油、酢、辣油を総動員させ消化する。

杜記牛肉麺@950

注文時にパクチーは大丈夫であるか、確認を受けられました。もちろん、無問題。

刀削麺はオーダーを受けてから、包丁で生地を湯の中に削り落とします。

中華スパイスを使って煮込まれた牛スネ肉は、よく言えば力強い肉々しさがあり、

歯触りしっかり。生姜をぴりりと効かせたスープは旨みのあるマイルドな辛さで、

もっちりぴろぴろ食感の刀削麺にアプローチ。トッピングされたパクチーともよく合います。

刀削麺はボリュームもたっぷり。

連れとシェアしましたが、その際、取り碗も出してくれたので助かりました。

当店、某グルメサイトで評判がよろしい様子。ようやく私も訪問できましたが、費用対効果

からも微妙で、個人的には期待値ほどではなかったというのが正直な感想です。

 

中華第一家 杜記(トキ)

神奈川県横浜市中区山下町138-14

TEL   045-226-1090

営業時間/ 平日11:30~21:30(L.O.21:15)土・日・祝日11:00~21:30 (L.O.21:15)

定休日   水曜日         -店舗情報「食べログ」より-

より以前の記事一覧