2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

15-1.香港グルメ(香港島)

2016年12月17日

香港旅行2016(11月) №17 樂香園咖啡室

Photo

樂香園咖啡室」Lok Heung Yuen Coffee Shop

旅の最後に選んだのは、長い歴史をもつレトロなコーヒーショップでの軽食。

OpenRiceによると最寄り駅は上環とのことですが、香港・中環からも歩ける距離です。

メニューは広東語表記。店名の隣には「蛇竇」と()書きがありますが、

香港ポストさんによると、これは『広東語で営業マンが息抜きをする場所』という意味だそう。(*´艸`*)

菠蘿油HK$9、凍奶茶HK$19×2

「自製新鮮出爐麺包三文治」とありますから、パンは自家製。

そうなると選択からは外せない。どれも食べてみたくて、あれこれと迷いましたが

菠蘿包にバターを挟んだ菠蘿油で。

表面トップはさっくさくのクッキー生地で 下がふわんわりと柔らかく、素朴な甘みがバターの

コクと相まって、ほっぺたが落ちそうなくらい美味い。

そして濃い奶茶はベストパートナー。黄金コンビですよ。

はじめはチラチラ牽制しあっていましたが、ついには寝太郎さんと菠蘿油を巡って争奪戦が勃発!

いい大人がみっともない(^^;

沙爹牛肉公仔麵(出前一丁)HK$24(加HK$4)→HK$28

そういえば、公仔麵を食べていないと滑り込み注文。

出前一丁麵で作ってもらうと割増料金(HK$4)がかかり、計HK$28です。

サテソースをベースに味付けした牛肉を乗せただけのものですが、舌に馴染む心憎い味わい。

香港で食べる公仔麵は格別!ぺろりと平らげてしまいました。

店頭ではご自慢のパンが販売されています。

また地元香港人の熱烈な支持を受け、多くのお客様が注文するのが、飯もの2枚看板、

とろっとろの玉子が具材と相乗りする滑蛋叉燒飯、滑蛋蝦仁飯のとろたま兄弟。

空腹感を刺激し、ガツガツが似合うビジュアルだから、とっても美味しそう。

次回はそちらも食べてみたいなあ。

さて、名残惜しいですが、これで空港に向います˚‧º·(˚ ˃̣̣̥᷄⌓˂̣̣̥᷅ )‧º·˚ 

樂香園咖啡室 Lok Heung Yuen Coffee Shop
中環機利文新街8-12號地下
TEL 852-2522-1377
営業時間  月~土: 07:00-19:00

2016年12月 7日

香港旅行2016(11月) №12 蛇王芬

Photo

蛇王芬」 Ser Wong Fun。再訪

最寄駅は香港。

朝にボリューム満点な咖哩牛腩農夫飽にチャレンジしたため、まだお腹がこなれない。

お昼は軽くスープで済ませ、この後の食べ歩きに備えよう。

たまたま、中環でショッピングをしていたこともあり、移動に時間のかからない蔡瀾氏ご推奨の当店へ。

相変わらず蔡瀾氏の手のひらの上でうろうろちょろちょろな私達です。

こちらにお邪魔したからには「蛇羮」(蛇スープ)はいただいておきたいなあ。

前回すっごく美味しかったもの。

もう一つは壁の短冊やメニューをチェック。前回とは違えたいですからね。

(ノブロー) 5種類の蛇を合わせて調理した太史五蛇羮。

溢れんばかりに注ぎ込まれたそのビジュアルは変わらねえな。

蛇羮毎碗HK$120

香港冬の味覚として知られる蛇スープ。

具材メンバーも同じですが、ベースとなるスープが弱いように思います。もっと味に深化が欲しい。

香港ビギナーなので、詳しいことはわかりませんが、今回の訪港が11月はじめで、

表を歩く人々の服装は半袖も多く、シーズンに突入しきっていないこともあるのかな?

無花果蜜棗豬肺HK$100

四季原盅燉湯より。

イチジク、ナツメ、豚の肺のスープ。

歯触りのアクセントになる杏仁も浮かび豚肺は魅惑のフワフワ食感。

飲み進めるにしたがいその本領を発揮するスープで、

イチジク、ナツメの自然な甘みが入り、味に雑味がなく滋味深いものでした。

蛇王芬 Ser Wong Fun
中環閣麟街30號地舖
TEL 852-2543-1032
営業時間  月~日:11:00-22:30

2016年11月30日

香港旅行2016(11月) №9 坤記煲仔小菜

Photo_2

坤記煲仔小菜

最寄駅は西營盤。

香港迷の友人一人と現地集合。

予約していないけれど大丈夫かしら?開店前に並べばあるいは?と

当たって砕けろ精神で、日曜18時オープンの15分程前に到着(写真は昼間のものです)。

すると予想通り、わんさか待っている人がいましたよ。

しかし、きちんと並ぶというかごちゃごちゃと店先に集まっているという感じです。

開店と同時に入口に人が押し寄せてくるので、私達も頑張ってその一団に参加。

店のお姉さんに「三位」ヾ(´*д*`)ノ「○×△~」

カタコト広東語で3人の利用を告げるのですが、予約がないためはじかれてしまいました。

予約のあるお客様が先に指示を受けられる様子だから、空席が残ればチャンスはあるかも。

未練たらたらで待つこと少し。

店内へ予約客をさばいたあと、お姉さんが表にテーブルと椅子を出してくれ、

私達も無事に着座することが出来ました。

やった~!これで食べれるぞ 

この時期なら外でも全然問題ないし、かえって店内より気持ちがいい。

メニューをもらって料理選び、そしてビールが飲みたいとお姉さんに告げると、

コンビニで買って来なさい、との指示。まじかっ 酒飲みにはとても有り難い。

寝太郎さんにお買い物に行ってもらい、準備完了。2日目の夕飯スタートです。

豬骨煲HK$208

店の招牌菜(看板料理)の一つであり、必食メニュー。

卓上にカセットコンロをセット。トウモロコシ以外、火が通った状態で鍋ごと運ばれてきます。

ぐつぐつと煮立ってきたところで、蓋は回収され、実食タイム。

鸡脚や豚の大腿骨がどっさり入り、げんこつエキスが出まくったスープは白濁してさらり。

ほか具材は大根、枝竹(乾燥枝ゆば)など。

ちょいつけに供されたタレは、在りし日の「艇家大牌トン」(現在の「Nomuka」)さんを

彷彿とさせるような旨ダレで、ルーツはやはり香港だったんだとしみじみ。

また、当該鍋は野菜付き(送時菜一碟)。

素材の生命力を吸収し、旨みや奥行きが備わったご馳走スープはぐいぐい飲めて

お替りを欲する自然体な美味さ。

このスープを吸ったホコホコの大根やレタスも、もちろん無敵の旨さですが、

まだまだお楽しみは続きそう。

椒鹽九肚魚HK$80

からっと揚がって身はしっとりふっくら、そしてスパイシー。

かしこまらず下世話になりすぎずの匙加減が丁度良いのです。

臘味排骨飯HK$85

炊きあがりに時間を要するため、スタート時に注文を入れておくようサジェスチョン有り。

手もとで醤油を回しかけ、ザクザク混ぜ合わせる。

臘腸の香りが鼻孔をくすぐり、排骨は味が濃すぎずジューシーで旨み十分。

嬉しい副産物のオコゲもパリパリと香ばしい仕上がりで、100点満点の煲仔飯です。

このまま完食するのも良いのですが、〆の1杯には豬骨煲の白濁スープをかけ、

お茶漬け風に食べても美味しいですよー。

楽しみ尽くしたところで、食事も終了。酒代別なので、お支払いもとてもリーズナブル。

お店のお姉さんは、はじめ素っ気ない感じにみえたけれど、ちょこちょこ気にかけてくれて

優しい人なんだなあと思いましたよ。

客足の途絶えぬ人気店ですが、当店も再訪したいお店のリスト入りです。

坤記煲仔小菜
西環西營盤皇后大道西263號和益大廈地下1號舖
TEL 852-2803-7209
営業時間  月~土:11:00-00:30 日:18:00-00:30

2016年11月25日

香港旅行2016(11月) №7 波記燒臘粉麵店

Photo_4

波記燒臘粉麵店」 Po Kee

最寄駅は香港大學。西環の麵包店「生命物」さん並びというロケーション。

アヒルやガチョウの焼味には定評の高い当店へ

今回の旅の課題の一つ、「燒鵝瀨粉」をいただくためにランチ訪問です。

お昼時、徐々に混みあってきますが、入口近くのテーブル席に空きがあったので

相席を想定し横並びで着座。

店内で渡された メニューは英語が併記されていますが、日本語はなし。

「燒鵝瀨粉」を頼むのでもう1品はご飯ものにしよう。

具材を二種のせた雙拼飯の場合+HK$5の割増料金がかかるので、

スタンダードに1種類でお願いしました。

貴妃雞飯HK$30(左)、燒鵝瀨粉HK$30(右)

小ぶりな器から溢れ出さんばかりに乗った燒鵝は飴色に輝き、思わず息を呑むほどの美しさ。

まずこのビジュアルにハートを射ぬかれます。

齧りつくと皮目はパリッと、肉は健やかに引き締まり、味が濃くて美味しい脂がじゅるじゅる。

――美味い~。ああ、これなのね!

瀨粉(ライスヌードル)はしっかりとしたコシがあり、つるんつるんとして箸で掴みづらい感じですが

これもまた醍醐味。夢心地の美味しさですよ。

しかしです!それにも況して驚いたのは貴妃雞のずば抜けた旨さ。

こいつが凄い!肉を頬張った瞬間に私の中で鶏肉の歴史が変わりましたよ。

しっとりと柔らかく、たとえようのない旨みが口いっぱいに広がり、群を抜いたぶっちぎりの美味しさに陶酔。

(寝太郎) わかるよー。恍惚感に浸るってやつだよね。僕も同じ。

こんなに美味くてHK$30なんて、香港の食事情はどこまで奥が深いんだろう。

醤油タレにネギ生姜ソースを添え、ライスは長粒米を使用。一度食べたら忘れられなくなる美味しさです。

当店へはリピート決定。次回は雙拼飯で欲張りにいただいてみたいです。

波記燒臘粉麵店 Po Kee
西環皇后大道西425號P舖地舖
営業時間  月~土: 11:30-20:00

2016年11月17日

香港旅行2016(11月) №3 雞煲

Photo

雞煲

最寄駅は堅尼地城。士美非路街市の熟食中心と呼ばれるフードコート内に入っています。

当店が旅のリスト入りしたのは、「アガる香港旅」で講師をした池上千恵さんのプレゼンより。

当初は私と寝太郎さんの二人旅なので、積極的に予定に組み込んでいなかったのですが、

たまたま訪港の日程が香港迷の友人お二人と重なり現地集合が叶うことに。

胃袋が4つとなれば、火鍋もまた楽し。

3軒の候補店から残ったのが、一番気兼ねがいらなく、お財布にも優しいであろう当店です。

予約ができるのか否か、店の詳細な情報がわからなかったので、18時に現地入りすると、

フードコートはガラガラに空いていて(汗)。それはそれで、心配になっちゃうんですけど。

利用人数を告げ、指示を受けられたのが4人掛けのテーブル席。

卓上には、グラス、取り皿、取り椀、箸、メニューなど。

また、ピッチャーに入ったお茶とボウルがセットされるので使う食器を自分で洗います(洗杯)。

ドリンクは、藍妹啤酒HK$20×2からスタート。テーブルサイドにワインクーラーを置き冷やしてくれます。

日本語メニューはありませんでしたが、料理はオーダーシートもあるので、カタコト広東語でも大丈夫。

それに店の方たちがとても親切なので、チョイスする際にも細かくアドバイスを受けられました。

ん!この店にして良かったわ。

子薑皮蛋HK$48

トップバッターは麻辣の海に浮かぶとろんとした皮蛋とガリ。

乾雞煲(半隻)HK$128

お目当ては招牌菜の雞煲。乾鍋と火鍋があるので、ハーフサイズでそれぞれを頼むべきかと

迷っていたんですけど、店のおじさんから乾鍋を食べたあとの鍋にスープを入れて、火鍋ができるよ

とサジェスチョン。よって、乾鍋で決まり!

辛さは大・中・小・微・走辣(辛さ抜き)から選べ、チョイスは小辣。

味がぐぐっとしみ込んだ鶏肉はピリッと旨辛系で玉ねぎの甘みも効果的。

実直な美味しさの第一ラウンドです。

なお、後足しできるよう辛味調味料も置いてくれました。

翡翠雲耳炒鮮菌HK$68

セロリ、キクラゲ、レンコン、キノコの炒め。

きっちり油が回っていますが、軽やかあっさり味で素材の持ち味が生きていました。

威魚蒸肉餅HK$68

上には針生姜。

肉餅は硬くなりすぎずふわっとした食感で威魚の塩気と風味が相まって味わい深い。

三色蛋HK$58

皮蛋、塩蛋、鶏卵の蒸しもの(皮蛋、塩蛋は賽の目にカット)。

醤油タレがかかった家常的な茶碗蒸しです。

さて、鍋は第二ラウンドに突入。カセットコンロを使用。この段階でスープも入れてもらいます。

内蒙肥羊HK$68

牛肉はいいお値段なので、羊肉で。

西洋菜HK$23

クレソン。

各自好きなタイミングでいただきます。

ピリ辛さを引き継ぎ様々な素材の味がスープの奥行きを深めてくれ、一粒で二度美味しいお得感。

この食べ方アリ!だと思いましたよ。

唐生菜HK$23

中国レタスも追加注文。

赤酒、白酒は各HK$138。ワインは卓上に持ってきてくれ、選ばせてくれましたよ。

そうこうしているうちに、森堡啤酒 Sonderberg Beer のお姉さんが制服姿で登場したので、

さっそく2本注文(HK$15×2)。グラスに注いでくれるし、写真撮影にも快く応じてもらえました。

以前、北角の「東寶小館」さんではカールスバーグのお姉さんを見たけれど、

街市の食堂にはこうして、ビール売りのお姉さんがいるのかしら。なんだかとても楽しいぞ。

がらがらに空いていると思っていたフードコートも、ピークタイムには満員御礼。

お客様が入れ替わり立ち替わりで活気づいていました。私達、少し焦りすぎていたのかも。

埋單は、約1人当たりHK$210.5 なお、服務費はかかりませんでした。

雞煲
西環堅尼地城士美非路12K號士美非路市政大廈2樓熟食中心
TEL 852-2816-2098
営業時間  月~日:17:00-00:00

2016年7月28日

香港旅行2016 №32 新興食家 Sun Hing Restaurant

Photo

堅尼地城。「新興食家」 Sun Hing Restaurant

最終日の朝、深夜3時からオープンしているというローカル飲茶にトライ。

店内は現地色が強く、地元の客様であふれかえっている感じで熱気むんむん。

MTRが開通したとはいえ、人の流れの多い中心部ならまだしも、堅尼地城でなぜ当店だけ満員御礼?

と思わず息をのみましたが

ともかく遠慮がちにしていたら席も點心にもありつけません。朝から飲茶バトルです。

蓮香樓」さん同様タフネスが必要。これから空港に向かおうという最終日にはちょっと疲れた。

人気店でごった返していますから、当店も気力・体力とも充実している滞在前半に

クリアしたほうが良いと思います。

(寝太郎) バテたんだね。はい、流沙包だよ。店の人気點心。

注文だけど、回ってくる蒸籠を待つのもいいけど、食べたいものは、紙に書いて見せるといいよ。

饅頭を割った瞬間に中に留まっていた濃厚でぽってりコクのある黄色いカスタードが出現する。

お洒落飲茶で供されるものとは異なり、味に骨太さのある流沙包です。

新興食家Sun Hing Restaurant
西環堅尼地城士美非路8號地下C號舖
TEL 852-2816-0616
営業時間  月~日:03:00-16:00

2016年7月25日

香港旅行2016 №29 晶晶甜品 Ching Ching Dessert

Photo

1992年開業の「晶晶甜品」 Ching Ching Dessert

最寄駅は天后。「惠籮餅店」 さんの正面に立地する路面店です。

明日には帰国。当店は夕飯後のデザートにと考えていましたが、早々にクリアし、

最後のディナーをゆっくり楽しみたい。時間を繰り上げ、食前スイーツタイムを決行。

初日に「天后甜品」さんに向かったとき、店の前を通りましたが、その時は満席状態。

しかし、今回夕方の利用ですから、先客は1組のみ。

やはり香港人は遅い時間帯に多くデザート屋さんに立ち寄るようだ。

芒果雪紋奶冰(マンゴーの牛乳かき氷)HK$40

メニューは日本語併記あり。

熟したマンゴーとタッグを組むのは凍らせた牛乳を削ったふわふわに軽いミルキーなかき氷。

「天后甜品」さんの屋台感覚でいただく芒果雪花冰も美味しかったけれど、当店のものは

さらに繊細さが加わり口当たりが優しく女性的です。

玫瑰薑汁湯圓(玫瑰露酒餡)HK$32

日本語の説明では「ショウガ甘いスープの充填ワインバラの白玉団子」と記されており

わかりづらいのですが、生姜を効かせたスイートスープに浮かぶ白玉団子の餡に

ハマナス(バラ)を漬け込んだリキュール(玫瑰露酒)を使っているのです。

(ララ・メイ) 香港のデザート屋さんもここでしめくくりね。寂しいわ。

もっちりした白玉団子を噛むと芳しい香りがふわっと広がり、スープの味が華やぐ感じです。

日本人の口にも馴染む美味しいデザートがたくさん。またチャンスがあればお邪魔したいな。

晶晶甜品 Ching Ching Dessert
天后電氣道81A
TEL 852-2578-6162
営業時間  月~金: 13:00-00:00 土日:14:00-00:00

2016年7月22日

香港旅行2016 №28 順興車仔麵大牌檔

Photo_2

順興車仔麵大牌檔」 最寄駅は天后。

炳記茶檔」さん同様、大坑エリアに立地し、店は茶餐廳と道を隔て

ブルーシートをタープした大牌檔に分かれています。

今回の利用はロードサイドの大牌檔ですが、お料理は双方で出前という形で味わえるみたい。

空席を見つけ、相席での着座。張り出されたメニューからチョイスします。

お目当ては、午餐(11:00後供廳)、特別推介の招牌滑蛋三寶飯。

しかし2人で飯ものばかりを食べるのもつまらない。

店名にも冠している、麵を選べ具材も好みでトッピングできる全日供廳の「車仔麵」を

リストにあげていたのですが、蒸し暑さに思考回路がショートし、いろいろ考えずに済む

煎蛋叉燒配出前一丁湯麵をチョイス。後から反省(汗)。

この午餐(ランチ)にはドリンクがセットされています。

凍奶茶凍檸檬茶をチョイス。凍飲でお願いしたので各+HK$2です。

煎蛋叉燒配出前一丁湯麵HK$52

両面を焼いた目玉焼きと叉燒をのせた出前一丁スープ麵。

叉燒もしっかり旨みがあるし、スープの味も嫌味がなくて、ジャンクっぽさも優等生。

招牌滑蛋三寶飯HK$62

白飯(長粒米)を覆う小贅沢なのっけ飯!

とろっとろのたまごに相乗りする蝦、牛肉、叉燒は、その量もたっぷりで男性的。

これはテンションあがるわー。

甘みのある醤油タレは別カップで皿に同席しているから、好みの分量をかけていただく。

三種の異なる食感がたまごとともに豊かな味のハーモニーを紡ぎだし、タレも濃すぎず、

薄すぎず、甘みが心地よい。素直に美味しいと思える好感度の高い味わいです。

シェアしていただきましたが、断然、三寶飯が好みだな。

また、麵、飯ともにですが、ボリューム感がありました。満腹。

Hand01 埋單は1人当たりHK$59

明日が早いため、いったんホテルに戻り、帰国のためスーツケースの準備をします(涙)。

順興車仔麵大牌檔
大坑京街第一巷
TEL 852-2576-6577
営業時間  火~日:6:00-16:00

2016年7月21日

香港旅行2016 №27 惠籮餅店 Violet cake shop

Img_3641

惠籮餅店」 Violet cake shop

天后のパン屋さん。焼き上がりの時間にはけっこう人が並んで購入しに来るんです。

いろいろ買って食べましたが、これが1番気に入った。

店の奥から出してもらったんですけど、シャリシャリのココナッツ入りのパンです。

香港のパンは、生地がねっちりして噛むほどに甘みがあるし、日本のパンとは違う力強さと

素直な魅力があって美味いのです。

 

惠籮餅店 Violet cake shop
天后電氣道94A號
営業時間  月~日: 05:30-22:00

2016年7月15日

香港旅行2016 №23 彩雲南 Yunnan Rainbow

Photo_2

雲南料理「彩雲南」 Yunnan Rainbow

最寄駅は銅鑼灣。前回、宿泊先になった「香港珀麗酒店」の並び。

大坑に向かうとき、店の前を通っていたので、気になりブックマーク。

また、今回滞在しているホテルからも徒歩圏内なので、リストにあげたのですが、

寝太郎さんの話では

(寝太郎) るるぶ、香港マカオ´16にも当店が紹介されているよ。

とのこと。ほほう、私の鼻もまんざらではないのかも♪

落ち着きのある店内はテーブル席のみでレイアウト。スタッフさんから指示を受けたのは4人掛け席です。

異国感のある刺繍入りテーブルクロスの上にはペーパーランチョンマット。

グランドメニュー(日本語メニューはありませんが、英語の併記あり)を渡されたので、

料理選びの作戦会議に入りますが、まずは青島啤酒HK$28をオーダー。

(残念なことに藍妹啤酒は完売でした)。

なお、自帶酒水はOKで、持ち込んだワインの開瓶費を聞くとHK$50とのこと。

公爆牛肝菌HK$138

牛肝菌キノコと豚肉の炒めもの。香り高いキノコの風味を大切に味付けは最小限に抑えて。

雲南建水汽鍋雞HK$38/位

雲南名物「汽鍋雞」 汽鍋という鍋を使った蒸しスープです。

食べ疲れをおこしているかもしれない旅の後半に、滋養のある蒸しスープを組み、

ラストまで完走しようという算段。また、私自身、これが飲みたくて当店を最終リストに残した、

とも言えましょう。

雑味のないクリアなスープには、鶏肉の旨みが加わり、味に厚みと奥行きが生まれ、

ひと口ごとに胃袋へ優しくじんわり浸透していきます。

火夾乳餅HK$88

雲南チーズに雲南ハムを挟み表面を軽く焼いたもの。チーズにはほとんど塩気を感じられず、

素材力で勝負し、食べさせる1品。お酒の良き朋友です。

滇味什錦炒米线HK$58

いろいろ野菜と豚肉の米線。

ライスヌードルの一種である米線はぶつぶつ千切れて、ルックス的にはいまひとつ。

食感もふにゃふにゃとして、まるで給食のソフト麵がのびたように頼りないのですが、

発酵系の漬物を上手に効かせ、味を品よくまとめています。

Hand01 埋單は、1人当たりHK$204.5 食べきれなかった料理の打包もOK。

大きなインパクトはありませんでしたが、実直な美味しさを楽しめました。

 

彩雲南 Yunnan Rainbow
銅鑼灣信德街18號華英大廈地下
TEL 852-2881-8992
営業時間  月~日: 12:00-23:00

より以前の記事一覧