2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月28日

四川(シセン) 白金台

お一人ランチは、白金台、シェラトン都ホテル東京内の四川料理「四川

本日は、タイミングを見て、11時30分の開店と同時になだれ込みました。

IMG_9045

入り口を入ってすぐ左はレジのスペース。

すっきりと先の見通せる広々とした店内は席数116席とのこと。

IMG_9027 

ホールスタッフの方に、一人である旨を伝えると店内奥の右手側にあたる窓際の

4人がけテーブル席に案内していただけました。

洗練された内装にゆったりとした空間は実に優美。

隣との席の間隔が十分にとられているので、落ち着いて食事を楽しむことが

できそうです。

IMG_9030   

こちらの席からは大きなガラス越しに竹林を望む事ができます。

清々しい庭園の緑を眺めながら、いただくジャスミン茶にひと時の安らぎを

覚えることができました。

IMG_9037   

        胡麻味噌入り辛味汁そば(担担麺)@1732

先日、「華都飯店」でチャーシューのタンタン麺をいただいて、どうも不完全燃焼。

そぼろのタンタン麺が食べたくてやってきましたW04

四川の担担麺はランチメニューではありませんが、グランドメニューの単品から

注文することが可能です。

見た目はすっきりエレガント、ホテル中華だけにいいお値段しています

IMG_9043

胡麻がたっぷりきいたスープは、上品で奥行きのある深み。

私が辛いもの好きなせいか、色ほどには辛さを感じず、

中華麺に絡む複雑なスープの旨みのほうが強いように思えました。

そぼろも上質のもので肉自体の甘みがあります。

今回、少し麺が粉くさいかなとも感じましたが、食後の、あと味の良さは良好です。

 

ホールスタッフの接客・応対も、ソフトで丁寧かつスムーズ。

なんといっても、リラックスできる空間でお食事ができるのは魅力です。

四川は麻婆豆腐も人気があるので次回注文してみたいと思っています。

 

ここで個人的な好みを少し記録・・・。

もちろん四川も素晴らしいのですが、

やはり都内の坦坦麺では、「龍天門」と 「登龍」が好きです~。

 

四川(シセン)

〒108-0071 東京都港区白金台1-1-50 シェラトン都ホテル東京1F

TEL        0120-95-6662  

営業時間/ 06:30~10:00 11:30~14:00(L.O.) 17:00~22:00(L.O.21:30) 

定休日   無休 

http://www.miyakohotels.ne.jp/tokyo/restaurant/rest/02/1179824_4809.html

2009年10月21日

華都飯店(シャトーハンテン) 三田 【休業】

お一人ランチは、三田の老舗中華料理店「華都飯店」(シャートーハンテン) 

オーナーは清朝貴族の末裔、馬(マー)家の家庭料理がいただけるということです。

IMG_8771

お店は、慶応義塾側を背に桜田通りを東京タワー方面に進行、三田一丁目の信号を

左折して緩やかな坂道を上ると、通りに鮮やかな看板が出ています。

IMG_8738

古めかしいマンションの地下1階へ降りる階段の前にはランチメニューが

出されていました。

IMG_8743 

エントランス部分はいきなりゴージャス。しかし、レジには誰もいない。

すみませ~~んっ。と声をあげると奥から、年代ものの紳士(店長?)が現れ

次いで、あわててホールのスタッフの方が登場。

窓際の席へと案内していただきました。

IMG_8746

黒と紺色を基調としたシックな店内。天井照明もどことなく懐かしい古さをかもし出し、

優美な重厚感が漂っています。

席の間隔もゆとりがあり、ガラス窓の向こうは植え込みの緑が望めるように

なっているので、思ったほどの圧迫感はありません。

IMG_8740

ランチセットや単品セットメニューもあるのですが、麺類などもできるようです。

IMG_8748 ポットのお茶はジャスミン。

IMG_8751   

                 タンタン麺@1050

肉は、そぼろではなく、煮込んだようにやわらかく八角の効いた厚切りの

チャーシューが1枚入っています。

他には、刻みネギ、チンゲン菜、ザーサイ。 

各マスコミにもとりあげられたというタンタン麺の印象としては、見た目は

洗練されているといった感じではなく家庭的。

IMG_8756  IMG_8763

太めの中華麺。スープは胡麻がきいて濃厚な深みがあり

はじめはそうでもなかったのですが、次第に辛味がきいてきます。

ザーサイの塩気も適度に抜けているので美味しいですが、個人的には

別皿で持ってきてほしかったな。

IMG_8741

単品セットメニューには、白飯・スープがついてくるのですが。

IMG_8758

                焼売(5個)@945

この日は、お腹が減っていたので、しゅうまいも頼んでしまってます。

IMG_8764

品良く、ほんわりと甘みのあるしゅうまいは肉汁を含みボリューム感もたっぷり。

これは、美味しい。 個人的にタンタン麺よりこちらの感動が大きい。

 

私よりあとからいらっしゃったお近くにお勤めの常連さんと思われるお客様は、

ランチメニューで注文されていたようです。

タンタン麺、悪くはないのですが、好みとしてはチャーシーよりそぼろなので

次回ランチ訪問の際は、別メニューでお願いしましょう。

 

桜田通りには「中国飯店」もありますが、個人的には華都飯店の味の方が

馴染めそうです。 ランチ使用でしたらCPも悪くありません。

 

お店は、丸テーブルが並び、クラシックの流れる高級中華料理店といった構え。

きめ細やかな接客に趣のあるインテリア。

夜は、接待やあらたまった会食向きのお店かもしれませんね。

 

華都飯店(シャトーハンテン)

〒108-0073 東京都港区三田2-7-1 シャトー三田 B1F

TEL        03-3453-0893

営業時間/ 11:30~14:30(L.O14:00) 17:00~21:30(L.O20:30)

定休日   土曜日 

2009年10月13日

牡丹園 横浜中華街

夕刻、またも横浜中華街ですAicon339 

さあ、今日のお目当てのお店に参りましょう。場所は香港路。

IMG_8269

お店の看板の明かりばかりが、目立ちます。人通りはなし。

これ、金曜の夜です。中華街の平日は空いていますよ~。

IMG_8256

今日の中華ディナーは「牡丹園」です。昼間「愛群」のあとに中華街でお買い物

ついでにお店の外観だけ写真に収めておいたので、この写真は昼のものに

なっています。

IMG_8279

一見、暇そうに見えますが、2階席には予約が多数はいっています。

2階席はテーブルと座敷になっていますが、1階はすべてテーブル席。

何の予約もしていない私達は、1階の入り口に一番近い席に着席することが

出来ました。

IMG_8283 IMG_8280

店のそこかしこには、ベイスターズの選手や著名人のサインなどが飾られています。

お店の方は几帳面な性格なのか、綺麗にお名前がテプラ?シールで作成され

誰のものであるか一目瞭然になっていました。

IMG_8272

牡丹園」の名物料理といったら、中華風茶碗蒸しです。

IMG_8285

         生ウニの中華風茶碗蒸し(2人)@3675

ボリュームがあるので、2人ではりきって食べないと。 

IMG_8289 ウニ、イクラ。

しっかり出汁がきいています。 そこにウニ、イクラの塩分がプラスされ、

ほんわり仕上がった中華風茶碗蒸しのアクセントになっています。

この茶碗蒸し、口どけもするっと優しいタイプですが、2人でこれを食べると

かなり胃袋にこたえます。 数人で分け合うのが一番理想的。

IMG_8274

ショウコウ酒のお値段はまずます手頃。他には日本酒なども置いてありました。

IMG_8276

            ショウコウ酒(ボトル)@2100

切子グラスで出してくれるのは、嬉しいわ~。

けっこう、中華街はグラスに無頓着なお店も多いのです。

IMG_8300

中華風茶碗蒸しが胃におさまったところで、もう少しつまみ系を注文しよう。

IMG_8307

         鶏肉の唐揚げ酢醤油づけ@1785

油淋鶏です。 からっと揚がった熱々の鶏肉の唐揚げ。

少し甘めの酢醤油でさっぱりといただきます。

IMG_8309 酒のつまみになるのです。

IMG_8298 IMG_8294

コース料理には先ほどの、中華風茶碗蒸しがセットされています。

人数の集まるとき、一度は話のタネにいいかもしれませんね。

お店のおかみさん?の接客もにこやかでハートフル。

この日も常連さんや予約のお客様でけっこうな賑わいをみせていました。

 

なお、個人的にオススメしたいのは、平日の週替わりランチ。

600円・700円とリーズナブルなお値段で提供してくださってます。

こちらの牛バラも好評なのですよ。 

次回、平日に来れるときがあったらランチを食べに来よう。

 

さて、お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒で合計7560円なり~。

横浜中華街満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

チビーズ、もう一軒行くよ~~(^-^*)/

IMG_8270

香港路から大通りまで出ます。このネオンな感じがいいね~。

2

昼間の景色とは一転してライトアップされています。

「横浜中華街文化フェアー燈籠會」、美しいランタンに照らし出された街は

幻想的に目に映りました(o^-^o)

 

牡丹園(ボタンエン)

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町147

TEL     045-651-9168

営業時間/ 11:30~14:30(L.O.14:00) 16:30~20:30(L.O)

        土・日・祝11:30~20:30(L.O)

定休日    月曜日                   

http://www.botanen.co.jp/

2009年10月12日

愛群(アイチュン) 横浜中華街

横浜中華街にやって来ましたAicon339 

中華好きの私としては定期的にパトロール?してマーキングです。

本日は広東家庭料理「愛群」(アイチュン)

言わずと知れた牛バラの美味しいお店です。

IMG_8251

有給消化、平日の13時過ぎです。 平日に中華街に来れることはないので

昼は酒を控え牛バラで満たされましょう。 今日は夜も中華の予定なのです。 

IMG_8255 

場所は、關帝廟通り。小さめなお店なので、見落としてしまいそうですが

店先には上のような看板が出てます。マスコミにも多々取り上げられております。

店内に入ると家族一同で仕込みの最中か、1階のテーブルには大きいボウルに

山盛りに入った牛バラ肉が出来上がっていました。 わぉ、食べたい。

お店のおばちゃんが、ボウルを片付けてくれて、「こちらにどうぞ」、と

1階テーブル席に着席です。先客は1組のみ。

IMG_8202 まずは、ドリンク。

じりじりとお値段が上がっているのでしょう。シールが貼られ、お値段が修正されて

いるものと思われます。

IMG_8206

                  生ビール@650×2

せっかくのお休みなんだから、ビール1杯ぐらいはいいよね。 

ちゃんと、ジョッキも冷やしてくれています。細かいとこに気がついてくれるお店って

ありがたいです。

IMG_8200 IMG_8201

ランチメニューは左です。

Aの牛腩会飯@750と、牛腩湯麺@900 牛バラづくしでいきましょうか。

IMG_8209 IMG_8213

まずは、Aのセット漬物とスープ。

連れと2人でしたので、お店の方が、漬物少し多くしておいたわよ。 とのこと。

いきなりですが、フレンドリーです。

スープの見た目は、町の中華屋さんで炒飯を頼むとついてくるもののようですが、

牛から出汁をとっているのか、醤油スープにとがったものを感じさせない

やわらかいまるみを持ち、ほんのり生姜もきいているようでした。

IMG_8218

              牛腩会飯(牛バラ丼)@750

青菜添え。ランチのせいか、量は思ったほど多くはありません。

IMG_8242 牛バラ丼と一緒におばちゃんが

持ってきてくれました。何ですか~と聞くと「さんしょとうがらし」とのお答え。

すこし食べてから、使うといいよ。との指導付き。 

つまりは麻辣醤(マーラージャン)。花椒唐辛子味噌、中国の辛味調味料です。

辛いものが好きな私はコレを白ご飯につけるだけでオカズになります。

IMG_8219

愛群さんの牛バラ、好みです。

肉の旨みを残しつつ、とろけてコラーゲンもたっぷり。

ありがちな八角ばかりが浮き立った味ではなく、家庭的で優しいふくらみを持つ味。

何口か食べると、味わいがやや甘めにかたむく牛バラ丼に、先ほどの麻辣醤を

つけていただくと、味がぴりりと引き締まる。 またご飯が進んでしまうわ~W04

IMG_8230

              牛腩湯麺(牛バラ肉そば)@900

ストレートの中華麺。するすると食べやすい。

スープの牛バラ丼のセットスープをベースに、牛バラを加えコクを深めたものと

いった印象。しつこさはなく、優しい味わいです。

IMG_8236 

牛バラ丼のバラ肉より、しっかりしているものが入っています~。

IMG_8243 IMG_8247

Aセットの杏仁豆腐。

1個サービスしてくれました。ありがとうございます~。

自家製の杏仁豆腐は牛乳の入っていないもので、ベージュがかった色合いも

舌触りも独特。 甘さも控えめなので、さっぱりいただけました。

個人的な感想としては、牛バラ肉そばより牛バラ丼に1票かな。

 

お店は、家庭的な雰囲気で、おばちゃん(女将さん?)はとてもにこやか。

家族力をあわせて、真面目に商いをしているという姿勢にとても好印象。

どちらかと言うと、気負わず行ける普段使いのお店かもしれません。

さて、お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒で合計2950円なり~。 

横浜中華街満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

IMG_8259

お店を出た後は、大通りをふらり。小雨まじりの日ではありますが

この通りに、これだけ人が少ないのは平日ということも関係しているようです。

IMG_8262 なんだ、これは~~?? IMG_8263

華正楼本店前には「火鳳凰」。

これは、「横浜中華街文化フェアー燈籠會」 今年から始まったイベント。

「8月12日(水)から10月12日(月・祝)の2ヶ月にわたり、横濱中華街の随所と

横浜開港資料館で美しいランタンが展示され街をライトアップする」とのことです。

ぎりぎり間に合ったようです。夜が楽しみだわ。

 

愛群(アイチュン)

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町138

TEL     045-641-6245

営業時間/ 11:30~21:00(20:40L.O)

定休日    月曜日

2009年10月 2日

興源(こうげん) 本牧

今日は、軽くランチネタです~。 中華料理「興源

場所は、「奇珍」の先の本牧町になります。このあたりにもポツポツ中華料理屋さんが

あるのですが、中華街と違ってアイドルタイムのあるお店がほとんどです。

IMG_7449

ふらりと立ち寄ってみました。お昼の時間帯を過ぎていたのでお客様は

お一人様だけ。

IMG_7424   紹興酒(一合)@630を注文。

なぜか、日本の徳利で出てくるとこがすでに・・・・

IMG_7441 IMG_7444

                 焼きギョウザ5個@470

さしあたって、可もなく不可もなく、特筆すべき点は見当たりません。 

これは幸いしているのかもしれません。

IMG_7420 IMG_7421 

壁に貼ってあるおすすめとランチメニューを注文しよう。

IMG_7442

             フカヒレ入りそば@945

麺はストレートで柔らかめ。特別フカヒレ~~といった感じはせず、

醤油らーめんの延長線のような感じです。するすると食べやすいわ。

IMG_7427

        A 豚肉のオイスターソース炒め@750 

スープ・ライス・お新香・アンニンドーフ付き。

けっこうしっかり味がついているので、ご飯が進みます。

IMG_7447 アンニンドーフ

日本人好みの味付けの町の中華屋さん。これと言った特色がないので

残念ながら記憶に残りそうもないですね。

なお、お店の営業時間は11:00~24:00となっているのですが、自由人ですKaeru002 

お客様がひけると、さっさと厨房の明かりを消して、お店はなぜかアイドルタイムに

突入するのでご用心くださいませ。 

やっぱり、本牧町あたりではアイドルタイムありなんだと再認識でした~。

 

興源(こうげん)

〒231-0806  神奈川県横浜市中区本牧町1-35

TEL   045-623-3638

営業時間/ 11:00~24:00

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »