2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月21日

Lip stick(リップスティック) 蒲田

お一人ランチは、蒲田の香港料理「Lip Stick」 (リップスティック)Aicon339

といっても今日は日曜日。

IMG_0181

蒲田の中華は今や東口、京急蒲田方面は聖兆ですが、西口の「Lip Stick」 も

ご紹介したいと思います。

場所は蒲田駅、西口徒歩2分という利便性のある立地。

IMG_0125 

お店の入り口には、欧オーナーシェフのお写真が出ています。

お店のちらしによると

「本場中国の一流調理師四名が腕によりをかけ、卓越した技術と厳選した

新鮮な材料により最高の味を作り出します。」

欧オーナーシェフは数々の料理コンクールで優勝に輝き、また日本の料理番組

にも数多く出演なさっていらっしゃるとのこと。

IMG_0123

それはさておき、私のお目当ては日曜、祭日のスペシャルです。

平日のランチはHPを拝見したところ880円からあるようなのですが

残念ながら平日には来れそうもないので日曜、祭日のスペシャルで満足

させていただきましょう。

IMG_0128

こざっぱりした店内。1階部分になります。

お店には個室も完備した2階があるのですが、入り口は別です。

また、個室料金もかからないとのこと。

IMG_0131 まずは、ポットのお茶。

IMG_0179 IMG_0155

卓上には、醤油、酢、辣油などが置かれています。 

右の調味料は?酸っぱいような辛いような・・詳しくは不明。

IMG_0142

Bランチ(三種香港式蒸し点心、春巻き、ラーメン、コーヒー)を注文。

税込みだと1050円なります。

春巻きのなかみは、餡でまとめられ、とろっと、皮はさっくり揚がって

パリッという音が心地よい食感となって広がります。

IMG_0152 ラーメン。

平べったい麺です。

野菜を炒めた香ばしさが醤油ベースのスープに加わり、なかなか美味しい。

IMG_0156

三種香港式蒸し点心。

1

目にも鮮やかな蒸し点心は、もっちもちの皮に海老、ニラ、肉の三種類。

とぉーてもジューシー、かつ、品が良くしあがっています。

IMG_0175   

セルフで食後のコーヒーをいただきます。

 

実は、この前連れと一緒に日曜、祭日のスペシャル(Bランチ、Cランチ)を

いただいたのですが美味しかったので、また一人で来ちゃいました。

下の写真がそのときCランチ。デジカメがなくて携帯で写してますから

鮮明ではないのですが

2

Cランチ(三種香港式揚げ点心、野菜 玉子スープ、海老 チャーシュ入り炒飯、

コーヒー) 揚げ点心には、スイートチリのようなソースがついていました。

野菜 玉子スープは具沢山で塩加減もよく、海老 チャーシュ入り炒飯は

チャーシュの旨みが全体にまわっており、やや濃い目にも思えますが

味付けがしっかりしているので、冷めても美味しくいただけました。

 

スタッフも中国の方だと思います。お料理は本場の味を若干日本人むけに

アレンジしているような感じです。

この味で1050円は嬉しい。横浜中華街の他店と比較して考えると、日曜、祭日の

ランチセットで、これだけの味を同じ金額でいただけるところはそうはないと思う。

難を言わせていただくと、前回来たときよりラーメンの量が少なかった。

バラつきがあるのかもしれないですね。


Lip Stick(リップスティック)

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-43-6 カレントビル 1F・2F

TEL     03-3730-4632

営業時間/ 月~土 11:30~14:30(L.O.) 17:00~22:30(L.O.)
        日・祝   11:30~22:00(L.O.)

定休日    年中無休

http://bit.softin.jp/lipstick/

2009年12月16日

京都旅行2009秋 №25 美齢(めいりん)

三日目のディナーには「美齢」(めいりん)Aicon339

旅行中、中華も食べたいので、某ガイドブックで調べて予約しました。

IMG_1712

今回の私達の京都ご飯のテーマとしては、町屋造りのお店での食事。

こちらも某ガイドブックの写真を見たところ、趣のある座敷席でお食事が

できるはずなのですが

Piyo004_3 ここで、町屋造りとはなんぞや。 

間口が狭く、奥行きが長いのが特徴の家屋。と思っていました。

IMG_1714    

閑静な住宅街の細い路地にお店はありました。

確かに細長い敷地に建てられておりますが、こちらのお店は縦に長いと

いうより横に長いのですっ。 あっ、これも町屋造りだと思いますが。。

 

小ぢんまりした店内。1階はカウンター席とテーブル席。

予約の旨を伝えると、案内されたのは1階テーブル席でした。

あれ?このお店は全席、座敷席ではないんだ。 

どうやら、某ガイドブックの写真から私達が勝手に「町屋造りの座敷席

で中華というイメージを持ってお店に入ってきてしまいました。

IMG_1724

お店の2階が座敷席になります。2卓。

こちらには通常5名以上でないと予約ができないらしいのですが、お店の方に

お願いしたところ、1卓空いているとのこと。 快く、席を替えていただけました。

IMG_1721 

まずは、生ビール(えびす)@500×2を注文。

IMG_1738 

お店は、男性のシェフお一人に女性のホール係りお一人で切り盛りなさって

いらっしゃいました。 注文があるときは、壁の呼び出しボタンを押します。

IMG_1720 

一品料理が注文しやすい価格帯でそろっています。

IMG_1744

               海老のマヨネーズ炒め@900

私がいつもいただく海老マヨネーズとは見た目が違う感じがする。

海老の背に切れ込みが入っていないし、片栗粉は使われているのか不明。

油通しもなされていないようだ。

私的には想像していたものと違う。

中華の海老のマヨネーズ炒めというより、マヨネーズと粒マスタードを使った

海老サラダに近い感じかもしれないと思いました。

IMG_1734

1本から注文できる春巻きがあるのは嬉しい。

IMG_1741 

                 春巻き(1本)@200

そのものは悪くないのですが、残念なことに、やや油ぎれが悪い。

IMG_1729   

次は、野菜 豆腐料理から選んでみましょう。

IMG_1752   

             石焼マーボー豆腐@800

私はどちらかと言うと四川が好きなので、こちらのマーボー豆腐は

やや甘めに思えました。

花山椒のきいた家庭的な美味しさがあります。

熱々の石焼鍋を使った演出も、美味しさの相乗効果を高めているようです。

IMG_1760 

               紹興酒(グラス)@500

ロックで注文したところ、氷をまあるくカットして出してくださいました。

こういう細部に気遣いがきいていると嬉しくなります。

IMG_1764

この後、2階座敷席の残りの1卓には予約の6名様が入られて、お店の

対応も追いつかないぐらいの盛況ぶりになりました。

6名様はこのお近くの大学生のご様子。

地元のお客様に愛されているお店なのです。

さて、宴会のお邪魔をしてはいけないので早々退散しましょう。

 

感想としては、私の好む中華ではなかったものの、隠れ家的な雰囲気を

もち、品良く優しい味付けのあっさり中華だと思いました。

また、お料理の単価がリーズナブルなのも魅力。

お店の対応も、とても腰が低く丁寧で好印象でした。

 

お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒(他、追加で生ビール@500)で

合計3900円なり~。 

こちらのお店はカード不可。現金会計でお願いしま~す。

 

美齢(めいりん)

〒602-8454  京都府京都市上京区黒門通元誓願寺上ル寺今町511

TEL          075-441-7597

営業時間/  11:30~14:00 17:30~21:00

定休日/   月曜・不定休

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »