2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月28日

楼蘭(ろうらん) 銀座

2009年12月某日のお一人ランチは、「楼蘭」(ろうらん)銀座コア店Aicon339

IMG_1697

コアビル10階。入り口からも高級感が漂ってきます。

IMG_1664 

ホールスタッフの方に、一人である旨を伝えると奥のテーブル席に案内されました。

まずは、ポットのジャスミン茶。

IMG_1656

おそばが食べたいわ。 滅多に来る機会もないので・・・。

IMG_1680

           楼蘭特製蟹肉入りつゆそば@2200

大フンパツしました。澄んだスープは見るからに品が良く、鶏をベースに

出汁をとっているようで、とてもあっさりして丸味のある味わい。

IMG_1686

中華麺の艶やかで滑らかなこと。美しいです。

蟹肉入りの上品なスープ美味しい麺の2つを堪能できます

どちらかが、まあいいかっ、というシロモノではなく双方ともレベルが高い。

お好みでどうぞと胡椒を出されましたが、せっかくの上質なスープがもったいないわ。

私には不要。 このままで一滴も残すことなく飲み干してしまいました。

 

他のお料理をいただいていないので推測になりますが、おそらく品が良く

綺麗にまとまった中国料理がいただけるのではないかと思います。

ホールスタッフの接客・応対も、ソフトで丁寧かつスムーズ。

贅沢をさせていただきました~。 ご馳走さまでした~(o^-^o)

 

楼蘭(ろうらん)銀座コア店

〒104-0061 東京都中央区銀座5-8-20 銀座コア10階

TEL      03-3575-0787

営業時間/ 11:00~22:00

定休日    銀座コアに順ずる

http://www.rolan.cc/

2010年1月22日

華都飯店(シャートーハンテン) 三田

2009年、12月のお一人ランチは、三田の老舗中華料理店「華都飯店Aicon339

(シャートーハンテン) 再訪です。

IMG_1734

マンションの地下1階へ。

IMG_1732

入り口から調度品が並びます。

IMG_1703 

今回はレジにお店の方がいらしたので、すんなり案内していただけました。

IMG_1736

今日は、単品セットメニューから注文してみよう。

IMG_1710

                      華丼@945

華都飯店の一文字を取った華都風牛肉の醤油煮込みどんぶり。

ハーフの煮玉子とチンゲン菜付き。 この煮玉子は大事なポイントね。

この日のスープは、ワカメ、タケノコ、タマネギの入った玉子スープ。

IMG_1722   

なんだか見た目もいい感じ。 平らに敷いたライスの脇にたっぷりの

牛肉の醤油煮込み。箸でほぐれるくらいにトロトロの部分もあれば

しっかり歯ごたえを残している部分もあります。口の中でとろ~りとろける

ゼラチン質がまた美味い。

IMG_1725   

ライス全体にまわると印象としては、ビーフシチューのような感じ。

食べやすくてはじめは良いのですが、ボリュームがあるため、途中で

単調な味わいに飽きがくるかもしれません。

ここに麻辣醤などがあればちょっと変わってくるのだろうけど。

IMG_1720 

さて、この日は夜の時間帯に忘年会が入ってらっしゃるのか、いつものテーブル席

ではなく個室の方に案内されました。  円卓で贅沢にお一人ランチです。

IMG_1730

シャンデリアが映りこんでいるのがおわかりになりますでしょうか?

IMG_1707   

ベストに蝶ネクタイの男性のホール係りさん。いかにもウエイトレスさんといった

制服姿の女性スタッフ。 

レトロな雰囲気を漂わせる店内は、静かにゆっくりと時が流れているように感じます。

・・・私たちが急がしすぎるのかな。

不思議と心安まるものがあります。

IMG_1700

しかし、今回もお腹いっぱいです。

お店を出て表で、ふと目についたのが「ランチセットにサラダがつきます。」

という文字。次回はコレかしら? 

 

華都飯店(シャトーハンテン)

〒108-0073 東京都港区三田2-7-1 シャトー三田 B1F

TEL        03-3453-0893

営業時間/ 11:30~14:30(L.O14:00) 17:00~21:30(L.O20:30)

定休日   土曜日 

2010年1月 5日

福満園(ふくまんえん) 横浜中華街

元旦のランチは四川・湖南料理の「福満園」別館Aicon339

IMG_2222

場所は、四川料理の「景徳鎮」と同じ市場通りになります。

IMG_2187

狭い入り口に、これでもかと貼る!貼る!貼る!

中の様子をうかがい知ることはかなり難しいわ。

IMG_2224

秋元さんも安住アナも召し上がったのですか~。

IMG_3196

まずは、生ビール(中ジョッキ)@550×2でんな。 

予め取り皿が、各テーブルに用意されています。

IMG_2193

注文はもちろん海の幸入り陳マーボー豆腐@1890

歯応えの良い海鮮入りって楽しみです。

ちなみにマーボー豆腐はこれだけですか?とお店の方にお聞きしたところ

他にもありますが、うちの一番のオススメはこれです!

と、きっぱりおっしゃっていらっしゃいました。 

IMG_2195

          海の幸入り陳マーボー豆腐@1890

おっ!いい感じだわ。 一口いただくとまさに辛ウマっ。

次第に額にじんわり汗が・・・・。

海鮮は貝柱などが細かく入っています。この海鮮からの出汁も加わり

旨みを増しているようです。

どちらかと言うと、辣(ラー)の辛さが前面に出ているように思います。

比較は申し訳ないのですが、個人的に好きな「景徳鎮」の本場四川風

マーボー豆腐(激辛)と比べるとコクもやや浅めで、海鮮が入っているから

なのか?全体的にマイルドに感じる。

しかしながら、唐辛子と花椒のたっぷりきいた海の幸入り陳マーボー豆腐は

十分辛くて、酒飲みのつまみにもなって・・・・

IMG_2203 

ライス@210もらっちゃってます。

ご飯もガンガン進みますW04  この辛ウマが冷めても美味しい。

IMG_2212

ちょっと、辛くなったお口の中を休めましょうか。

IMG_2210

            芝海老の卵白仕立て@1680

ぷりっぷりの海老に卵白の塩加減も良くてまとまっています。 福満園さん、

四川・湖南料理だけでなくお料理がちゃんとしている様子。

これなら、辛いものばかりでは、というお友達も誘いやすい。

IMG_2213 IMG_2214

紹興酒の他にもワインがあります。

紹興酒が苦手という方も、お酒の種類が豊富ですから選択の余地があります。

IMG_2219

私たちが利用させていただいたのは1階席ですが、お店には2階に個室

もあるようです。

男性スタッフの接客対応も気持ちよく、紹興酒のチェイサーにお水を

お願いすると氷をつけてもってきてくださいました。

IMG_2216 ヨンクマもこっそり参加中。

お店の看板メニューには、黒チャーハンもあります。

私は、単品でチャーハンを頼むことが少ないのですが、こちらのお店には、

再訪して四川よりも辛いといわれる湖南料理をじっくり味わってみたいと

思いますから、その時に注文してみよう。 

さて、お会計ですが、2人で、

上記お料理とお酒(他、紹興酒2合@1050)合計5930円なり~。

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。

横浜中華街満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

 

福満園 別館(ふくまんえんべっかん)

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町137

TEL   045-662-0003

営業時間/11:00~24:00(L.O.23:30) 

定休日   無休

http://www.fukumanen.jp

2010年1月 3日

北京飯店 横浜中華街

IMG_3125 

2009年、最後の夕飯は横浜中華街へ。

IMG_3128

お目当てのお店は「北京飯店」、言わずと知れた北京料理のお店ですAicon339

北京ダックを日本で広めたのもこの店という老舗。

場所は、中華街の朝陽門(東)に隣接。みなとみらい線の元町・中華街駅にも

近くとてもアクセスの良い立地になっています。

IMG_2153

某ぐるめサイトで評判の良い小籠湯包を注文しましょっ。

なんと8個入で@1570。 そんな・・・2人で小籠湯包(ショウロンポウ)ばかり

そんなに食べれないわ。  いろいろ試したいの。

・・・と思ったら3個以上の注文で受け付けてくださるとの説明。

1個@210とのことで、小籠湯包4個@840でお願いしました。

IMG_3134

まずは、連れが生ビール@630

私は、紹興酒・女兒紅(にょじこう)500ml@2310

中国では女の子の誕生の折に貯蔵した酒を、嫁ぐ日に嫁酒として持たせるという

習わしがあるそうです。縁起の良い紹興酒でありまする。 ロックでいただきます。

お通しでしょうか。

ザーサイの他に野菜の酢漬けされたものが小皿でついてきました。

また、小籠湯包を注文したので、針生姜入りの黒酢タレも同時に運ばれてきています。

IMG_3136 

                小籠湯包4個@840

先に連れが1個頬張り、続いて私が ・・・・・・・・・。

顔を見合わせ、あれ??確かに熱々の肉汁たっぷりなのですが、その肉自体の

持つ旨みがどうも感じ取れない。これは、物足りない。4個の注文でよかったわ。

IMG_2151 

気をとり直してペキンダック4枚@4200を注文しましょう。

IMG_3147

                 ペキンダック4枚@4200

ペキンダックは自分で包むかどうかを聞いてきます。

この際だからお店の方にお任せしました。

なかみは、ネギ、キュウリ、ペキンダック、甜麵醤(テンメンジャン)ベースのタレ。

これは、美味しいCrown04  ダックの皮も程よく脂をもちジューシー、なおかつパリッと

していますが、私が一番美味しいと思ったのはペキンダックを包む薄餅です。

しっかりとして甘みがあり、タレを十分に受けとめ完成度を高めているような

気がしました。さすが、北京ダックの老舗、この逸品には風格があります。

IMG_2176

これから、カウントダウン・パーティーがあるのでお腹を少し空けておきたいところ

ですが先ほどから、卓上メニューがチラチラ目についてます。

IMG_2177

                    担々麺@980

北京料理屋さんに来てまで、担々麺を食べずとも・・・

ですが、始めました宣言を見てしまうとつい。。それに、かくし味に干しエビ、

揚げニンニク、揚げネギ等々と書かれていると頭の中が妄想で~~。

IMG_2184 平べったい麺。

あの~。 一般にイメージ出来る担々麺とはベツモノです。

干しエビなどからのコクも加わり、美味しいのですが、辛さはほとんどありません。

ゴマ風味そばといった感じでしょうか。なかなか複雑な奥ゆきを持っています。

IMG_3154

お店は、深夜1:30までと遅くまで営業していますので使い勝手も良し。

 

さて、接客にいたっては愛想がありません。

まぁ、中華街ではこうした対応も多いです。気にするなかれなのですが

会計の際、テーブルに伝票もなければ番号札もなく、レジで奥の席ですが

と申し上げたところ、黙ってさっさかレジ打ちをなさっていたけど本当に

私達の伝票なのか不明確。ちょっと不信感が残りましたが。。

大晦日のお忙しいときなので、この会計の対応はたまたまだったのでしょうか。

さて、お会計ですが2人で、上記お料理とお酒で、合計は9270円。

ちなみにお店は、カードでのお支払いも可です。 

 

北京飯店(ぺきんはんてん) 

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町79-5

TEL          045-681-3535

営業時間/ 11:30~翌1:30(L.O) 

定休日    無休

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »