2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月19日

重慶飯店 別館 横浜中華街

ランチは四川料理の老舗、「重慶飯店」(ジュウケイハンテン)

重慶飯店は本館・新館・別館など数店舗ありますが今回の利用は別館。

場所は関帝廟通りと長安通の交差する一角。横浜中華学院も目印になります。

ランチタイムは11:30から。

中華街を観光する団体バスのお客様でしょうか?

旗を持ったガイドさんの誘導でお店の中に入られます。

私たちも入店。 1階のずずっと広い大広間に案内されました。

奥を見ると、先ほどの団体さんが着席している。

推測ですが、バスの団体さんは奥から、フリーは中ほどから詰めていくのかな。

さて、昨晩は四川料理の「水煮・・」狙いで「謝朋酒樓」にしましたが

もちろん重慶飯店にも「水煮・・」はあります。

じつは、お店を決める際に「重慶飯店 別館」にも立ち寄り、店先に出されている

メニューを確認したのです。

すると水煮料理は2000円以上。そして紹興酒のボトルもいいお値段。

泣く泣く断念したのです。

ちょっと足が遠のく高級店。そんなお店はランチでお邪魔してみよう。

しかも本日は平日。土・日・祝日とはまた違ったリーズナブルなランチがあるかも

しれない。 すると、ありましたよ。平日のサービスランチかな♪ 

満足・満腹ランチ@980

①から⑧の中からお好きな料理1品+本日のスープ+白飯+デザート。

写真を撮るのを失念しましたが、白飯はおひつで出していただけるので

自分に合った量でいただくことができます。

(※私は連れと2人での利用でしたが、お一人でいらしている方でも同様に

白飯はおひつで出されていました)

まずは、キュウリの漬物と本日のスープ。 2人前を一緒盛り。

キュウリの漬物ですが、色は赤いのに甘い。てっきり辛いのではと思ったのに意外。

この日のスープは、鶏肉やシイタケ・ニンジン・白菜・冬瓜などの野菜が入った

ぽってりととろみのある塩味ベース。

⑦四川風 牛バラそば

私チョイス。

タケノコ、シイタケ、牛バラ肉。

ゴロゴロと惜しみなく入った牛バラは、八角が効いていて口の中で

ちょうどよく、ほどけるやわらかさ。

ラー油が入っていますが、それほど辛くはありません。 旨みがあって美味しい。

⑧本家のマーボー豆腐

連れチョイス。

荒挽きの挽肉がたっぷり。ぴりぴりジンジンと舌がしびれるように、花椒が

効いたものではなく、昔懐かしさのある味わい。

マイルドですが、その中に辛さもあり安心感をもっていただけると思います。

そのためか、他のお客様のオーダーを見ていると「四川風 牛バラそば」より

「本家のマーボー豆腐」が多くでていたように思えます。

個人的には、「四川風 牛バラそば」の方が好みですがWink01

デザートはフルーツ入り杏仁豆腐。これは各1人前ずつ運んできてくれます。

つるんとした杏仁豆腐ですが、ボリュームあり。

お茶はポットで置かれていきます。ジャスミン茶でした。

このお値段で、一定の味のクオリティーを保ってくれており、かつボリュームもある。

確かに「満足・満腹ランチ」 納得できました。 もう、私達、お腹いっぱいです。

私は中国に行ったことがないのですが、団体旅行にセットされている現地の

中華レストランの昼間はこんな雰囲気なのかもしれないなあ。

 

ランチでいただいた本家のマーボー豆腐は、万人に好まれるような味わいだった。

同店の四川料理は全体的に穏やかなものなのだろうか?

いつかは覚悟を決めて夜に利用し、もう一度四川料理を確かめてみよう。

Hand01お会計は、2人で合計1960円なり~。

今回のランチ利用

横浜中華街満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。



横浜中華街 重慶飯店 別館

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町142

TEL      045-641-8386

営業時間/ 月~金 11:30~15:00(L.O.14:00) 11:30~14:00(ランチ)      
                  17:00~22:00(L.O.20:30)    
              土・日・祝 11:30~22:00(L.O.20:30)

定休日/  無休

2011年10月18日

江戸清(ふかひれ焼餅) 横浜中華街 

翌朝、「ホテルモントレ横浜」11時のチェックアウト後、再び中華街に向かいました。

初日にお土産物の発送は手配したのですが、ランチ時間まで小腹が空いた。

土・日・祝日には賑わいを見せている「江戸清」も平日の午前とあってか空いている。

ふかひれ焼餅@500

店先で紹介されていたふかひれ焼餅に目が留まりました。

ほんと?このサンプルみたいに、とろーっとふかひれ餡がでてくるのかしら。

店内で召し上がれますよ。とのことで味のお試しをすることにしました。

熱々のふかひれ焼餅。 平べったくて、見た目は「おやき」のよう。

「生煎包」(焼き小籠包)で行列の「王府井」(ワンフーチン)に応戦すべく「江戸清」も

こうして頑張っているのだ。

(ノブロー) 熱々だで、ドリンク片手にごっちゃんにならねえと、口ん中剥けるだよ。

(みに) はふはふっ!あちちっ!それを早く言ってよ。剥けたわよー。

両面香ばしく焼かれた「焼餅」の中からは、お醤油味で整えられたねっとりとした

ふかひれ餡がでてきます。 この、ふかひれ焼餅は、皮の外側がかりっと、

内側はしっとり。 食感は、たこ焼き!風W04 (表現が乏しくてすみません)

口内の火傷には注意ですが、親しみやすい味で軽くいただけちゃいます。

「江戸清」と言うとベタなお土産屋さんという感じがして、今まで避けていたのですが、

創業明治27年という歴史あるブタまんのお店です。

次回のお土産はコレにしようかな(*^-^)



ブタまんの江戸清(エドセイ) 大通り店

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町185

TEL      045-681-1182

営業時間/ 9:00~20:00 土 9:00~21:30 日・祝 9:00~21:00

定休日/  無休(1/1のみ)

2011年10月15日

謝朋酒樓 横浜中華街

夕飯は、横浜中華街、関帝廟通りの四川料理「謝朋酒樓」(シャホウシュロウ)Aicon339

訪問した10月10日は中華民国(台湾)建国100年の双十節(建国の記念日)ということで

横浜中華街ではパレードやさまざまなイベントが催されていました。

夜には中華街で慶事恒例とも言える爆竹や中国獅子舞がでて、見物客で賑わい、

ドラや太鼓の音が聞こえ、街全体がエキゾチックな雰囲気に包まれていました。

さて、こうしたイベントを楽しまれたあとに流れてくるのか、お店もなかなか盛況。

1階の奥のテーブル席に空きが出ましたので、お店の方のご案内により着席。

花彫紹興酒@2500

昼間、ちょっとビールを飲んでいましたので、紹興酒からスタート。

慶福楼」市場通り店でもいただきましたが、青ラベルです。

今回、中華街では、四川料理をいただこうと決めていました。

魔神さんに教えていただいた「水煮・・」をいただくのだ。

辛いのは大好きYahho01 楽しみなのだ。

牛肉の薄切り山椒辛子煮@1680 唐辛子印は

水煮牛肉。 上にはパクチー、かなり香るかな。

下には、たっぷりの白菜が敷かれています。

(パスタ) ワンワン! 

(ケンタロー) おっ、ワンころ。オラ、建国記念の日に仲間入りしただ。

だで、ケンタロー言うだで、よろしくな。 どれ、頭なでてやるだ。

(パスタ) ワン・ワォーン!(新人のくせに、いきなり四川飯食う気か!態度でかいぞっ!)

中国山椒と四川唐辛子だけでなく生姜も入っています。

ほかほか、じわーっとぴりりっ! 生姜の効果なのか体が温まっていきます。

やたら辛いばかりではなく旨みも濃厚、スープはライスや炒飯、焼きそばに

かけても美味しいかも。

一皿にしっかりボリュームがあるので、お値段以上に楽しめるものでした。

初の「水煮・・」は成功! 魔神さん、ありがとうW04

次はお店の名物とされている「そば」を。

謝朋酒楼特製四川風味付けそば@1050 唐辛子印は

四川然麺。つまりは汁無し担々麺! とは言っても、器の中に多少の汁はありますよ。

スープは、ラー油の効いた朱色の部分と白濁したクリーム色の部分の二層になって

いてます。 この白濁スープはとろみもあって、旨みが濃縮されている感じ。

豚骨や鶏ガラなどの出汁かなあ。マイルドです。 

ひき肉は八角が効いてます。

刻んだザーサイやナッツもふんだん散らされており、味わい豊か。

後半戦、先ほどのうまうま「水煮牛肉」のスープを少しかけたりして楽しみました。

(中国獅子舞) ズンズン!!!

(みに) あっ、中国獅子舞が店に入ってきたよー。

(中国獅子舞) グリグリ!!!

(みに) 寝太郎さん!中国獅子さん、ご祝儀って言ってるんじゃないの?!

(中国獅子舞) ゲッ!!!

(ノブロー) なんだべ、おめ。 騒々しいだよ。

オラたち、新人歓迎会で飯の最中だで、邪魔するでねえだよ。

(ヨンクマ) でもね、中国獅子舞に頭噛まれると縁起がいいんだよ。

「福来る」なんだ。

(みに) 中国獅子舞さんも、キミ達を見たら、後ずさりでひいていってしまったわね。。

黒胡麻プリン@550

食後は甘いスイーツで落ち着こう。 ムチムチしたプリン。

味わいとしては、いまひとつ。

Hand01お会計は、2人で、

上記お料理とお酒(追加は紹興酒2500円)で合計8280円なり~。

中国獅子舞がお店を出られると、店先で「パパパパンッ!!!」と爆竹の嵐!

店内に煙が入ってくるので少し煙たい。

でも、こんなに間近で中国獅子舞を見れたのははじめてで、ちょっと得した気分。

エキゾチックな横浜中華街の夜を堪能できました。

金春新館」で教えていただいた中国語でお店の女性に話しかけると通じた!

「中国語、上手ね」と言われた寝太郎さんはさらに上機嫌。

日頃の中華飲みも役にたったのだ( ̄▽ ̄)

中華街では接客にあまり期待はしていなかったのですが、そういうお店ばかりでは

ないんだなあ。

黒胡麻プリンは除いて記録しますが

横浜中華街満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

 

謝朋酒樓(シャホウシュロウ)

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町188

TEL      045-662-9113

営業時間/月~金 11:00~23:00 土・日・祝 10:30~23:00

定休日/  無休

2011年10月 8日

同源楼(どうげんろう) 赤坂

お一人ランチは赤坂の四川料理「同源楼」(どうげんろう)

場所は、赤坂BIZタワーの玄関通りにあたる一ツ木通り沿い。

そうです!あの名曲「ちょっぴり寂しい乃木坂 いつもの一ツ木通り~♪」

by ロスインディオス&シルヴィア 「別れても好きな人」に登場する

一ツ木通りなのですYahho01

鼻歌を歌いながらエレベーターで2階まで。扉が開くともうそこは店内です。

ランチタイム11:30分オープンの同店。私もこの日は早めに食事をとることが

できまして、余裕をもって入店したのですが、店内には先客が7名も!!

人気が高いんだなあ。

小ぢんまりとした細長い店内、奥は厨房になっています。

この厨房に近い2人掛けのテーブル席に着席。

卓上にはポットで冷茶が置かれてました。セルフです。

本日のお目当ては、表の看板にでていたランチの「四川坦々麺」。

注文を通すと、まず運ばれてきたものが、小皿2種。

お店の方から特に説明はありませんので、私の主観で記録すると

左が、中国野菜なのか?麺のように細長く、何かに漬け込んだのか色が茶色。

大根を干したような食感でぴりっと辛い漬物。

右が、ニンジン、もやし、エノキダケ、ジャガイモ。シャキシャキとした食感が残る

さっぱりとした和え物でした。

四川坦々麺@800

スタイリッシュな器で、深さがあります。 ですから、実際いただくと見た目より

ボリュームあり。 スープは二層に分かれていて、芝麻醤(チーマージャン)の効いた

クリーミーな部分とラー油や花椒などの効いたぴりっとした部分が混在しています。

レンゲで下の白濁したスープかきまわすようにしてスープを一口。 

鼻から香りも吸いこんだのか、うっぷ、とむせた。

刺激的な辛さとゴマの風味、なかなか美味しい兆しがする。

麺はやわらか、ストレート麺。

たっぷり入った肉そぼろ、ネギ、チンゲン菜、ナッツ。

これらは麺をいただいているうちに器の底に溜まっていくので、なにがなんでも

レンゲで救出しましょう。美味しいです。

最初は、小鼻のあたりの毛穴がかっと開いた感じで勢いよくいただいていたのですが、

後半戦、ペースが落ちました。このボリュームのせいかな。

杏仁豆腐。

食べ終わる頃になると、杏仁豆腐が登場。ぽってりとした舌触り。

この甘さにほっとさせられます。


会計を済ませる頃には、店内は満席で、待ちのお客様も並んでいました。

さて、私、外に出たら、頭皮まで開いていたようで、頭のてっぺんに汗をかいていました。

なかなか本格的で美味しかったし、800円でこの内容はかなりCPが高い。

やはり一ツ木通りは「別れても好きな人」ですなあ。

スープ分かれた四川坦々麺! 分かれても~美味しいね♪

・・・おあとがよろしいようでヾ(´ε`*)ゝ

ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

 

同源楼

〒107-0052 東京都港区赤坂3-18-8 エムプレスビル 2F

TEL      03-3589-0533

営業時間/ 11:30~14:30 17:00~23:30

定休日     日曜日

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »