2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月24日

六鳳居(ろくほうきょ) 横浜中華街 【閉店】

Rokuhoukyo

横浜中華街、中山路の中華家庭料理「六鳳居」(ろくほうきょ)

同店も、このシーズン上海蟹を取り扱っているのです。

本日は仲良しの女子と同行。

ドリンクメニュー。この他に中国ワインも置いています。デキャンタで1575円。

グラスで525円ぐらいだったと思います。

同店のビールは瓶ビール。

まずは瓶ビール@525で乾杯。

そのあとは中国紹興花彫八年老酒(350ml)@1575を注文。ハーフボトルですが

飲みきれない場合は持ち帰ることが可能です。

予約の電話時の対応は丁寧。お店の1階はテーブル席のみで、その卓数も

少ないため予約時間に遅れる場合には連絡を下さい。必ず取っておきますから。

とのこと。 予め「蒸し蟹ミニコース」4500円をお願いしておきました。

到着すると、ちゃんと予約席の札が出ており、電話で対応してくださったのは同店の

ママさんだと思いますが、お陰で難なく着席。

しかしです。その後、「本日は予約をされているお料理を出しますから」

という説明もなくメニューも渡されません。昼時の時間帯、お忙しい様で放置状態。

友人と中華街に来るまでの道のりで、酔っ払い蟹も別注文しようと話をしていたので

このままだと困ります。声をかけ、「蒸し蟹ミニコース」のオーダーが厨房に通って

いるのかを確認し、メニューもいただきました。

酔っ払い蟹があることは、後ろに座られているお客様のお席にでているので

わかりましたが、当日でOKなのか、またお値段も確認しないとなりません。

メニューには、時価なのか不明確。 これではおいそれと注文できない。

こちらにも予算がある。ママさんをつかまえてお聞きすると、本日は170gの

女の子(メス)。 さらにくいさがってお値段をお聞きすると、3150円とのこと。

注文ついでに、蒸し蟹は男の子(オス)かを確認すると、ちょっと面倒くさそうに

コースの場合は男の子(オス)と女の子(メス)でお出しします。との回答でした。

電話での対応はいい感じだったけど、なんか違うな。。

・ふかひれスープ

2人前。 蟹の身も入っています。

安価なランチに登場しがちな「かたくり かたくり」したものではなく、とろみの加減も

塩の塩梅も良し。口当りの優しいふかひれスープです。

・季節野菜と海鮮の炒め

自分で取り皿に分けてから撮影。

柔らかいイカと季節野菜の塩炒め。生姜を少し効かせています。

★酔っ払い蟹

別注文。

一楽」と比較すると、足先までついてきます。

(足先には身がほとんど入っていないのですが・・・)

また若干、紹興酒だれも皿に入ってきてます。

ママさんより、「蟹を活きたまま老酒に漬けこんだもので、音をたてて召し上がって

けっこうですから」 との説明あり。フィンガーボウルをセットされる。

ですが、ハサミもなければカニスプーンもなし。

あるのは、フィンガーボウルと紙おしぼりのみ。

ちゅぱちゅぱ吸い付くにしても、足のあたりはハサミを入れないと関節技を決めても

不慣れだし、限度があるわ。

もう一人ホールに女性がいらしたので、ハサミをお願いすると、なんとか探して

持ってきていただけました。 ママさんはそれが気に入らないのか、怪訝な様子。

一組の客に出すと、他の客も要求してくることを懸念しているのかな。

ともかく感じは良くない。

友人は、酔っ払い蟹、初チャレンジ。

ねっとりと甘くて、濃厚だわー と喜んでくれましたが、先日いただいた酔蟹の

漬けだれのほうが、私には好みに合いました。少々キツイ。

・上海蟹シューマイ

甘みのあるシューマイ。好みでお使いくださいと、からしも持ってきてくれました。

・上海蟹の姿蒸し

男の子(オス)と女の子(メス)のセット。

お腹の形を見れば男の子か女の子かわかるんですよ。

10月半ばくらいから上海蟹の季節が始まり、11月あたままでは女の子(メス)。

11月半ばすぎから12月にかけては男の子(オス)の美味しい季節になるんですって。

写真、左が男の子(オス)、右が女の子(メス)です。

11月半ば過ぎですので、もうメスの内子(卵)が少ないかも。

10月末に「慶福楼」で女の子(メス)をいただいたときと比較すると差がわかる感じです。

蟹の身をつける酢は1種類。細かく刻んだ生姜も別皿に付きます。

私達は、せっかくの甘い身なのでこのままいただく感じです。

しかし、この時点でも小さいスプーンを出してくれないので、ホールに出てきた女性に

お願いしていただきました。甲羅の奥に詰まっている美味しい部分だって

卓上の爪楊枝じゃあ取りきれない。

(あとは刻んだ生姜をすくうのについていたもので、蟹の身をほじりました)

スプーンをゲットし知恵を駆使して、やはり、今回も無言で蟹を解体作業♪ 

・広東粥

2人前。 説明はありませんでしたが、たまごのお粥だと思います。

「六鳳居」は、お粥が美味しいと定評があります。

塩控えめで優しいふんわりたまご粥。 やはり美味しいです

・デザート

マンゴープリン、アプリコットソースがけ。

まったりとした甘みのマンゴープリンにさっぱりとしたアプリコットソースが

よくマッチしていました。 

 

「蒸し蟹ミニコース」 出していただけたお料理の味としては、全体的にまとまっており、

大きく期待を外すものはありませんでした。

しかし、上海蟹をいただく時に、ハサミとカニスプーンがセットされないとなると

私には困難を極める。 上海蟹と格闘し、紙おしぼりはボロボロになったので、

(変えてくださいとお願いしないと新しいものは持ってきません)

化粧室で手を洗ったのですが、タオル類は置かれていません。

指先にしみこんだにおいが、このときは、なかなか取れない。

細かいところになりますが、気にかかる。

ハサミ、カニスプーンはもとより、「一楽」のように親切に解体してくださる

ところもあれば、このようなケースもあるので、中華街はいろいろだと

また勉強になりました。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒(ほか、ワイン、デキャンタ1とグラス1)で

合計16560円なり~。 

接客等、個人的には疑問点がありましたので、申し訳ありませんが

横浜中華街満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。



六鳳居(ろくほうきょ)


〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町146-2

TEL      045-681-0664

営業時間/ ランチ 11:30~15:00 ディナー 17:00~21:00(L.O.)
             土・日 11:00~21:00(L.O.)

定休日/  木曜日 

2011年11月23日

大三元酒家 肉まん 横浜中華街

横浜中華街、上海料理「大三元酒家

場所は南門シルクロード、横濱媽祖廟(よこはままそびょう)並び。

一時は、皇朝の一口サイズの肉まんにはまっていたのですが、店舗が増えすぎた

ためか、残念ですが、味に陰りがでたように思います。したがって完全に皇朝離れ。

最近は「大三元酒家」の中華まんじゅうがお気に入り。お土産に購入しています。

肉まんの大きさは、大・中・小。 

個人的には、飽きるほどにデカイ肉まんより、もう少し食べたいと思うぐらいの

小さいサイズが好き。

お値段的にも160円とお手頃なので購入しやすいのです。

自宅で蒸してみました。まんまるだよ。ツンツンとつっつきたくなるね。

(蒸し器で8分、電子レンジで30秒) 賞味期限は冷蔵3日、冷凍1ヶ月。

餡は、しっかり下味がついており、何もつけずそのままでも十分にイケル。

この点は皇朝と同様なのですが、違いは海老などの具材が形状と食感を残し

入っていることかな。皮も甘みがあって美味しいのだ。

お土産にいかがでしょう。

横浜中華街、中華まん満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。



大三元酒家

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町136

TEL      045-641-4402

営業時間/11:00~22:00(L.O.21:30) 

定休日   不定休

2011年11月22日

一楽 横浜中華街

Iriraku

横浜中華街、中華街本通りの中国料理「一楽

広東料理や四川料理を中心としたお料理が楽しめます。

また同店では、このシーズン上海蟹を取り扱っているのです。

11月某日、上海蟹の男の子(オス)をいただきにやってまいりました。

はじめ上海蟹を予約しようとお店に電話をかけたところ

「たくさん用意しているから大丈夫!」とのお返事。

したがって席だけの予約をしましたが、時間に到着しても席が空いていない。

空席がある場合にはお客様を入れちゃう感じです。私たち普通に待っていました。

しかし、幸いお帰りのお客様が出ましたので、待ち時間は短かった方かな。

着席すると、お店のおじさんが「丸蒸し」と「酔っ払い蟹」!

と奥に声をかけるではありませんか。

あっ、確かに電話をかけたとき「丸蒸し」と「酔っ払い蟹」について確認したんですけどね。

ちゃんと男の子(オス)でだしてくれるのかしら。 

と不安になっていたらお店の娘さんでしょうか?接客担当のお姉さんが、上海蟹に

ついて再度確認に来てくださいました。よかった。

「丸蒸し」は、男の子をリクエスト。 

「酔っ払い蟹」は、女の子(メス)で準備していますとのこと。

その前にちょっと何か酒菜が欲しい。

店の入口にチャーシューのお土産も置かれていましたので、試してみよう。

炭火焼チャーシュー(お試し5枚)@500

ほんのりとした甘みがあって、噛むほどに旨みが出ます

これはおつまみにうってつけ。 ※写真の値段とは違います。

酔っ払い蟹@2350

魔神さんが丸蒸しよりお好きだと言う酔っ払い蟹。初チャレンジです。

実は、これもいただきたくてやってきました。

女の子(メス)です。味噌と内子があるね。

(ノブロー) 新人を紹介するだよ。

(みに) あらら、キミは「一楽」にちなんで、ラクタローさん?

(モンタロー) ワンシャンハオ(晩上好)! オラはモンタローって言うだ。

モンちゃんって呼んでほしいだよ。

(フクタロー) ハサミもついてきただが、こりゃ、ちいと安価な気がするだ。

もっとがっちりしたハサミのほうが安心だで。

さて、酔っ払い蟹は、ねっとりとして旨みが濃厚。ともかく甘みがすごい

紹興酒だれに漬け込むことによって、蒸し蟹より繊細な甘みが花開いているようです。

特に、この内子の部分、ウニのような味わい。 

そして、酔っ払い蟹は、お行儀よくいただけません。

全身全霊を傾け、ちゅぱちゅぱ吸い付くように身をいただいていくのです(大げさ?)

甘みが余韻となって長く残る、酔っ払い蟹(酔蟹) 美味すぎるW04

魔神さんが、お好きだという理由がわかりました。

活け上海蟹の丸蒸し@2350

男の子(オス)です。

こちら向きも撮ってくださいね♪とお店のお姉さんが協力してくれました。

同店ではいただきやすいように、お姉さんが上海蟹を解体してくれるのです。

なんでも本日は40匹以上捌いているとのこと。手際も良い。

温かいうちにどうぞっと、甲羅の中に、白子と味噌を取り分けてくれました。

蒸し蟹用には、赤酢と黒酢が用意されます。

でも、せっかくの上海蟹、このままで十分、必要ないわね。

こちらもねっとりとへばりつくような白子の美味さが鮮烈だ。甘美です

苦戦する足も、お姉さんがここまでやってくださるから楽だわーー。

あとは、むにゅっと押し出し、残りをバキッとベキッと、ほじくりだすだけよね。

無言で蟹を解体作業♪

(レンタロー) ワンシャンハオ(晩上好)!オラも仲間入りしただ。

(みに) わっ、キミは??もう、どの子がどの子かわからなくなってきたわ。

(ノブロー) こいつは、レンタローって言うだで。

(みに) ・・・そう、レンちゃんねsweat01

(ノブロー) 新人歓迎会だで!紹興酒は、いつもの青ラベル@2100だで。

今日はぐるなびクーポン印刷してきたで、ボトルが500円引きになっただ。嬉しいだ。

(しずか) 美味しいところは大事らしくて、めめっちくお皿によけちゃったわね。

(ノブロー) これで、紹興酒飲むだ。酒のアテに最高だべよ!

活け上海蟹の丸蒸しを解体してくださったお姉さんのお話によると、同店はもともとは

広東料理だったそうです。自分達で食べたいがために上海蟹をやっているそうです。

なんでも輸入された中国のモズクガニが都内に放されて大繁殖。外来危険種として

許可(免許)がなければ買えなくなってしまった(流通が規制された)とか。

それはさておき、もう一品何か注文しようと思っていたので、もともとは広東料理

だったというお話なのでして広東名菜を。

えびの巻き揚げ@1260

ぷりっぷりのえびが、みっしり入った巻き揚げ。

さっくりと上手に揚がっていて油っこさもありません。これは美味しい。オススメW04

ケチャップ、山椒塩、カットレモン付き。

(しずか) 巻き揚げって、エキセントリックな「楽園」でいただいてない?

(みに) ・・・・うん。見比べてねsweat01

(しずか) あっ、大事な上海蟹、ついに完食したね。空っぽだ。

(しずか) まだ、巻き揚げがあるし、紹興酒が足りなくなって2合@1050を追加ね。

上海蟹の最後には

上海蟹味噌の土鍋煮込み麺@1400

あ・・・あれ写真と微妙に違うような。見た目がいけませんな。

白菜、タケノコ入り。

甘みもあって確かに蟹味噌のような味もしますが、化調も強く感じます。

これは想像したものとズレがありました。 

初めての酔っ払い蟹、楽しく美味しく堪能できました。

丸蒸しも美味しかったのですが、酔っ払い蟹の甘みが衝撃的。

思いきっていただいてみてよかったと、私も連れも同意見になりました。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒(ほか、キリンラガー中瓶630円)で

合計11140円なり~。 

※ なお、同店には500mlですがワイン(赤・白)@2300あり。

酔っ払い蟹との出会いに着目し

上海蟹味噌の土鍋煮込み麺は、除いて記録させていただきますが、

横浜中華街満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

(ノブロー) モンとレンの、歓迎会にもなっただ!シエシエ(謝謝)Ojigi



一 楽


〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町150

TEL      045-662-6396

営業時間/ 11:30~21:30(L.O.)

定休日/  第3火曜日

2011年11月12日

金春新館 蒲田№6

蒲田「金春新館」(コンパルシンカン)。ちょこちょこ登場して今回で6回目です。

やっぱり気軽に行きやすいんですね。

これからも不定期更新しそうなので、「№」をつけました。

先日、ちょっと飲みに利用したところ、お通しが変わっていました。

以前は、甘めの家庭的なキムチでしたが、今度はザーサイ。

塩抜きしたザーサイにキュウリやニンジンを混ぜてゴマ油を加えているのかな。

(ノブロー) ワンシャンハオ(晩上好)!金春だで。

ここには、紹興酒ボトル キープしとるだよ。姉さん達が面倒みてくれてるだ。

「榨菜」は「チャーツァイ」ていうだよ。

いつもの焼き餃子(5コ)@320

羽根つき餃子です。

ちょっと小声で物申す、ですが、

餃子の出来が良いときと、いまひとつのとき、バラつきがあるのだ。

私達にとっては、もう、さほど気にならないのですがね。今日は良いかな♪

あっ、ノブローさん、餃子のたれには注意だよ!

(ノブロー) 困っただぁーKowai  オラ、酢豚注文しちまっただょ(汗)

魔神さんのアドバイスを、もうちいと早く聞くべきだっただー。

(みに) 大丈夫よ。魔神さんは無邪気なキミたちにいじわるは言わないわ。

(ノブロー) だな Unnunn  シエシエニー(謝謝你)!

黒酢酢豚@800

ニンジン、タマネギ、ピーマンなどの野菜も入ってます。

こってりとした、あんがからまったテカテカ酢豚、

変な甘ったるさはありませんが、庶民的。

お通しのザーサイと餃子と酢豚で残っていた紹興酒をぐいぐい飲み、空けた。

会計は2人で1200円ほど。 この安さ!いつもいつも、お世話になっています。

今宵は、お店のママさんもいらしたので、ご挨拶。

(ノブロー) ワンアン(晩安)Ojigi



金春新館(コンパルシンカン)

東京都大田区西蒲田7-63-2

TEL      03-3733-8798 

営業時間/ 11:00~14:00 17:00~23:00

定休日      無休 

2011年11月11日

礼華 新宿御苑前

お一人ランチは、新宿御苑前の中国料理「礼華

新宿御苑脇の道を進行。このあたりは緑豊かなロケーション。

この並びには、やはり同じ中国料理の「古月」があります。

実は「古月」のHPを拝見し、ランチの「四川正統マーラー豆腐」に惹かれて

やって来たのですが、11:30を過ぎてもお店には「CLOSED」の札が出たまま。

あれ??よくよく確認すると定休日は毎週水曜日。やだ!今日、水曜日だ。

一瞬、頭の中が真っ白になったのですが、新宿御苑には何度となくピクニックに

来ていますので、「礼華」がすぐに頭に浮かびました。

11:30のオープン間もなく入店したのですが、すでに先客は4人。

入り口に近い席は埋まっており、奥のテーブル席に案内していただけました。

シックで落ち着いた店内。

お隣の席との間隔は広くはありませんが、不思議な居心地の良さがあります。

ランチメニューの一部。

学習していないので何を注文してよいのか悩む。

週替わりの定食(A・B・C)@1000~@1500ものもありましたが、麺もいいなあ。

こうして悩んでいる間にも、どんどんお客様が入ってこられますから、さっさと

注文を決めて通さないと、先に座っていても、お料理は後になっちゃう。

蟹肉とフカヒレのスープ麺@1500

私にとって新宿で平日お一人ランチは滅多にありません。

蒸し鶏と青菜の土鍋入り煮込み麺 と迷いましたが、最終的にはフカヒレで大フンパツ。

しかし、ごめんなさい。私の想像を超えていました。

フカヒレと言うことだけで、「筑紫樓」のふかひれ入り煮込みつゆそば

のような醤油味ベース、蟹肉ということで「楼蘭」の蟹肉入りつゆそばのような

丸みのあるナチュラルなスープをイメージしていたのですが、こちらは塩味。 

私の完全な誤算です。

そして、このお姿は・・・!!再び目の前、真っ白!

まるで白菜のクリーム煮がのっているような・・・いや、表現が直接的すぎるので

粘度の高い淡雪状!で。

中華麺は滑らか。餡の中から持ち上げるのに力がはいります。

蟹肉、白菜、フカヒレは・・・少しだけ。(ごめんなさい)

餡がかたいので、なかなか冷めません。激あつあつ。

口内の火傷は避けられそうにないです。 

これだけの激あつ料理。お水はお願いすれば出してくれるのでしょうが、

卓上にはポットのお茶がセットされるので、ついてきません。

見事、べりっと剥けました。

味は淡白で、品が良いと言えば良い!のですが、なんとなくぼやけた印象。

お隣に着席された近隣サラリーマンに習って、私も週替わりの1000円の定食に

しておけばよかった。

 

同店にはテラス席もあり、ベビーカーのご家族も利用。

12時前には店の前に待たれるお客様もできていた様子。

同店の人気の高さをうかがえました。

今回の利用、私の勝手な思い込みによる誤算でしたが、

他のメニューに期待できそうなことと、お店の雰囲気などは、だんぜん好み。

ここは夜に訪問してみたいなあ。

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。 



礼華(らいか)

東京都新宿区新宿1-3-12 壱丁目参番館 1F

TEL      03-5367-8355

営業時間/ 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:30~23:00(L.O.21:30)

定休日    無休(夏期・年末年始は休業)

大きな地図で見る

2011年11月 9日

中国菜老四川 飄香 銀座三越店

休日のランチに銀座、「中国菜老四川 飄香」(ピャオシャン)

ある日、ずいぶん古い記事の様ですが、All Aboutの「新生!銀座三越 レストラン街」

で、代々木上原に本店のある「老四川 飄香」(ピャオシャン)が銀座三越に登場

していることを知りました。

なんでも、「老四川 飄香」(ピャオシャン)は予約がとりずらいと言うことで有名のよう。

百貨店の店舗ということで予約もとりやすいのでは?という点に着目して

さっそく電話をしたところ、昼でも予約が可能でした。

やった~ 洗練された四川料理をいただけるわ!

銀座三越12階、店内奥の2人掛けのテーブル席に案内されました。

着席後、お店の方にうかがったところ、ランチの時間帯はランチの「コース」のみ、

又は「コース」に記されているものなら、その中で単品で注文できます。とのこと。

「よだれ鶏」などがいただきたかったんだけど、まっ、仕方ないか。

『孔子の教え』公開記念 サービスランチセット 2730円 Eは+735円

内容は、

  • 季節の前菜 3種
  • 本日のお料理 1品
  • 手作り点心 2種
  • 選べるお食事 A~F     ※A・Fは辛さ調節ができます。
  • 選べるデザート          B~Eは辛くないお料理です。

選べるお食事

  • A 本場四川の汁なし担担麺  唐辛子印
  • B 秋野菜と海鮮のあんかけ焼きそば
  • C タラバガニとシャキシャキレタス炒飯
  • D ザーサイと細切り豚肉炒めのスープ麺
  • E 今が旬!!上海蟹ミソ入りフカヒレあんかけご飯
  • F 四川の花山椒入りピリ辛マーボー豆腐  唐辛子印

連れ(寝太郎さん)と2人で、お食事とデザートを変えて、サービスランチを注文する

ことにしました。

・季節の前菜 3種

左からクラゲの赤酢あえ、蒸し鶏のニンニクソースかけ、小いものネギソースあえ。

どれも一つ一つ丁寧に仕事がなされ、満足度の高いものばかりです。

(ノブロー) ほお、こりゃあ、お洒落だで。

こういうのをヌーベルシノワと言うだべか?

(みに) この中で一番を選べないわね。みんな美味しいんだもん♪

ザ・プレミアムモルツ(生) 一口サイズ500円(525円)×2

甕出し紹興酒 古越龍山 2合2100円(2205円)

めずらしく最初はストレート。やっぱり良い紹興酒は違うなあ。

(ノブロー) 香りもええだ♪

・手作り点心 2種

シュウマイ、スティック春巻。 美的センス溢れる点心だ。

どちらも下味がしっかりついているので、このままで、いただけます。

(ノブロー) ほぉー!春巻がスティックだでか、上品だで。

(みに) 皮がさっくさっくで、エビの身みっしり。少しも油っこさを感じさせないね。

なかみはエビ、カニ、干し貝柱、干し椎茸、タケノコなど。

贅沢が、ぎっしり詰まったシュウマイです。美味い。

・本日のお料理 1品

黒酢の酢豚。

つやつやテカテカ。黒酢の加減が絶妙。美味すぎる

これ、もっと食べたいわーー。

(モモロー) お肉の後ろに何か隠れているだよ!

そうそっ!これは長芋ね。シャキシャキよ♪

・四川の花山椒入りピリ辛マーボー豆腐

注文時、辛めでお願いしました。ライスと塩味ベースの玉子スープ(三つ葉入り)付き。

マーボー豆腐は花山椒がざっくり効いていて、ニラと豆鼓入り。

見た目どおりです。 私には辛くない。

味は良いのでしょうが、品が良すぎて物足りないのです。

(ノブロー) おめ、銀座三越に入ってる名店の味に舌がおいつけねえだな。

(みに) ふん、失礼なーー(≧ヘ≦)!!

・本場四川の汁なし担担麺

こちらも辛めで注文。 ふんだんにナッツが散らされています。

肉そぼろはやや甘め、八角を効かせ、黒酢の香りが、ややきつかったのですが

一番の難点は麺がほぐれにくかったことでしょうか。

お茶。

葉っぱが入らないように、蓋を押さえながら飲んでくださいとのこと。

蓋を開けてみると、こんな感じです。

デザートは

  • 1. 2種類の「杏子の核」を使用した贅沢な杏仁豆腐
  • 2. カボチャプリン ココナッツソース緑豆あん添え
  • 3. 桂花陳酒の香り 白きくらげのコンポートとイチジクのグラニテ

から、選ぶことができました。

・カボチャプリン ココナッツソース緑豆あん添え

連れチョイス。 濃厚でクリーミー。

・桂花陳酒の香り 白きくらげのコンポートとイチジクのグラニテ

私チョイス。わーい

上品な甘さと爽やかさ。めちゃくちゃ美味いよ♪ 

寝太郎さんのより、こっちがいいわ!

・・・・・・。

ところで、私達と通路を挟んで先に座られていた年配のお客様ですが、ランチメニュー

の他、グランドメニューから単品を注文されているではないですか。 

リッチにフルボトルのワインをあけ、腕には高級時計。銀座三越の上客なのかしら。

いや、そうとも言えないかもしれない。

それにしても、あからさまな区別は気分が悪いものです。

さらに、私達のデザート時、トラブルがありまして、お店の方を呼んだところ、

はじめ「すみません」だけで、立ち去り、その対応も遅かった。 

どうしたんだろうと連れと顔を見合わせていると、ようやく店長(呼び止めた方が

店長さんでした)が名刺とお詫びの品(台湾のウーロン茶葉)を持ってこられ、

丁寧にお詫びの言葉も受けました。

また、帰り際には店長とシェフもお見送りに出てこられましたので、結果、対応は

できていると思いますが、もろもろのことが重なり私にとって心象はよくありません。

お料理は、総合的に考えても、品よくいただける美味しいもの

(星4つ以上は確実でしょう)だっただけに、とても残念です。

本店の代々木上原にお邪魔することはあっても、こちらにはもう足がむかない

ことと思います。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計8715円なり~。

残念ですが、満足度数は、見送りです(u_u。) 



中国菜老四川 飄香 銀座三越店

東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 12F

TEL      03-3561-7024

営業時間/ 11:00~23:00(LO21:30)

定休日/  銀座三越に準ずる

大きな地図で見る

2011年11月 8日

慶福楼 本店 横浜中華街

某休日、横浜中華街に向かいました。

日が暮れてがキラキラとライトアップされた横浜中華街は大好き。

異国のノスタルジックな雰囲気を感じることができるからでしょうか。

さて、夕飯は、福建路の中国料理「慶福楼 本店」 

市場通り店にはお邪魔したことがありますので、今回は本店へ向かいました。

隣は北京料理の「東林」になります。

利用は1階のテーブル席。

(フクタロー) ワンシャンハオ(晩上好)! よう迎えにきてくれただ。

オラ、「慶福楼」にちなんで、フクタローって言うだで。よろしくだ。

(みに) あっ・・・どもsweat01 これで11人(匹)目になるわね。

まずは、お酒ね。市場通り店同様、花彫りには赤ラベルと青ラベルがあります。

青ラベルをお願いしたところ、残念!

売り切れということで、紹興酒(花彫 赤ラベル)@2100×2

(ノブロー) よう来ただ!フク。今宵は新人歓迎会だで♪飲むだ。

さて、連れ(寝太郎さん)がぐるなびを見たところ、「慶福楼」の売れ筋と言うことで

「海鮮鉄板焼き」が紹介されていたそうです。

一応、いっとく?? この時期だとカキになります。

海鮮鉄板焼き(カキ)@1890(税込)

うーーん!やっぱりな・・・。 写真で観たとおりで、

カキに衣をつけ、スライスしたニンニクでこんがりと焼いたものです。

味付けはおそらくですが、軽くバター醤油。今度、家でもおつまみに作ってみよう。

こりゃ、家庭料理になっちゃうわ。このお値段だと割高に感じます。

この時期は上海蟹のシーズン。本日の本命です。

上海蟹(雌)@2000

つつましく、1匹。 小さいのぉ。でもいいの・・・。

しっかり内子(卵)があるね。よかった。

蟹の身をつける甘酸っぱいタレは、砂糖が少し多めかな。生姜も微量感じました。

美味しいのですが、せっかくの上海蟹の甘みがもったいない。

お好みですが、使わなくても十分です。

(ノブロー) ハサミ持ってきてくれたで、足チョッキンしてっごっちゃんになるだ。

(みに) まかせて!蟹の処理は得意中の得意よ。普段は、渡り蟹で鍛えてるからね。

いい!寝太郎さん、関節技をびしっと決めるのよ。無言で蟹を解体作業♪ 

美味しく完食

あっ!またあったわ。

酔仙麺:老酒(紹興貴酒)を練りこんだ中華街オリジナルの麺。と、やらが。

市場通り店で酔仙麺を使った「鉄板牛肉絲炒麺」をいただいたけど、特筆なかった。

個人的な見解だけど、観光客用になのか、こうした店独自のもの作りあげようと

大きくアピールしてくるけど、これはトラップなり。

私は、壁に貼ってあるこっちが、正解だと思うな。

鴨の舌辛味揚げ@1260

八角、山椒、塩、胡椒が効いてます。

ハサミ状の部分をつまんで、むにゅーっと引っ張るようにかぶりつくのです。

脂じゅるじゅる。見た目はドキッとするかもしれませんが、美味いですよ。

青い菜ものは、わけぎ。やっぱり鴨にはネギなのだね。

これは家庭では出来ない料理!食してみる価値ありです。

こうした、「当店すすめ」 は、ぎっしり壁に貼られています。

いつもとは違ったお料理にチャレンジしたい場合には、ここから選ぶのも良いかと

思いました。

とりそば@735

たっぷりの蒸し鶏、チンゲン菜、ネギ。

塩味ベースのスープに、鶏からの脂も加わります。

マイルドな美味しさ炸裂!うまーいW04

さらに!鴨の舌辛味揚げの、わけぎを投入しちゃったよ。

スパイスの香りと香ばしさがプラスして、1つのとりそばで、二度美味しいのだ。

お店の方は、お料理ごとに新しく取り皿を変えてくれたりと、接客に関しても

問題はありませんでした。

紹興酒2本で、夜もふけた。 

目先の変わった料理も楽しめたし、なかなか楽しい夜でした。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒(ほか、生ビール525円)で

合計10610円なり~。 

海鮮鉄板焼きは、除いて記録させていただきますが、

横浜中華街満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。 

(ノブロー) フクの、ええ歓迎会になっただ!シエシエ(謝謝)Ojigi



慶福楼 本店

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町221

TEL      045-681-5256

営業時間/11:00~22:00(L.O.21:55) 

定休日   木曜日

2011年11月 4日

金春新館 蒲田№5

蒲田「金春新館」(コンパルシンカン)。

(ノブロー) ニイハオ!

また、オラ、店のおばちゃん、いや、姉さん達に会いにきただ。

前回は9月だで。そう日はたってねえで安心だ。

(ノブロー) スンマオパワーで、恩返しだで。今回は、オラが紹介するだ。

金春さんでは、3名様から、オーダー式の食べ、飲み放題(120分)やってるだ。

厨房見てると、すんげえボリュームで出されているだ。

基本、食べ残し、飲み残しはNGだけんど、我こそはと思ったら挑んでみるだよ。

(ノブロー) ちなみに、料理と飲み物の内容はこんなだで♪

(みに) ノブローさん、いつもの「五目やきそば」がきたわよ!

・・・ ・・・・げっ!!( Д) ゚ ゚

この日、ノブローさんは、はしゃいで、つまずいて、

羽根つき餃子のたれ(ラー油&醤油&酢)の中にドボン。

急いで、WCに駆け込みシャボンで水洗い。応急処置。一命を取り止めました。

人形は顔が命、ぬいさんも同様でござる。゜゜(´□`。)°゜。。肝が冷えました。

(ノブロー) 不好意思,让你担心了(心配かけてごめんなさい)Ojigi



金春新館(コンパルシンカン)

東京都大田区西蒲田7-63-2

TEL      03-3733-8798 

営業時間/ 11:00~14:00 17:00~23:00

定休日      無休 

2011年11月 1日

中華香彩 ジャスミン(JASMINE) 広尾

明治通り沿いの「中華香彩 ジャスミン」。 場所は恵比寿と広尾の中間あたり。

表にはランチメニューが紹介されており、全品に自家製野菜ジュースと

小鉢・デザートが付きます。

開放的な店内。スタイリッシュな内装。

夜に一度訪問しただけですが、この雰囲気には確実に覚えがある。

接客にあたってくれたお姉さんにお聞きしてもわからなかったようですが、

同店は2010年12月末日に閉店した広尾の「カーディナス・シノワ」さんのあとに出来た

お店になります。

特製胡麻みそ担担麺@1000

自家製野菜ジュースは、ニンジンを主体としたミックスジュース。

えぐみもなく、とても飲みやすい。

小鉢は、レンコンの中に詰め物が入っている一品。こちらは普通。

デザートは、口当たりの良いまろやかな杏仁豆腐。

もやし、肉そぼろ、ネギ。

芝麻醤(チーマージャン)が優勢した優しい味の担担麺。

特色があるようで、いまひとつ弱いのですが、

この味は万人受けするのではないかな。

卓上には、短冊状に切られた大根の漬物あり。八角の香りが効いてます。

ポリポリと箸休めのつもりが、けっこういただいちゃいますね。

フライドガーリックを粗く砕いた、いわゆる食べるラー油。

カリカリとした食感と香ばしさは、担担麺の力強い助っ人になりました。

町のお洒落な中華料理店「中華香彩 ジャスミン」

次回は別メニューを試してみよう。

本日の利用、ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。



中華香彩 ジャスミン (JASMINE)

〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-22-3 広尾西川ビル 1F

TEL     03-5421-8525

営業時間/ 11:30~15:00(L.O.14:00) 18:00~23:00(L.O.22:00)

定休日   無休

http://www.jasmine-hiroo.com/

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »