2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 中国菜老四川 飄香 銀座三越店 | トップページ | 金春新館 蒲田№6 »

2011年11月11日

礼華 新宿御苑前

お一人ランチは、新宿御苑前の中国料理「礼華

新宿御苑脇の道を進行。このあたりは緑豊かなロケーション。

この並びには、やはり同じ中国料理の「古月」があります。

実は「古月」のHPを拝見し、ランチの「四川正統マーラー豆腐」に惹かれて

やって来たのですが、11:30を過ぎてもお店には「CLOSED」の札が出たまま。

あれ??よくよく確認すると定休日は毎週水曜日。やだ!今日、水曜日だ。

一瞬、頭の中が真っ白になったのですが、新宿御苑には何度となくピクニックに

来ていますので、「礼華」がすぐに頭に浮かびました。

11:30のオープン間もなく入店したのですが、すでに先客は4人。

入り口に近い席は埋まっており、奥のテーブル席に案内していただけました。

シックで落ち着いた店内。

お隣の席との間隔は広くはありませんが、不思議な居心地の良さがあります。

ランチメニューの一部。

学習していないので何を注文してよいのか悩む。

週替わりの定食(A・B・C)@1000~@1500ものもありましたが、麺もいいなあ。

こうして悩んでいる間にも、どんどんお客様が入ってこられますから、さっさと

注文を決めて通さないと、先に座っていても、お料理は後になっちゃう。

蟹肉とフカヒレのスープ麺@1500

私にとって新宿で平日お一人ランチは滅多にありません。

蒸し鶏と青菜の土鍋入り煮込み麺 と迷いましたが、最終的にはフカヒレで大フンパツ。

しかし、ごめんなさい。私の想像を超えていました。

フカヒレと言うことだけで、「筑紫樓」のふかひれ入り煮込みつゆそば

のような醤油味ベース、蟹肉ということで「楼蘭」の蟹肉入りつゆそばのような

丸みのあるナチュラルなスープをイメージしていたのですが、こちらは塩味。 

私の完全な誤算です。

そして、このお姿は・・・!!再び目の前、真っ白!

まるで白菜のクリーム煮がのっているような・・・いや、表現が直接的すぎるので

粘度の高い淡雪状!で。

中華麺は滑らか。餡の中から持ち上げるのに力がはいります。

蟹肉、白菜、フカヒレは・・・少しだけ。(ごめんなさい)

餡がかたいので、なかなか冷めません。激あつあつ。

口内の火傷は避けられそうにないです。 

これだけの激あつ料理。お水はお願いすれば出してくれるのでしょうが、

卓上にはポットのお茶がセットされるので、ついてきません。

見事、べりっと剥けました。

味は淡白で、品が良いと言えば良い!のですが、なんとなくぼやけた印象。

お隣に着席された近隣サラリーマンに習って、私も週替わりの1000円の定食に

しておけばよかった。

 

同店にはテラス席もあり、ベビーカーのご家族も利用。

12時前には店の前に待たれるお客様もできていた様子。

同店の人気の高さをうかがえました。

今回の利用、私の勝手な思い込みによる誤算でしたが、

他のメニューに期待できそうなことと、お店の雰囲気などは、だんぜん好み。

ここは夜に訪問してみたいなあ。

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。 



礼華(らいか)

東京都新宿区新宿1-3-12 壱丁目参番館 1F

TEL      03-5367-8355

営業時間/ 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:30~23:00(L.O.21:30)

定休日    無休(夏期・年末年始は休業)

大きな地図で見る

« 中国菜老四川 飄香 銀座三越店 | トップページ | 金春新館 蒲田№6 »

04.東京23区(新宿・中野・杉並)」カテゴリの記事

a-2.上海料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。