2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 金春新館でのぬいさんの密談 (金春№8) | トップページ | 京鼎樓 恵比寿本店 (ジンディンロウ) »

2012年1月16日

菩提樹 三田

Bodaijyu

お一人ランチは、三田の中華料理「菩提樹

場所は都営三田線三田駅 A9を出て左折。

日比谷通りと並行している道なのですが、徒歩1分ぐらい。

お店は、仏教伝道センタービルの2階です。

店に入る階段脇には、新料理長のご紹介がされていました。

本来予定していなかった一人ランチなので、今日は飛び込みです。

ぐるなびによると総席数340席。個室や宴会場も完備されているようだ。

私の利用は2階。

店内は落ち着いた雰囲気で、昔ながらの高級感を今に残しています。

ランチメニューは900円からと、この店の雰囲気からしてはリーズナブル。

卓上のお茶はセルフ。 

それはいいのですが、お茶は中国急須ではなくステンレスポット。少々、味気ない。

こうしたところは、ランチタイム、大人数での利用を想定してるのかな。

四川酸味辛味スープそば@1100

香菜(シャンツァイ)は別小皿で。

溶き玉子、干椎茸、ネギ、タケノコ、豆腐、ハムなど。

酢の酸味と胡椒やラー油の辛味、いわゆる酸っぱ辛さが魅力の酸辣湯麺

(サンラータンメン)

同店のものは、むせるような酸味はなく、比較的マイルドでいただきやすい

ものかと思います。

麺はストレート、粉臭さもなく、滑らか。

スープは熱々で、とろみがあるため冷めにくい。ハフハフしながらいただくのだ。 

ボリュームもたっぷりだし、ポカポカ身体が温まるう!

ランチタイム、周辺のサラリーマンやOLさんでどんどん席がうまってまいりました。

人気があるのかな。 

私の印象としては、味付けに、やや昔ながらのオーソドックスさを感じるものの、

ある種の安心感は持てました。

さて、今回の利用、特に難点は感じませんでしたので

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きで記録します。

 

菩提樹(ぼだいじゅ)

東京都港区芝4-3-14 仏教伝道センタービル2F

TEL     03-3456-3257

営業時間   11:30~14:00 17:00~22:00(L.O.21:00)

定休日    日曜・祝日 

大きな地図で見る

« 金春新館でのぬいさんの密談 (金春№8) | トップページ | 京鼎樓 恵比寿本店 (ジンディンロウ) »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。