2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 龍天門 恵比寿 | トップページ | 金春新館 蒲田№9 »

2012年2月18日

新香飯店 麻布十番

Sinnkouhanntenn

お一人ランチは、麻布十番「新香飯店

場所は雑式通り沿い。商店街に古くからある中華料理屋さんです。

店内は奥に細長い造り。あっさりした店内は気取らず食事がいただける雰囲気。

きっと誰もが記憶の中に1つは存在したであろう町の中華めし屋さんだ。

かく言う私にもある。目黒区だけれど・・・。

そこの、醤油味のあんかけ「もやしそば」が大好きだった。

炒飯を頼むとついてくる醤油が先行したスープも忘れられないなあ。

話は戻って「新香飯店

店の構造上、客席には窓がないため少々暗い。

私は、入り口近くのテーブル席に着席。

見回すと、ランチのおすすめメニューも壁に貼られていましたが

本日の私は小さい頃にいただいた味を懐かしんで「中華丼」を頼もうと思うのです。

メニューを拝見したところ「中華丼」(うま煮丼)には普通バージョンと五目バージョンあり。

お店のお姉さんにお聞きしたところ、五目には、海老、イカ、野菜と具沢山で、

たまごも入っているという。

什錦中華丼(五目うま煮丼)@980

飾り気のない五目中華丼。 スープは昔ながらの醤油味先行型スープ♪

決してべっぴんさんとは言えないのだけれど、海老、イカ、豚肉、干ししいたけ、

白菜、キャベツ、ニンジン、インゲン、ブロッコリー、タケノコ、などがたっぷりで

醤油味のあんかけでまとめられている。

ご飯に絡み付いたあんかけが愛おしい。

これだ、これだ。いただきま~す!!

たまご、というので、はじめ、うずらの卵かと思いきや、溶き卵なのだ。

五目うま煮はボリューミーなので、ご飯が少なめに感じましたが、美味しく懐かしく完食。

そして、同店では紹興酒がリーズナブル!

なんとボトル1500円で提供してくださっている。麻布では貴重です。

食事を終え、中央のレジで会計をすませると

1階奥の厨房から「ありがとうございましたー」と声をかけていただきました。

これからも長く麻布十番で頑張ってほしい。 また懐かしい味に逢いに来よう。

今回のランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

新香飯店(しんこうはんてん)

東京都港区麻布十番3-7-13

TEL      03-3452-8051

営業時間/ 11:00~22:00

定休日      火曜日

大きな地図で見る

« 龍天門 恵比寿 | トップページ | 金春新館 蒲田№9 »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。