2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 桃花林 日本橋室町賓館 三越前 | トップページ | 新香飯店 麻布十番 »

2012年2月17日

龍天門 恵比寿

Ryutennmonn

お一人ランチは恵比寿、ウェスティンホテル東京2F、中国料理「龍天門

ランチは随分と久しぶりの訪問。 入り口で1人である旨を伝える。

周りの状況から、予約ではないため断られるかと思ったところ、

入り口近くの席ならば案内できますとのこと。よかった。

着席後、飲み物を聞かれました。

「お茶で」と伝えると、

お店の方でゆっくり時間をかけ茶杯に入れてきてくれる。

こういうところにこだわりを感じます。ちょっとリッチな気分。気分上々。

普段ですと、担々麺を注文してしまうのですが、今日は酸辣湯麺を注文してみよう。

ランチタイム手渡しされるメニューには上記、担々麺や酸辣湯麺はのっていません。

しかし、ひるまずホールスタッフの方にお聞きしましょう。

「担々麺や酸辣湯麺はないのでしょうか?」

すると、担々麺(温・冷)の丁寧な説明を受ける。

「酸辣湯麺、お願いします。」

すいません、本日は決めていたのだ。

酸辣湯麺

同時に運ばれてきたのは、自家製豆板醤とマスタード。好みで使えます。

マスタードって使う必要あるかな、と思いつつ

ああ、点心のワゴンサービスをお願いしたらこれは必要だね。

でも、本日は酸辣湯麺一直線。点心はナシなのだ。

味見をしてみるとマスタードはマイルドでクリーミー。

豆板醤は品良く旨味のある味。ツンツン辛くはないのだ。これはいい!

酸辣湯麺に使おう。

上品な器に入った艶やかな酸辣湯麺は、一般に見かけるものと風体が違う。

シイタケ、エノキ、豆腐、溶き玉子など。

スープはさらっとしています。あんかけ状にはなっていないのだ。

そばは、日本そばをイメージさせるような白い細麺、ストレート。

酸味も上品な酸辣湯麺。洗練された質の高さを感じる。美味しい

お値段は2300円とこれまた、ハイソ。どっきりしちゃうよ。

うーーん。これだけのお値段を支払ってがっかりだったらショックで当分、

外食は控えそうだ。 本場のものは、どうなのかは知りませんが、個人的には

酸辣湯麺はとろみがあったほうが好み。

したがって、このメニュー自体のリピはないと思いますが、

高級中華に五感と財布をグイグイ刺激された。

ランチタイム、圧倒的に奥様方の予約で溢れている。

自分が少々場違いに思えましたが、数年ぶりの「龍天門

今回のランチ満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

 

龍天門

〒153-8580 東京都目黒区三田1-4-1 ウェスティンホテル東京2F

       (恵比寿ガーデンプレイス内)

TEL     03-5423-7787

営業時間/ 月~金 11:30~15:00 17:30~22:00

        土・日・祝 11:30~16:30 17:30~22:00

定休日    無 休 

« 桃花林 日本橋室町賓館 三越前 | トップページ | 新香飯店 麻布十番 »

06.東京23区(目黒・世田谷)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。