2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

« 金春新館 蒲田№9 | トップページ | 老虎東一居 (ラオフードンイージュ) 六本木 【閉店】 »

2012年2月22日

szechwan restaurant 陳 ジャパンレストランウィーク2012

Szechwan_restaurant

「ジャパンレストランウィーク2012」、グルメに恋する3週間、次の訪問は

四川料理「szechwan restaurant 陳」。 同行者は、寝太郎さん。

やっぱり、この期間に1食ぐらいは中華料理いただかないとね。

数ある中華料理参加店の中でもネットで拝見したお品書き内容の充実度に惹かれて、

土曜日のランチタイムに訪問しました。

オーナー、陳建一氏。総料理長、菰田欣也氏。

場所は渋谷、セルリアンタワー東急ホテル2階。

通常時はわかりませんが、レストランウィークの予約の際、ランチタイムは

時間を2回に分けているとのことで、私たちの利用は遅い13時。

レストランウィークでの利用を告げ、案内されたのは店内中央あたりのテーブル席。

卓上には「ジャパンレストランウィーク2012」の内容が記載されたお品書きあり

事前に同サイトで確認していたところ

ランチメニュー@2100とディナーメニューは@7350のみ。

レストランウィークランチ@2100
1)前菜 バンバンヂィー サラダ仕立て
2)スープ タラバ蟹のとろ味スープ生姜風味
3)料理 プリプリ海老の特製チリソース サラダ添え 又は、
南州黒豚肩ロースやわらか仕立ての“魅惑の黒醋スブタ”
4)食事 陳建一のマーボードーフ御膳
5)デザート スーツァンレストラン陳 オリジナルアンニンドーフ

置かれているお品書きと相違なし。

紹興酒は一番リーズナブルなもので5600円から。

日常、安紹興酒ばかり飲んでいる我らにはびっくりだ。

同店の一番リーズナブルなボトルワインも約5000円ぐらいでほとんど変わらない

お値段。ここは紹興酒をチビチビ飲んで凌ごう。

無濾過紹興酒 紅琥珀 陳・5年(600ml)@5600

ゴージャスな朱色の包装紙。ありがたさ、たっぷりだ。

これは、もちろんストレートだわ。

ナイフレスト、箸、スプーン、ナプキン、最初の皿が準備され、おしぼりは白地のタオル。

卓上のセットも美しい。 

紹興酒もワイングラスだ。やはり高い紹興酒は香りも違うなあ。美味いです。

アルコールを注文すると、提供されるのかピーカンナッツの飴炊き。

(ノブロー) ちょいと甘めにコーティングされたナッツは、カリッとしていて

歯ざわりがええだ。

(前菜) バンバンヂィー サラダ仕立て

カクテルグラスに準備された前菜は通常のものとレベルが違う。

ピリ辛味噌のゴマだれ。生姜とネギを確認できた。

ソースの持つ甘みと旨みが織り成す複合的な美味しさ。

自身、中華前菜の定番とも言えるクラゲは控えたいタイプですが、このソースで

観念は一新。食を前向きにさせてくれる。

クラゲも単なるバンバンヂィーのかさ増しではなく、味と食感のアクセントとして

活きているのだ。

(スープ) タラバ蟹のとろ味スープ生姜風味

細長く切られた野菜、卵白。見事なコンビネーションのスープ。

生姜が効いており、塩ととろみの加減、申し分ないのだ。美味い。

(ノブロー) とろみついてるで、冷めにくくて腹ポカポカあったまるだ。

(料理) プリプリ海老の特製チリソース サラダ添え

メインを連れと違えて注文できました。連れチョイス。

弾むような食感のある大きい海老には卵白が絡まっており、特製チリソースは

ニンニクが効いている。このソースは品良く美味い。

(料理) 南州黒豚肩ロースやわらか仕立ての“魅惑の黒醋スブタ”

私、チョイス。

タマネギ、ピーマン、パプリカは細かくカット。これは彩りの役割だろうか・・・。

魅惑の黒醋スブタ、肉質は良いのですが、あんが濃厚、しかも硬い。

私の好みの問題ですが、味わい的にも、もう少しライトな方がいいな。 

料理は、連れチョイス優勢。

(食事) 陳建一の麻婆豆腐御膳

ザーサイ付。味は良いのですが、このままだと色気がない。

工夫がほしいところ。 視覚的にも楽しめるよう半分を青ザーサイにして

2色使いで提供していただけたら楽しかったかも。

豆鼓(トウチ)が効いた麻婆豆腐。

ビリビリとした辛さを感じますが、幾分かもったりして古めかしい。

四川料理の父、陳健民氏。

麻婆豆腐は、陳建民氏が日本に初めて伝えたと言われています。

その伝統ある味をお弟子さんたちは継承しているのでしょう。OKです。

スパイスミルには、痺れの「赤山椒」と香りの「青山椒」

青は若い山椒の実。香りと辛味が強いのです。

(みに) ワタローさん!大好きなご飯が来てるわよ。

ちょっと、あなた、どこでくつろいでいるの。それ、レンゲ置きじゃない!

(ワタロー) おお、やっと飯がきたか。

どんれ、オラも麻婆豆腐のっけご飯ごっちゃんになるだ。

(みに) はいはい。早く起きてちょうだいね(´д`)

(デザート) オリジナル杏仁豆腐

デザート時に、おしぼりの差し替えあり。

上にはクコの実。スタンダードですが、口ざわりもよく美味しい。

杏仁豆腐はこうあってほしいと思える理想の仕上がりだ。

この他、ジャスミン茶のサービスあり。

(オラーズ) オラ達も順番に並んでごっちゃんになるべよ♪

大きいガラス越しの厨房の中では、何人もの料理人の方々が仕事をなさっています。

そのテンポの良さを拝見しているだけでも、ウキウキと心が弾んでくる。

演出効果大。素敵ですHeart06

Hand01お会計は、お酒の追加料金を加算し、合計10220円

(サービス料が加算されていると思います)

紹興酒の値段が響きましたが、レストランウィークランチの料理内容で考えると

お得だったと思います。

また、ホテルのためか、ベビーカーをお持ちの家族連れも見られ、

特別感に優先して、客層の幅の広さを感じました。

ジャパンレストランウィーク満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

szechwan restaurant 陳(スーツァン レストラン チン)

東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル 2F

TEL      03-3463-4001

営業時間/ 11:30~14:00(L.O) 17:30~22:00(L.O)

定休日    無休

大きな地図で見る

« 金春新館 蒲田№9 | トップページ | 老虎東一居 (ラオフードンイージュ) 六本木 【閉店】 »

05.東京23区(渋谷)」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。