2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月23日

龍鳳酒家 横浜中華街

Ryuuhousyuka

横浜中華街、中山路の中国料理「龍鳳酒家

同店には、一度夜にお邪魔しようと思って立ち寄ったことがあるんですよ。

でも、生憎、予約でいっぱいとのことで断念しました。

入れないと、気になりますよね。 今回は事前にちゃんと予約をして訪問。

快活で笑顔の素敵な、お店のお姉さんの案内でテーブル席へ。

席の両隣は他のお客様で、ちょうど挟まれている感じ。

すると隣の壁側の席に座られていたお客様がお帰りになるので移られますか?

と声をかけていただけました。

いいんですかっ♪ よく気のつくお姉さんのお言葉に甘えてさくっと移動。

片側が壁だから、さっきより落ち着けるわ。

ドリンクメニュー。

古越龍山陳年紹興酒は、5年ものだそうです。4合で2850円。

5年ものを、このお値段で提供してくださるのは嬉しいなあ。

まずは、キリン一番搾り中瓶@578

ザーサイと白菜漬けがついてきました。

同店を選んだのには、単に前回入れなかっただけではないのです。

理由がある。メニューにもありますが、広東家庭料理「塩タマゴ」が食べたいのだ!

その前に、お姉さんから本日のオススメのご紹介あり。
市場から、本日仕入れたもので
1.たいら貝。 調理方法は野菜と炒める。
2.あさり。      調理法はトウチ炒め。 とのこと。
わぁ!たいら貝食べたいよ。同行の寝太郎さんも同意。

で、塩タマゴは?と言えば、

前日、広東料理のコックさんの集まり(横浜中華街)で、ちまきに使ったため

いまあるものは、まだ途中の段階でお客様に出せる状態ではないとのこと。

「ちまきに塩タマゴが入るのですか?」

お姉さんの話によると、広東のちまきには塩タマゴ入るそうだ(台湾などでは入らない)

広東式のちまきを作れるのは中華街で2軒だけ。お姉さんのお母さんは

嫁ぎ先がちまきを作る家だったので作れるという。これは、お客様には売らない。

広東料理のコックの集まりなどで頼まれたとき作るか、まかないで食べる

ものなんですって。

たいら貝と野菜炒めもの@2625

メニューにはない特別?料理。お値段を聞くと2500円に消費税とのこと。

飾りなのでしょうが、デカイ殻つき。

そのためか、テーブルに運ばれてきたとき、周りのお客様から熱い視線を集める。

ちょっと気持ちいい。

さすが、仕入れてきたオススメだけのことはある。肉厚のたいら貝の食感は豊か。

絹さや、ニンジン、ネギ、エリンギなど。 やや濃い目の味つけですが、私は好み!

酒のつまみにもご飯のおかずにもいいわ。

思わず、寝太郎さんに

「私がいろいろ撮影している間に、バクバク全部食べないでねっ!」

って念をおしてしまいましたよ。

(ノブロー) 周りから見ても、たいら貝のインパクトあっただな。

これ見てた他のテーブルからも注文はいったで、お店には、ええこっちゃ。

古越龍山陳年紹興酒(5年もの)4合@2850

たいら貝でお酒飲むぞー!

紹興酒は、常温ストレートで、お水をチェイサーでもらおう。

広東の話梅(ワーメイ)付き。 

独特の甘さがあるから、好き嫌いは分かれるかな。

塩タマゴ入りちまき@1000

メニューにはない特別?料理。実は、塩タマゴをオーダーした客がいたという話が

お母さんの耳に入ったのでしょう。 わざわざ、お店に出てきてくれたのです。

肝心の塩タマゴはなく、落胆する私達を見て気の毒に思ってくださったのかもしれません。

すると、お姉さんが、普段はださないのですが、塩タマゴはちまきの中に少し入って

いますから、まかない用のものですが、召し上がられますか?という運びに。

お言葉に甘えてお願いしちゃいました。

本当は竹皮に包んで三角にするそうですが、チーフが私たち向けに食べやすいよう

切って、外側を玉子でとじるように焼いてくれたそうです。

お好みで豆板醤をつけていただきます。

丸で囲んだあたりの黄色みの濃い部分、これが塩タマゴのようです。

正直、少しなので塩タマゴをダイレクトに味わうまでには至りませんでしたが

お母さんや、お姉さんの気持ちが嬉しい。

干し貝柱、豆、肉なども入っています。豆のほっくり感も合うなあ。

豆板醤も、ぜひ、つけて食べたい。

あとから思うと、他のお料理は全体的に味がしっかりしているのですが、

ちまきはお母さんの優しい味がしたよ。。゜゜(´□`。)°゜。

カニの巻揚げ@1365

山椒塩付き。 カニ、白菜、ネギ、チャーシューなど。

やや皮に油っぽさが残るものの、味付けは比較的マイルド。

パイコメン広東式@788

お姉さんの話によると、横浜中華街、他店のものは骨付き肉を揚げて

カレー風味ということですが、同店はスペアリブを煮たものになるそうです。

ずっと、まかない食、あるいはチャイニーズの知ってる人だけのメニューでしたが

そのパイコハンは今ではメジャーなメニュー。

また、同店のパイコハン(飯)は

「キズナ食堂」 中華街で働く人が選ぶ!うまくて安い隠れた名店

http://www.tbs.co.jp/kizuna_Dining/100220.html

で紹介され、第1位に選ばれたということですCrown04

今回はちまきをいただいてしまっているので、麺でお願いしました。

麺はストレート。肉は程よく食感が残っている。

スパイスばかりでなく肉の旨みを活かした味付けになっています。美味い!

そうそう、お隣に1人で来店された男性がいてパイコハン、ダブルで召し上がって

いたんですけど、ボリュームもさることながらスゴク美味しそうでしたよ。

あとで、お姉さんのご主人さまと判明!

がっちりとした体格のなかなかのイケメン( ´艸`) 

やがて、お店もコックさんたちの休憩の時間。

(土日祝の営業時間は11:00~21:00ですけど、コックさんが休めるようお料理の

ストップ時間があるようです)

お母さんが、まかないの三角ちまきを見せてくれ、写真もどうぞとのこと。

「先ほどのちまきどうでした?お口に合いました?

ところで塩タマゴはどこで知られたのですか?台湾などに旅行されたのかしら」

と、お姉さんのお尋ね。

お母さんたちのまかないご飯を横取りした私達。皆さんにお礼を申し上げるとともに

「もちろん美味しかったです。台湾とか旅行したことないです。

ネットで塩タマゴを見て、どんなものか食べたくてやってきました。」

そして、塩タマゴを食べたいときは、事前に電話で「塩タマゴできてる?」と

問い合わせると良いといことも知りましたW01

サービスの杏仁豆腐。中央はコーヒーゼリー。

同店のお昼のランチは、リーズナブルだし人気があると連れのリサーチ。

今日はアラカルトで食べたけど、平日のランチなら

「雪菜、挽肉と玉子の炒め」がいいなと、私。

僕は「海鮮三品炒め」がいいよと、連れ。

ネットで調べたところ、海鮮料理もお店のウリだからですって。

メニューを見ているのって楽しいです。

家庭的に温かい心をもって接客をしてくださるお店。とても感じがいい。

また中華街に好きなお店が増えたぞ。

必ず、また来ます!塩タマゴ確認してから・・・・(*^・^)ノ

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で(ほか、紹興酒お替り1合840円)、

合計9932円。  

人間味のある接客も心に響きました。

横浜中華街満足度数は、☆一つ加算させていただき、

★★★★☆ とってもお気に入りです。

 

中国料理 龍鳳酒家

神奈川県横浜市中区山下町152

TEL   045-662-9201

営業時間/月~金 11:00~15:00 17:00~21:00
                土日祝 11:00~21:00

定休日   不定休

2012年4月19日

味芳斎(ミホウサイ) 支店  御成門

Ajimikura

お一人ランチは、御成門の中国料理「味芳斎」(ミホウサイ) 支店 

場所は芝パークホテル近く。通りの角に位置しており赤いテント看板は人目を惹きます。

同店のランチ営業は11時より。某日、この近くまで来ていましたので入店。

まだ開店して間もない時間ですが、けっこうお客さんが入ってらっしゃるのにびっくり。

大きめのテーブルがズンズンと並び、食堂という雰囲気。相席必須のようです。

卓上には紙ナプキン、爪楊枝など。

氷の入ったウォーターピッチャーも置かれています。

牛肉飯@1000

運ばれてきたときのビジュアルは大衆的で、なかなか好み。

スプーンもはじめから、脇にそえられていました。

スープは玉子と野菜の薄塩ベース。

ご飯の上には、見るからに濃そうな色のこてっとした牛頬肉の煮込み。

隣の茹でもやしやニンジンがなければ、昨晩の残りのカレーを彷彿させてくれる。

牛肉は柔らかい部分と食感の残る部分あり。

八角、ラー油、中国調味料などで煮られたものだと思いますが、

一口いただくと、最初はピリ辛→次第にジン辛。

最初は美味→次第に辛さで胃袋がキリキリ。

そのうち辛さへの拒絶反応なのか胃袋がぶーっと膨らんできました。完食危うし!!

考えろ自分。そうだ!このために茹でもやしがここにあるのだ。

こいつを混ぜ混ぜして辛さを中和させよう!

・・・といってもそんなヤワな辛さではないのだ。

考えろ自分。そうだ!スープを飲もう。

牛肉飯をすくったスプーンをつかったら、あらま、ラー油がばばばっと散って

ピリ辛スープになっちゃったわ。

これは、ココットカレー以上に手強いわ。。

しまいには、ウォーターピッチャーからお水を何杯もお替りして、さらに腹がふくれ、

行き着くところは、やっぱり水っ腹状態です。苦しい。

なんとか完食。いてて、胃粘膜が・・・。 この辛さただものではない。 

特徴のある牛肉飯なので、お好きな方には、たまらない味かと思いますが、

酒飲みの私の昼間の胃袋には粘膜刺激しすぎ。

しかし、話のタネに、一度はいただいてみるのも面白いです。

私はというと、次がありましたら牛乳を飲んでからチャレンジかな。

(本当は牛乳片手にいただきたいところですが、さすがに持ち込みはダメでしょうね)

今回のランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

味芳斎 支店 (ミホウサイ)

東京都港区芝大門1-10-1 全国たばこビル1F

TEL         03-3433-1095

営業時間/ 11:00~15:00 17:00~22:00

定休日     日曜日

大きな地図で見る

2012年4月17日

チャイナシャドー (CHINA SHADOW) 品川

Cyainasyado

某休日のランチは中国料理「チャイナシャドー」 (CHINA SHADOW)

場所は、品川駅港南口、ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 26F。

この26Fはホテルのロビー階。ガラスの橋を渡ると正面が入り口。

同店の予約は一休サイトから。

【一休限定】グラスシャンパン付きスペシャルランチコース 

通常¥6,930→¥4,620(33%OFF!) ランチ禁煙席 V1チャージ料:なし  

一休サイトのプラン詳細によると

一休限定グラスシャンパンがセットになったお得なランチコースです。
通常6,930円相当のプランを4,620円(33%OFF!)にてご提供致します。
創作の中国料理とは異なる、「新感覚広東料理」。
中国の各地方の料理やテイストを織り交ぜながら、素材の旨みを忠実に活かした、
薄味ベースの優しい味付けは、”医食同源”という言葉を思い出させ、からだに
すっと染み入ります。是非ご利用下さい。

メニューの内容は

・ 文甲いかの湯引き 葱香味醤油掛け
・ 芝海老とカシューナッツの炒め
・ 牛すじと豆腐入り若芽スープ
・ 春雨と茄子のバーベキューソース煮
・ バジルと鶏ムースのタイ風味炒め サンチュ添え
・ 腸詰め入りチャーハン
・ 本日のお勧めデザート          というものでした。

さっそく同店のHPを確認したところこのメニュー内容は、

ランチコースの「京胡」 (きょうこ) @4200(税込)と判明。

ここに別途サービス料10%が加算されますから4620円になります。

じゃ、33%OFFってなあに??

という感じですが、グラスシャンパンがセットされている分、「京胡」をいただくには

一休サイトから申し込んだほうがお得なのですWink01

シックで開放感ある店内。大きな窓からは遠くレインボーブリッジを望むことができ、

夜景も素晴らしいのでしょうが、休日にのんびりランチをいただくには

すっきりとした、この空間が心地よい。

テーブル・セッティングは、ナプキン、レンゲ、箸置き、箸は横置き。

おしぼりは白地のタオル。 

また、テーブルクロスではなくシックなランチョンマット。清潔感があって良いかも。

テーブルには、本日の菜譜 “京胡 ” が置かれていました。

やっぱり「京胡」 (きょうこ)だったか・・・わかって利用するぶんには全然OK♪

・一休限定グラスシャンパン

だって、グラスシャンパンがついているんだもん。きっとこれが高いのよ。

しゅわしゅわ~なひととき。 LOUIS ROEDERER ルイ・ロデレール。

さて、スタッフの方から、コース料理は1時間くらいかかりますが大丈夫でしょうか?

とのお尋ねがありましたが、もちろん大丈夫。ゆっくりいただきましょう。

・ 文甲いかの湯引き 葱香味醤油掛け

上には白ネギと生姜。葱香味醤油をしっかり絡める。品の良い味です。

(ノブロー) イカには飾り切りされてるで味が絡みやすいだよ。

・ 芝海老とカシューナッツの炒め

お店の方が、取り分けて提供。

芝海老、カシューナッツ、ふくろ茸、枝豆、ネギ、ニンジン。

海老のぷりぷりとした弾むような食感が嬉しい。

(ノブロー) 包み込むような優しい味わいだでな。

紹興酒はいいお値段だ。 私達は古越龍山カメ出し紹興酒(1合)@1365×4で

チビチビ飲ることにしました。

この他にも熟成紹興酒テイスティングセットあり。お値段は2100円から。

古越龍山カメ出し紹興酒(1合)@1365

ワイングラスでいただきます。 いいお値段ですが、美味い!!

・ 牛すじと豆腐入り若芽スープ

若布、豆腐、牛すじ、ネギ、具材は全て細かく刻み、とろみをつけています。

牛すじでとったスープかと思うのですが、くさみもなく、牛すじのゼラチン質部分も

美味しくいただけました。 お腹も温まるのだ。    個人的お好み指数4

・ 春雨と茄子のバーベキューソース煮

お店の方が、取り分けて提供。

春雨、茄子、ブナピー、オランダパプリカなど。

味の濃さに加え少しエスニックな風味もあり。ご飯にかけて食べたくなる味わいです。

・ バジルと鶏ムースのタイ風味炒め サンチュ添え

お店の方が、取り分けて提供。

上には揚げビーフン。鶏ムースは粗めにたたいて卵白と粉で軽く衣をつけた

感じかなあ。この口あたりの軽さが鶏ムースなのでしょうね。

ニンニクやナンプラーも効いて、エスニック。 目先が変わった。

(フジロー) サンチュにくるんでごっちゃんになるだ。

中華とは違うかもしれませんが、ぴりっと辛くて味付けがいい。

下手なエスニック料理屋さんはすっ飛んでしまうね。  個人的お好み指数4

・ 腸詰め入りチャーハン

お店の方が、取り分けて提供。

ネギ、玉子、アスパラ、干しシイタケ、腸詰めはほんのり甘い。

マイルドで美味しいチャーハンでした。

(ノブロー) ぱらぱらチャーハン、オラたちもごっちゃんになりてえだ。

・ 本日のお勧めデザート

おしぼりの差し替えあり。

ボリュームたっぷりの杏仁豆腐。パイナップル、みかん、ラズベリー、ミント。

杏仁の香るミルキーな味わい。 

同店の杏仁豆腐は美味しいと思った。カットパイナップルも愛せてしまうよ。

ただ、難を言うとスプーンが大きい。もう少し小さいほうが使いやすい。

温かいジャスミン茶と爪楊枝もこのとき運ばれてきています。

いただいたコース料理

全てにおいて味が上品で、安定感をもっていただけるものでした。

窓越しに望む景色とともにリラックスして、「新感覚広東料理」を楽しめます。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で、合計15226円

初回訪問として、同店の味のお試しの意味もありコース料理でいただきましたが

大満足、またの機会にはアラカルトもいただいてみたいな。

中国料理満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

 

チャイナシャドー (CHINA SHADOW)

東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 26F

TEL   03-5783-1257

営業時間/11:30~22:00(L.O)

定休日   無休

大きな地図で見る

2012年4月 9日

龍天門 恵比寿

Ryutennmonn2

恵比寿、ウェスティンホテル東京2F、中国料理「龍天門

某日は、大事なゲストと待ち合わせ。寝太郎さんも私も緊張でドキドキです。

予約の旨を伝えると、窓の外に、中庭の竹林が見える左手の広間に案内されました。

テーブル・セッティングは、位置皿、ナプキン、レンゲ、ナイフレスト、箸は縦置き。

おしぼりは白地のタオル。

予約時に確認したこと。

①アラカルトの価格が昼と夜と違うのか?
→担々麺のみディナー時、2100円(ランチ1600円)
②夜の点心ワゴンサービス→なし
③紹興酒のボトルはいくらから?→8年もの 3900円(640ml)12年もの 5800円(640ml)
④ドレスコードは?→ハーフパンツ、サンダルはNG。それ以外のドレスコードはない。

とのことでしたが、同店の生ビールは@1130からとお高め。 
また、紹興酒の価格も事前の確認と若干違うように感じましたので、
プレミアム飲み放題@5000(2名様以上、2時間制)のプランを見つけ、にらめっこ。

(ノブロー) 今日は魔神さんと初顔合わせだでUsisi  オラも風呂へえってきただよ。

でな、シックな広間は照明の加減で、写真が暗くなるで、管理人はデジカメとミラーレスで

撮影だな。ちなみに明るく映ってるのが、デジカメだで。

写真が、ちいと混ぜこぜで見苦しいけんど、勘弁してほしいだ。

(みに) あっ!ノブローさんったら、私が魔神さんをご紹介しようと思ったのにぃ。

そうです。本日は「ドダン・ブーファンのポトフ」の作者、魔神さんと中華のアラカルト

ご一緒させていただくのですYahho01

魔神さんが着席され、ドリンクについてご相談をさせていただいたところ、

プレミアム飲み放題に快諾いただき、エビス生ビールからスタート。

紹興酒は、甕だしをカラフェでご準備いただき、ワイングラスを使用。

お水も、プランの中に富士ミネラルウォーター(瓶)があるということで、

チェイサーとして出していただきました。

豚バラ肉のサクサク焼き(ディナータイムのみ)@2000

お料理は魔神さんのアドバイスを受つつ、一緒に選ばせていただくことにしました。

ディナータイムのみ!は、やっぱり食べておきたい。

かりっとしたローストされ焼き目が香ばしい。肉汁もたっぷり。

マスタードも豆板醤も美味いよ。

魔神さんのお話を記したメモによると、

じっくりローストした、さくさくの皮つきの豚バラは横浜中華街では「同發」の名物でも

あるそうだ。 食べ比べてみたいなあ。

郊外油菜遠(2~3名)  チンゲン菜花×腐乳炒め@3600

さて、同店の魅力は、食材を選び、調理法も選べるということにもあったのです。

しかし、これは難しい。

個々の素材を活かし、満足のいく調理法を選ぶ目があるだろうか、

今まで、メニューの中で決まったものしか注文したことがない私達の動揺は大きい。

選ぶ側として私達は経験値が少ないのだ。

まず、野菜料理。調理法として、

・塩味炒め・湯引き・ガーリック炒め・腐乳炒め・海老味噌炒め・チキンソースあんかけ
・オイスターソースあんかけ・蟹肉ソースあんかけ・干し貝柱ソースあんかけ

・塩漬け卵とピータンの上湯仕立て

が紹介されていました。

魔神さんのご提案は、青菜炒め。大賛成。

調理法をご相談。すると、腐乳炒めは食べたことがありますか?とのお尋ね。

食べたことはありません。それ食べてみた~い! というわけで、調理法は決定。

スタッフの方から教えていただいた本日の青菜の中から、寝太郎さんが

おそるおそるチンゲン菜花を選んだ。

一口いただくと、野菜がともかく美味しい。

シャキシャキとした歯ざわりはもちろん、素材のもつ旨みが感じられる。

腐乳炒めも独特のクセがあるかと思っていたのですが、柔らかいコクが増すようだ。

うん、この注文の仕方は楽しい。 

魔神さんのおかげで、中国料理の新たな楽しみが開けたぞ♪

きのこと野菜の精進煮(2~3名)@3200

お醤油ベースの煮込み。

高級食材であるキヌガサタケを開いたものに、シメジ、シイタケ、エリンギ、マイタケ、

生マッシュなど。

ブロッコリーは色味のための飾りだろうか。もやしが食感としてアクセントになっている。

この精進煮には、川藻も入っています。中国名は「紙菜」とのこと。

スタッフの方のお話によると、川藻はいろんなものを包んで大きくなるので縁起が

良いとのこと。 旧正月でも使われる素材なんですって。

車海老×トウチ炒め(2~3名)@4700

再び!海の幸より、素材&調理法選びです。

海の幸の調理法も数種類ありましたが、うっかりしてメモを取るのを失念。

ぷりっぷりの車海老。弾力が違う。 

たしか、ソフトシェルクラブがなくて車海老を選んだと思うのだけれど。 

調理法は魔神さん?私?寝太郎さん? 飲み放題の威力でお酒が回って記憶がないわ。

素材が良いので美味しいけど、後から考えると、トウチ炒めより、他の調理法のほうが

もっと魅力的になっていたかも。 と、私の独り言ね( ̄▽ ̄)

でも、こういうことがあるから「素材&調理法」は面白い。これなら飽きないわ。

国産皮付き豚バラ肉の角煮(2~3名)@4700

魔神さんイチオシ!!

こちらのお料理をご一緒させていただきたくて、お時間を頂戴いたしました。

運ばれてきたとき、「おーー!!」と声にでていたかも。

お料理はお店の方が取り分けてくださるのですが、ご厚意により、すべてその前に

写真をとらせていただいています。 つやつやテカテカの豚バラ肉の角煮

これだけでテンションが上がる。

で、取り分けてくださると、こんな感じ。

見た目はキュートになったけど、味はダイナマイトよ。 美味い。

これを形容する言葉が見つからないので、興味のある方は召し上がってみてくださいね。

白身魚の海老味噌土鍋煮込み(2~3名)@3800

これは、私のリクエスト。

なぜって??土鍋が好きだから。

いやいや、それだけではありません。海老味噌煮込みが気になったのです。

白身魚の他に、インゲン、タケノコなど。

味はこってりしているので、先ほどの、車海老×トウチ炒めの後に続くと

退屈になるかな。 海老味噌はとても上品。

担々麺@?

寝太郎さんリクエスト。

電話で聞いたところ、夜は2100円ということだったけど、メニューには

見当たらなかった様子。

実は、寝太郎さんは「龍天門」は初めて。食べてみたいとのことで魔神さんにも

お付き合いいただきました。

しかし、、スープの味が変わっています。

そして麺も「酸辣湯麺」同様に日本そばをイメージさせるような白い細麺、ストレートだ。

これは残念。 以前のまろやかなコクをもったスープと滑らかな麺が懐かしい。

寝太郎さんは、美味しいよと喜んでくれていましたが、私と(おそらく魔神さんも)

ショックを受ける。 この喪失感は大きいよ( ´;ω;`)ブワッ。

白キクラゲとパパイヤのスープ@700

杏仁豆腐@700

柔らかな杏仁豆腐はすっきりとして香り高い。

白玉入り黒胡麻しるこ@800

同様に15分ほど時間がかかるとのこと。 煮てらっしゃるのだ。

嫌味のないコクと甘さ。上品。

スイーツについてのコメントが少ないのは、飲み放題パワーなり・・・きてます!!

Hand01お会計は、3人で、上記お料理とお酒で、合計41300円

高級店なので、たしかにそれなりのお値段にはなりましたが、魔神さんの知識に

裏付けされたアドバイスも借りて、本格的な中国料理を堪能できた気がします。

「素材&調理法」パワー炸裂♪ 楽しかったぁ~~!!

中国料理満足度数は、★★★★★ 特別です。

魔神さん、ありがとうございました(*^・^)ノ

 

龍天門

〒153-8580 東京都目黒区三田1-4-1 ウェスティンホテル東京2F

       (恵比寿ガーデンプレイス内)

TEL     03-5423-7787

営業時間/ 月~金 11:30~15:00 17:30~22:00

        土・日・祝 11:30~16:30 17:30~22:00

定休日    無 休 

2012年4月 6日

邦人式中華酒館HOI (ホウジンシキチュウカシュカンホイ) 恵比寿

Hoi

お一人ランチは、恵比寿の「邦人式中華酒館HOI 」(ホウジンシキチュウカシュカンホイ)

場所は、明治通りから、広尾方面に進行し「中華香彩 ジャスミン」の1本手前の道、

広尾1丁目の交差点を右折する形になります。

同じ通りには、先ごろお邪魔した「廣安」があり、同店は道を挟み「ノミの市」の

前になります。 レトロな雰囲気を漂わすお洒落な外観。

オリジナリティ溢れる美味しいお料理がいただけるのではないかと、

以前から気になっておりました。

ランチのオープンは11時30分。店内は、カウンター席とテーブル席。

テーブル席は、左側に4卓と右側には大きめのテーブルが1卓。

大きめのテーブルは相席使用かな?

着席すると、冷たいお茶とおしぼり(白地のタオル)が出されました。

この日、スタッフは3名。カウンター内の厨房に2名、ホールに1名と、すべて男性。

何やら、カウンター内では、男子のお喋りが花盛り。丸聞こえだ。

それはそうと、

「国産の食材で安心安全を第一に考えたHOIの満腹ランチ!」の内容は

・中華定食セットは、ご飯大盛り無料!!(おかわりはプラス\100です)
  【ご飯・スープ・ザーサイ・サラダ・杏仁豆腐】付き

・麺と炒飯のセットは、麺増量・炒飯増量は無料!
  【サラダ・ザーサイ・杏仁豆腐】付き         とのこと。

四川麻婆豆腐@1000

注文したのは、中華定食セットから四川麻婆豆腐。

ご飯・スープ・ザーサイ・サラダ・杏仁豆腐と一度にセットされて運ばれてきました。

スープは、ワカメ、大根、黒ゴマ、刻み万能ネギ。和風出汁を使われているような味わい。

サラダは、水菜、茹でもやし、ハルサメ、ハム。 ドレッシングは少ない。

麻婆豆腐は、木綿豆腐を使用。あんがぽってりと固く、煮詰まったように味が濃い。

風味も感じられず、申し訳ないのですが、これには絶句。

店名「HOI」にかけて、「HOT」な四川料理がいただけるのではないかと、

想像していたのですが残念。 勝手な思い込みでした。

同店の内装等から判断すればもっと早くに理解できたのかもしれない。

ここは、中華風居酒屋なのだ。昼には力を入れてらっしゃらないのかもしれない。

そう考えれば納得できた。

中華風のつまみを頼み、酒を飲み、普段使いするには、使い勝手も良いのだろう。

ご馳走さまでした。

 

古民家ダイニング 邦人式中華酒館 HOI 恵比寿

東京都渋谷区恵比寿1-30-9

TEL         03-3446-5437

営業時間/ 11:30~14:00 18:00~22:30

定休日    無休

 

大きな地図で見る

2012年4月 5日

雪園(せつえん) 京橋店

Setuenn

某土曜日のランチは、中国湖南料理「雪園」(せつえん)

場所は東京メトロ銀座線、京橋駅から徒歩2分とのことですが、有楽町方面から

向かいましたので、銀座中央通りから東京高速道路の銀座京橋高架下を越え

1本目を入った裏路地あたりです。 

同店は3階建て、1階のエントランスに受付、2階が個室、3階がレストランホールという

一軒家。 のちの印象になりますが、化粧室や壁などの塗装を拝見するところ

バブル期に建てられたものではないかと思わせる面がありました。

予約をしていません。相席ならば、すぐにご案内できるとのことですが、やっぱり

休日ランチでゆっくり紹興酒も飲みたいものね。 1階で少し待つことにしました。

10分ほどで、3階へどうぞ、とお声をかけていただけましたよ。

キリンラガー(中瓶)@735で乾杯。

テーブル・セッティングは、ナイフレスト、箸とレンゲは縦置き。

おしぼりは白地のタオル。 お茶は急須で置かれましたが、セルフです。

同店を選んだのは、ぐるなびで

土曜・祭日【半額】お客様感謝サービスコース(2名様より)があることを知ったからです。

・6,000円(相当) ⇒ 3,000円(税込3,150円)
・10,000円(相当) ⇒ 5,000円(税込5,250円)

しかも、このサービスコースは、ランチタイムも対応。

この他、コース料理は、ランチコースとして、税込2,625円がありますが、

その差525円なら3,150円のサービスコースいくでしょうYahho01

3,150円サービスコースの内容は

・前菜6種盛合せ ・湖南特製竹筒スープ ・若鶏の湖南式辛し炒め
・新鮮な有頭エビの香り揚げ 
・自家製ハムの蜂蜜ソース~ふわふわのパンに挟んで~
・新鮮な魚のピリ辛ソース ・フカヒレあんかけご飯 ・デザート2品

・前菜6種盛合せ

上、左から、蒸し鶏甘味ソース(黒酢と豆板醤)、白菜甘酢漬け、自家製チャーシュー

下、左から、揚げパン桜海老のせ、タケノコの香り炒め、ホタルイカの紹興酒漬け

「ホタルイカに脂肪肝を改善する効果がある」と最近評判のホタルイカ♪

ワタのコクと紹興酒漬けの風味が合わさり美味。

そうそう、お茶は烏龍茶。

小皿の漬物はビールを注文したのでついてきたのかな。ちょっと雑な盛り付け。

・湖南特製竹筒スープ

竹筒入りの蒸しスープです。

玉子、鶏ひき肉、干し貝柱、クワイなどが柔らかい浮き身になっています。

スープの出汁がじっくり出ていて、濃い味なのですが、生姜が効いてポカポカと

胃袋が温まる。これは、美味しいW04

(ノブロー) 竹筒の蒸しスープは、ここんちの名物だで♪

(ノブロー) 熱々で冷めにくいんだ。オラも気にいっただ。

・若鶏の湖南式辛し炒め

むっちりした鶏肉を衣をつけて揚げたあと、野菜とともにあんに絡め炒めてます。

調味料として砂糖の甘さも感じるのですが、しっかり辛い。

オランダパプリカ、ネギ、カボチャ、紫キャベツ、そして大きい唐辛子入り。

連れは、うっかり唐辛子を口に入れて大慌て。くちびるについた、ヒリヒリが

なかなか取れなかった様子です。 ご油断めさるな。

(レンタロー) あはは。寝太郎は、この端っこの唐辛子まともに口にいれただな。

食いしん坊さんだで。

古越龍山 銀龍 三年陳醸(600ml)@2625

最もリーズナブルな紹興酒ボトルで、こちら。一合だと@1050になります。

・新鮮な有頭エビの香り揚げ 

お店の方が、取り分けて提供。 ご説明によると天使エビとのこと。

頭から殻ごとバリバリいけちゃいますよ。

絹さや、シメジ、ニンジン、ヤングコーン、ネギはみじんきり。

味付けは、こちらも濃い目。

(フクタロー) バリボリでカルシウム強化だで♪ 

・自家製ハムの蜂蜜ソース~ふわふわのパンに挟んで~

お店の方が、取り分けて提供。 付け合せは、イチジクの砂糖漬け。

自家製ハムの蜂蜜ソースがけは、やはりお店の看板料理。

連れは、デザートをいただいているような繊細なソースの甘さに大喜び。

でも、私はこの食べ方は好みでない。

ふわふわ食パンに挟む・・・私のイメージが乏しいだけだと思いますが、

ラ○チパックをいただいているような食感で。 生意気を申してすみません。

・新鮮な魚のピリ辛ソース(白身魚の青唐辛子蒸し)

お店の方が、取り分けて提供。 

ネギ、香菜、唐辛子、青唐辛子。レモングラスの風味も感じられたのだけど。

白身魚が上手に蒸されて、香りがアクセントとして活きており、辛さは控えめ。

・フカヒレあんかけご飯

ビジュアル的に、このお皿はどうかと思う。カレーライスじゃないんだし。

ご飯の白い部分は見えなくてかまわないのだから、全体にフカヒレあんかけをかけて

器は蓋つきのもう少し、小さなものを使っていただいたほうが、視覚的にも食欲を

誘うのにな。

まあ、混ぜちゃえばこうなりますからいいのですけどね。 いきなり定食屋気分。

あんかけは、フカヒレの他にエノキ、干しシイタケ、タケノコ、ネギなど。

特に干しシイタケの味が強く出ています。人工的な甘味も感じられ、いまひとつ。

・デザート2品

桜の杏仁豆腐とゴマ団子。

杏仁豆腐はババロア風で少々固め。上には透明なゼリーの層がうっすら。

ゴマ団子は白あん。べたつかず、さっくり揚がっていて美味しいです。

(タクロー) 大事なこと、書いてほしいだ。

デザートの前におしぼりを、差し替えてくれただよ。

あと、一つ気になることは、サービス料がかかるわりには、上着は自分で

ハンガーにかけました。 加え、お料理の説明もスタッフによってバラつきあり。

これは、今回のお料理についても同様。

湖南特製竹筒スープはとても美味しかったのですが、いまひとつ的なものもある。

厳しいことも申しましたが、アラカルトで注文しているわけではないので、

本質的にお得意な料理は他にあるのだと思います。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計10626円なり~。

(9660円に、サービス料は10% 966円加算)

中国湖南料理満足度数は、★★★☆ 消極的に好きといきたいところですが、

土曜・祭日【半額】に感謝して、

お客様感謝サービスコース満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

中国湖南料理 「雪園」 京橋店

東京都中央区京橋3-6-3

TEL   03-3535-5931

営業時間/11:30~15:00 17:30~22:00

定休日   日曜日

大きな地図で見る

2012年4月 3日

政秀殿 関帝廟通り店 横浜中華街

横浜中華街のお土産に、「政秀殿」の究極の豚まん。

お店の場所は、関帝廟通り沿い。人気店なのか行列していることが多い。

この日はめずらしく並んでいない。よっしゃっ!自分用に購入だ。

手練り 手のし 手にぎりの、究極の豚まん。3個入り@1050。

自分好みの小ぶりなサイズではなく、大きめ。

テイクアウト時、「豚まん」の美味しいお召し上がり方としてチラシを入れて

くださっていますが、それによると

「電子レンジでの加熱は蒸気が不足しやすいため本来の風味・品質を損ないますので

お避けください。」と注意書きあり。

こうした説明書きは、きちんと読むべきですね。

私はいつものように電子レンジでチン!

そのため皮部分に、蒸気が足りなかったのか、上のあたりが少々パサパサ。

せっかくの甘い皮が台無しだ。反省。

餡の中には、ところどころブロックタイプの肉が入っており、干しシイタケも

目立つ。 肉々しいのですが、とことん手練りされているためか?

口の中に少々ねっとり感が残る。 これも蒸気不足のためだろうか?

下味もついていますが、なんせ、皮が厚くデカイので、私はからし醤油を

つけちゃいましたよ。

究極の豚まん。

個人的には、餡が好みと違うのですが、ボリュームがあるのでお腹いっぱいに

なりました。 機会があれば、今度は中華街で店頭の蒸したて、ふかふか状態を

いただいてみよう。

なお、同店の豚まん、保存期間は冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1ヶ月~(賞味期限内)

防腐剤や添加物を一切使用していないとのことです。

横浜中華街、中華まんじゅう満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

横浜雅秀殿 関帝廟通り店

神奈川県横浜市中区山下町134

TEL      045-222-3506

営業時間/月~金 10:00~19:00 土・日 10:00~20:00

定休日   無休

2012年4月 2日

萬珍樓點心舗 (マンチンロウテンシンポ) 横浜中華街

Tennsinnho_2

横浜中華街、広東通の香港飲茶、広東料理の「萬珍樓點心舗 」 再訪

某日は、寝太郎さんのお母様をお誘いして、3人でのランチ会食。

前回、訪問時、落ち着いた雰囲気をもつ店内と安心感のあるお料理で

確信していました。

横浜中華街で、お母様をご接待させていただくには同店が適切ではないかと。

加えて、これだけの店構えと内容の割に、お会計は比較的リーズナブルなのです。

これ、大事なポイントなり( ̄▽ ̄)

エントランスには受付がありますので、予約の旨を伝え、通されたのは

入り口より右手側の4人掛けベンチタイプのソファーシート。

本日はアラカルト注文。

事前に、魔神さんのオススメもうかがっておりますので、お母様にいいところを

見せることができそうだ♪ (※魔神さんオススメには、印をつけますね)

テーブル・セッティングは、ナイフレスト、皿、箸とレンゲは縦置き。

そして、前回、記し忘れましたがペーパーナプキン。 おしぼりは白地のタオル。

ほか、卓上には、香辣脆(シャンラーツィ)をはじめとする薬味が数種類。

水郷赤鶏の薄醤油ひたし@1400 (小)@1200      <魔神さんオススメ>

通常サイズと小サイズあり。小サイズで注文。

写真では隠れてしまいましたが、茹でピーナッツが添えられています。

薄醤油ベースのタレは、八角と紹興酒も使ってらっしゃるのだろうか、香りも良く、

とがったところがなくまろやか。

鶏肉への火の通し加減も絶妙、むっちりしていて、皮と身の間の脂さえ美味い。

品の良い味わいに仕上がっています。   個人的にもオススメ指数4.5W01

海老キシメン包み@900      <魔神さんオススメ>                     

甘めのタレがついてきます。皮はぷるるん、もっちり。海老はぷりっぷり。

私は甘めが苦手なので、からしをつけていただきましたが、それぞれの食感を

楽しめ、海老好きさんには嬉しい点心です。

黄ニラと海老の餃子@1200      <魔神さんオススメ>   

目にも鮮やかな緑。皮にニラが練りこんであるのです。

くっつかないように下にはニンジンが敷いてありました。 

豚スペアリブの黒豆ソース蒸し@660      <魔神さんオススメ>

肉の甘み、旨みが溢れ出ています。

黒豆、生姜、ニンニクなどを使ってらっしゃるようですが、素材の持ち味を活かし

味付けを控えめにして、押さえているようだ。 濃すぎず美味しい。

茄子の肉詰め 黒豆ソース@1900 (小)@1600

お母様のリクエスト。

通常サイズと小サイズあり。小サイズで注文。

茄子に食感を残しています。黒豆ソースにもくどさがないのだ。

(ノブロー) 今日は寝太郎のおっかあが来てるで、おおっぴらに出れねえな。

(レンタロー) なんでだ?寝太郎かあちゃん、おっかねえのか?

(ノブロー) でねえ、大人には受け入れたくない現実ってもんがいろいろあるだ。

「せがれが、ぬいとお喋り」も、その一つなんだべ。

いま、おっかあ、化粧室行ったで茄子ごっちゃんになるべ。

牛肉包みオイスターソース@750

もう1品点心からチョイス。

こってりとしたオイスターソース。こちらは普通。

というか、十分に美味しいのですが、贅沢になっているだけです。

大山鶏の塩魚炒飯@1600

米粒一粒一粒、べとつき感もなくパラパラにほぐれ、まんべんなく味が絡まっています。

塩魚の香りも品が良く、大山鶏の旨みと、むっちりとした肉質が歯応えとして

感じ取れるのです。これは、激美味い!  個人的にオススメ指数4.5W01

ボリュームもたっぷりなので、3人でも各自お替りできました。

(ノブロー) オラ達も炒飯ごっちゃんになりてえだー。ちいとぐらい、出ててもええか?

(ワタロー) 米はオラの好物だでー。おくれだーー!!

(みに) ふふふ、いいよ。 お母様は大人だからね。

ちゃんと見て見ぬふりもしてくださっているのよ( ̄▽ ̄)

龍井茶の白玉クリームあんみつ@700

お母様のリクエスト。

写真撮影に、ご協力ありがとうございます。美味しそう。私もこれにすれば良かった。

私のチャイニーズスイーツはというと、魔神さんに教えていただいた

「黒ごまきなこ小餅」を注文しようと決めていたのですが、残念なことに

メニューにはなかったので、写真の端に写っているアイスクリーム(あずきあん)

@500 にしました。ごく普通。

あー、あんみつにしておけば良かったーー。

お酒は、アサヒスーパードライ(中瓶)@780で乾杯をして、塔牌(とうはい)

紹興花彫酒(600ml)@2300×2を注文。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で、合計15939円

(14490円に、サービス料は10% 1449円加算)

お母様も久しぶりの横浜中華街、今回の萬珍樓點心舗のお料理を美味しく

楽しみながら召し上がってくださった様子。

スマートにおすすめのアラカルトをご紹介できて私もいいとこ見せれたかな(o^-^o)

横浜中華街満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

魔神さん、ありがとうございました(*^・^)ノ

 

萬珍樓 點心舗 (マンチンロウテンシンポ)

神奈川県横浜市中区山下町156

TEL   045-664-4004

営業時間/11:30~22:00

定休日   無休

http://www.manchinro.com 

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »