2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« ノブローの中華な日常(第2話) | トップページ | ノブローの中華な日常(第3話) »

2012年6月22日

四川料理 蜀郷香 (シュウシャンシャン) 四谷三丁目

Syuusyannsyann

「四川料理 蜀郷香 (シュウシャンシャン)」

場所は四谷三丁目、新宿通りから杉大門通りに入り直進。

しばらく歩くと道沿いに看板が出ていました。

お店はビルの2階。

扉を開け、店内に入ると、小ぢんまりとしていますが、清潔感があり肩の凝らない

家庭的な雰囲気が漂う。接客を担当してくださるお姉さんもカジュアルな服装だ。

大きめのテーブル席に、グループのお客様が1組。

土曜日の夜の利用ですが、他にはお客様がまだいらっしゃらない状態。

予約の旨を伝えたところ、席を選べましたのでグループのお客様から離れて、

店内奥の2人掛けのテーブル席を使用させていただきました。

テーブル・セッティングは、ナプキン、レンゲ、箸置き、箸は横置き。

おしぼりは白地のタオル。 

また、テーブルクロスではなくシックなランチョンマット。

同店のコース料理は3種類。

郷香コース(8品)@5250、おまかせコース(要3日前予約)@6300

旬コース(店内黒板で確認)

事前に調べておかなかったこともあり、私達はアラカルトで注文することにしましたが

グランドメニューには★印がついているものがあり、この★印は辛味料理とのこと。

自家製チャーシュー 四川叉焼@1365 ★

ねっとりとしたパテ的な味わい。食べるラー油のようなソースがかかっています。

★印1つ。 そんなに辛くは感じませんでした。

(モモロー) 煮豚みてえだな。八角が効いてるだ。

(みに) モモちゃん、久しぶりっ。好物のお肉食べに来たのね。

付け合せの茹でブロッコリーも召し上がれ!

四川水ギョウザ(4個入り) 紅油水餃@630 ★

手作り感が伝わる小ぶりのギョウザ。

茹でキャベツが添えられています。この水ギョウザにかかっているソースの香りは

先ほどのチャーシューと同じだ。基本のソースがあるのかな。

生ビール(ザ・プレミアムモルツ)中@630、小@380 をいただいたあとは

中国酒のお時間です。

甕出し紹興酒 360ml(2合)@1050

ワイングラスではなく、切子グラス使用。和のテイストも素敵だ。

ところで、2合にしたのは何故かというと、お替りを考えてのこと。

お替りをして720ml→2100円。 紹興酒 10年 珍蔵 白壷 500ml@2625よりも

たくさん容量があって安いからで、決して体調が悪いからではありません。

外食時、酒代が占める割合の大きい私達の苦肉の策でございます。。

リーズナブルな甕出し紹興酒、連れの書いたメモによると、

ストレートでいただける範囲内。

他にはワインも置いてらっしゃるので、中国酒が苦手、ワインならいただける

というお客様にも対応できます。

鶏肉とカシューナッツの炒め 宮保鶏丁@1575 ★★

「唐辛子はよけてください」とのご指導あり。

鶏肉、カシューナッツ、ピーマン、赤パプリカ、唐辛子、粒山椒。

唐辛子、粒山椒とともに炒めているのですが、まず、砂糖、酢、オイスターソースを

しっかり感じる。 そのためか、★印2つですが辛くない。

牛肉の四川煮込み 山椒の香り 水煮牛肉@1890 ★★

「熱いうちによく混ぜて、お好みで香菜もお使いください」とのご指導あり。

牛肉、セロリ、ぶなしめじ、白菜など。

あんがもったりとしていて家庭的にも思える。

山椒は感じられますが、こちらも何故か★印2つですが辛くない。

私と連れの辛味耐久力がアップしたせいなのかしら?

郷香自慢の汁なしタンタン麺 郷香担担麺(小椀)@840

肉そぼろ、松の実、青ネギなど。麺は平打ち麺。

メニューに記された「汁なし担担麺に対するシェフの想い」によると

汁なし担担麺はご自身でよく混ぜ、立ち上がる香りを楽しむお料理です。
一口食べるごとによく混ぜ、最初と最後の味の変化をお楽しみ下さい。
お一人様一椀で食される事をおすすめします。
※こちらは単品でのご注文はお断りしております。 とのこと。

さらに運んできてくれたお姉さんのご指導によると

「お熱いうちに30回以上混ぜてください。食べながらも混ぜ続けてください」

と言うので、頑張りましたよ!

これは辛さもしっかりあって、美味しい。 今日一番の正解♪

これこそ香菜が欲しいなあ。

お茶はティーバッグに入れたジャスミン茶をポット出し。

おしぼりも差し替えてくださいました。

のちに、お店のHPでオーナーシェフのプロフィールを拝見したところ

菊島弘従氏は四川料理界の巨匠「趙楊」に師事し、「銀座 趙楊」で料理長を

務められた方だと知りました。

うーん、あの「銀座 趙楊」かあ。

残念ながらディナーに訪問したことはないので、ここでは控えますが

その有名な「趙楊」の味が、手の届く範囲内の金額でいただけるとなったら

一度は来てみる価値あり!です。

こちらのお店で、周りのお客様の注文を見ていてわかったのですが、

断然、コース料理の方が変化に富んだものがいただけお得に感じました。

同店はシェフがお一人で厨房に立たれ調理をされていらっしゃるので

要3日前予約ですが、できれば「おまかせ」が一番のおすすめだと思います。

Hand01お会計は、2人で上記お料理とお酒のほか、

甕出し紹興酒@1050×2で合計10985円

中国料理アラカルト満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

帰り際、エレベーター前でシェフの丁寧なお見送りを受けました。

小柄でお若いシェフでしたし、シャイな印象。HPを見る前でしたので、

あの方が菊島弘従氏とは気がつきませんでした。

次回は「おまかせ」で満足度数、★★★★ は、いただきたいと思います。

 

四川料理 蜀郷香 (シュウシャンシャン)

東京都新宿区舟町5-25 TSI FUNAMACHI 2F

TEL         03-3356-0818

営業時間/ 18:00~22:30(ラストオーダー21:45)

ランチ営業土・日・祝のみ 11:30~14:30(ラストオーダー14:00)

定休日     月曜

大きな地図で見る

« ノブローの中華な日常(第2話) | トップページ | ノブローの中華な日常(第3話) »

04.東京23区(新宿・中野・杉並)」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事

コメント

新しい店ですね。
昔はこの界隈で中華料理といえば平安菜館しかありませんでした。
ついでに言うと、新宿通りの反対側、須賀町にうな浜という鰻屋、四谷三丁目に天春、ちょっと下った住吉町に中央菜館という名の中華の名店がそれぞれ存在していました。天春は今でもあるかも知れませんが、うな浜の鰻と中央菜館の中華は悲しいことにもはや伝説です。その伝説を追い求めてかろうじてたどり着いたかなと思えたのが、鰻は築地宮川本店、中華は中華街の翠香園と本牧の奇珍でした。
中国でもなぜか一番人気は四川料理です。


元浜っ子さん

元浜っ子さんは、四ツ谷界隈にもお詳しいのですね。
われわれはあまり行かない場所ですが、ちょっと裏通りへ入ると、
酒飲みにはなかなか楽しそうな店があったりする街ですね。
いずれ居酒屋探訪もしたいな、と思わせられました。

なるほど、中国でも四川料理は人気なんですか!
「食在広州」もいまや昔、中国料理も時代とともにダイナミックに
変化してゆくのかもしれませんね。

紅油水餃は大好物です。
でもこれは日本では手出し無用ですね。
スピリッツがないと作れない料理です。
譬えて言えば、フランス人の三ツ星シェフに日本のおはぎを作らせるようなものです。
美味しいかな?
きっと美味しいことは美味しいと思いますけど、でもちょっと違う。。。そんな感じでしょう。

元浜っ子さん

本場のは食べたことがないので比べられませんが、
これはこれでなかなかいけたような気がしましたね。

以前にいただいた元浜っ子さんのコメント、4コマ漫画に使わせて
いただきました。
ありがとうございます!
事後承諾ですみません。

こうしたレストランの多くは、点心を外部の点心師に外注してますからね。
仮に自家製だったとしても、イタリアンのシェフにピザを捏ねさせ、焼かせるようなものです。

北京でも上海でも四川料理はなぜか今、人気ですけど、私は「食は広州に在り」だと思ってます。
潮州料理も好みです。

この記事へのコメントは終了しました。

« ノブローの中華な日常(第2話) | トップページ | ノブローの中華な日常(第3話) »