2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 楓林 (フウリン) 芝公園 | トップページ | ノブローの中華な日常(第5話) »

2012年6月26日

五指山(ゴシザン) 神田

Gosisann

中国料理「五指山」(ゴシザン)

場所は、神田駅西口から西口商店街を抜け、外堀通り沿い。

平日の夜に予約の上、訪問。 

お店は細長い造りで、入ってすぐの位置に4人掛けのテーブル席が1卓。

厨房前の通路にはカウンター席が設けられ、奥にもテーブル席が2卓ぐらいは

あるのですが、総席数は18席ほどでとても小ぢんまりしています。

早い時間だったためかお客様はまだいらしていない。

お好きな席にどうぞ、とのこと。

ちょっと奥のテーブル席を覗くとお隣にお客様がいらっしゃると窮屈にも思え

贅沢にも入り口近くの4人掛けテーブル席を使用。

おっとーー!なんだこれは??券売機じゃない。

麻婆豆腐や担々麺はここで発券するのか??

そしたら、この前にドンと座っていたら邪魔じゃないか。

お聞きしようかと思ったのですが、お店はお2人で回しており、厨房に入っていらして

少し声をかけづらい。

まあ、この席を選んだときに何も言われなかったからいいんではないか?

きっとこの券売機はランチタイム用だよ。 と勝手に思いこむことにしました。

BGMはレゲエ。 

着席後、使い捨てペーパーおしぼりと袋入り元禄箸がセット。

まずは、ビール(キリンラガー)中ジョッキ@500×2

ディナーメニューは、白板から選びます。

牛アキレスけん醤油煮@1500

陶器の片手鍋で供されました。ネギ、ニンニクがしっかりはいっている。

ゼラチン質がたっぷりでとろとろだ。

絶品とは言いがたいのですが、好感のもてる味付け。ご飯が欲しくなります。

(ノブロー) どんれ、オラたちも味見してえだ。

ここで、紹興酒。同店のものは、ボトルでも注文しやすい価格帯。

白酒もボトルで置いてあるのだ。

女児紅 壷(500ml)@1800

目の前でボトルを開封してくれました。

白身魚(タイ)のピリ辛煮 山椒油仕立て@1500

水煮魚は、小サイズで1500円、中サイズは2400円。

「骨があるので、気をつけてください」とのご指導あり。

お玉は2種類。ひとつは穴あきです。

実山椒、豆もやし。

私には少し魚の生臭さを感じたのですが、連れは大丈夫だった様子。

白身魚には薄い衣がついています。

ピリ辛風味。もちろん実山椒をかじるとビリビリです。

(ノブロー) オラもビリビリで、四川の極意を極めるだ♪

(みに) 止めときなさいって。

揚げレンコンのブラックビーンズ炒め@980

揚げレンコンは衣付き。 ぽってりとしたあんかけでまとめています。 

これは選択ミス。 メニューを見てまさかコレとは想像できませんでした。

詳しくは控えさせていただきますが、残念ながら完食ならず。

このあと、ウマ辛には定評のあるマーボー土鍋ご飯か担々麺をいただこうかと

思っていたのですが、くじけて、お会計。

Hand01お会計は、2人で上記お料理とお酒で合計6780円 とCPは高い。

なかなか特色のあるお料理がいっぱいなので興味は津々ですが、選ぶお料理に

よっては当りハズレがあるのかもしれません。

慎重に考えたほうが良いのかも。 無念。

今回いただいたお料理だけでの記録ですが

中国料理満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

中国料理 五指山

東京都千代田区内神田1-9-10 光間正ビル 1F

TEL          03-3292-0080

営業時間/  11:30~14:30(L.O.14:00)17:30~22:00(L.O.21:00)

定休日   日曜日・その他 

大きな地図で見る

« 楓林 (フウリン) 芝公園 | トップページ | ノブローの中華な日常(第5話) »

03.東京23区(千代田・中央)」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。