2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« ノブローの中華な日常(第14話) | トップページ | ノブローの中華な日常(第16話) »

2012年7月21日

ノブローの中華な日常(第15話)

「炒飯の法則?(続)」
2_1

2_2

2_3

2_4
                              (寝太郎作)

シンプルな味のもので〆るのは、コースの最後のほうに出てくる、味の濃い料理を
つけて食べるという意味もあるそうです。
フレンチやイタリアンで、メインの料理のソースをパンでこそげる感じでしょうか。
でも、白いご飯はともかく、饅頭(マントウ)や水餃子で〆るっていうイメージは
なかったなあ。

それに、美味いっすよねー、炒飯!
冷や飯っていうけど、冷たいご飯でそのまま作っても美味くないですよね?
美味しい炒飯を作るコツは、冷や飯なら、レンジで(蓋をせず)しっかり温めること。
冷たいまんまじゃ油となじみにくいから、パラッパラにならないんですよ。
なんなら、炒飯だけのために熱々のご飯を炊きたいくらい(本末転倒?)。

日本人が炒飯大好きなのは、それがラーメンや餃子や麻婆豆腐とおなじく、
「中華料理」の入り口だからなんでしょうね。
コースのシメが白いご飯だと、ちょっと損した気がしちゃうくらいに。

炒飯はあくまで炒飯。炒飯が美味しいからといって、他の料理が美味しいことを示す
基準にはならない――これが大多数の中国人の考え方のようです。

そういえば。
寝太郎は昔、仕事で当時“中華の鉄人”としてマスコミにひっぱりだこだったシェフに
お話を聞く機会があったんですが、そのとき聞いた言葉を、思い出しました。

「僕はね、自分の店を持つコックさんに、ひとつアドバイスしていることがあるの。
それはね、とにかく炒飯と焼きそばだけは美味しくつくれってこと。
日本人は中華料理店へ来ると、最後にそのふたつのどちらかは絶対に食べる。
だから、それさえ美味しいものを出しておけば、店は絶対に潰れない――!」

完全に逆手にとられてますねー、「炒飯の法則」(^-^;
さすがプロ、われわれの弱点をピタリと突いてきますね。

Fureika

写真は「中国飯店 富麗華」さんの杏と空豆の海鮮入り炒飯。
(→記事はこちら

参考文献一覧

『ノブローの中華な日常』目次

« ノブローの中華な日常(第14話) | トップページ | ノブローの中華な日常(第16話) »

00.ノブローの中華な日常」カテゴリの記事

コメント

第14話、第15話と、またまた良いポイントを突いて来ましたね。
自分が最近、中国料理屋のメニューを見てガッカリするのは、揚州炒飯、福建炒飯は良いとして、湖南炒飯とか、四川炒飯と言うのを見かける事です。

揚州炒飯は、本当に江蘇省揚州市名物で、隋末からある由緒ある玉子炒飯です。
しかし福建炒飯は、福建省にはなく、香港で作られた広東料理(香港料理)です。
でも一応香港にはあり、日本でも広まったので、許すとしましょう。

湖南炒飯、四川炒飯は、中国にはない、日本オリジナルの炒飯です。
しかも、中国人シェフの店で、これらの炒飯が出されています。

辛い味付けが好きな、湖南省、四川省で、辛く味付けする炒飯が、市井で食べられていても、不思議はありません。
しかし、湖南省名物、四川省名物とか言って出されるのは、違うなぁ・・・と。

日本人の炒飯偏向が、造り出したメニューのような気がして、なりません。

>でも、白いご飯はともかく、饅頭(マントウ)や水餃子で〆るっていうイメージは
なかったなあ。

人間は生理的に、酒を飲み、食事の最後に炭水化物が取りたくなるそうです。
〆じゃなくても、食中にごはんとか花巻をもらい、美味いスープの汁を付けて食べる・・・と言うのは、大衆的な店だとアリだそうですよ。

>とにかく炒飯と焼きそばだけは美味しくつくれってこと。

ついでに、麻婆豆腐、担担麺、エビチリ、エビマヨ、黒酢の酢豚、杏仁豆腐あたりが美味いと、最強の中国料理店と呼ばれるんじゃないですかね(苦笑)?

魔神さん

>湖南炒飯、四川炒飯は、中国にはない、日本オリジナルの炒飯です。
>しかも、中国人シェフの店で、これらの炒飯が出されています。

>辛い味付けが好きな、湖南省、四川省で、辛く味付けする炒飯が、市井で
>食べられていても、不思議はありません。
>しかし、湖南省名物、四川省名物とか言って出されるのは、違うなぁ・・・と。

>日本人の炒飯偏向が、造り出したメニューのような気がして、なりません。

福建炒飯がそれなりにヒット→定着したので、じゃあ四川や湖南でも、
という、ちょっと乱暴な発想で作られたっぽさがぷんぷんしますね。
まあ、たしかに名前はキャッチーだけど、担々麺や麻婆豆腐みたいに、
現地にオリジナルの料理があるものを日本人向けにアレンジした、とか、
麻婆炒飯や天津飯みたいに、すでにあるものを合体させたものでも
なさそうなので、決まったレシピがなさそう&イメージしにくい、という点で
じつは全然キャッチーじゃないところが残念な感じです。

>〆じゃなくても、食中にごはんとか花巻をもらい、美味いスープの汁を
>付けて食べる・・・と言うのは、大衆的な店だとアリだそうですよ。

これ、おぼえておくとよさそうですね。
そういえば、アラカルトで注文しているとき、しっかりしたソースの
料理が出たさい、花巻もご一緒にいかがですか、と提案してくれた
お店もありましたっけ。

>>とにかく炒飯と焼きそばだけは美味しくつくれってこと。

>ついでに、麻婆豆腐、担担麺、エビチリ、エビマヨ、黒酢の酢豚、杏仁豆
>腐あたりが美味いと、最強の中国料理店と呼ばれるんじゃないですかね
>(苦笑)?

日本人がみんな大好きな中華の鉄板メニュー……
いや、これはまちがいないでしょう(^-^;sign03

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ノブローの中華な日常(第14話) | トップページ | ノブローの中華な日常(第16話) »