2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 馥香(フーシャン) 浅草橋 | トップページ | ノブローの中華な日常(第12話) »

2012年7月14日

中国飯店 富麗華 (チュウゴクハンテンフレイカ) 東麻布

Fureika2

お一人ランチは、東麻布の「中国飯店 富麗華 」(チュウゴクハンテンフレイカ) 再訪

テーブル・セッティングは、位置皿の上にお店の名前が刺繍された布ナプキン、

箸置き、箸は縦置き。

茶杯とソーサー、小皿、ティーウォーマー、おしぼりトレー。

卓上には、醤油、黒酢、酢、爪楊枝。

温かい白タオル地のおしぼりは手渡しでいただけ、テーブルクロスは2枚敷き。

着席すると、メニューが手渡され

ジャスミン茶の入った中国茶用ティーポットがティーウォーマーで温められます。

また、前回はコース料理を注文したからかと思っていたのですが

マスタードと豆板醤は、注文したお料理に関係なく着席後にテーブルに運ばれてきます。

よく見ると箸は「富麗華」のロゴ入り。

しかし、それだけではありません!

爪楊枝が入っている袋も「中国飯店」のロゴ入りなのです。

本日のお目当てはアラカルトで冷やしそば。

富麗華式 冷やしタンタン麺@1575

麺は米粉麺又は玉子麺から選択可能。玉子麺で注文。

冷やしますので少しお時間がかかりますが、よろしいでしょうかとのお尋ね。

もちろん待ちます!と返答しましたが、思ったほど待ち時間はかからず登場。

スタッフの方から「タンタンつけ麺です」とのご紹介。

ほーーー!!メニューの難しい字は読めなかったけど、冷たい和えそばではないんだ。

「富麗華式 冷やしタンタン麺」は 冷たいタンタンつけ麺 なのです。

冷たくしめた玉子麺の上にはミョウガの甘酢漬け2枚。

冷たいつけ汁には、湯通しをしたオクラと肉そぼろ。

出汁をベースに、軽やかなゴマのコクが品の良さを物語る。

運ばれてきたとき、シンプルな見た目に、寂しさもあったのですが

いただいてみると、あっさりとした中に奥深い味わいが余韻を残す。

なんと洗練されたことだろう。

つけ麺というと、ざるラーメンというか、大衆的なイメージなのですが

富麗華さまの手にかかるとシャープに垢抜けしてしまいますね。

味自体の物足りなさはないのですが、量のほうは、少なめですので、

これだけだと小食な方や女性向きなのかもしれません。

今回のランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

中国飯店 富麗華 (チュウゴクハンテンフレイカ)

東京都港区東麻布3-7-5

TEL      03-5561-7788

営業時間/11:30~14:00L.O. 17:30~22:00L.O.

定休日   無休

« 馥香(フーシャン) 浅草橋 | トップページ | ノブローの中華な日常(第12話) »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。