2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 御膳房(ごぜんぼう) (№2) 六本木 | トップページ | 麻布長江 香福筳 (アザブチョウコウ コウフクエン) (№2) 西麻布 »

2012年8月26日

麻布長江 香福筳 (アザブチョウコウ コウフクエン) (№1) 西麻布

Azabucyoukou1

西麻布、中国料理「麻布長江 香福筳」(アザブチョウコウ コウフクエン)

場所は、外苑西通り、西麻布の交差点から程近い距離です。

同店は、麻布長江の長坂松夫シェフの後を受け継いだお弟子さんの田村亮介氏が

リニューアルオープンされたお店とのこと。 

落ち着いた雰囲気の外観も素敵です。

某日は、お店のHPより、5250円のランチコースを予約の上、伺いました。

コース内容は、6品+デザート・中国銘茶

・前菜
・本日の海鮮料理
・本日のお肉料理
・気仙沼より直送フカヒレ煮込み
・本日の野菜料理
・麺/飯(どちらかお選びください)
・デザート
・中国銘茶           となっています。

店内に入り、スタッフの女性に案内されたのは入り口に近い位置の個室。

4人掛けのテーブル席ですが、広さもあって快適。

なお、お品書きは出されていません。

運んできてくださった時にお聞きしたことをメモし、また、自分の目でみたことを

付け加えて記録していますので正確さには欠けるかもしれません。

(ノブロー) こんちは!今日はオラがテーブル・セッティングを紹介するだ。

まずは、一輪挿しに花だべ。 箸置き、箸は横置き、ペーパーナプキン。

着席したら、温かいおしぼりは、トレー置きしてもらえただ。

で、プレミアムモルツ@735を注文したで。

スタッフの姉さんがグラスに注いでくれただ。 うすはりグラスだな。 

こういうグラスでごっちゃんになれると、ビールがいつもよりうまく感じるだ。

(みに) ノブローさん、個室だから滑舌よくて大活躍ね。

黄酒、ボトルはいいお値段だけれども、ノンブレンドカメ出し(16度)は

2合が2100円なので、これをチビチビ飲るという手があるわね。

ほかに、お酒の種類は豊富で、ワインや白酒もあります。

ノンブレンドカメ出し(16度) デカンタ(580ml)@3465

私達だと2合じゃ、足りなくなりそうなのでデカンタで注文。

紹興酒のグラスは、コニサーグラスになるのかな。

口の方がやや広がっており、すっきり美しいグラスです。

・前菜

1.砂肝のゼリー寄せ・・・ゼリーには出汁が効いており、細かく刻んだセロリも

入っています。 臭みのない砂肝のシャキシャキした食感とセロリの爽やかな風味が

広がる夏らしい前菜。 美味し!

2.プチトマトチューニャンシロップ漬け・・・酒醸(チューニャン)とはもち米と麹を

発酵させて作る伝統的な調味料とのこと。トマトの酸味と合わさり丸みがでて甘酸っぱい。

3.蒸し鶏のマーラーソース・・・ほんのり苦味の効いた大人味の麻辣。

キュウリと香菜付き。蒸し鶏については、もう少ししっとり感が欲しいところでした。

4.茄子と板春雨のゴマソース

皿には、一味がかかっていますのでお好みで。

(レンタロー) 涼しげな皿だべ。夏を意識したシェフの心遣いだべな。

(ノブロー) ほれっ、この半透明のぺろぺろ、一反木綿みたいだべ!

だども違うだよ。 こいつが、板春雨っちゅーらしいで。

・本日の海鮮料理

長崎産マハタとタラバガニ、空芯菜の極上スープ仕立て

スープのベースに鶏も感じますが、魚介の旨みが出たスープ。

魚も美味しいし、空芯菜もたっぷり入っているのは嬉しい。

中華の中に和をイメージさせる海鮮料理でした。

                                      -№2に続く-

« 御膳房(ごぜんぼう) (№2) 六本木 | トップページ | 麻布長江 香福筳 (アザブチョウコウ コウフクエン) (№2) 西麻布 »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。