2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 銀座小はれ日より (№2) | トップページ | ノブローの中華な日常(第19話) »

2012年8月 2日

福琳(フクリン) 麻布十番 

Fukurinn

お一人ランチは麻布十番、台湾料理「福琳」(フクリン)

場所は麻布十番駅、4番出口から徒歩1分。

以前、和風居酒屋「いち尾」を記録させていただきましたが、「福琳」も同じビルの2階。

階段を上り、右側(いち尾)と左側(福琳)という位置関係です。

小ぢんまりした店内は、テーブル席のみ。

今回は、窓際の端の席を使用させていただくことになりました。

テーブル・セッティングは、箸置き、箸は横置き。

テーブルクロスは撥水や防水のための加工が施されている。

また、卓上にはメニューとボックスティッシュあり。

着席すると麦茶が運ばれてきて、注文を通すとメニューは下げられた。

魯肉飯(ルーローハン)とは、台湾の煮込み豚肉かけ飯。 -wikipediaより-

本日のお目当ては、この台湾魯肉飯のセットです!

台湾魯肉飯と汁ビーフンセット@900

野菜サラダ、漬物(タクワン、ザーサイ)付。

汁ビーフンは、ビーフン、もやし、水菜、高菜、ネギ、干しエビなど。

スープは白濁。あっさりしているようで、独特の深みがある。

台湾魯肉飯の豚肉は、八角が香り、ホロホロに柔らかく煮込まれ、肉からの

コクも加わり、甘しょっぱい。 私自身、台湾は行ったことがないのですが

本場は、こういう感じなのかなと想像力を掻き立てられます。

ただ、一つ気になったのは米の質がいまひとつだったことでしょうか。

台湾料理は、馴染み深くないため控えめな満足度数になりますが

ランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

福琳 (フクリン)

東京都港区麻布十番2-20-5 2F

TEL      03-5445-4774

営業時間/ 11:30~15:00 17:00~22:30

定休日    無休

大きな地図で見る

« 銀座小はれ日より (№2) | トップページ | ノブローの中華な日常(第19話) »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-6.台湾料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。