2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 嘉賓 (カヒン) 四ツ谷 | トップページ | 赤坂維新號 銀座新館 (№1) 新橋 »

2012年9月14日

梅華(バイカ) 自由が丘

Baika

お一人ランチは、自由が丘の北京料理「梅華」(バイカ)

場所は、自由が丘駅北口を出て右手側。「天一」の左側の道を入り2本目を右折します。

同店の歴史は古く50年以上。地元の方々に長く愛されている老舗になります。

昭和の中国料理店という雰囲気をそのまま残す店内。

フロアスタッフの方も白いシャツに蝶ネクタイ。

1人である旨を伝えると、1階の円卓にどうぞ、とのこと。

(席は丸テーブルと角テーブルあり) おしぼりは出されませんでした。

お昼の定食のメニューは卓上にありましたが、グランドメニューも持ってきてくれました。

この他、中央のターンテーブルには酢、醤油、ラー油、胡椒、からし、爪楊枝、

灰皿、紙ナプキン、ウォーターピッチャー。

このウォーターピッチャーは円卓を利用しているお客様だけのものではなく、

来店なさっているお客様のコップに注ぐために置かれているのだ。

そのためフロアのお兄さんが、角テーブル席のお客様にお水を足されるときも

クルクル回される。

よく動き、お水を足されるので、ターンテーブルがちょくちょく回転し気になった。

どこか他のスペースにウォーターピッチャーを置いてくださると良いのだけれど。

ワンタンメン@1100

同店の名物は三鮮麺(豚肉、エビ、野菜)ということですが、醤油味のあんかけ風は

体調的に遠慮したい。あんかけをパスし、選んだのはワンタンメン。

ワンタンは作り置き感が否めず、ところどころくっつき、餡は硬くなっていた。

ほか、ホウレン草、チャーシュー、刻みネギ。

スープは、鶏がらベースの濃い目の塩味。麺は縮れ麺。

レトロな味わいですが、飲み進めると塩分のきつさを感じてしまった。

しっかり1杯のボリュームはあったのだけれども1100円。

少し割高感をいだいてしまいました。 またの機会は別メニューで。

今回のランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

梅華 (バイカ)

東京都目黒区自由が丘1-12-2

TEL         03-3717-6930

営業時間/ 11:30~15:30(L.O.15:00) 17:00~23:00

定休日     火曜日

大きな地図で見る

« 嘉賓 (カヒン) 四ツ谷 | トップページ | 赤坂維新號 銀座新館 (№1) 新橋 »

06.東京23区(目黒・世田谷)」カテゴリの記事

a-3.北京料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

梅華はやはり三鮮麺がおすすめですね~。
具だくさんで栄養バランスがいいので、他の料理よりコスパがいいように感じますね。

私が自由が丘に住んでいたころ、ここに行くと98%三鮮麺を頼むので、
ホールの方に「たまには他のメニューも頼んだら~?」といわれていました(笑)。

味付けはギンギンの上海系、濃い目ですが、これが変わらぬ店の味という感じ。
濃いのが得意でないようでしたら、「あっさり目でお願いできますか?」と頼むと、
気持ちあっさり目にしてもらえるはずです(経験済)。

恐らく、世の中的にはそれで丁度いいくらいだと思うのですが、
あの店の味っていうのもありますからね^^ 
私の思い出の味です。

80C(ハオチー)さん

>梅華はやはり三鮮麺がおすすめですね~。

>味付けはギンギンの上海系、濃い目ですが、これが変わらぬ店の味という感じ。
>濃いのが得意でないようでしたら、「あっさり目でお願いできますか?」と頼むと、
>気持ちあっさり目にしてもらえるはずです(経験済)。

おお、リピーターならではの貴重なコメント、ありがとうございます!
レビュー担当のみには、機会があればぜひ試してみたいと申しております。

>私が自由が丘に住んでいたころ、ここに行くと98%三鮮麺を頼むので、
>ホールの方に「たまには他のメニューも頼んだら~?」といわれていました(笑)。

>私の思い出の味です。

なんかほのぼのするいいエピソードだなあ。
地元の方に愛されているお店だというのが伝わってきます。

寝太郎さん

コメントありがとうございます。
そういえば、この店はもうひとつおすすめがありました。
「棒棒鶏冷麺」です!

こちらはしっかり仕事をした、中国料理店の蒸しorゆで鶏と、
歯ごたえのいいくらげが印象的です。
通年メニューになっていますので、夏だけでなくいつでも食べられますよ♪
ぜひお試しください^^ 

80C(ハオチー)さん

棒棒鶏冷麺、ちょっと調べてみました。ネットにはほとんど露出がありませんね。
これまた貴重な情報、ありがとうございます!

>こちらはしっかり仕事をした、中国料理店の蒸しorゆで鶏と、
>歯ごたえのいいくらげが印象的です。

この説明を拝読し、ネットで1枚だけ発見できた写真にあった、いい感じのヴィジュアルを
見たら、ものすごく食べてみたくなりました。

梅華、いいですね。なんというか、子供の頃抱いていた「中華料理」のイメージがそのまんま息づいてくれてるような雰囲気が。

僕も、機会があれば行ってみようという気になってきました。
コメント、ありがとうございます。

この記事へのコメントは終了しました。

« 嘉賓 (カヒン) 四ツ谷 | トップページ | 赤坂維新號 銀座新館 (№1) 新橋 »