2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月25日

チャイニーズレストラン わさ (№2) 都立大学

Wasa2

「チャイニーズレストラン わさ」(Chinese restaurant WASA) 

同店のHPによると

ご主人 山下昌孝 氏は、岐阜の四川料理の名店「開花亭」での修行を経て

2009年、目黒区八雲に同店をオープンされたという。

(ノブロー) 酒の紹介がまだだったで。ちくと語るだ。

生ビール(ハートランド)@600×4で乾杯したあとは、シャンパーニュ

(ピノ・ノワール シャルドネ)@8000に突入しただ。

ここんちは、酒の種類が豊富だで。

紹興酒(リーズナブルなところでは、デキャンタで500ml 3000円)はもちろん、

ワインや日本酒もあるだ。

とくに日本酒がおもしれえで♪ 

醸献@1000とのマリアージュは、試してみる価値ありだな。

(パスタ) ノンノン。シャンパーニュ飲むかっ。

(ノンノン) 女子は、しゅわしゅわ~好きだわよ。

(レンタロー) パスタ、心入れ替えてちゃんと、ノンノンの面倒みてるだな。

(ノブロー) ええこっちゃっ!

北海道産ホタテと野菜の塩炒め@2200

えっ?!これが・・・。 私が想像していた塩炒めとは違い。

ホタテは軽く衣をつけて油通しし、半分にカットした半生状態。

ここにネギ油とショウガなどで味付けをしたブロッコリーが並んでいます。

どうやらお手元で混ぜて食してもらおうという趣旨のようだ。

これは好みが分かれるところかもしれませんが、私と連れは、あまりタイプではない。

野菜とホタテの塩炒めとしての一体感が望みたい人なので、肩透かし。物足りない。

黒酢豚@2500

豚のスペシャリスト金子さんの美味しい豚肉。

調理法は

  1. 黒酢豚
  2. 広東風酢豚
  3. 酸味・辛味炒め
  4. 山椒豆豉(トウチ)炒め
  5. 味噌炒め         から選べます(各2500円)

まずは、黒酢豚から。 皿には、マスタードと塩が添えられています。

こちらも、お手元で混ぜてね系。

「最初は塩とマスタードでどうぞ」 と ご指導あり。

そうなると肉質が良いのでついつい、お肉は塩でいただいてしまう。

黒酢豚全体としての味の調和を確認したいため、またも欲求不満。

山椒豆豉(トウチ)炒め@2500

素材には強いこだわりがあり、また化学調味料を使われていませんから

美味しいとは思います。 

汁なし担々麺@1400

飛騨牛のそぼろと香菜・青葱がのせてあります。

しかも、そぼろは、お店で肉をたたいてらっしゃるようだ。

麺は柔らかめ、花椒は効いておりますが旨みの方が勝り、味わい濃厚。

私には辛み自体はマイルドに感じました。 

この汁なし担々麺には、香菜が合う・合う。

出来の良い汁なし担々麺。むーさんの絶大な支持票を獲得。万歳!Rose03

担々麺@1200

そして、再び一同の賞賛を受けたのは担々麺。 上には、肉そぼろ、もやし。

麺は同じく柔らかめなのですが、スープが美味い。

辛さで力押ししてくるものではなく、味にまろやかな深みがあるのだCrown04

あまりの美味しさに、お店の方にお聞きしたところ芝麻醤と辣油も自家製とのこと。

(ノブロー) 魔神さんが褒めるで、こいつすげえ。

(パスタ) ワォン!(ノブロー、おいらにもくれよっ)

杏仁豆腐@500

こちらも自家製かな。普通に美味しかった。

この他、麻婆豆腐を注文したのですが、豆腐が切れてしまったため

お出しすることができなくなりました。とのこと。

お話によると千葉の「月のとうふ」をご使用。一つ一つに妥協がないのだ。

Hand01お会計は、4人で上記お料理とお酒をいろいろで合計44152円

オリジナリティ溢れる炒め物については個人的に波長があわなかったのですが

全体を通じ、真摯な姿勢でお料理に取り組まれていることはよくわかりました。

訪問しておいて良かった(o^-^o)v

中国料理満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

チャイニーズレストラン わさ(Chinese restaurant WASA)

東京都目黒区八雲3-6-22

TEL      080-3027-4937

営業時間/ 土・日・祝 12:00~14:00 平日・土・日・祝 18:30~22:30

定休日   水曜、第1・第3木曜

大きな地図で見る

2012年10月24日

チャイニーズレストラン わさ (№1) 都立大学

Wasa1

チャイニーズレストラン わさ」(Chinese restaurant WASA) 

場所は、東急東横線都立大学駅北口より徒歩13分ということですが、

私と連れ(寝太郎さん)は田園調布駅より、渋11系統(渋谷~田園調布)のバスを利用。

「八雲高校」で下車すると、お店はすぐ目の前です。

予約の電話を入れてくれた寝太郎さんの話によると、受付は一月前から。

きっちり来店日の一月前に電話をしましたよ。

同店は人気店のうえ、客席は少ない。テーブル席は2卓のみという事なので、

何がなんでも4人掛けのテーブル席を押さえたかったのです。

しかし、なかなか電話がつながらなかったそうで、(携帯電話から電話していました)

最後はお店の方が折り返しの電話をくれたとのこと。 

(ノブロー) ノンノン! パスタも反省してるで、話聞いてほしいだ。

(パスタ) ワンオン!(ノンノン、この前はごめんsweat01

(ノンノン) アタシ、乱暴者嫌いよ。 もう、むやみに吠えないでね。

今回は、魔神さんたちとのお食事会の記録です。

シンプルで小ぢんまりとした店内は、厨房前にL字型カウンター席。

利用は奥の方の4人掛けテーブル席になります。 卓上には取り皿、箸置き、箸。

おしぼり(温)は、お皿にのせて運ばれてきました。

わさ風ピータン豆腐@800

細かく刻んだ玉ネギとピータン。脇には皮をむいたキュウリ。

ピリ辛ソースがかかっていて、スプーンでいただきます。

あまりピータンのクセを感じさせない味。

豆腐の質も良く、このままご飯にのせて食べれそう。

山梨の白桃と生くらげのフレンチマスタード和え@1500

白桃の甘さとフレンチマスタードの辛味のコラボレーション。

生くらげの食感は、とろんとしてコリっなのですが、フレンチマスタードの味付けが

勝ちすぎている感がありました。

帆立とウニの揚げ餃子(4ヶ)@800

「中からバターが出てくるので注意して下さい。」 と ご指導あり。

また、メニューには「お口の中で料理が完成します、一口で召し上がりください。」と

記されていたので、中が見てみたいという欲求を抑えて口に放り込みましたが・・・

無念!私の舌では未完成。

ウニの風味は若干わかりましたが帆立の存在感がわからず。微妙。

よだれ鶏@1400

プチトマト、皮をむいたナス、香菜、白ゴマなど。

砂糖、酢、花椒、辣油ほか、甘味・酸味・辛味のバランスがとれたよだれ鶏。

個人的には好きな味加減。 スイスイ飲めちゃう感じ!

適度な甘味が香菜にも合います。 美味いW04

皮蛋生姜風味@800

皮蛋の上にはレタスと焦がしネギ。

皮蛋自体は美味しかったので、レタスはいらなかったかも。

焼売(4ヶ)@600

味がついているので、そのままでいただけます。

しっとりとして手作り感あり。お肉の旨みが活きてます。

(ノブロー) ちんまい焼売は、1個150円 つーことだな。

(レンタロー) 焼売、シンプルでええな♪ 一口でごっちゃんになれるで。

                                       -№2に続く- 

2012年10月19日

同發 別館売店(塩玉子入り黒あんパイ) 横浜中華街

横浜中華街、中華街本通りの広東料理、中華菜館「同發 別館」に隣接する

別館菓子売店」。 会計を済ませたあと立ち寄りました。

中秋月餅として紹介されていた4種類に目が留まる。

ミックスナッツと塩卵入り月餅@704

蓮の実あんと塩卵入り月餅@704

ココナッツと塩卵入り月餅@704

黒あんと塩卵入り月餅@704

どれも、私の好きな塩タマゴが入っているのですYahho01

光春」さんで教わったようなアヒルの卵ではないかもしれないけど食べてみたいなあ。

どれも 704円といいお値段になります。

塩玉子入り黒あんパイ@320

すると、こちらにも塩玉子がっ!

月餅が“塩卵”で、パイが“塩玉子”・・・この違いは何だろう?

でも、こっちのほうがリーズナブルだからお試しには良いかな、と購入。

【主原料】
小麦粉、家鴨塩卵、豆(小豆、赤竹小豆、金時豆)、砂糖、ラード、大豆油、落花生油、
水飴、鶏卵、かんすい

割ってみたところ、でっかい塩玉子が中央に鎮座。

一見、栗まんじゅう風ですがもっと、もってりと重たい。

甘さはそこそこなのですが、1個食べるとお腹いっぱい。

1食分に匹敵するほどの満腹感を味わえました。

横浜中華街、塩玉子入り黒あんパイ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

中華菜館 同發 別館売店

神奈川県横浜市中区山下町148

TEL      045-681-6331

営業時間/ 11:00~21:30(土・祝日の前日 ~22:30)

定休日   無休 

2012年10月18日

景徳鎮 (ケイトクチン)本店 横浜中華街

Keitokutinn

横浜中華街、市場通りの四川料理「景徳鎮 本店」 大好きなお店ですが久々の訪問

現在は、香港路に新館ができていますから混雑も緩和されていることを願おう。

1階席は満席。2階席は、はじめての利用です。1階席よりプチお洒落♪

テーブル・セッティングは、お店のロゴ入り箸袋に入った割り箸(横置き)、取り皿。

こちらも「同發 別館」2階席と同様に箸置きはなく、テーブルに直置きなのだ。

卓上には、紙ナプキン、醤油、酢、からし、爪楊枝。

着席後、タオルおしぼり(温)をトレー置きでいただけました。

ブログで記録をつける前ですが、同店の蒸篭に入った飲茶が好きで

よくいただいていました。

注文しやすい価格設定ですし、酒のつまみに良いのだ。

〆の食事と言いつつ、懐かしくて飲茶を2品。

そして・・・紹興酒 2合@1160×2 も頼んでしまいました。

海老入りユバ巻きカキソース蒸し (蠔油鮮竹甫)@580

厚めのユバに、中にはみっしり肉餡が詰まっています。味付けもマイルド。

スペアリブの黒豆蒸し (豆豉排骨)@580

萬珍樓點心舗」の豚スペアリブの黒豆ソース蒸しも美味しいのですが、

個人的にはこちらの味付けの方が好み。この点では、連れ(寝太郎さん)と意見が一致。

濃厚な肉の旨みを味わえ充実感あり。

蒸篭の飲茶ばかりをいただくと、味が単調になる傾向はありますが、

同店の魅力は素材をケチっていないところ。 

担々麺@840

担々麺には四川風と胡麻ダレの効いたものがあるとのこと。注文は四川。

肉そぼろ、刻みネギ、唐辛子。

見た目は、険しい色合いで無謀な挑戦のように思えます。

麺はストレート。いわゆるバリカタ。

しっかり吸い込むと気管のあたりに強い辛さを感じる。しかし、これがなかなかウマイ。

連れはもっと気に入った様子で、表面にべっとりと辛さだけが浮いているわけではなく、

焦がしニンニクとネギの風味も出汁の旨みと一体になっていると大喜び。

汁なし担々麺に汁を足した感じのスパイス使いです。

接客は相変わらず素っ気ないけれども、やはり味付けは自分好み。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で、合計4320円。明朗会計。

横浜中華街満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです(o^-^o)

 

景徳鎮 (ケイトクチン) 本店

神奈川県横浜市中区山下町190

TEL      045-641-4688

営業時間/ 11:30~21:30(L.O.21:00)

定休日   無休

大きな地図で見る

2012年10月17日

同發 別館 横浜中華街

Douhatubekkann

横浜中華街、中華街本通りの広東料理、中華菜館「同發 別館

本館でお食事がしたかったのですが、生憎満席。

お店の方のご提案で本館より席数が多いという別館に向かいました。

(ぐるなびによると別館は総席数450席とのこと)

実は私事なのですが悲しいことがありました。

オラーズのモモちゃんが先日、行方不明になってしまいました。おそらく中華街で・・・。

育ての親の寝太郎さんと必死に探して、交番にも聞いてみたのですが、モモちゃんは

戻ってはきてくれませんでした。大阪コリアンタウン「大倉」で好物のお肉を頬張って

いた姿が思い出されます・・・(涙) 

がっくり肩を落とし、丸テーブルの並ぶ「同發 別館」の2階席へ。

意外と大衆的な雰囲気だ。

テーブル・セッティングは、お店のロゴ入り箸袋に入った割り箸(横置き)、取り皿、小皿。

卓上には、紙ナプキン、醤油、酢、爪楊枝。

着席後、メニューとタオルおしぼり(冷)をトレー置きでいただけました。 

まずは、ビール(中ビン キリン)@680を注文。

「同發」と言えば、やはり焼き物。 モモちゃんを偲んでお肉食べよう。

あとから、わかったのですが、前菜ハーフサイズ三種の盛り合わせがありました。

こっちにすれば良かった!は、あとの祭り。。

脆皮焼腩肉(皮付き豚バラ肉の焼物)@950

からし付き。中国醤油がかかっている様子。

皮は香ばしくカリッとしていますが、切り方も薄いし、物足りない。

焼きたてではなく温めているようです。

正直なところ、本店でテイクアウトしたものの方が美味しかった。

紹興酒もリーズナブルなものから、いいお値段のものまで幅があります。

同發特製 紹興酒(10年物) オリジナル壷500ml @3360

次の注文は写真のコレ!

節瓜の干し貝柱 鶏肉・椎茸あんかけ@1680

あれ?ちょっと写真と違う? 

しかし、干し貝柱の出汁が効いており、昔ながらのベーシックな味わいですが

美味しいです。最後のあんまでしっかり完食。

さて、このあと〆の食事ですが、

もう少しパンチの効いたものがいただきたくなりましたので

そろそろ会計を・・・。

というタイミングでジャスミン茶をポットで出してくださいました。

接客は素っ気ない感じでしたが、こうしたサービスは良いではありませんか。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で、合計6670円。明朗会計。

次は、やはり本店で食事がしてみたいなあ。

横浜中華街満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

中華菜館 同發 別館

神奈川県横浜市中区山下町148

TEL      045-681-6331

営業時間/ 月~金・日・祝 11:00~21:30 土・祝前日 11:00~22:30

定休日   無休

大きな地図で見る

2012年10月16日

華正樓 新館売店(にくまん) 横浜中華街

Kaseirou2

横浜中華街のお土産は「華正樓」のにくまん。

7月の中華街訪問時、完売で買い求めることができなかったお目当てのにくまんを

中華街本通りの「華正樓 新館売店」にてようやく購入できました。

がっしりデカイにくまんは、1個から購入可能。450円です。

にくまん・あんまん・焼売の美味しいお召し上がり方の留意点が記されています。

蒸し器で蒸気が上がってから、しゅうまいは強火で15分、まんじゅうは中火で20分
ふかして下さい。 冷凍の場合は中火でしゅうまいは20分、まんじゅうは30分ふかし
温かいうちにお召し上がり下さい。

また、風味が損なわれると共に皮が乾燥して硬くなることがあるため電子レンジの
使用はお避け下さい。 とのこと。

今回も深めの鍋とステンレスのざるを使った簡易蒸し器で蒸し上げることにしました。

にくまん@450

ほわほわのにくまんが出来上がりました♪ あちち。

皮はふっくらきめ細かく甘みあり。

下味のついた餡は肉々しく、筍をはじめとする野菜の食感もしっかり感じ取れ

食べ応えがある。バランスも良く美味いです。

さすが人気のにくまん。休日は完売になってしまうのも納得。

今回も私の前のお客様がお一人で10個ぐらい購入されていたので買えるか心配でした。

レトロな味わいも贅沢で正攻法。これぞにくまんという感じ!

小ぶりなサイズ肉まんが好みの自分なのですが、これは認めざるを得ない。

横浜中華街、肉包満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

なお、お買い上げ後早目に冷蔵庫(10℃以下)か冷凍保存されることを

推奨されています。

 

華正樓 新館売店

神奈川県横浜市中区山下町164

TEL     045-641-7890

営業時間/日~金・祝日 10:00~21:30 土 10:00~22:00

定休日   無休

大きな地図で見る

2012年10月15日

華正樓(カセイロウ) 本店 横浜中華街

Kaseirou

横浜中華街、中華街本通りの「華正樓(カセイロウ) 本店」

朝陽門(東門)近くの同店の創業は1939年。北京料理の老舗です。

某日は、お墓参りのあと、母と連れ(寝太郎さん)を伴っての来店。

時間は14時頃。遅いランチになります。

重厚な店構え。外からは中を窺い知ることはできません。

入店すると、コース料理かアラカルトかを聞かれます。

軽い食事で済ませよう、ということでアラカルトを選択。

エレベーターで3階のお部屋にご案内いただけました。

丸テーブルの並ぶお部屋の壁際席を利用。

テーブル・セッティングは、ナプキン、取り皿、小皿、グラス、レンゲ置き、レンゲ、

箸置き、お店のロゴ入り箸袋に入った割り箸(横置き)。

テーブルトップにはガラス、その下にテーブルクロス。

卓上には、醤油、酢、カラシ、爪楊枝がセットされ、着席するとメニューと

白無地のタオルおしぼり(温)を、トレー置きでいただけました。 

なお、料理ごとに取り皿はいただけますが、取り分けは各人で。

また、お茶は出されず、おそらくですが、注文しないといただけないのでしょう。

麻婆豆腐@1890

一度、中華街の大きなお店で麻婆豆腐が食べてみたいという母からのリクエスト。

(母は辛いものが苦手で硬いものも食べれません)

辛さの調整致しますとのことで、中ぐらいでお願いしました。

硬いものがダメということで当初予定していたお店を変更し、中華街でも歴史のある

華正樓(カセイロウ) 本店にお邪魔しましたが、選択を誤ったようです。

豆腐は硬め、細かく刻んだ干しシイタケとネギ。挽肉については肉質がいまひとつ。

砂糖の甘さを感じる超レトロな麻婆豆腐。 さすがの母も途中で箸を置く。

中華街の麻婆豆腐、老舗ならば等しく美味しいのでは?

と考える当方に無理があったようです。

豚バラ肉の角煮(4枚より)@2520

皮つきの豚バラ肉は4枚。1枚追加すると630円増しになります。

ビジュアル的には良いのですが、けっこう肉が硬い。

もっと、とろ~としたものを予想していたのですが・・・。

私たちはいただけましたが、母はお手上げ状態。

(ノブロー) 母ちゃんには残念だったな。

(みに) 困ったもんよ。角煮も食べてみたいと言うから注文したのだけれど。

五目ヤキソバ@1890

ホタテ、エビ、イカ、チャーシュー、青梗菜、ニンジン、白菜、干しシイタケなど具沢山。

素材自体は良いものを使われていますが、麺のほぐれが悪く、味付けもこってりとして

くどい。これはヘビーだ。

飲み物は、瓶ビール(中瓶)@767×2、キリンフリー@525を注文。

今回のアラカルトは残念な結果となりましたが、コース料理の注文ならば

また印象が違ったのかもしれません。

ロビーからは庭園を望むことが出来、調度品なども素晴らしく目を瞠ります。

HPによると、同店は中華街最大の宴会場を誇る中国料理専門店とのことで

雰囲気としては接待にも向くと思います。

Hand01お会計は、3人で、上記お料理とお酒のほかライスを1つで、合計9424円

価格は消費税含みですから、サービス料10%が加算されている様子。

今回のサービス内容では割高に思えました。

横浜中華街満足度数は、かなり甘い採点になりますが、★★★ 日常的なら。

 

華正樓(カセイロウ) 本店

神奈川県横浜市中区山下町186

TEL       045-681-2918    

営業時間/  11:30~22:30 最終受付20:30 ラストオーダー20:45

定休日    無休

大きな地図で見る

2012年10月13日

中國料理 聚寳園 (シュウホウエン) 白金高輪

Syuuhouenn

お一人ランチは、白金高輪の中國料理「聚寳園」(シュウホウエン) 再訪

本日の利用も壁際のテーブル席。 ランチタイムサービスから回鍋汁肉をチョイス。

回鍋汁肉(ホイコーロー)@900

キャベツと豚肉の辛味噌炒め。ライス・スープ・お新香付。

スープは前回と同じ白濁スープ。お新香(ザーサイ)も同様。

なお、同店自慢の美味しい自然米!ライスお替りは有料なり。まあ、仕方ないか。

野菜への火の入り加減は良いのですが、少々辛味噌がもったり。

味わいとしては普通かな。

今回のランチ満足度数、

油淋童鶏(ユーリントンチー)より☆ 一つ控えめに★★★ 日常的なら満足です。

 

中國料理 聚寳園 (シュウホウエン)

東京都港区白金2-3-17 ホワイトヒルズ白金 2F

TEL     03-3445-7007

営業時間/  11:30~14:30LO(土日祝はグランドメニューより)18:00~21:30LO

定休日/   水曜日・毎月1日

2012年10月12日

ヘイフンテラス (Hei Fung Terrace) (№2) 日比谷

Heifunnterasu2

ザ・ペニンシュラ東京2階に位置する「ヘイフンテラス」は、香港人デザイナー、

ヘンリー・リュンによる中国・江蘇省の蘇州の庭園様式をテーマとした

スタイリッシュな空間です。 晴海通りや日比谷通りに面した窓から先が差し込む

ダイニングスペースのほか、2名様用のセミプライベートのテーブル、

3つのプライベートダイニングルームとシェフズテーブルをご用意しております。

                                  一休レストラン紹介より。

和牛ホホ肉と丸ナスのとろとろ中国味噌煮込み

さて、次のお料理は、中国瓜の豚挽肉詰め オイスターソースより変更。

ホホ肉も柔らかく、丸ナスもとろとろ。

食べ終えるころには、味が少し単調に感じてきましたが普通に美味しい。

紹興酒はというと、やはりいいお値段。フンパツして10年ものを注文と思ったのですが

伺ったところ、この日は切らしてしまってらっしゃるとか。意気消沈。

そこで15年もの!という勇気は奮い立たず・・・あっさり8年もののグラスで。

古越龍山 陳年花雕@1680×2

紹興酒をお願いして、少し待たされてしまいましたが、

表面に模様が施された美しいグラスでいただけます。 うーん♪リッチ。

(ノブロー) クルミの飴炊きだけんど、お替りくれただよ。ずーっと置いててくれるし

こいつさえあれば酒のつまみに不自由しねえな。 

(みに) やめてよ。ノブローさん、現実的すぎっ(汗)

このタイミングで、おしぼりも差し替えてくれました。

五目炒飯

和牛肉入りチャーハンより変更。かなり残念。

タイ米使用。味付けが定まっていないし、独特の香りが鼻に付いた。

完食ならずほとんどを残し、さげてもらった。 連れ(寝太郎さん)も同様。

ここからがあっぱれヘイフンテラス!

フロアのマネージャーさんだろうか? スタッフの方から報告を受けたのか、

さっそくテーブルにいらして

「炒飯はお気に召しませんでしたでしょうか?」とのお尋ね。

私が「ごめんなさい。口に合いませんでした」と答えると、

さらに「どのようなところが?」とくいさがる。いや、真面目なのだ。

私もつい「ごめんなさい。味付けが弱いし、長粒米がちょっと・・・・」

(さすがに米の質がとはいえず)

すると「申し訳ございませんでした。他のお料理は?」とのまたのお尋ね。

「点心!点心が美味しかったわーー」とお答えすると

同店で大好評の飲茶ランチをご紹介してくださいました。

見て見ぬふりではなく、お客様の声を真摯に受け止め、同店のさらなる向上に

努めようとする姿勢は、さすが一流店。

こういうところにお店の格が表れるのかもしれない。頭がさがる。

メロンの果肉入りプリン タピオカ入りココナッツ

グレープフルーツとマンゴー タピオカ入りココナッツミルクから変更。

メロンのソースを吸い込んだタピオカ。パンパンに膨らみ餅のような食感になっている。

出来上がりから時間が経過しているのかな?

(ノブロー) ティーポットで中国茶もらえただ。

香りからしても茶葉がいまひとつ・・・これがティーマイスターおすすめ中国茶?

と思ったら、先ほどのマネージャーさんが再度いらして丁寧なご説明を受けた。

これはプランのお茶ではなく、つなぎの中国茶でした。

プランの中国茶は、20種類から選ぶことができます。

いただいたことがない中国茶がいっぱい。

なかには切らしてしまっているものもありましたが、これだけ数があれば問題はない。

説明を受けたことを記した簡単なメモによると

緑茶・・・無醗酵

白茶・・・少し醗酵

普洱(プーアル)・・・一番醗酵      とのこと。

連れと相談の上、決めたのは

菊の花をブレンドした菊花普洱(プーアル)と緑茶からは獅峰龍井(シホウロンジン)

運ばれてきた時点では耐熱ガラス製の中国茶器に茶葉が入っており、

スタッフの方が目前でお湯を注ぎいれ、蓋を押さえる形で手元の茶器に

サーブしてくださいます。 目でも楽しめますね。

(ハチロー) えへへ♪ 優雅な食後のティータイムだで。

(みに) あら、ハチローさんは獅峰龍井(シホウロンジン)がお好み?

私は、菊花普洱(プーアル)。

同じ菊花普洱(プーアル)でも、今までにいただいたことがないような

華やかな香りと深みのある味わい。 インパクトが大きかったよ。

【一休限定】大人気のプラン~本場の味を堪能~選べる中国茶付きシェフメニュー
\6,500 (消費税・サービス料込)

正直なところ、了承済みとは言え、シェフメニューも変更が多く、なかには残念に思えた

お料理もあり、また、提供されるタイミングにより食事のリズムが乱れる場面も

ありましたが、点心と20種類から選べた中国茶は期待以上に美味しく同店の魅力を

堪能できました。 サービスの質の高さには脱帽。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理と別注文のお酒(消費税は含まれています)

につきサービス料10%が加算され、合計20656円

点心・中国茶満足度数は、★★★★ 、サービス満足度数★★★★☆

利用したプランの総合満足度数は、★★★☆ 消極的に好きで記録します。

 

ヘイフンテラス (Hei Fung Terrace)

東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京 2F

TEL        03-6270-2738

営業時間/ ランチ: 11:30~14:30(月~金)/11:00~14:30(土・日・祝)
                 ディナー:18:00~22:00

定休日   無休

大きな地図で見る

2012年10月11日

ヘイフンテラス (Hei Fung Terrace) (№1) 日比谷

Heifunnterasu1

日比谷の広東料理、「ヘイフンテラス」(Hei Fung Terrace)

東京メトロ有楽町線 有楽町駅、地下通路直結 A6 ・A7出口。

ザ・ペニンシュラ東京の2階になります。

以前、同ホテル24階のPeter (ピーター)を利用させていただいたことがありますが

「ヘイフンテラス」は、はじめて。

同店は、ザ・ペニンシュラ香港のレストラン「スプリング・ムーン(嘉麟楼)」の姉妹店です。

同店の予約は一休サイトから。

【一休限定】大人気のプラン~本場の味を堪能~選べる中国茶付きシェフメニュー
\6,500 (消費税・サービス料込)

利用可能人数     1~5名
販売期間     2012/05/15~2012/09/30

一休サイトのプラン紹介によると

大好評につき人気のプランをさらに新メニューになって延長!
広東料理6品コースをお楽しみいただけるランチコースを、一休会員様限定で
ティーマイスターおすすめ中国茶(1,200円相当)の中からお好みの中国茶を
お一人様一つ特別にご用意いたします。
ヘイフンテラスで人気の点心と焼き物の盛り合わせ、食材の良さをお楽しみ
いただける車海老と帆立貝のあっさり炒め。和牛肉の入ったチャーハン、
そして香港でも人気の高いタピオカ入りココナッツミルクのデザートなど、
香港出身の料理長が手がける本場の味をご堪能いただけます。

メニュー内容は

■點心と焼き物入り盛り合わせ前菜
■白身魚と冬瓜入りとろみスープ
■車海老と帆立貝 黄ニラのあっさり炒め
■中国瓜の豚挽肉詰め オイスターソース
■和牛肉入りチャーハン
■グレープフルーツとマンゴー タピオカ入りココナッツミルク
※メニューは仕入状況等により変更となる場合がございます。予めご了承下さい。
                                        というものでした。

さっそく同店のHPを確認したところ このメニュー内容は、

『シェフメニュー』 \5680(税込・サービス料10%別)と組み立て(広東料理6品)が

変わらぬことがわかりました。

ティーマイスターおすすめ中国茶(1,200円相当)を追加注文するならば

一休サイトから申し込んだほうがお得なのですWink01

なお、ネットで申し込み後、すぐにお店の方から丁寧なメールを頂戴いたしました。

内容は、予約のお礼とご要望等がございましたらお気兼ねなくお申し付けください

というもので、チームリーダーさんからでした。

さすが、「ヘイフンテラス」 (Hei Fung Terrace)。

チームリーダーだよっヽ(^◇^*)/! メールをいただいて、ちょっと興奮。

重厚な石造りの玄関をくぐり入店。

モダンとアンティークな要素が織り成す洗練された雰囲気の店内。

予約の旨を伝えると、ダイニングルーム、窓際のテーブル席にご案内いただけました。

テーブル・セッティングは、取り皿、リング留めされたナプキン、箸置き、箸(縦置き)、

お椀、レンゲ、茶杯とソーサー。白リネンのランチョンマット。

着席後、すぐに給仕の方がナプキンをリングから外し、三角折りで

膝に広げてくださいました。 スマートだあ。思わず顔がほころぶ。

白無地のタオルおしぼり(温)は、トレー置きでいただけました。 

なお、細かいお品書きは出されず、本日の予約が一休サイトからの

中国茶付きシェフメニュープランなので、「飲み物はお茶になさいますか?」とのお尋ね。

どうやら茶杯とソーサーは、このプランを考慮してのもののようだ。

(ノブロー) もちろん、まずは酒だで!

(みに) あっ、ノブローさん、そんなところにのっかっちゃって(汗)

卓上には、オリエンタルな一輪挿しあり。下が独楽(コマ)のような形で

大胆不敵にもノブローさんたちのかっこうの遊び場に・・・。

生ビール@1200×3 を別注文後、すぐに運ばれてきたのは、クルミの飴炊きと豆板醤。

この豆板醤には、蝦醤(えびみそ)入りのようで、旨みも濃厚ですが塩分も強い。

(ノブロー) 表の景色が見えるだ♪

(みに) お料理が出てくるから、テーブルの端に移動ね。外は晴海通りかな?

コース料理は、各人ごとに提供していただけます。 

また、運んでいただいたときにご説明を受けたものを急いでメモしていますから

料理名など、正確さに欠けるかもしれません。

點心と焼き物入り盛り合わせ前菜 

エビ蒸し餃子、湯葉巻き、チャーシュー、ローストダック、クラゲ。

ローストダックの脇に添えられていたプラムソースの美味しさも見逃せない。

オーソドックスですが、一つ一つの完成度が高いように思えました。

半透明の皮から弾けんばかりのプリプリ海老。

さくっと揚げられた春巻風の湯葉からは、細かく刻まれたキノコ類がお目見えする。

香港の点心師が手作りするという、同店の飲茶が好評であるのも納得です。

カニ肉入りコーンスープ

白身魚と冬瓜入りとろみスープから変更。残念。

カニ肉はタラバ。身がしっかり入っている点は有難い。

ホタテ貝柱・ミル貝・松茸入りのあっさり炒め

車海老と帆立貝 黄ニラのあっさり炒めから変更。

スープのあと、このお料理が提供されるまで待たされる。

旬の松茸を組み入れて調理してくださっていますが、味わいとしては特筆なし。

(ノブロー) また、キング松茸に出会えたで♪ ところでレン!あれ何だべ?

(レンタロー) 天井から、いくつもぶら下がっているやつだべか?

「ヘイフンテラス」

中国江蘇省・蘇州の中国庭園をイメージしたという店内は穏やかに弧を描く個性的な

造り。天井から下がる鳥籠や石張りの床、中国の素材を用いた装飾や調度品など

基調はオリエンタル。そこにモダンなデザインを随所に取り入れて、エレガントな

高級感を演出している。             

                 岸朝子さん監修の「東京五つ星の中国料理」より。

                                       -№2に続く- 

2012年10月10日

星福(シンフウ) 銀座本店

Sinnfuu

お一人ランチは、中国薬膳料理「星福」(シンフウ)銀座本店

場所は、銀座中央通り。銀座4丁目交差点からだと同通りを新橋方面に進み右手側。

かねまつビルの6F。 同ビルの7Fには「カーディナス・ギンザ」が入っています。

銀座に20年以上の歴史をもつという星福本店。

そのHPによると2012年2月にリニューアルオープン。 総席数83席、個室完備。

ぐっとシックな店内の写真が紹介されていましたが、昼はいたってカジュアル。

ランチタイムのテーブル・セッティングは、箸置き、お店のロゴ入り箸袋に入った箸

(横置き)、レンゲ置き、レンゲ、茶杯とソーサー。

着席後、タオル地のおしぼり(温)をトレー置き。中国茶も入れてくださいました。

卓上には、白酢、黒酢、胡椒、豆板醤。

どうやら、この豆板醤は胡麻豆板醤というもので、買い求めることができるようだ。

さて、注文ですが、「20食限定」 小龍包定食!@1365(税込)

(本日の薬膳スープ・お勧め炒飯またはお粥・小龍包4個・デザート)と決めていた

のですがメニューを開いて心変わりしました。

限定は限定でも、季節限定の苦瓜、いいな♪ 

苦いものは心臓に良いと「銀座小はれ日より」さんで教わったし。

こちらにも薬膳蒸しスープがつくから良いことにしよう。

オーダーは、苦瓜と豚肉の豆豉炒めセット@1890(税込) 

なお、お粥または白飯が選べましたので白飯で。

まずは、点心と薬膳蒸しスープが先に運ばれてきました。

点心は、大根餅。 もっちりとした食感。薬味は豆板醤。

冬瓜入り薬膳蒸しスープ

冬瓜、肉、白キクラゲ、くわい、フクロタケ、クコの実など。

薬膳全開!というほどではなく、比較的飲みやすいスープ。

野菜も肉もとろっとろなんですが、冬瓜はところどころ皮が剥かれず、そのまま

だったので口に残る。 全体的に薄く皮を剥いていただけたほうが良かったな。

遅れて、主菜、ご飯、嬉しいことに漬物もついてきた。 

苦瓜と豚肉の豆豉炒め

ほどよく苦味を残したシャキシャキとした苦瓜に豚肉と豆豉(トウチ)の

濃厚な旨みが加わり、驚くほど白飯が進む。

ボリュームもたっぷりな一皿。 選んで正解! 

日本人好みの味付けかもしれません。 これ、自宅で真似できる??

デザートは杏仁豆腐

杏仁香るライトな口当たり。 見た目もセットのオマケ程度でないのは嬉しい。

私の選んだセット、洗練されているという感じではありませんでしたが、

銀座でこれぐらいのお値段で、この内容のランチセットなら“アリ”かな。

正直なところ、薬膳スープよりガツンといただけるセットのなかみが

気に入ってしまいました。

今回のランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

中国薬膳料理 星福 (チュウゴクヤクゼンリョウリシンフウ) 本店

東京都中央区銀座6-9-9 銀座かねまつビル 6F

TEL       03-3289-4245       

営業時間/ 月~金 11:00~15:00(L.O.14:30) 17:30~22:00(L.O.21:00)
                  土日祝 11:00~20:30(L.O.20:00)

定休日    無休

大きな地図で見る

2012年10月 8日

陳麻家(チンマーヤ) 目黒

Tinnmaya

お一人ランチは、「陳麻家(チンマーヤ)」

場所は、目黒、権之助坂(ごんのすけざか) 

チェーン展開している「陳麻家」の店舗の一つなのか不明ですが、

本日、お目当てのお店が定休日ということで飛び込み訪問。

細長い店内は、右に厨房前のカウンター席、左にテーブル席。

一人ですから、カウンター席を利用。卓上にはメニュー。

「陳麻飯」って・・・?アレかな。

他には、ペーパーナプキン、箸立てにまとめて入った割り箸、醤油、胡椒、

四川山椒、一味、甘味噌、爪楊枝、フライドガーリックなど。 

お水は最初の1杯はついでくださいましたが、ウォーターピッチャーが置かれて

いますから、お替りはセルフかな。使い捨ておしぼりあり。

陳麻飯+担々麺 半々セット@840

組み合わせ自由、ご飯も麺も半分の半々セットでお願いしました。

で、冷奴かと思ったら、小さい杏仁豆腐も一緒出し。

陳麻飯とは、やっぱりは麻婆豆腐かけご飯でした。

麻婆豆腐は、豆豉(トウチ)入り。一応それなりに辛い。

担々麺には、肉みそ、もやし、ニラ。

チープな担々麺にありがちのしょっぱいスープ。 

半々セットで、お腹も十分に満ちました。

同店はアイドルタイムなしで営業なさっている様ですし、

多くを求めず割り切って使用させていただく分には問題は無いと思います。 

ご馳走さまでした。

今回のランチ満足度数、★★★ 日常的なら満足です。

 

陳麻家 目黒店 (チンマーヤ)

東京都目黒区下目黒1-5-20

TEL     03-5434-3170

営業時間/  11:00~23:00

定休日/   無休

大きな地図で見る

2012年10月 6日

中国料理 龍(チュウゴクリョウリ リュウ) 蒲田

Ryuu

蒲田、中国料理 龍(チュウゴクリョウリ リュウ)

場所は、蒲田駅西口。ドン・キホーテ蒲田駅前店側の飲食店が並ぶ一角に位置し

東京工科大蒲田キャンパスのすぐ近く。

雑居ビルの2階です。

お店のガラスにはメニューが貼られており、その隙間から中が伺える。

隣はスナックなのだろうか、表に立っていると音が漏れ聞こえてくる。

繁華街の雰囲気ムンムン。

蒲田で用足しをしたあとの寄り道。時間も遅いし一人だ。

いつもならばさっさと「喜多方ラーメン坂内」で済ませてしまうのだけれど冒険をしてみる。

思い切って扉を開け入店。

訪問日は平日夜、見渡すと全員お一人さまの男性ばかりだ。

雑誌を読まれている方、黙々と食事をなさっている方など様々だ。

それぞれに自己の世界を確立している。 

大衆的な雰囲気なので、気兼ねがいらないのは有難い。

バイトのお姉さんが声をかけてくれて、壁際のテーブル席を利用。

卓上には、醤油、酢、胡椒、爪楊枝、灰皿。 着席後に、割り箸とおしぼりが置かれ、

「飲み物はいりません」 と告げると氷水を持ってきてくれました。

上海焼きそば@680

メニューは、はじめから卓上にドサッと置いてありました。

その中から選んだのは、上海焼きそば。

運んできていただいた時に、からしも出していただけました。

野菜たっぷりの塩味あんかけ。ボリュームもある。

麺は表面が焼かれているのだけれど、ちょっとうっかりしてしまったようだ。

酸辣湯餃子@600

生キャベツなどが入ったサンラー水餃子

普通の餃子が、すっぱ辛スープにダイビングしている感じ。

同店のメニューを拝見したところ、600円でいろいろなものが注文できる。

また、特選料理もいたってリーズナブル。紹興酒ボトルも2000円。

お料理のボリュームもありますので、普段使いできる中華居酒屋として勝手が良さそう。

なお、はじめ接客にあたってくれたお姉さんは、時間でサクサクあがり、

そのあとは、お店のママさん(中国の方)が対応してくださいました。

私がお料理を撮らせていただいていると「綺麗に写ってるねー」と声をかけてくれた。

ママさん、優しくて人当たりが良さそう。

同店の営業時間は17:00~05:00。

もっと遅い時間帯になると、客層もまた変わるのかもしれませんね。

中国料理満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

 

中国料理 龍(チュウゴクリョウリ リュウ)

東京都大田区西蒲田7-4-3

TEL     03-5480-6177

営業時間/  17:00~翌5:00

定休日/   無休

大きな地図で見る

2012年10月 5日

周中菜房 白金亭(シュウチュウサイボウ シロガネテイ) (№2) 白金台

Sirokanetei2

白金台の広東料理、周中菜房「白金亭

岸朝子さん監修の「東京五つ星の中国料理」によると、同店は

広東料理をベースに、西洋のエッセンスを取り入れたヌーベルシノワの店。

香港の「麒麟金閣」、ハイアットリージェンシーの「凱悦軒」など名だたる店の総料理長を

歴任し“ヌーベルシノワの父”といわれる名シェフ周中さんの創作料理が堪能できる。

と紹介されています。

テーマは「美食同源」 同店は香港料理界の第一人者 周中氏が全メニューを監修。

代表メニューは、フカヒレ入りパパイヤ蒸しスープ。

なお、周中菜房とは、広東語で“周中氏のレストラン”の意。とのこと。

旬の野菜料理

さて、次のお料理は旬の野菜料理。

空芯菜(くうしんさい)のニンニク炒めと野菜の香味ソースがけ。

空芯菜はシャキシャキとした歯ざわりにニンニクの風味。

もう一品の野菜はナス、ズッキーニ、インゲン、パプリカ(赤)に甘酸っぱい香味ソース。

味を違えて提供してくださっているのですが、あまりにヘルシーで少し物足りなさあり。

【厳選料理一品】 海鮮

厳選料理一品は海鮮も肉も湯引き。各自違えることが可能で、取り皿もいただけました。

【厳選料理一品】 肉

ヘルシーです。 まさか、湯引きとは。

予約時「フカヒレ」ランチコースのメニューを見ただけは頭に浮かびませんでした。

厳選された素材ですので、そのものの旨みを味わうには申し分ないことと思います。 

中国醤油がかかっていたと思いますが、個人的にもう少しパンチの効いたものを

思い描いていたため、放心状態で記憶があいまいです。

フィンガーボウルとおしぼりの差し替えあり。

じっくり煮込んだフカヒレとタラバ蟹のあんかけチャーハン

実は、こちらのランチコースを選んだのは、数日前 TVで同店の

フカヒレあんかけチャーハンが紹介されていて、美味しい!というリポーターさんの

言葉が頭から離れなかったからなのです。

コースなら、チャーハンも適量でいただけるだろうし、友人を道連れに来店。

(レンタロー) って、ことは、みにの本命はこいつだったわけだ♪

(みに) はい、そうなのよ。

でも、思ったほどではなく、普通だわ。パラパラ玉子チャーハンに、やや甘めのあんかけ。

タラバ蟹の甘みだけでなく、ここにオイスターソースが使われているんじゃない?

だから、再確認のメールがきたのだと思う。

白金亭デザート二種

デザートに入る際に、またおしぼりの差し替えあり。爪楊枝も持ってきてくれました。

タピオカココナッツミルクと自家製アーモンドクッキー。

サービスのライチ茶。ほのかに香る甘いフレーバーに気持ちが落ち着きます。

「美食同源」、文字通り、油を控えた重たさの無いヘルシーなランチコースでした。

Hand01お会計は、2人で

各自の別注文のドリンク代(細かく控えていません)などを含め合計12474円

今回、少々、自分のイメージしていたものとのギャップがありましたので

「フカヒレ」ランチコース満足度数は、★★★☆ 消極的に好きで記録します。

 

白金亭 (シロカネテイ)

東京都港区白金台4-19-13 白金TFビル

TEL        03-3280-1237

営業時間/ 11:30~14:00(L.O) 18:00~21:00(L.O)

定休日   火曜日(祝日の場合は営業)

2012年10月 4日

周中菜房 白金亭(シュウチュウサイボウ シロガネテイ) (№1) 白金台

Sirokanetei1

白金台の広東料理、周中菜房「白金亭」 再訪

同店の予約は一休サイトから。

フカヒレ」ランチコース オリジナル・チャイニーズ・サングリア付
\4,620 (消費税・サービス料込)

一休サイトのプラン紹介によると

■人気の食材「フカヒレ」を使って白金亭らしい華やかなコースに仕立てました。
さらにオリジナル・チャイニーズ・サングリアが付いた、一休.comのみの
大変お得なコースです。

メニューの内容は

前菜四種盛り合わせ
香港風蒸し点心二種
本日のフカヒレスープ
旬の野菜料理
【厳選料理一品】
海鮮・肉より一品お選びください
じっくり煮込んだフカヒレとタラバ蟹の
あんかけチャーハン
白金亭デザート二種
  
※季節や仕入れの状況によってメニュー内容が変更になる場合もございます。

                                        というものでした。

さっそく同店のHPを確認したところこのメニュー内容は、

『フカヒレランチ』 グランドシェフ周中が織り成すフカヒレ料理をお召し上がり

いただけるコース\4200(税込・サービス料10%別)と判明。

オリジナル・チャイニーズ・サングリア付な分だけ、『フカヒレランチ』をいただくには

一休サイトから申し込んだほうがお得なのですWink01

なお、ネットで申し込み後、すぐにお店の方から丁寧なメールを頂戴いたしました。

内容は、予約のお礼とレストランからの確認事項について、

同行者が牡蠣が苦手であると記したため、アレルギーの有無及びオイスターソースは

大丈夫でしょうか という再確認でした。

さすが、周中菜房「白金亭」。

前回訪問したときもその接客対応には感心しましたが、やはり配慮がきめ細やかだ。

こうした経緯を経て、某日、外苑西通り(通称プラチナ通り)沿いの同店に入店。

予約の旨を伝えると、2階メインダイニング(ホール席)へとエレベーターで

ご案内いただけました。 利用は窓際のテーブル席。

テーブル・セッティングは、取り皿、飾り折りナプキン、カトラリーレスト(箸・スプーン置き)、

スプーン、箸(縦置き)、レンゲ置き、レンゲ。テーブルクロスは2枚敷き。

卓上には、酢、醤油、など。

着席後、白無地のタオルおしぼりをトレー置きでいただけました。 

なお、細かいお品書きは出されず、

【厳選料理一品】について、海鮮・肉より一品お選びくださいと記されたメモが

置かれていただけでした。

セットのチャイニーズ・サングリアは、杏露酒ベースとサンザシ酒ベースのものをチョイス。

(レンタロー) こんちは!オラ、一人っ子大作戦Usisi だで、ついて来ただ♪

Noburo2_2 (ノブロー) レンー!おめ、またオラを出し抜いてるだな。

しかも、周中菜房だべかっ!ちゃんと、食レポしねえとなんねえぞっーーー。

前菜四種盛り合わせ

湯葉巻きクラゲ、東京ポークのチャーシュー、野菜の酢漬け、豚のカリカリ焼き、腸詰。

丁寧に作られた美しい前菜。味わいも品が良い。

(レンタロー) ほんれ、ピーナッツの青のり風味揚げもついてるで♪

(みに) あっ、ほんとだ。隠れていたね。

香港風蒸し点心二種

芝エビと豚肉の焼売、小籠包。 下には花形に型抜きした薄い人参が敷かれています。

焼売は下味がついていますのでそのままで。小籠包には、赤酢と針生姜。 

美味しくいただけましたが、小籠包の皮がやや乾燥していたように思えた。

本日のフカヒレスープ

フカヒレ、冬瓜、クコの実。

目にも鮮やかなスープのグリーン色は、ホウレン草を練りこんでいるということです。

口当たりも柔らかく、身体に優しいスープです。

さて、私は紹興酒をいただきたいと思います。レンちゃん、何見ているの?

(レンタロー) これ、どうだで?紹興酒テイスティングセットあるで。

(みに) ははは、学習していたのね。感心感心♪

紹興酒テイスティングセット@2100

白金亭特選紹興酒のお試しセット 各60ml

右の小さいグラスから左に

福倒 8年原酒壷入、紹興老酒熟成 20年原酒壷入、古越流山 陳年8年。

正直・・・違いは明確にわかりませんでした(汗)

                                          -№2に続く- 

2012年10月 1日

四川(シセン) 白金台

Sisenn

お一人ランチは、白金台、シェラトン都ホテル東京内の四川料理「四川再訪

ホールスタッフの方に、一人である旨を伝えると、今回も店内奥の右手側にあたる

窓際の4人がけテーブル席に案内していただけました。 うむ、小贅沢♪

大きなガラス越しに望む竹林は清々しい。

テーブル・セッティングは、箸置き、箸(割り箸)は横置き、レンゲ置き、レンゲ、取り皿、

取り皿の上には折り畳んだナプキン(布)。

卓上には、醤油、ラー油、酢、からしがセットされています。

着席するとメニューが手渡され、タオル地のおしぼりはトレー置きでいただけました。

お目当ては9月のランチセット@2100(税込)

内容は
ハスの甘酢風味漬け
胡椒と酸味のスープ
マーボー豆腐
ザーサイ・ごはん
1~4よりお好みの一品をお選びください。
1. 牛肉と季節のキノコ色々の辛子炒め
2. 春雨とイカ団子の四川香料入り辛子煮
3. ジャガイモと豚モモ肉の細切炒め
4. 小エビ入り卵炒め

注文を告げるとと同時に、飲み物についても聞かれましたので、

「お茶でお願いします」と返答。

メニューと取り皿はさげられ、ティーポットに入ったジャスミン茶が運ばれてきました。

まず、ハスの甘酢風味漬け、胡椒と酸味のスープ、ザーサイが登場。

ハスは、食感を残し、甘酢の加減も好し、

胡椒と酸味のスープは、具材がタケノコ、干しシイタケ、豆腐、豚肉、溶き玉子など。

サンラースープですが、酸味はそれほど強くはないため飲みやすい。

ザーサイの量は控えめすぎ。

遅れて、同店の看板料理「マーボー豆腐」とお好みの一品から選んだ

「春雨とイカ団子の四川香料入り辛子煮」、ごはんが登場。

マーボー豆腐

木綿豆腐を使用。ピリっとした辛さは痛みを伴なうものではなく

ウマ味系で品が良い。

春雨とイカ団子の四川香料入り辛子煮

イカ団子はもっちりとした弾力あり。

春雨もシメジもたっぷり辛子煮のスープを吸っていますからオンザライスにぴったりだ。

五香粉香るスパイシーさで、ご飯が進むことは間違いなし!

ちなみに、ごはんのお替りは可。無料です。

スタッフのお姉さんに声をおかけしましょう。

ちなみに私は「軽くお替りお願いします」とお声かけしました。

すると本当にレディース盛りでした・・・。

四川のスパイス香る中華。

辛さで力押ししてくるものではありません。

ランチタイム、安価な素材でもシェフのスパイス使いで上質な四川料理に変貌。

品良くいただけ、お腹も心も充実しました。

Hand01お会計は、サービス料が10%(270円)加算され合計は2310円となりました。

名物「マーボー豆腐」をセットした月替わりランチセットは嬉しいのですが

いいお値段ですので、デザートもセットとして望みたいところが本音。

月イチのサイクルなら頑張って訪問できるかな。(希望です・・・)

今回のランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

四川(シセン)

東京都港区白金台1-1-50 シェラトン都ホテル東京1F

TEL        0120-95-6662 

営業時間/ 06:30~10:00 11:30~14:00(L.O.) 17:00~22:00(L.O.21:30) 

定休日   無休 

大きな地図で見る

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »