2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 四川雅園(シセンガエン) №1 赤坂 | トップページ | 香楽園(コウラクエン) 蒲田西口店 »

2013年1月29日

四川雅園(シセンガエン) №2 赤坂

Sisenngaenn2

赤坂、四川料理の「四川雅園

『 写真付きのメニューではどの皿も赤一色で似たように見えるが、味も香りもちゃんと

異なる繊細さも人気の理由だろう。 』

                                -東京最高のレストラン2013より-

お店には常連さんも多く、この日はお姉様方もグループで来店。

ほお、女子会で四川料理。 少し珍しい気もして、ちらりと拝見していたところ

女子は紹興酒ではなく、ワインを注文。

私たちも再度メニューを手に取りドリンクを確認すると、ワインはぐっとリーズナブルで

2,000円で提供してくださっているではありませんか。

赤ワイン@2,000×2

さっそくお姉様方に習って私たちもワインに変更。

お店のお姉さんがワインクーラーに氷を入れて冷やしてくださったのだ。

担々麺(本場四川汁なしタンタン麺)@880

担々麺は汁あり、なしを選べるので、汁なしをチョイス。

たっぷりの炸醤肉(肉そぼろ)、細かく砕いたナッツ類(クルミなど)、青菜、芽菜。

「同源楼」と同じくスタイリッシュで深さのある器を使用なさっています。

寝太郎さんにかき混ぜ作業をしてもらっています。

芝麻醤の効いた中華スパイスの香る濃厚な味わいで、ナッツは食感のアクセント。

細めの麺にまとわりついた粉末状のスパイスは舌にザラザラ感を残しますが

これが旨味となって箸を進めさせる。

突き抜けた辛さはなく比較的マイルドだ。

核桃酪湯圓(クルミ・ピーナッツ白玉しるこ)@400

とろりとしたしるこにはクルミやピーナッツのツブツブ感が鮮烈。

甘さはほどほどで素朴な食味。正直なところインパクトはなし。 

丁寧に仕上げられたお料理は好感度が高かった。

一皿のボリュームが多いので、ある程度の人数で訪問するのが望ましいのですが

また折を見てコツコツ再訪したいなあ。

Hand01お会計は、1人当たり7,000円(千円未満四捨五入)

中国料理満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

四川雅園 (シセンガエン)

東京都港区赤坂4-3-11 1F

TEL        03-3584-2556

営業時間/ 月~土 11:30~14:30 17:00~23:00

定休日     日曜日

大きな地図で見る

« 四川雅園(シセンガエン) №1 赤坂 | トップページ | 香楽園(コウラクエン) 蒲田西口店 »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。