2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« ZEN ROOM(ゼンルーム) 自由が丘 | トップページ | 天厨菜館(テンツウサイカン) 銀座 »

2013年1月16日

湖南菜館(コナンサイカン) 新宿

Konannsaikann

湖南料理湘菜「湖南菜館」(コナンサイカン)

場所はJR新宿駅 東口、歌舞伎町一番街の通りに面するビルの4階。

赤を基調とする店内。ぐるなびによると総席数は50席とのこと。

歌舞伎町内のお店ということなので、もっとディープなものを想像していたのですが

意外と申しては失礼かと思いますが、小奇麗なのに拍子抜け。

とともにちょっと安堵した。

本日は席のみの予約ですが先客はなし。4人掛けのテーブル席にどうぞとのこと。

テーブル・セッティングは、取り皿、箸置き、お店のロゴ入り箸袋に入った箸(横置き)。

箸袋は、お店のカラーと同じ赤色の布製だ。

着席するとハッカの香りのするおしぼりを手渡しでいただけ、

メニューも運ばれてきました。

最初に、生ビールを(ジョッキ)@630と(グラス)@450で注文。

サービスで出されたのは、甘酢の漬物と食べるラー油。

個人的にですが、お好みで各料理に使える、食べるラー油は抜群に美味かった。

自家製であると思われるのですが、唐辛子、白ゴマ、ニンニクチップ、豆豉、

そして揚げ米?のようなものも入っており、カリカリと食感が豊か。

何よりフレッシュで焦がしニンニクの香ばしさが食を進めるのだ。

これは旨い!単体でいただいても旨い!!

辛味より風味の良さが際立っている。

終いには食べるラー油を皿にごっそり取り、これをつまみに酒を飲んでました。

毛沢東紅焼肉(湖南風豚肉の角煮)@1,880

皮つきの豚バラ肉を甘辛く煮込んだもので、八角の風味を感じる。

肉自体もう少しとろっと柔らかいものかと思っていましたが、しっかりとした

歯ざわりが残ります。

本場のものは食したことがないのでわからないのですが、

品良く仕上がっている印象。冷めてくると若干ですが化調を感じました。

(ノブロー) 毛沢東氏の大好物っちゅーことだで。

(レンタロー) テカテカ、きれえだな。

蒜茸文蛤(ハマグリの特製ソース蒸し)@1,580

刻みニンニクたっぷりの特製ソース。

(ノブロー) 下には春雨を敷いてあるんだ。スープを吸い込んでいるだよ。

味わいとしてはニンニクの風味が勝ちすぎているよう。

スープも特筆すべき点がないため、せめてハマグリがぷっくりと太り良質のもの

であれば、旨味が出て印象も変わったかもしれません。

また、気になるほどではないのですが、ここにも若干、化調を感じました。

紹興酒は一番リーズナブルなボトルで1,800円から。

金奨女児紅(500ml)@1,800×3

手元に食べるラー油があるので、紹興酒が進んでしまいましたよ。。

水煮牛肉(牛肉のマーラー煮)@1,880

牛肉の処理が良いので弾力もプリプリ。

いい感じのオイルです。油の質が悪くないのでしょうね。

下には、キャベツを敷いています。

当店はマーラー味が、お上手だ。

花椒は効きすぎず辛味より旨味があり、比較的マイルドです。

他店の多くは、口内が痺れて味どころではなくなってしまうのですが、

このスープに刀削麺とか入れたくなっちゃうわね。

(刀削麺はないと思いますが・・・)

遅い時間になるとお客様がどんどん入って来られて、いつの間にか満席状態。

スタッフはみな中国の方ですが、

来店される常連さんの中にも中国人がいらしてました。

こういうときは、どんなお料理をオーダーなさるのか勉強になります。

とは言いつつも、酒飲みですが意外に少食な私達。あっさり満腹。

Hand01お会計は、2人で、合計12,410円

帰り際、歌舞伎町案内人であり当店プロデュースの李小牧氏よりお名刺を

頂戴いたしました。恐縮です。

中国料理満足度数は、★★★★ 積極的に好き。 

興味をそそられるお料理があるので、機会をみて再訪してみたい(*^・^)ノ

 

湖南菜館 (コナンサイカン)    

東京都新宿区歌舞伎町1-23-13 第一大滝ビル 4F

TEL        03-3207-8288

営業時間/ 17:00~翌5:00(L.O.翌4:30)

定休日     無休

大きな地図で見る

« ZEN ROOM(ゼンルーム) 自由が丘 | トップページ | 天厨菜館(テンツウサイカン) 銀座 »

04.東京23区(新宿・中野・杉並)」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事

コメント

cafeこんにちは・・・

長沙に数年住み中国人社員を雇ってデザイン会社をしていた友人が長沙で食べる湖南料理は世界で一番辛い料理sign01sign01だといっていました

四川料理と違ってマーラー(麻辣)のうち(麻・痺れる花椒等の刺激)がなくただ辛いだけだと言っていました、私は未だ長沙で食べた事は有りませんが一度辛いだけ(辣のみ)の料理を食べてみたいと思っています。

家人が中国語を話すので(中国食べ歩きの為、日中学院で習ってます)いつか長沙に行って思う存分食べ歩きをしたいと思いますnote

ティコティコさん

おお、そうなんですか……!?

たしかに、みにが書いているとおり、他の四川料理の店とくらべて、
花椒のしびれる感じがごく控えめだったという記憶はあります。
が、激辛かといえば、そうでもありませんでしたし、
しっかり旨みを感じることができました。
日本人向けにアレンジされているのでしょうか。

ご家族が中国語を勉強されているのですね。
しかも、食べ歩きのため……!
すごいなあ、そこまで徹底されるとは!
美食家の鑑ですね。

長沙の食レポート、首を長くしてお待ちしております。

コメント、ありがとうございました。

この記事へのコメントは終了しました。

« ZEN ROOM(ゼンルーム) 自由が丘 | トップページ | 天厨菜館(テンツウサイカン) 銀座 »