2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

« 四川雅園(シセンガエン) №2 赤坂 | トップページ | 御田町 桃の木 (№1) 三田 »

2013年1月31日

香楽園(コウラクエン) 蒲田西口店

Kourakuenn

お一人ランチは、中国式居酒屋「香楽園」(コウラクエン)蒲田西口店。

場所は西口駅前の和食店「もち月」の角を曲がった道沿い。

夜に何度か寝太郎さんとこの前あたりまで来て覗いてはいるのですがいつも満席状態。

ある日の昼、表にランチメニューが置かれていたので入ってみることにしました。

ざっくばらんな食堂という雰囲気で、壁のあちこちにはメニューやら写真。

先客は地元の常連さんと思われるお爺さんが1名、お店のお姉さんと会話をしながら

お酒を飲まれていました。

本日の定食、麺の定食ともに全品650円均一。

麺を注文しようと思うのですが、半チャーハン、サラダ、お新香、餃子がついて

650円というから破格の安さ。 しかし、そんなに食べれるのか少し不安です。

卓上には、酢、醤油、辣油、胡椒、爪楊枝、紙ナプキン、灰皿。

割り箸は箸立てにまとめて入っています。

香楽園炒面@650

ティーポット(お茶パック入り)と茶杯は着席後に出され、注文を通すと、次は

小皿で竹輪と千切り野菜の甘酢サラダ、お新香は唐辛子で合えたザーサイ。

私の注文が炒面であることと女性だからそんなには食べれないだろうと気遣って

くださったのか、お姉さんが半チャーハンをスープに変えることもできると

声をかけてくれました。

ありがたい。以前も記したことがあると思いますが、私は通常では炒飯は遠慮したい。

スープは、ほんわり溶き玉子と小松菜の塩味スープ。

炒面(焼きそば)の具材は海老、イカ、豚肉、ニラ、もやし、キャベツ。

ごま油が香るシンプルな味付け。野菜もたっぷりなのでなかなか減りません。

焼きそばと壮絶な戦いを繰り広げているところに忘れていた餃子が時間差で登場。

蒲田らしく羽根付きだ。しかもこいつは2個のふりして焼きそばが側にもう1個ぶらりん。

計3個あるのだ。手ごわい餃子だ。

ボリュームたっぷりの焼きそばに驚き、後に寝太郎さんに話をしてみたところ

お一人飲みの三次会でこちらに訪問済みだとか。

その際、東北料理(ラム肉、醤大骨)を中心にオーダーしたようですが、

彼にはいまひとつだった様子。

残念だなあ。蒲田でも手軽に中国東北地方の料理が味わえたら楽しいのに。

「百聞は一見に如かず」ですから私もいつか夜に訪問してみよう。

ランチは、胃がパンパンに膨れ、焼きそばのみ少し残してしまいました。

パワフルなボリュームにギブアップ。

外に出て確認すると並びには「金春」さんの本館2号館が・・・!

あれれ?ここにいつから?

やはり同じようにランチメニューを出されていたので金額を拝見したところ680円。

中華ランチの熱い戦いが展開されているのであった。

今回のランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。 

 

香楽園 蒲田西口店 (コウラクエン)

東京都大田区西蒲田7-29-3 第三久保井ビル 1F

TEL     03-3733-0872

営業時間/ 月~金 11:30~03:00 土・日 11:30~05:00

定休日    無休

大きな地図で見る

« 四川雅園(シセンガエン) №2 赤坂 | トップページ | 御田町 桃の木 (№1) 三田 »

07.東京23区(大田・品川)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。