2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 支那麺 はしご 本店 (橋悟) 銀座 | トップページ | 新記(シンキ) 三宿本店 »

2013年3月17日

榮林(エイリン) 赤坂本店

Eirinn

お一人ランチは、老舗の中国料理店 「榮林」(エイリン)赤坂本店。

場所は、東京メトロ赤坂見附駅 徒歩4分。赤坂みすじ通り沿い。

ぐるなびによると、創業は1956年。前身は「榮林(えいばやし)」という料亭。

昼の来店客の約8割が注文する「酸辣湯麺(スーラータンメン)」はあまりにも

有名ですが、もともとはまかない料理だったそうです。

その美味しさが評判を呼んでメニューに加わり、酸辣湯麺発祥の店として

看板料理の一つになったんですね。

ランチタイム、1階入り口で一人の旨を伝えると奥へどうぞとのこと。

カウンター席前、ガラス張りのオープンキッチンの中では数名の料理人さんが

お仕事をされている。

その前を横切り、お一人様の寄り合いどころ、奥の円卓へとご誘導。

卓上には、お茶入りのウォーターポット、酢、醤油、辣油、胡椒、からし、

爪楊枝、紙ナプキン、割り箸、メニュー。

着席後には、冷たいお茶と使い捨て紙おしぼりをいただけました。

酸辣湯麺(スーラータンメン)@1,260

私もその約8割にのっかて酸辣湯麺を注文。

小鉢もデザートもなく、これだけで1,260円ですからいいお値段の部類です。

麺は中麺でストレート。滑らかな舌触りでスープに良く絡む。

具材は、切り方を揃え、細く切ったタケノコ、干しシイタケ、押し豆腐、キヌサヤ、

ハム、鶏肉、溶きたまごなど。 軽くとろみがついています。

酸辣湯麺と言えば、酸っぱ辛いスープが特徴の麺。

しかし、もっと強烈に酸っぱいのかと思ったら、この日の出来かは存じませんが

なんてことのない酢っぱさ。

辛味はありますが強い酸味を感じ、むせかえることもなく平和。

つまらなかったので、卓上に置いてあった豆板醤を舐めながら食しましたよ。

スープの出汁が弱いせいか、思ったほどの感動には至りませんでした。

したがって再食となると難しいところですが、歴史ある酸辣湯麺をいただくことが

できて良かったです。

今回のランチ満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。 

 

榮林(エイリン) 赤坂本店

東京都港区赤坂3-16-2

TEL     03-3583-0171

営業時間/ 月~金 11:30~14:30(L.O.) 17:30~22:00(L.O.)
                   土・祝 11:30~14:00(L.O.) 17:30~21:00(L.O.)

定休日    日曜日

大きな地図で見る

« 支那麺 はしご 本店 (橋悟) 銀座 | トップページ | 新記(シンキ) 三宿本店 »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。