2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 海鮮名菜 香宮 (シャングウ) (№1) 六本木 | トップページ | 川香苑(センコウエン) 歌舞伎町店 新宿 »

2013年5月28日

海鮮名菜 香宮 (シャングウ) (№2) 六本木

Syannguu2

広東料理 「海鮮名菜 香宮」(シャングウ)

柊コース@6,300 後半になります。

清蒸海上鮮(活けの鮮魚 姿蒸しorオーブン焼き) 

予約時に電話でお話をお聞きしたところ

鮮魚は料理長のその日の仕入れによるものなので、何になるかはわかりませんが

姿蒸しでも料金は変わらないとのこと。

ううむ!ならば清蒸好きの連れ(寝太郎さん)のためにもここは姿蒸しで

ぜひにとリクエスト。 この日の鮮魚は金目鯛。

清蒸の神のおわす「艇家大牌トン」さんほどのスケール感、ダイナミックさはないものの、

これで私の面目も保たれた。 

お昼のコース料理、他にもいろいろお出しいただいていることだし不足はありません。

入店時にブログの件を告げられた男性スタッフさんが取り分けに来てくださいました。

前回は切り身でございましたね」 と言われるので

あ、やっぱり私に間違いないんだと再確認 (・Θ・;)(汗)

小さなお玉とスプーンを器用に使いシャッシャッシャッとタレをかき集め

取り分けた蒸し魚にかける。その手さばきはお見事としか言いようがない。

上には白髪ネギと香菜。 脂ののった金目鯛の身はふっくら。

私としては少しタレにこってり感を感じたのですが、単なる主観。上々の出来。

「お好きな方もいらっしゃいますので」 と

頭の部分も別皿においてくださいました。

鯛の鯛を発見できるか、探したのですがみつかりませんでした。無念。

そうこうしている最中に、寝太郎さんがぴしゃっとタレをシャツにこぼしてしまいました。

あわててスタッフのお姉さんにお伝えすると、スタッフの男性が炭酸水とおしぼりを

持ってあっと言う間にかけつけてくださった。その連携の早さにもびっくり。

行き届いたサービスに頭の下がる思いです。

お陰さまで一張羅のお洒落シャツにシミを残すことなく済みました。

飯 或 麺(料理長おすすめ 本日の麺飯類)

香港焼きそば。具材は黄ニラ、もやし、麺はもちろん香港麺。

お好みで赤酢をとのことですが、私は大好きなので使うクチ。

(レンタロー) 赤酢使うとさっぱりいただけるで。

コースも終盤、ティーポットでの中国茶(茶葉ナシ)を出していただくことにしました。

これはコース料理にセットされているもので、卓上でティーウォーマーを使って

温め飲むことができます。

香宮凍甜品(香宮特製季節のデザート)

デザートは3種類から選ぶことができました。

私は色々フルーツの入ったゼリーのココナッツのグラニテ添え。正式名は失念。

リゾート地をイメージさせるような爽やかなチャイニーズデザート。

苺のスープ仕立て練乳アイス。

どうやらこちらのデザートは香宮さんの定番なのかな。HPのお写真でも拝見する。

酸味と甘みの調和が取れシンプルだけれども好感度の高いデザート。

さて、香宮特製季節のデザートをいただいたあとにおしぼりの差し替えあり。

次は、誕生日ということでお願いしていた桃饅頭(寿桃)heart

大きい桃饅頭の蓋をよいしょと開けると、あらま、ベリーキュートな一口桃饅頭。

(ノブロー) 中は白あんだで。

香宮美点心(自家製 お菓子各種)

Happy Birthdayとチョコレートで記されたプレートには

月餅(はすの実あん、塩漬けたまご)、龍井(ロンジン)茶クッキー、

マカロン(ベリー、アンニンクリーム)、パート・ド・フリュイ(パッションフルーツ)、

もう一つはキンカンのケーキかと思いますが、

酔いが回ったメモのため文字が解読不可能。

(ノブロー) ネタロ、ええ誕生日になっただな。

オラもご相伴に預かれてえかっただ。今年はメモ取れなくなるまで酒飲むでねえだよ。

 

寝太郎さんも良い誕生日だと始終上機嫌。

特別感のある素晴らしいおもてなしを受けたことに感謝し

「ありがとうございました。よい誕生日になりました。」 とお礼を伝える。

その際のお話で、ハトの丸揚げ(3日前までの要予約)がオススメで

あることをうかがう。 ジビエ好きの寝太郎さんの目がキラキラした。

 

当店はお料理と接客、双方のバランスが実に良い。

人様に胸を張ってご紹介できるお店であると思っています。

お会計は、6,300円台の白ワイン プイィ・フィメ・ドメーヌ・デ・ファン・カイヨ、

陳年紹興酒500ml@3,990、同グラス紹興酒×2を加算し

Hand011人当たり14,000円(千円未満四捨五入)

これは個人的な感想なのですが、今回6,300円のランチコースをいただきましたが、

正直なところCP的には3,150円が優れているのではないか?

あっちが凄すぎるのだ。 という印象もありました。

したがって、ランチクリア後は、当然、ディナー、ハトの丸揚げでしょう。 

中国料理満足度数は、★★★★★ 特別。 必再訪したい(*^・^)ノ

 

海鮮名菜 香宮 (シャングウ)

東京都港区西麻布1-4-44 シグマ西麻布Ⅱ1F

TEL      03-3478-6811

営業時間/月~土 11:30~14:00(L.O.)15:00(CLOSE) 17:30~22:00(L.O.)23:00(CLOSE)

定休日/  日曜日 

« 海鮮名菜 香宮 (シャングウ) (№1) 六本木 | トップページ | 川香苑(センコウエン) 歌舞伎町店 新宿 »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。