2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 中国料理くろさわ東京菜  (№1) 大森 | トップページ | 中国料理くろさわ東京菜 大森 »

2013年5月24日

中国料理くろさわ東京菜 (№2) 大森

Kurosawa2

中国料理「くろさわ東京菜」 ランチコース@3,150後半です。

本日の料理Ⅰ

天然ホタテと静岡産白イチゴの紅麹炒め。

でた!!紅麹炒め。「聖兆」さんでもいただいていますよ。

しかも、ホタテはかなりの確立で出ていましたっけ (・Θ・;)

イチゴのほかにはフルーツトマト。

ホタテはやや火が入りすぎかなあとも思えましたが、甘すぎないイチゴの酸味と

紅麹がマッチ。 シェフは、自家製の麹にも力を入れていらっしゃるようです。

小海老の料理

小海老とタケノコのピリ辛炒め。

春野菜、タケノコ・そら豆との組み合わせ。

食感の変化を楽しめるのは良いのですが、若干タケノコがかたい。

ナンプラーをお使いのようで少しエスニック。

本日の料理Ⅱ

本鱒の揚げ物 塩漬け青唐辛子のソース。

付け合せにアボカドのフリット、青トマトなど。

香菜と食べれる香菜の花も添えられています。全体の味はがっちり濃い目。

悪くはありませんが、ここは肉料理が欲しかったところ。

はい、贅沢言ってます。すみません。

ティーポット(ティーバッグ入り)でジャスミン茶。

こちらはコース料理以外のランチA・Bでも同じように出していただけます。

嬉しいですね。

御食事

カシューナッツとたまり醤油の炒飯。

私の体調によるものですが、病み上がりでしたので、味がくどくて完食ならず。

無念です。

デザート

ちょっぴりざらっとした口あたり。美味しくいただけました。

会計をお願いすると、黒沢シェフがご挨拶にいらして

「同業者の方ですか?」とのお尋ね。

連れ(寝太郎さん)は、お料理を作れるような人物に見えないはずなので、

おそらくせっせとメモをとっていたからなのだろう。

「いえ、私たちは聖兆さんからこちらをお聞きして」 とお答えすると

聖兆さんが4月末日をもって暫く休業となり、新店舗も近く決まりそうなのでは。というお話。

苦手なものはないとお答えしたのにもかかわらず、たまり醤油の炒飯を残したことを

お詫びすると「大丈夫ですよ」とにっこり。シェフが良い方でよかった。

帰りは店の外まで丁寧なお見送り受け退店。

 

近隣にお住まいの常連さんで店内もほどよく回転しているのですが

某グルメサイトを拝見すると、当店の評価が低いのだけれども、何故だろう。

普通に美味いではないか。

また今回は3,150円のコース料理でしたが、隣の席に座られたお客様の

Bランチ1,500円を拝見していたところ、とてもコスパが良い。

次回は私も一人でBランチをいただこう W04

Hand01お会計は、1人当たり6,000円(千円未満四捨五入)

中国料理満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

中国料理くろさわ東京菜

東京都大田区山王2-36-10 石毛第2ビル

TEL         03-5743-7443

営業時間/ 11:30~14:00(13:30LO) 18:00~23:00(22:00LO)

定休日    月曜日

大きな地図で見る

« 中国料理くろさわ東京菜  (№1) 大森 | トップページ | 中国料理くろさわ東京菜 大森 »

07.東京23区(大田・品川)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

ついつい2時間もあっちこっち読ませていただきました。

私は中国東北地方、大連に住んでいます。

このところ仕事で東京に滞在していますが、
この6年ほど基本的に中国住まいなのです(日本人ですが)

それにしてもこの膨大な中華料理店訪問の数々、、、

恐れ入りました!

中国で食べる中華料理は、日本人の味覚には合い難いものもかなりあります。

最近はかなり中華味に慣れたせいか(嫁が中国人なので)
日本の中華より中国の中華が恋しくなることありますが
やっぱり日本の中華料理は食材が良質な事も相まって
安いものから高いものまで、どれもそれぞれに美味しいと思います。

これだけ中華料理を愛して止まない方がいらっしゃるのはうれしいものです。

これからもお体にお気を付けて、中華行脚をお楽しみください~


ガクさん

はじめまして。
管理人である僕も、執筆者であるみにも、好き嫌いはなくなんでも食べる
のですが、中国料理にはまって、現在、外食の9割(以上?)は中華なのでは
ないかと思います。

中国料理は料理それ自体が変化に富んでいますし、最近は日本でも
ヌーベルシノワ系からディープな本場系まで、お店の選択肢の幅が
かなり広くなった、ということもあって、飽きないどころかますます探究心を
ふくらませています。

ガクさんのブログ、拝見しました。
以前働いていた職場で、大連出身の中国人の方と同僚になったことが
あります。彼の故郷はこんな街だったのかと、興味深く記事を読ませて
いただきました。
途中何箇所か、中国という国の「自由さ」に爆笑させてもいただきました。

それにしても、さすが本場、水餃子だけであんなに種類があるんですね!
われわれ二人とも、いつかは本場で中国料理を食べてみたいと思って
いるので、垂涎ものでした。
本場での行脚を夢見ながら、中華食べ歩きを続けようと思います。

温かなコメント、ありがとうございます。

ガクさんのブログの記事も、楽しみにさせていただきます。

この記事へのコメントは終了しました。

« 中国料理くろさわ東京菜  (№1) 大森 | トップページ | 中国料理くろさわ東京菜 大森 »