2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

« 同發本館(ドウハツホンカン) 横浜中華街 | トップページ | 中國料理 北京(ペキン) (№1) 日比谷 »

2013年5月 8日

謝甜記(シャテンキ) 横浜中華街

Syatennki

横浜中華街、中華街大通りの中国粥店「謝甜記」(シャテンキ) 

創業は1951年。休日ともなれば行列必須の人気店です。

某日は平日の早い時間帯ということもあり、すんなり入店できました。

卓上にはメニューと業務用のタオルおしぼり。

お店のお姉さんの指示に従い、小ぢんまりとした店内の左手、窓際4人掛けの

テーブル席を利用。着席後にお茶が出された。

ラー油、酢、醤油、胡椒、からし、爪楊枝。割り箸は、まとめて箸立ての中。

おかゆメニューの一部。※実際のおかゆは具がみえません。とのこと。

小椀もあるので、選択の幅が広がります。

三及粥(五目肉かゆ)@683

自分チョイス。個人的な好みですが、私はモツやレバーの粥が好み。

がっちりフルサイズで。

貝柱粥(かいばしらかゆ)(小椀)@700

干し貝柱ではなく生の貝柱が入ったタイプ。フルサイズだと945円になります。

双方ともに刻み油条、青ネギ入り。

口に含むとじんわり広がる出汁のとれたおかゆの旨味。

炊き加減、塩加減ともに丁度良い。

(タクロー) これね、おかゆと一緒に出されるネギと醤油だで。好みで使ったらええよ。

三及粥には、レバー、モツ、ほろっと柔らかい肉団子ほか。

レンゲですくい上げるとザクザク納得の分量確認できます。

レバーは臭みもなく美味 W04 

鮮蝦焼売(エビしゅうまい)(4ヶ)@347

手作りエビしゅうまいは、プリプリえびががっしり。

ワイルドで肉々しく食べ応えを感じさせてくれます。

なのに、お値段はお手ごろ♪ 嬉しいサイドメニュー。

このエビしゅうまいは、お土産にも好評のよう。

中華街では一度は食したい「謝甜記」のおかゆ。

別注文になりますが、魚片のトッピングもいかがでしょう?

横浜中華街満足度数は、★★★★ 積極的に好きです。

 

謝甜記 (シャテンキ)

神奈川県横浜市中区山下町165

TEL      045-641-0779

営業時間/平日10:00~15:00 16:30~20:30
                土曜 10:00~21:30 日・祝 10:00~20:30

定休日   火曜日 

大きな地図で見る

« 同發本館(ドウハツホンカン) 横浜中華街 | トップページ | 中國料理 北京(ペキン) (№1) 日比谷 »

01-1.横浜中華街」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。