2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 中国料理 仙ノ孫(センノマゴ) (№1) 西荻窪 | トップページ | 蜀味苑(ショクミエン) 自由が丘 »

2013年6月 6日

中国料理 仙ノ孫(センノマゴ) (№2) 西荻窪

Sennnomago2

中国料理「仙ノ孫」 

HPによると、油も食材の一つとしてこだわり

『 辛い油4種、葱の油2種、鶏の油、山椒油、漢方薬15種類入った油と

沢山の油を作りそれぞれの料理に使い分けて、味わい深い料理を提供しております』

                                              とのこと。

5,800円のおまかせコース 後半です。

女性に優しい黒米酒も良いのですが、そろそろいつもの調子で飲みたいところ。

ワインも一番リーズナブルなもので2,800円から置いてありますが、紹興酒で。

女児紅 5年壷ボトル(500ml)@2,800

陶器の茶碗にていただきます。

四川風唐揚げ

「唐辛子、山椒は辛いのでお召し上がりになられぬよう」 とのアドバイスあり。

ブツ切りの鶏肉を唐揚げにし、合わせ炒めていらっしゃるのかと思いますが

テンションが下がる。写真に単体で収めておけばよかったのですが、

総菜屋さんで買い求めれるようなタイプのころんとした唐揚げなのだ。

カリカリ状の揚げ鶏肉をいただく辣子鶏とはまたちょっと違うし、

わけのわからなさに不完全燃焼。

他には、エビ、ゴーヤ、ピーナッツ、イモ類。

先ほど、よだれ鶏をいただいていることですし、料理の組み立てとしては

豚肉が欲しいところ。味わいは辛いというよりしょっぱい。

カナガシラとキスの薬味揚げ

野菜は、スイスチャード、スティックブロッコリー、人参など。

(ノブロー) 魚の下に何かあるで Bikkuri

ここにはよだれ鶏にクラゲが投入されたような感覚なのか、板春雨。

器の底に溜まったタレがやたら甘い。

もちろん漬け込んではいませんが、個人的には南蛮漬けを思い出した。

あさりと古漬け高菜のつゆそば

他には唐辛子(赤・黄)、タマネギ、針生姜、粒山椒など。

麺はストレートタイプ。

スープにはお約束のように粒山椒。

がっちり辛くて薄いスープ。今度は完全に塩分が足らず。

バランスがとれていないので困ってしまいます。

これならば、いっそタンタン麺をいただきたかった、が自分の本音。

しかし、もっと困るのはサービスのタイミングが客ではなく店のペースであること。

まだ、唐揚げも魚もありますが、食事もでてきました。

ご近所のお客様がどんどん入ってこられるので回転させたいのかも。

と、余計なことも考えてしまいます。

奥様は空いたお皿を見つけると

「いただきます!」

とスピーディに処理されるけれども、応対はゆとりのない感じ。

お忙しくてテンパリ気味にも見えた。 これもお二人で切り盛りされているのだからと

思っていたら、後半には可愛らしいお嬢さんの助っ人が。

同様に黒いTシャツを着用されていたので娘さんかな? 微笑ましいです。

デザート

私達がお酒を飲むので長居しがちなのかもしれませんが、

ラストオーダーの時間前(入店後2h30m経過)には、問答無用でデザートタイム。

その時点で食べきれていなかったお料理はさげていただくことにしました。

デザートは3種。

イチゴとサンザシ、ハイビスカスのアイスクリーム。

豆乳入り杏仁豆腐。

大分のキンカン、胡桃の樹液のゼリー寄せ。  

杏仁豆腐は豆乳入りのためなのかライト口当たり。もう少し濃厚なほうが良かったな。

アイスクリームは美味しい。これで残った酒を飲もう(酒は手放しません)

また、胡桃の樹液と説明があったときに

「お土産の胡桃の樹液、聖兆さんでいただきましたよ」 とお話すると

奥様は「へ???」という感じで話が通じない。

聖兆さんで当店のお話を聞き、興味をもったのですが残念。

「何でもありません」 と話を打ち切った。

ところで、大分のキンカン、胡桃の樹液のゼリー寄せはシナモンが効いてなかなか美味。

聖兆さんではスープに、当店ではデザートに使われる。応用の利く食材のようです。

 

お会計は、追加の紹興酒かめだし5年デキャンタ(350ml)@1,250×3を加算し

Hand011人当たり10,000円(千円未満四捨五入) 

今回のコース料理で口にあったのは、前菜盛りとデザート。

アラカルトでいただければ、また印象も変わるかもしれませんが

今回の中国料理満足度数は、★★★Star04(3.4)消極的にやや好きです。失礼しました。

 

中国料理 仙ノ孫 (センノマゴ)

東京都杉並区西荻北4-4-2

TEL         03-3390-4808

営業時間/ 11:30~14:30(L.O) 17:30~21:00(L.O)

定休日    月曜日・火曜日

大きな地図で見る

« 中国料理 仙ノ孫(センノマゴ) (№1) 西荻窪 | トップページ | 蜀味苑(ショクミエン) 自由が丘 »

04.東京23区(新宿・中野・杉並)」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。