2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 北京遊膳(ペキンユウゼン) (№2) 荻窪 | トップページ | 琥珀宮(コハクキュウ) 大手町 »

2013年6月27日

中国料理 香旬 (コウシュン) 自由が丘

Kousyunn

中国料理 「香旬」(コウシュン) 久しぶりの再訪

TV出演などマスコミでも取りあげられることの多い当店。

オーナーシェフは津島 弘樹 氏。

同氏は、「赤坂四川飯店」、「大阪聘珍樓」などで四川料理、広東料理の修業を積まれ、

その後、岡山 中国料理店で調理長を経験。

提供していただけるお料理は、四川・広東料理をベースに、旬の食材を活かした

日本人の口に合う中国料理です。

最寄り駅は自由が丘。南口を出てメルサ裏の緑道、魚菜学園の裏手。

入り口より入ってまず左手にテーブル席。直進し、左手に厨房とカウンター席、

右手にテーブル席と、カジュアルでお洒落な店内です。

ぐるなびによると総席数36席と言うことですが、1人の利用ですから

カウンター席の端に着席。

しかし何か微妙に変ったような変らないような・・・と厨房に視線を送ると

以前はオープンキッチンだったところに、ステンレスの板が仕切りとなって

できているではありませんか。

これでは、カウンターに座ってもシェフのお手元の細かい動きが見えないわ。

(小窓のように部分的にステンレスは空いているので、シェフのお顔はみえます)

カウンターの卓上には、酢、醤油、爪楊枝、紙ナプキン。

着席後には、メニュー、おしぼり、ティーポットでジャスミン茶(冷)。

お客様が注文を通すと、鍋をふるう音が聞こえ、ジャーっと言う音とともに、

すごい煙がたちのぼっている。 もくもくした煙の中でもシェフは手を休めない。

私の推測ですが、ひょっとしたら仕切りは客席に煙が回らないよう

お考えになってのことじゃないのかな。

担々麺@950

ランチタイムご飯はサービスということなので、軽めにお願いしました。

炸醤肉(肉そぼろ)、青菜、刻みネギなど。

八角などの中華スパイスが香り、花椒も効いていますが、

芝麻醤は適量でゴマゴマこってりとしたものではなくスープはシャパシャパ。

比較的あっさりすっきりといただけるタイプ。

麺は中細ストレート、もっちり。

辛さはさほどではないのですが、後追いビリリでスパイシー。

麻婆豆腐同様、スパイス使いに個性を感じます。

ホールの接客は女性2人、厨房にはシェフのほかに男性が1人。

4年ぶりですが、当店、接客は相変わらず素っ気ないんだよな。

今回のランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きで。

 

中国料理 香旬(コウシュン)

東京都世田谷区奥沢5-19-10 文化園ビル1F

TEL           03-5731-3660

営業時間/ ランチ     月・火・木~日・祝 11:30~14:30(L.O.14:00)                       
        ディナー   月・火・木~土 17:30~22:30(L.O.22:00) 
                      日・祝       17:00~22:00(L.O.21:30) 

定休日     水曜日

大きな地図で見る

« 北京遊膳(ペキンユウゼン) (№2) 荻窪 | トップページ | 琥珀宮(コハクキュウ) 大手町 »

06.東京23区(目黒・世田谷)」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。