2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 三和樓(サンワロウ) 横浜中華街 | トップページ | 中国料理 驊騮 (かりゅう Karyu) ジャパンレストランウィーク2013 »

2013年8月 6日

中国料理くろさわ東京菜 大森

Kurosawa

中国料理「くろさわ東京菜再訪

Bランチ@1,500

(ノブロー) 今日はオラが食レポするだ。

前菜2種盛りは、カジキマグロのマリネ、蒸し茄子の青ネギ山椒ソースだで。

魚にくっついてんのは、ヒヨコ豆みてえなコロンとした煮豆。

マリネ言うても酸味はほどほどだ。

茄子はきちんと皮を処理してるんだ。山椒のピリリは微量でデリケートな味わい、

後味が爽やかだで。

豚フィレ肉甘辛炒め、チダイの蒸しもの、白エビ・モロヘイヤ・トウモロコシかき揚げ

ほか、最初に提供を受けたティーポット(氷入り)の冷たいジャスミン茶。

セットのスープとお替り自由のご飯。以上が、この日のBランチ。

(ノブロー) 豚フィレ肉甘辛炒めは、こだわりの有機野菜(サツマイモ、パプリカ、

ズッキーニなど)と柔らかい豚フィレ肉を甘酸っぱくフルーティーに仕上げたものだで。

豚フィレ肉もたくさん入っているよ。ケチくさくねえんだ♪

魚の蒸しものの上には、レタス。 エスニックな風味で味付けにはナンプラーを

使っているんでねえか推測してるだ。

両方とも、味が濃い目だで、飯にがっちり合う。管理人はご飯のお替りしてたよ。

和を感じさせるようなかき揚げは、塩味がついているだ。モロヘイヤの風味がええ。

シェフに任せておけば、その日の食材で品数そろえ、白飯のパートナーを

作ってくれるだ。 ほんにBランチはCPが高いで。

デザート

黒ゴマようかんの黒蜜がけ。

と言うても、水羊羹に近い黒ゴマようかんだな。

黒蜜がくどすぎずさらりといただけるだ。    オラの食レポはここまでだな Patipati

さて、この日もフロアには、お姉さんがいらしており、お店は3人体制。

そんな中、「よろしかったらどうぞ」 とお茶請けにいただいたのが

麻花兒、鳳梨酥、正式名は不明ですが砂糖漬けのお菓子の3種。

ティーポットのお茶のお替りまで気にかけていただいて、ありがとうございます。

どんどん上がるランチ満足度数、ついに今回は★★★★ 積極的に大好きで記録。

また定期的にお邪魔します(*^・^)ノ

 

中国料理くろさわ東京菜

東京都大田区山王2-36-10 石毛第2ビル

TEL         03-5743-7443

営業時間/ 11:30~14:00(13:30LO) 18:00~23:00(22:00LO)

定休日    月曜日 

« 三和樓(サンワロウ) 横浜中華街 | トップページ | 中国料理 驊騮 (かりゅう Karyu) ジャパンレストランウィーク2013 »

07.東京23区(大田・品川)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。