2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

« 美虎 (ミユ) 幡ヶ谷 | トップページ | 大新園(タイシンエン) 横浜中華街 »

2013年8月24日

レストラン・μ(ミュー) 武蔵小杉

Myu

レストラン「μ」(ミュー)

五十嵐美幸シェフ プロデュースの創作料理店。

オープンは、2013年6月21日だそうです。

場所は、武蔵小杉駅南口を出て直進南1 方面へ進行します。

少し広いスペースに出たら左へ、亀屋万年堂と吉野家の間の道を右折し

聖マリアンナ医科大学東横病院を左折すると府中街道の武蔵小杉駅入口

の信号に出ます。

チラシでは、この府中街道を右折し「小杉町3」の信号を左に曲がり直進して

川を渡った先ということでしたが

私は武蔵小杉駅入口の信号を渡りそのまま直進。法政通り商店街に入り直進

していくと二ヶ領用水にぶつかりますから右折し、二ヶ領用水沿いに歩いていくと

二ヶ領用水とサライ通り商店街が交差する橋(今井中央橋)に到着できます。

当店は二ヶ領用水沿い、今井中央橋の近くです。

この用水路沿いは桜が植えられているそうですから、お花見のシーズンには

辺りの景観も楽しみですね。

当店は一軒家レストラン。入店すると正面にはカウンター席。

2階もあるようですが本日は1階窓際4人掛けテーブル席の利用。

表にはテラス席もあり、まだ綺麗な店内は白っぽい壁とダークブラウンの家具で

まとめられ カジュアルだけれどもお洒落なイタリアンのお店のよう。

女子受けの良さそうな雰囲気です。

テーブル・セッティングは、箸置き、箸(横置き)、メニュー。

着席後にタオル地のおしぼりを手渡しでいただけ、トレーが卓上に置かれた。

メニューを拝見したところ、ランチは幡ヶ谷の「美虎」さんで見かけたものとあまり変らない。

ということは、当店もやはり基本は創作系中華なのだろうか。

ランチコースとアラカルトで麺と飯が数種類。 もちろん、ピリリン麺も置かれている。

違う点としては着席後、お店から出される飲み物は、冷たいジャスミン茶ではなく氷水。

ジャスミン茶は、オーガニックジャスミン茶として400円でメニューに記されていた。

またランチビールは、量が同じであるかは不明ですが400円と「美虎」さんに

比べ100円高い。

ところで、幡ヶ谷「美虎」さんでは写真撮影不可なので、当店ではどうなのだろう?

お店の方に写真を撮ってかまわないかと言うことをお聞きし、了承のうえ撮影。

この日、フロアスタッフは女性3名、厨房には男性が2名。

アラカルトの麺と飯はどれも1,250円ということですが、接客を担当してくださった

お姉さんのご説明によると、新メニューのバンバンジー冷麺は400円増しで

1,650円とのこと。

先日、ピリリン麺もいただいたことですし、違ったものが食べてみたい。

また、真夏日に駅から7~8分歩いていますから、汗だくで冷たい麺は魅力的。

選択はバンバンジー冷麺で。

注文を通した後、小菜になるのかな。1品運ばれてきました。

山形産空芯菜と干豆腐の和え物。ニンニクの効いたコクのある味付け。

バンバンジー冷麺@1,650

視覚でとらえられる朱色が鮮やかです。

もやし、きゅうり、鶏ささみ。上に砕かれているように散らされているのは脆皮椒と

認識してよいのか不明ですが、唐辛子とナッツ類。

揚げていらっしゃるのか、カリカリとした食感。

個人的には茹でたもやしが入ると水っぽく感じてしまうため、

これは歓迎したくないところです。

平べったく太い麺は、もっちりシコシコとして力強い。

大量の麺を箸で持ち上げると、スープの下部分は練りゴマ色。

よくかき回していただくとマイルドな中にピリっとした辛さが感じ取れます。

取り合わせ的には、スープがさらりとしたタイプなので淡白な鶏ささみではなく

脂身と赤身のバランスが絶妙なおいも豚をお使いになって、旨味のある

豚しゃぶうどんでも美味しいかも( ̄▽ ̄)!勝手を申してすみません。

しかし、当店も麺のボリュームがたっぷりです。

はじめは美味い美味いと喜んでいたのですが、後半はお腹が苦しくなりましたよ。

デザートもセットされています。

ライチシャーベット。麺のボリュームと反比例一口サイズ。

現段階、ランチのメニューでは創作系中華の色合いが濃い当店。

その品数も限られているので、できれば、日替わりでいただけるお料理がある

と飽きずに通えて良いと思うのですが・・・。

また、夜には創作料理がどのように展開されているのか、気がかりですから

機会をみて訪問してみたいと思います。

本日のランチ満足度数は、いろいろと難しいところですが今後を期待して

★★★☆ 消極的に好きで。

五十嵐美幸シェフ プロデュースの当店。

お近くの方には足を運んでいただきたい一軒ではあります。

 

μ (ミュー)

神奈川県川崎市中原区今井南町405-1

TEL      044-819-7471

営業時間/ 12:00~14:30(L.O.14:00) 18:00~23:00(L.O.22:00)

定休日    月曜日(その他不定休)

大きな地図で見る

« 美虎 (ミユ) 幡ヶ谷 | トップページ | 大新園(タイシンエン) 横浜中華街 »

12.横浜、川崎、逗子方面」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。