2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 羅山(ラザン) 田園調布 | トップページ | 海狼(カイロウ) 葉山町堀内 »

2013年9月 7日

中國名菜 孫 阿佐ヶ谷店

Sonnasagaya

中國名菜「」(ソン ) 阿佐ヶ谷店。

天才肌の特級厨師、孫 成順(ソン セイジュン)氏がオーナーシェフを務めるお店は

六本木店日本橋店、阿佐ヶ谷店の三店舗。

もっぱら、孫シェフは六本木店におられるようですが、ここ阿佐ヶ谷店にも孫シェフの

味が継承されているのかを確認したくての訪問です。

何だかんだ、申してはいますが、私、根本は孫シェフのファンですから (*^.^*)

最寄り駅は阿佐ヶ谷。南口より駅を背にして中杉通りを直進した道沿い。

近くには「希須林 小澤」さんがあります。

入店すると、他2店舗同様にブラウンの色調ですっきりとまとめたインテリアが

目に飛び込み、ここが孫シェフのお店であることを再認識させてくれた。

ランチタイム、ピークの時間は過ぎているはずですが、それでも店内は8割程度の

お客様の入り。さらに、来店されてくるお客様も後を絶たない状況ですから繁盛

なさっています。この日フロアを担当なさっている女性はお一人(中国人)。

拝見しているとレジまでカバーされていますから大忙しだ。

ご案内いただけたのは2人掛けテーブル席。隣との間隔は狭し。

テーブル・セッティングは、ステンレスポット(冷茶入り)、紙ナプキン、コースター、

茶杯、使い捨て紙おしぼり、箸は箸立てにまとめて。

ランチコース予約の場合を除き、3店舗ともほぼ変わらず統一のカジュアルな

セッティングになっています。

魅力的な日替わりランチあり。

皆様だったら、どっちを選ぶ? 私は、「紅焼獅子頭」かな。

「紅焼獅子頭」は、周恩来 氏が愛したという大きな肉団子の煮込みになります。

各25食といことで今回は残念ながら。。(。・w・。 )

アラカルトメニューは、全品デザート付き。嬉しいな。

担々麺も酸辣麺もいただいたことがありますから、じゃあ、上から順に攻略で3番目いくか。

砂鍋鶏(地鶏と青菜の土鍋煮込みそば)@1,260

土鍋ですから、熱々で冷めにくい。

スタッフのお姉さんから「小椀をもってきましょうか?」とのお声掛けあり。

お一人でお忙しい中、恐縮です。

表面を覆うようにたっぷりの具材。

鶏肉は細切り、青菜も長さを揃えていらっしゃるよう。他には干しシイタケも確認。

麺は中ぐらいの太さ。味付けは塩味ベース。

カゼイン質の膜がはった濃厚な鶏そばをイメージしていたのですが見込み違い。

さらっとした白濁系のスープからは出汁も感じられますが、どちらかというと

魔法の粉が優勢気味。

デザート

もはや当店の定番、マンゴープリン。

味も六本木店と変わらず、甘っ。 美味しいからいいか。

阿佐ヶ谷店にも気持ちよく泳ぐ金魚がいました。これも各店共通ですね。

さて、肝心の味の継承はというと、正直なところいただいたことのあるお料理を

頼んでいませんから、推測になりますが、随所にわたり統一感をもたせていることや

デザートで判断すると、引き継がれているものだと思います。

阿佐ヶ谷で味わえる孫さんの味、また近くに来たらお邪魔します。

今回のランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。ご馳走様でした。

 

中國名菜 孫 阿佐ヶ谷店 

東京都杉並区阿佐谷南3-31-14 モリタビルⅡ 1F

TEL      03-5347-2568

営業時間/ 11:30~15:00(LO.14:30) 17:30~23:00(LO.22:00)

定休日    無休

大きな地図で見る

« 羅山(ラザン) 田園調布 | トップページ | 海狼(カイロウ) 葉山町堀内 »

04.東京23区(新宿・中野・杉並)」カテゴリの記事

a-3.北京料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。