2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« SEN YO (川陽) 東高円寺 | トップページ | SILIN 火龍園(シリン・ファン・ロン・ユェン) 六本木 »

2013年10月 9日

福龍酒家(フクリュウシュカ) 横浜中華街

Fukuryuusyuka

横浜中華街、福建料理「福龍酒家」(フクリュウシュカ)

場所は南門シルクロード、朱雀門(南)寄り。

中華街全般によくある、カジュアルさをもった店内。

ぐるなびによると、当店の総席数は100席、2階には客席のほかキッズルームも

完備されています。

私達が訪問したのは9月某3連休の最終日ということもあり、先客は2組ほどで

1階席のみでまかなっておられる様子。

入口に近いテーブル席の利用。

卓上には醤油、酢、辣油、胡椒、からし、爪楊枝など。

着席後には、箸、タオル地おしぼり(直置き)の提供を受けメニューに目を通す。

まずは、飲み物で瓶ビール(キリンラガー中瓶)@525 を注文。

料理を検討していると、ドタドタという音が聞こえ、上の階から無邪気なチビッコ達が登場。

あら、2階にまだお客様いらしたのかな?

と、思ったら当店の若奥様が「うるさくてすみません」 とあわててかけつけていらした。

どうやら若奥様は育児真っ最中。そのかたわら、お店も手伝われているのだ。

その若奥様のお話によると、初日・2日目とすごくお忙しかったそうですが、

(元町にも近い当店は)元町チャーミングセールの絡む週末、

また客入りが望めるのではないかとのお話 confident

口調もほのぼのとして可愛らしい若奥様だ。 話しやすいし、好印象だよ。

紅焼牛肉塊(牛バラ角切りの醤油煮込み)@1,260

中国八大料理に数えられる福建料理(閩菜)ということで、

慶福楼」市場通り店でいただいたような、酒麹、酒糟を使ったお料理が

いただけないかなあと期待したのですが、見当たらず。

次に目をつけたのが紅焼牛肉。

『 広義の福建料理はさらに台湾料理、海南料理も含まれる 』  -Wikipediaより-

と言うことですから、台湾料理の名物、「紅焼牛肉麺」 から紅焼牛肉つながりで。

安直な考えですみません(汗)

牛バラ角切りの醤油煮込みは、中国全土、横浜中華街でも多く見られるお料理ですね。

下にはチンゲン菜が、かさ増しではなく適量。

とろ~と柔らかい牛バラ肉にちょっぴり甘めの醤油あん。

ぐるなび情報によると、丁寧に下処理をした牛バラ角切り肉は、鶏がら・豚でダシを

とったスープに野菜等と一緒に煮込み、砂糖、醤油、うま味調味料、オイスターソース

で味付けされ、水溶き片栗粉でとめ、仕上げにラージャン油で風味をつけられるそうです。

メニューには、この牛バラ角切りの醤油煮込みをご飯にかけた「牛腩会飯」

(牛バラ角煮かけご飯)もありましたが「そりゃあ、正解だね!」 と食さずとも想像できる、

化調も旨味と感じられるぐらいのご飯にも合う味付けです。

福建炒面(福建焼きそば)@840

紹興酒 5年ボトル 2,480円 ×2(紹興酒 リーズナブルなものでは、3年ボトル1,980円より)

をいただいている最中なので、ご飯ものは回避。

つまみにもなる焼きそばをチョイス。

具材料は、エビ、イカ、豚肉、キャベツ、ニラ、もやしなど。

麺は中華街で購入可能な、ぽそぽそっとした中華麺。

これはこれで、焼きそばに合う。

で、そのままで食べて良し、先ほどの「紅焼牛肉塊」の醤油あんをかけても旨し。

海老のライスペーパー巻き(3個)@680

紹興酒が残っていたため追加注文。

サーブ時にお店のお母さんより「マヨネーズもお持ちしましょうか?」 とのお声掛けあり。

当店、中華街にしてはと言うと失礼かと思いますが、とても接客に温かみがある。

中には海老のほかタケノコなど。

海老のライスペーパー巻き自体は、かなりオイリーでいまひとつ感は否めないのですが、

他のお客さまが帰られ私達だけになっても、厨房で火を落とすから、

とせかされることもなく

「大丈夫ですからゆっくりなさってください。」 と優しいお言葉を受ける。

最後には、お茶のサービス。

お母さんは、お茶の注ぎ足しにも余念がない。

遅くには若奥様のご主人がベビーキャリアでイクメンぶりを発揮。

一足先にお子様を背負いお帰りになられると、続いて若奥様も帰宅の準備。

お孫さんの一人が、3階のお婆ちゃん(お母さん)のところにお泊りするとのこと。

お母さんもニコニコと嬉しそうだ。

 

若奥様に「お先に失礼します」 と声をかけていただいた。

若奥様、お母さんともに笑顔がチャーミングで感じがいい。

家族みんなで頑張っているのが伝わるし、アットホームさに気持ちがほっこりするお店だ。

お酒は、ほかに青島ビール(小びん)@500、紹興酒 5年 一合@600×2

Hand01 お会計は、1人当たり4,000円(千円未満四捨五入)

微笑ましさに、個人的な応援指数も+0.1も加味させていただき

横浜中華街満足度数は、★★★☆ 消極的に好きです。

 

福龍酒家 (フクリュウシュカ)

神奈川県横浜市中区山下町106-15

TEL      045-663-8896

営業時間/ 月~金 11:00~15:00(L.O.14:30) 17:00~24:00(L.O.23:30)
               土・日・祝 11:00~24:00(L.O.23:30)

定休日   無休(元旦はお休み)

大きな地図で見る

« SEN YO (川陽) 東高円寺 | トップページ | SILIN 火龍園(シリン・ファン・ロン・ユェン) 六本木 »

01-2.横浜中華街」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。