2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

« 香港旅行2013 №22  利苑酒家(Lei Garden Restaurant) 灣仔 | トップページ | 香港旅行2013 №27 孖沙茶餐廳(Ma Sa Restaurant) 上環(ションワン) »

2013年11月30日

香港旅行2013 №24  花園酒家(Garden Restaurant) 油麻地

Garden_restaurant

広東料理・海鮮・火鍋の「花園酒家」(Garden Restaurant) 

場所は、油麻地、彌敦道(ネイザンロード)沿い。

彌敦道は滞在中、何度も通っています。

お店のビルには目立つ「任飲任食火鍋」の看板が掲げられていて

正直不安だったんですよね。※任飲任食・・・飲み放題・食べ放題

日本でも、飲み放題・食べ放題のお店って、味がいまひとつということが多いので

そのあたりは、どうなんだろう。不安は拭えない。

でも、利用は朝。點心なので、と自分に言い聞かせるように向かってみました。

入店すると、だだっ広い店内はカーペット敷き、椅子はカバー掛け。

あちこちにTVも設置され、円卓主流。庶民臭を放つ披露宴会場のよう。

テーブル・セッティングは、箸(直置き)、皿、茶杯、小椀、レンゲなど。

着座後に、急須(茶入り)、湯、洗杯用の器。テーブルクロスは1枚。

卓上には、メニューとオーダーシートあり。

午前10時前までは、小點@10.8HK$、中點@14.8HK$、大點@17.8HK$、特點@20.8HK$

リーズナブルだ。 そのためか、利用のお客さまを拝見していると

周りはほとんど地元のおじちゃん、おばちゃん。けっこう賑わっている。

頂級蝦餃皇(特點)

記入したオーダーシートを店員さんに渡し、待つことしばらく。

半透明な皮に包まれた蝦餃が到着。エビも大きくてプリプリ!

花園燒賣皇(大點)

卵黄入りの黄色い皮に包まれ、がっしりとした肉餡の上にはエビと蟹の卵。

香港のスタンダードな焼売ってこのスタイルなのかしら?

肉々しくて美味しい。もう、日本で焼売食べたくなくなっちゃいます。

蒜茸蒸鮮魷(大點)

新鮮なイカのガーリック蒸し。

豉汁蒸排骨(大點)

スペアリブの豆豉蒸し。

蒜茸蒸鮮魷、豉汁蒸排骨の味付けは、薄い色味からもわかるように

醤油を抑えています。

厚揚げのような柔らかい豆腐入り。タレをしっかり吸い込みます。

梅菜肉餅飯HK$12.8

お隣に座られたおじさんの卓上を見ると、新聞を広げながら、盅仔飯を

召し上がられている。 美味しそう。

あれはどこに?ピンク色のシートにはないね。

卓上にあったもう1種類のグリーン色のオーダーシートに盅仔飯はあった(数種)。

さっそく真似てみよう。

おじさんは、鳳爪排骨飯を召し上がられていたけれど、チョイスは梅菜肉餅飯。

盅仔飯、つまり、蒸しご飯ですね。

梅菜の入った粗挽肉の蒸しハンバーグは、食感もワイルド。

目前で点心を運んできたおばちゃんが、甘辛いタレをかけてくれた。

上質な米とは言い難いのですが、それが不思議と気にならない。

いい感じに現地を感じさせてくれる素朴な味わい。

卓上に揃った点心がおかずにもなるし、頼んで正解。バクバク完食。

さて、こちらが当店の「任飲任食火鍋」のメニュー。

火鍋は2階でいただけるよう。時間制になっています。

飲茶でも「陸羽茶室」さんとは、またひと味違う、大衆寄りの点心でしたが、

味は悪くありません。

地元の方々が安心して日常的に召し上がられているものに触れ合えた感じで

心もお腹も満足。香港経験値の少ない私たちにとっては面白みがありました。

Hand01 埋單は、約1人当たりHK$55 

レジにてお支払い。これなら普段使いできるお値段だ。

今回の(私の)香港グルメ満足度数は、★★★☆(3.4)

Okini02 《本日のお気に入り》 ・梅菜肉餅飯

 

花園酒家  Garden Restaurant
油麻地彌敦道469號
TEL 852-2626-9908
営業時間  06:00~02:30
無休

« 香港旅行2013 №22  利苑酒家(Lei Garden Restaurant) 灣仔 | トップページ | 香港旅行2013 №27 孖沙茶餐廳(Ma Sa Restaurant) 上環(ションワン) »

14.香港グルメ」カテゴリの記事

15-2.香港グルメ(九龍側)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。