2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

« 去香港2 | トップページ | 去香港3 »

2013年11月 7日

艇家大牌トン(テイカダイパイトン) 日暮里 【閉店】

Teika

香港海鮮屋台料理「艇家大牌トン」(テイカダイパイトン) 

香港旅行に備えての最終レッスンはここで締めくくらないと!o(*^▽^*)o

定期訪問を兼ねてファイナルステージです。 

9月の訪問でグランドメニューのお料理大半をいつの間にかクリアしていたことを

実感した私達。

そうなれば、やはりシェフにお任せしたほうが、そのときの食材を入れて

調理していただけるから楽しいわ。

注文は艇家(テイカ)コース@8,000(2名様より) 

今回は、はじめていただくお料理が多かったので料理名の隣に記しておきます。

水槽の活き巻きエビの香り蒸し(2名分) <定番>

子持ちヤリイカのニンニク風味蒸し  <初>

このイカのシーズンは今頃から2月ぐらいまでなのだそう。

お皿ごと蒸されたそうで、あったかい。

下には春雨とキノコ、上には刻みネギと香菜等。

柔らかいイカの中身は詰め物ではなく卵。

もっちりとした歯ざわりで噛みしめるとプツプツ感あり。

欲を言えば添えられたガーリックのソースがもう少し欲しかったかな。

こういうときは、手元にキープしたエビの香り蒸しの激うまタレが活躍するのだ。

ガーリック風味のオリーブUsisi

海鮮すり身と豆腐の魚コラーゲンスープ  <初>

豆腐は喉越しの良い絹ごしタイプ。プチトマト、ブナピー、香菜など。

豚骨スープ?豆乳でも加えた??

白濁したスープにはうっすらカゼイン質のような膜も見られます。

ですが、この色味はナチュラルなもので魚のアラ、骨をじっくりと煮込んだものだそう。

時間がかかるので、めったにお出しすることができないんだとか。

海鮮のすり身は海老が主体なのかと思いますが、つなぎが少なく

(というか、ほとんどつなぎを感じない)プリプリとして、素材の旨味が活かされてます。

レンゲでスープをひと飲み。 んー、口当たりがまろやかだ。

ミルキーでコクもあり、塩加減もばっちり。

香菜も単なるお飾りではなくスープとの相性が良い。

また、生姜も効かせてくださっているようでお腹もホカホカ温まります。

醤蘿蔔Usisi

牡蠣と玉子のエスニックソース炒め  <初>

野菜は、アスパラ、赤ピーマン、ニラ、白髪ネギなど。

下には、ふわふわに仕上げた玉子を敷き、その上に炒め物をかけている状態です。

味つけは、ほんのりとした甘みがあり、沙茶醤(サーチャージャン)っぽい感じ。

食べ進めてもくどさがなく、優しく好感のもてる味わい。

(ノブロー) 飯にも合いそうな味だで♪

アズキハタの姿蒸し(2名分) <定番>

たっぷりの白髪ネギと香菜。この後にシェフが途中まで魚を解体してくださり

オンザジャスミンライスです!W03 

本日骨周りは、しっとりとレアでコンディションが良かったのですが、

他、若干身が固くなっていた箇所あり。ほんの何秒かの違いでしょうが・・・。

(生意気に贅沢を言うようになってきたと寝太郎さんのブーイングを受けますsweat01

ですが、それでも超ハイレベルCrown04 問題なし。

おそらく、他でこれほど美味い清蒸は食べれません。

何度も申しますが、五十嵐シェフは清蒸の神ですから Onegai03t

奪い合うように神の手にかかった清蒸をいただく私達。

大牌當(屋台)万歳!このタレの味ですよ、やっぱりジャスミンライスに合うのは!!

海鮮汁そば  <初>

具材はホッキ貝、スナップエンドウ、パプリカ(赤・黄)シメジ。

麺はいつものように細くて歯ごたえがある香港麺。

ご飯のあとですからポーションは少なめ。胡椒効いてます。

 

本日は、初めていただくお料理も多く、満腹・大満足。

清蒸のみならず、これなら訪問する楽しみも倍増だ。

ひょっとしたら、私達が何を食べたか覚えてくださっているのかも♪

などと自分たちに都合の良い妄想を働かすのでありました( ´艸`)

いつものようにシェフと奥様のお見送りを受け退店。 行って来ますBye03 

お酒は、生ビール 小@380×2、ワインはマズリエ・シャルドネボトル(@2.600)×2

Hand01 お会計は、1人当たり11,000円(千円未満四捨五入)

中国料理満足度数は、★★★★★ すでに別格!熱烈定期訪問(*^・^)ノ Star01

《本日のお気に入り》 ・活き巻海老の姿蒸し ・海鮮すり身と豆腐の魚コラーゲンスープ

・牡蠣と玉子のエスニックソース炒め ・アズキハタの姿蒸し

 

香港海鮮屋台料理 艇家大牌トン(テイカダイパイトン)

東京都荒川区東日暮里6-14-4 19メモリービル1F

TEL      03-3806-4427

営業時間/  月~土 18:00~23:00(L.O.22:00)

定休日    日曜日 (定休日のほかに月2回休み)   

« 去香港2 | トップページ | 去香港3 »

08.東京23区(台東・墨田・江東・荒川)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事

コメント

確か五十嵐シェフは香港での修行経験もおありだそうで、
モンコク周辺のローカルなお店も色々ご存じだったかと(笑)

そうそう、貸切にすると(8名~くらいでしょうか・笑)その白濁スープで〆の麺を作ってくださいます、
あれも絶品ですね、お仲間を集めてぜしぜし!

whitegarageさん

五十嵐シェフ、香港で修行されていたそうです。
当時のお話を、われわれも少しうかがう機会があり、いっそう香港行きが楽しみになりました。

白濁スープ、美味しかったです。
おお、あれで〆の麺ですか……! 美味いだろうなあ。想像するだけでよだれが……。
いつかは食べてみたいです。
これまた大変耳寄りな情報、ありがとうございます!

この記事へのコメントは終了しました。

« 去香港2 | トップページ | 去香港3 »