2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

« カントニーズ 燕 ケン タカセ (Cantonese en KEN TAKASE) 東京 | トップページ | 全聚徳(ゼンシュトク) 新宿店 »

2013年11月 1日

和チャイナ ロッポンギ (Roppongi) 麻布十番

Wacyaina

中国料理「和チャイナ ロッポンギ

料理長、新見 哲郎 氏はホテルの料理長や香港の中華料理店での経験をつまれ

2013年6月15日に当店をオープンなさったということです。

場所は、麻布十番駅。

麻布十番、新一の橋交差点(角には永坂更科本店)を背に都道319号線を

進行した右手側。 先日「老四川 飄香」さんにお邪魔した帰りに、通りに看板とチラシが

置かれていたので、その日はチラシだけをいただき帰宅。

一度訪問させていただこうと決めていました。

「和チャイナ」って響き可愛らしいし、日本人の舌に合うようアレンジした

家庭料理的な要素あるのかな。

勝手に表参道の名店、中華風家庭料理の 「ふーみん」さんをイメージ。

ああ、食べてみたい。。

来週行こうかな、と決めた週末に某TV番組に当店が紹介されまして、

混雑を心配したのですが、幸いすんなり入店できました。

総席数16席ほどという小ぢんまりとした店内。

キッチン前にはカウンター席もありますが、この日は野菜や器が卓上を占拠状態。

ぱっと見は中国料理店というより和のテイストを取り込んだ街の小綺麗な食堂風。

窓際テーブル席にどうぞ、と可愛らしいチャイナ服(レギンス着用)のお姉さんの

お声掛けで4人掛けテーブル席の使用です。

当店は、シェフとこちらのお姉さん、お二人で切り盛りなさっているようだ。

ランチタイムのテーブル・セッティングは、テーブルクロス2枚、上にはビニールクロス、

ランチョンマット箸置き、箸(横置き)。 

着座後には、おしぼりはタオル地(トレー置き)、水、メニューをいただき、

本日のお料理の説明を受けました。

定食も良いのですが、私の頭の中には「ふーみん」さんのあの激ウマ

中華丼が大行進。当店のものもいただいてみたい。

ですが、メニューを拝見したところ、土鍋あんかけ焼きそばはあるのですが、

中華丼が見当たらない(涙) 

すると親切なお姉さんが、「ご飯でご希望ならできますよ」 とのこと。

シェフにオーダーを通すと、「白いご飯、炒飯?」とお尋ね。

えっ?炒飯の土鍋あんかけご飯?!それもいいなあ( ̄▽ ̄)

いきなり方向転換ですが、鍋底に香ばしくおこげができた玉子炒飯にからまる

リッチなあんかけ、これをハフハフしながらいただく自分に思いを馳せた。一大ロマンだ。

・・・・私は炒飯でとお願いしたつもりだったのですが・・・。

土鍋あんかけ焼きそばご飯@1,400

定食には豚汁・漬物・小鉢・デザート付きのようですが、漬物・小鉢はつかず。

豚汁の具材は、厚揚げ、こんにゃく、大根、じゃがいも、ネギ。

たまたまなのか豚肉が見当たらなかった。

一口、二口飲み進めると、やや甘めの味噌を使用なさってるように思えましたが

ランチでいただく味噌汁としては美味い。和定食屋さんの味噌汁という感じ。

エビ、イカ(主にゲソ)、ハクサイ、キャベツ、ニンジン、フクロタケ、キクラゲ、

インゲン、ネギなど。色味は薄く、微量使われているのかもしれませんが

お醤油味というより塩味ベースという印象。海老に独特のにおいが残っている。

それより驚いたのは、え・・・白飯だ。 私、炒飯でとリクエストしたはずですが。

時間もありませんし、作り直してもらうのも面倒なのでこのままいただくことにしました。

はじめは、中華丼を食べるつもりだったのだから、かまわない。

それにしても一大ロマンを妄想した自分に疲れたわ。

土鍋あんかけご飯はボリュームたっぷり、鍋底には少しだけおこげもできました。

漬物などが添えられ味覚が変わると、もう少し食べれるかもしれませんが、

単調な味わいなので途中で飽きがきて中だるみ状態、のちの食後感もいまひとつ。

女性には量が多いかなあと思います。

デザート

杏仁豆腐、フルーツ添え。甘めでツルツルするんとした喉越し。                

後半には、常連さんと思われるご近所にお住まいの方も来店し、当店がTV番組に

出た話でお店の方と盛り上がられ、(狭い店ですので)漏れ聞こえたのですが

やはり出演当日の夜は予約が殺到したらしいです。

その際、紹介された10月からの新メニュー「海鮮あんかけ素麺」さっそくでていました。

当店、日本人に好まれるよう和を意識し、油通しではなく湯通し、カツオ出汁を

使用されるなど工夫をされているようです。

会計を済ますと、お姉さんが表までお見送り。

サービスのクーポン券をくださったりと感じがよく、頑張っておられます。

なので、個人の所感などはたいへん恐縮なのですが、私の場合、

次回ランチ利用の機会があれば、土鍋ではなく、普通に定食にしようと思います。

今回のランチ満足度数は、★★★(3.2)日常的なら満足で。

ご馳走さまでした(-人-)

 

和チャイナ ロッポンギ (Roppongi)

東京都港区六本木5-11-32 第三岩崎ビル 1F

TEL      03-3408-0122

営業時間/ 11:30~15:00 17:30~22:00

定休日    月曜日(月曜日が祝祭日の場合には火曜日)

大きな地図で見る

« カントニーズ 燕 ケン タカセ (Cantonese en KEN TAKASE) 東京 | トップページ | 全聚徳(ゼンシュトク) 新宿店 »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。