2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 中国四川料理天悠 (テンユウ) 学芸大学 | トップページ | 龍圓 (リュウエン) 浅草 »

2014年2月26日

中国家庭料理 楊(ヤン)2号店 池袋

Yann

中国家庭料理 「」(ヤン)2号店

場所は池袋駅西口。西口公園近くの路地裏。

ドラマ版「孤独のグルメ」にも登場した当店。

以前から興味を持っていたので連れ(寝太郎さん)を連れ立ち訪問。

到着すると店の外にも冷蔵庫があり、コックさんが食肉を取りに出てくるという

ちょっとディープな店構え。

居抜きで使用したのでは?と思える小ぢんまりとした店内は

カウンター席とテーブル席が6卓。正面奥が厨房。

当店には、「孤独のグルメ」主人公の井之頭五郎さんが好みそうな空気感がある。

先客は3組。 見ると予約席にはおしぼりが置かれていましたが、

幸い空きがあり入口近くのテーブル席に着席が叶う。

いやあ、良かった。

というのは、ピーク時にはお客様が次から次にいらして常時満席状態。

タイミングが合わず入店できない方もいたので、予約なしで4人掛けの席が

使えたのはツイていた。

卓上には、香醋、辣油、爪楊枝、紙ナプキン、割り箸。

亀の壁掛け。その下には「招財進寶」(jin choi jun bou) 合書です。

財宝を招き入ってくるという意味で、亀と同様とても縁起の良いものになります。

玄関先にこの字を飾ると金や宝がどんどん入ってくるということで

お店に掛けられていますから、すなわち「商売繁盛」 を願ってです。

瓶ビール@550 を注文すると、お通し@200×2

でピリっと辛いキャベツの和え物がサーブ。

と同時に業務用のタオルおしぼりが袋入りで提供。

フロアの接客は中国人のお姉さんが一人で対応。無表情系で愛想はない。

このあたり気をにしてもはじまりません。

さて、料理は2品を先に注文。はじめてなのでボリュームをみてみたい。

四川風水煮肉@1,500

ボリュームたっぷり。四川のレッド全開です。

使用されているのは、牛肉ではなく豚細切れ肉ではないかしら。

チンゲン菜ももやしも入っていますが、かさまし感覚でとらえられる

ものではなく調和のとれた立派なチームメイト。

麻辣のバランスに富み、旨み系の辛味。

私は辛さの耐性があるほうなので、そのまま飲めますが、

むしろ白飯を投入していただきたい。そんな食味です。

このスープは、きっと後々も使えるぞ、キープだ。

紅油水餃子(6個)@890

先ほどの水煮肉より険しい色あいのレッド。具材はほかに、もやしとキクラゲ。

「紅油」はすなわちラー油のこと。

味蕾をヒリヒリと刺激する辛さがあり、文字どおり辣が優勢した味わい。

当店の水餃子は皮から手作り。肉餡の中にはニラ入り。

口に運ぶと厚目でもっちり。

これぐらいの力強さがなければ、この紅油には負けてしまうと思う。美味い。

楊特製!汁なし担々麺@780

他テーブルのお客様もほぼ100%の確率でオーダーされる看板麺。

汁なし担々麺は、五郎さんも食べていたもので、いわば本日のお目当て。

お腹が一杯になる前にリクエストしてみました。

「孤独のグルメ」によると注文のお客様には辛さを聞いてくれるという話でしたが

私たちの場合は、お姉さんに嫌われたのか、忘れられたのか、

はたまた矢継ぎ早に辛いお料理を2品注文していたためか何も聞かれませんでした。

したがって、普通の辛さと仮定して記録します。

卓上にお目見えしたのは、美白でぶよんとのびたような色気のない麺。

私たち世代だと、給食にでてきたソフトスパゲッティ式めんを思いだすのだけれど。

混ぜ合わせ作業は寝太郎さんの仕事。

麺がぺとぺとと、くっつき合っているようなのでやりにくそう。

具材は炸醤肉(肉そぼろ)、青菜、刻んだナッツ。

家庭で使われるような親しみやすい食器の中で混じり合う麺は、

正面から見ているとミートソースのようだよ。

一見すると粗野な汁なし担々麺は、口にしてみると

花椒ががっつり効いた痺れ系の辛さ。

――うわぁ、これは効くなあ。

味のインパクトが強く、次第に小鼻のあたりにじわじわ汗が噴きでてきた。

細かく砕かれたナッツがタレを含んで麺の隅々まで絡みこみ、そのままで

いただいているともっさりとして辛さ直撃。くどさに飽きもくる。

そこで登場するのが、手元に取り置いた水煮肉のスープ。

この旨み系のスープにくぐらせることによって花椒の辛さの拡散を図るのだ。

――うんうん……旨い!この食べ方もありだよ。食傷せずにいただける。

「一菜一格、百菜百味」

旨み系、辣油系、花椒系と三種三様のバリエーション。

四川の味の振幅に富んではいますが、食べやすく日本人好みの味に

仕上げていると思います。人気があるのもうなずけました。

Hand01 お会計は紹興酒5年(640ml)@2,200×2、かめ出し紹興酒(1合)@490を加算し、

1人当たり5,000円(千円未満四捨五入)

                            中国料理満足度数は、★★★☆(3.8)

中国家庭料理 楊 2号店

東京都豊島区西池袋3-25-5

TEL     03-5391-6803

営業時間/ 月~金 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~23:30(L.O.22:30)
                 土・日・祝 12:00~15:00(L.O.14:30)17:00~23:30(L.O.22:30)

定休日    無休

大きな地図で見る

« 中国四川料理天悠 (テンユウ) 学芸大学 | トップページ | 龍圓 (リュウエン) 浅草 »

10.東京23区(文京・豊島・練馬・板橋・北・)」カテゴリの記事

a-5.四川料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。