2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 2014年3月1日 | トップページ | パラダイス ダイナシティ  銀座 »

2014年3月 3日

黒猫夜(クロネコヨル) 赤坂見附

Kuronekoyoruakasaka

中国郷土料理「黒猫夜」 赤坂店。 

六本木店は何度かお邪魔していますが、赤坂店ははじめて。

場所は、赤坂見附駅、ベルビー赤坂出口を出て右手のエスプラナード赤坂通りを

赤坂方面に進行し一つ目の曲がり角、1階に富士そばの入っているビルの3階。

お店への入口は右折したところにあります。

個性的でマニアックなお店のランチってどんなもの?

当店のランチは1種類のみ。

それが好評を博している週替わりの土鍋飯。

ランチの時間になると通りにサンプルを置いてくれます。

ほお、滷味油鶏飯ですか。これは楽しみだ。

なお、+100円で大盛りをお願いすることが可能。

エレベーターを3階で下りると、もうそこは黒猫内部。

昼間なので極点な薄暗さは感じなかったものの、気取りのない居酒屋風。

私に気が付いた店員さんから「1名様ですか?」 とのお尋ねを受ける。

小ぢんまりとした店内は、カウンター席が6つに、テーブル席、掘りごたつ席。

HPによると席数は30席になるのだという。

この日の先客はいずれも男性1人客で、カウンター席使用。

1人ランチの私も当然カウンター席へと振り分けられた。

と、同時に「追加一つお願いしま~す」 と店員さんが厨房に声をかける。

入店したからには、1種類のみの昼食を摂る意志の表れということで、

無駄なコンタクトはなし。 したがって、メニューも出されません。

冷たいお茶を入れたコップが目前に置かれるだけ。

卓上に目を向けると、カトラリーバスケットには紙ナプキン、割り箸、爪楊枝。

各人ごとの用意ではないので、これらを予めゲットして出来上がりを待つ。

また、ぽってりとした辛味噌あり。

他の調味料が一切ないところに妙な存在感だ。気になる。

滷味油鶏飯~香味蒸し鶏の土鍋御飯~@890

「こちらのタレをかけてお召し上がりください」 という言葉を添え

副菜とスープをのせ角盆で一緒出し。

葉物野菜を敷いたポテトサラダに箸をつけると、ゴロゴロとしたじゃがいもの

食感が楽しめた。手作り感があって、これいいな。

スープは、細かくカットした豆腐と桜エビのスープ。

私にはやや塩がきつく感じられたのですが、なかなか美味い。

片手鍋の中の具材は、ブツ切りにされた鶏肉、青菜、甘く煮つけた干しシイタケ、

白菜とニンジンの甘酢漬け。滷味とあったのでがっちり漬け込んだものかと

思ったのですが鶏肉の断面は美白。肉質は柔らかい。

タレを回しかけお玉でかき回す。楽しい作業だ。

タレ色に染まった米は長粒米。

口に運んでみると、タレが濃厚で甘みの方が勝る味。くどさがでて中盤で食傷。

そこで卓上の辛味噌を投入。

少し味にキレがでて一時、食も復活したのですが、後半には再びストップ。 

結局のところ、まったくとは言いませんが

八角などのスパイスが強く効いた滷味とは思えず、それらしくまとめた味わい。

期待値が大きかったので、微妙な印象でした。

面白味のあるメニューの揃う「黒猫夜」

もちろん店舗によって違いがあるのかもしれません。

しかし、一番は私自身の味の嗜好が変わったことだと思います。ご馳走さまでした。

                                ランチ満足度数は、★★★(3.4)

黒猫夜 (クロネコヨル)  赤坂店

東京都港区赤坂3-9-8 篠原ビル 3F

TEL      03-3582-3536

営業時間/月~金 11:30~14:00 18:00~24:00(フードL.O.23:00、ドリンクL.O23:30)
                  土 18:00~23:00(フードL.O.22:00、ドリンクL.O22:30)

定休日   日曜・祝日

大きな地図で見る

« 2014年3月1日 | トップページ | パラダイス ダイナシティ  銀座 »

02.東京23区(港)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。