2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

相互リンクサイト

カウンター

無料ブログはココログ

« 石川家食堂(イシカワヤショクドウ) 蒲田 | トップページ | 新橋亭(シンキョウテイ) 新館 新橋 »

2014年4月16日

喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋

Kirinnkenn

温故知新中国料理 「喜臨軒」(キリンケン) ディナー再訪

本日はアラカルト注文。

テーブル・セッティングなどは、変わりがありませんので省略します。

(ノブロー) また、お邪魔したでLove2  タクは「喜臨軒」さん、初めてだよな?

(タクロー) ほうだよ。管理人がえれえ気にいってるで、オラも一度来てみたかったんだ。

烏骨鶏のピータン(皮蛋)@500

サーブ時には、中国醤油とゴマ油をブレンドさせたようなタレもセット。

琥珀色に輝く、艶めかしい烏骨鶏のピータン。

このままペンダントにしたいぐらいの美しさ。

生姜の甘酢漬けではなく、白髪ネギと香菜を添えて。

皮蛋を優しく口に含むと、ねっとりと品の良いコクが広がる。

う~ん!幸せ!Yahho01

目でも舌でも楽しめる。もちろん、嫌なアンモニア臭とは無縁の逸品。 

(ノブロー) キラキラしてるで。まるで食べる宝石のようだな。

A菜と自家製干し肉の合わせ炒め@1,700

A菜の炒めのみの場合は1,500円、自家製干し肉をプラスすることで200円割増料金がかかります。

これぐらいの料金差なら干し肉足したくなりますよね。

干し肉の旨みをA菜がしっかり受け止めている合わせ炒め。

加え、まろやかで甘みのある中国醤油をベースとしたタレの按配は妙妙たるもの。

私も連れ(寝太郎さん)も、このタレの味に惚れ込んで通ってしまう

と言っても過言ではありません。 素晴らしいわ。 

青菜と自家製干し肉の炒めは、アラカルトのうちでも必ず押さえておきたい料理です。

(ノブロー) シェフは醤油使いのエキスパートだな。オラ、敬服してるんだ Patipati

店主オススメ利き酒セット 3種@900

紹興酒とワインのメニューが新しくなったそうです。

残念ながらリーズナブルな2,800円のワインもなくなり、3,000円台からの提供。

量を飲む私達にとっては辛いところ(涙)

この日の利き酒は、孔乙巳(コンイージー)、缸缸好(ガンガンハオ)、黄中皇(ファンジョンファン)。

新メニューの缸缸好(ガンガンハオ)は、全国評酒会、最多3度授賞の酒蔵が造った

現代風の黄酒。とのこと。 

ボトルをみせていただいたところ、何だか厳めしいイメージ。

しかし、口にすると独特の香りと甘さはありますが、スーッと飲めて後味も綺麗。好飲。

当店、お酒にもこだわりを持って仕入れているようです。

塩漬けの干し肉は、脂が最高に美味いっ。

うま味成分濃厚! 嬉しくて、笑みが止まらない。

絶妙な塩加減なので、いつまでもじわじわ噛んでいたいなあ。

こうして今宵も酒が進んでしまうのである。

酢豚『中国香醋でふたつの仕立て、自家製中華クレープ添え』(香醋酥肉)2名様分@1,400

酢豚は、団子状と棒状の2種。

まあるいお肉はそのままで。 

箸をつけたところ、お肉のほかにカットしたジャガイモも入ってました。

香醋を使ったあんですが、香り良し、とろみ加減も完璧。

もう一つの棒状のお肉は自家製の中華クレープに巻いて、とのこと。

(タクロー) あんれ、手のかかる仕事するね。

さらに中華クレープ巻き用には、山芋、リンゴも。

(ノブロー) つまりはだ!こんな風にするだよ。あとは北京ダック風に巻いてな。

味がしっかりしているし、それぞれの食感がハーモニーとなって楽しめる。

この食べ方も面白味があってありかな、と寝太郎さん。

しかし、肉々しい酢豚を求められる方には物足りなさがあるかもしれませんね。

春の春巻 中国家庭風(1本)@400×2

きっちり巻かれた春巻。

爽やかな味わいのマスタードソースもセット。

これ、配合されているのかな。春巻をさっぱり食べさせるためのひと手間があるように思います。

ソラマメ、グリンピース、肉。 餡の具材は季節ごとに変えられているのでしょう。

“ライオンの頭”大肉団子のトロトロ煮込み@1,600

ランチで来たとき、夜用のホワイトボードを見て、ずっと食べたかった一品。

グランドメニューにも季節の料理として紹介されていました。

肉が続きますが、好きなものを食べるのが一番楽しい。

サーブ時にスタッフさんから「ご飯もつきますが、どうされますか?」とお尋ねあり。

食べたいのはやまやまだけど、まだ他の料理にも目移りしています。

泣く泣く我慢。 ふっくらとした獅子頭は青菜を敷いた片手鍋での提供。

箸ですっくり切れ、柔らかくてジューシー。

それでいて、程よく粗めの部分があり肉の食感を伝えてくれる。

八角などのスパイス使いも多すぎず少なすぎず、丁度良い。

食べ応えも軽く、お腹にドズンとこたえないし、けっこう万人受けする味わいじゃないかなあ。

三種鮑の煮込み 煮汁の餡かけチャーハン添え(1~2名様分)(原汁三鮑)@3,200

〆には、さんざん悩みましたが、料理長スペシャリテよりチョイス。

三種鮑は干し鮑・エゾアワビ・鮑茸になるそう。

煮汁の餡かけチャーハンが、ひと口添えてと記されていましたが、

まさかアミューズスプーンでの提供とは意外なプレゼンでした。

私達はもうボチボチお腹も満ちてきましたから、飯の量はこれぐらいで良し。

というよりもこれぐらいのひと口サイズなら

せっかくの鮑なので、食事の中盤に組み立ててもいいかもしれません。

ちなみに、同じく料理長スペシャリテの

「粗ほぐしフカヒレとコラーゲンの煮込み ひと口チャーハン添え」も同様、ひと口は

アミューズスプーンで、かもしれません。 詳しくはご確認ください。

 

さて、煮汁の餡かけチャーハンは・・・もちろん美味しいに決まってます。

するっと喉を通過していきました。 ああ、名残り惜しいBye03

鮑をカットするため、ナイフとフォークをいただけます。 三種鮑、美味しかったですよ。

お酒は、ほかに生ビール@600×2、ヴェルデホ(ボトルワイン白)@3400×2 で

Hand01お会計は、1人当たり10,000円(千円未満四捨五入)

夜のコースとアラカルトを試しましたが、当店はどちらでも楽しめるという感想を持ちました。

私と寝太郎さんの場合、お酒の値段が会計に響くので、日常使いとまではいきませんが

現在、定期的にお邪魔したい店として位置づけています。 希望ね!

                                 ※中国料理満足度数は、4.4~5.0

喜臨軒 (キリンケン)

東京都世田谷区池尻3-2-5 コンフィアンス流来 B1F

TEL          03-5787-6982

営業時間/ 11:00~14:00 (L.O)18:00~22:30(L.O)

定休日    日曜

« 石川家食堂(イシカワヤショクドウ) 蒲田 | トップページ | 新橋亭(シンキョウテイ) 新館 新橋 »

06.東京23区(目黒・世田谷)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-2.中華なディナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。