2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 上海わんたん・食彩厨房 蒲田 | トップページ | 接筵(セツエン) 横浜中華街 »

2014年4月 5日

慶楽(ケイラク) 有楽町

広東料理「慶楽」(ケイラク)

歴史は古く創業は昭和25年。

池波正太郎氏をはじめとする著名人が通い、各メディアにも取り上げられる当店。

その看板料理「上湯炒飯」(スープ入ヤキメシ)はとても有名である。

最寄り駅は有楽町駅。JRの高架に沿い新橋方向に向かった道の右手に位置している。

扉を開け入店すると右手にレジ、左手にショーケース。

「いらっしゃいませ」 私に気が付いたスタッフさんが声を掛けてくれた。

「1人です。いいですか?」 人差し指を立てて、聞いてみた。

昼も遅い時間帯なのだけれど、そこそこ先客がいて、昼食をとられている。

昭和の風格を感じさせる落ち着きのある店内は、奥行きのある造りで、途中、

2階に向かう階段もあるけれど、私が指示されたのは1階入口に近い

4人掛けのテーブル席。

どうやら分煙がされていて、入口付近は禁煙席のよう。

着座後には、これまた昔ながらの水玉湯呑みで茶がサーブ。

ロゴ入り箸袋に入った割り箸、使い捨ての紙おしぼりと次々にセットされ

メニューを手渡される。

テーブルトップはビニールマットを使用。

食器が滑りにくい反面、ぺたぺたとしたくっつき感が気になる。

卓上には、醤油、酢、からし、胡椒、爪楊枝、POPスタンド。

そして、自家製の調味料が置かれている。 どうやら唐辛子のよう。

手のひらに落とし、味見をしてみると、唐辛子の酢漬け。

砂糖も使われているらしく、甘酸っぱく辛いという不思議な味わい。

タイ料理に使われる調味料風でもあるけれど、そこまで味は到達していない。

当店オリジナル路線のようだ。 お好みで使える万能調味料として活躍が期待できる。

炒飯ランチ@1,200

おすすめランチメニューよりチョイス。

せっかく来店し「上湯炒飯」をいただかないのは野暮だろうか。

龍圓」さんでチャレンジに成功したものの、

未だ、私はスープチャーハン(通称)と呼ばれるものに苦手意識がある。

鶏ガラからとったスープをかけるにしても、まずはスープを味見したい人なのだ。

聞くところによると、当店のものは最初から炒飯がスープに埋没した

“お茶漬け風”になっているというではないか。

もしも、スープが口に合わなかったらどうなるんだ!

冒険を回避し、まずは炒飯をいただいてみよう。

おかずっ食いの自分としては副菜が2品つく、炒飯セット。 初回はここからだ。

待つこと少し、三つ仕切りプレートでの提供。 

炒飯は型抜きで成型。 ここに旗でも立てたら中華版、大人のお子様ランチだ。

サーブ時、スタッフさんから料理説明はありません。

「ゴマ団子は後からきます」と一言のみ。

従って、自身の推測によるところですが

この日の副菜は、白切鶏、豚肉と青菜の豆豉(トウチ)炒め、ザーサイ。

白切鶏はしっとりとした肉の質感を湛えていますが、ネギソースの塩辛さが手痛い。

また、炒めものも同様に味が濃く、これらバランス的には炒飯ではなく

白飯に合う気がする。

スープに口をつけてみる。

具材は口当たりの良いふわっふわの溶き玉子と青菜で塩味ベース。

しかし、これも私にはしょっぱい。 

味の振幅が狭く、着地点がみな同じため閉口する。

副菜&スープで体内の塩分濃度が高まったのかもしれません。

可愛らしい水玉湯呑みの茶はあっという間に完飲。 お茶、お替わりください。

炒飯は、自家製チャーシュー、たまご、ネギと比較的シンプル。

正直なところ、特筆ないなあ。ごめんなさい。

食事の後半には、芝麻球(ゴマ団子)が登場。 揚げたてほかほかです。

「純廣東料理 慶楽」

昔も今も有楽町の高架沿いに名を馳せる有名店。ご年配の常連さんたちの支持も厚い。

当店の真価を体感するために、次はグランドメニューからのチョイスで。

と思うのでありました。 ご馳走さまでした。

                                   ※ランチ満足度数は、3.3~5.0

慶楽 (ケイラク)

東京都千代田区有楽町1-2-8 慶楽ビル

TEL   03-3580-1948

営業時間/ 11:30~21:45

定休日    日曜日         -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

« 上海わんたん・食彩厨房 蒲田 | トップページ | 接筵(セツエン) 横浜中華街 »

03.東京23区(千代田・中央)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。