2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 2014年4月1日 | トップページ | 艇家大牌トン(テイカダイパイトン) 日暮里 【閉店】 »

2014年4月 2日

旬の香(シュンノカオリ) 東中野

Syunnnokaori

福建家庭料理「旬の香」(シュンノカオリ)

場所は、東中野駅西口。徒歩1分程の利便性の良い立地。

東中野で降りたのは、はじめて。

駅近ですが、店の位置する通りに飲食店は多いとは言えず、

隣駅の中野と比べると人通りも少なくのんびりしている。 

そうしたことが関係しているのか定かではありませんが、昼の営業は11時45分から。

時間には通りにランチの看板が出されます。

ランチ定食は、ご飯大盛り無料、小鉢2種、漬物、スープ付。

メニューボードに書かれている字も綺麗だ。

階段をトントンと数段上り、扉を開く。

店内は右手に広がり、小さいながらも家庭的で温かみのある雰囲気に好感が持てた。

厨房を前にしたカウンター席(7)とテーブル席(4)。 

ランチ仕様なのかはわかりませんが、このうちカウンター端の2席は

後ろのテーブル席とくっつき、使用は困難に思える。

またカウンター席自体も隣との間隔が狭い。

本日の利用も一人飯のオアシス。カウンター席より。

卓上には、醤油、爪楊枝、紙ナプキン、メニュー、灰皿、箸は箸立てにまとめて。

お茶のお替わりはステンレスポットよりセルフ。

一段高い位置には、ボトルキープされた紹興酒や焼酎が並び、夜の活気を伝えている。

さて、当店“中央線 最強の店” として特集に取り上げられたそう。

いいねえ、最強って言葉にゾクゾクします。

また(当店の)経営は、中国出身の若いご夫婦とのこと。

この日もご主人様が厨房で調理を担当し、奥様が接客応対。

でも、ご主人様も手が空けば料理を運んだりと、とても微笑ましいのだ。

若鶏の唐揚げみぞれかけ定食@720

着座後には、この日の限定食の説明も受けたのだけれど、8種の定食と

2種のセットから選んだのは、大人気!と銘打たれた「若鶏の唐揚げみぞれかけ定食」。

定食は、主菜、ご飯、小鉢2種、漬物、スープが半月盆に乗せられ

一緒出しというスタイル。 

小鉢は冷奴、と油揚げの含め煮。漬物はタクワン。

熱々のスープは溶きたまごとワカメの薄い塩味仕立て。

また、お茶はオーダー後にいただいていますが、湯呑みで。

一堂に揃うと、なんとも和ナイズされた定食ではありませんか。

これが中国ご出身の方のご主人が提供するランチ。

もっと、こてこて感があるのではと想像していた私には意外性があった。

かりっと揚げられた鶏の唐揚げに大根おろし、青ネギに刻み海苔を

あしらい醤油をベースとした飲めるほどにあっさりとした汁は、

揚げ出し豆腐のつゆをイメージさせる。

注文した定食は、どれに箸をつけても控え目の優しい味つけ。

私などは、小鉢の油揚げに、手元醤油しちゃいましたよ。

ご飯茶碗にはホカホカの温かい飯をよそってくれている。

欲を言えばもう少し質の良い米だとなおさら感動したと思いますが

普通に食せる味はキープしています。

日本人の嗜好に合う定食の内容構成。 食後感も良好。

さすが、中央線最強のコストパフォーマンスと謳われる店。

これで720円ならランチも優秀です。

当然ながらお客様の入りも上々。

しかし、当店の魅力は昼に留まらず、夜のメニューにも表れるのではないでしょうか。

会計を済ませると、

「ありがとうございました。またお願いします」 と厨房からご主人様の声。感じが良い。

なかなかこのあたりで夕食をとることがないのですが、機会があれば連れを伴い

夜に料理をつまみながら紹興酒をいただいてみたいお店だなあ。 ご馳走さまでした。

                                   ※ランチ満足度数は、3.5~5.0

旬の香(シュンノカオリ)

東京都中野区東中野1-56-4 第一ビル 1F

TEL   03-6676-7494

営業時間/ 月~金 11:45~14:00 17:00~24:00
         土、日、祝日 17:00~24:00

定休日    不定休      -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

« 2014年4月1日 | トップページ | 艇家大牌トン(テイカダイパイトン) 日暮里 【閉店】 »

04.東京23区(新宿・中野・杉並)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。