2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« Sai (サイ) 中野 | トップページ | 天心(テンシン) 中延 »

2014年5月13日

喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋

Kirinnkenn

温故知新中国料理 「喜臨軒」(キリンケン) ランチに定期訪問→前回

GWが入り、少し間が空きましたが再びお邪魔しました。メニュー変わっているかしら?

見ると、副菜(小皿料理・2品)、麺飯料理(6品となりました)、各々に変更があります。

テーブル・セッティング及び卓上周りに変りはありませんが、

着座後にメニュー、タオル地のおしぼり(トレー置き)と一緒に出してもらえたお茶が

「暑くなってきましたから」 と氷入りの冷たいものになっていました。

季節の移り変わりは早いもの。細かい心配りに感謝です。

ランチセットのスターター、蒸しスープは熟成豚肉。変わらず美味し。

副菜(小皿料理) ピータン入り中華風茶碗蒸し

躍動感あふれるオープンキッチン。

そこからからは色んな音が交錯し耳に入ってきます。

ゴオォォォォーーー!!ボヴォォォーーー!!

ピュゥゥゥーー!カンカン!ザッザッ!

音に耳を傾け、リアリティを楽しんでいたところ、

ピピピ!!

――この音は、蒸し上がりを知らせる音?!

私のに違いない。 いそいそとランチョンマットを整えたところ、予想的中。

運ばれてきたのは、副菜(小皿料理)よりチョイスした、ピータン入り中華風茶碗蒸し。

なんと贅沢な茶碗蒸しでありましょう。

レンゲを入れるとピータンの他にふくろ茸かしら? キノコ入り。

缶詰めものの嫌な臭いを感じなかったので、生のものを処理して使われているのかなあ。

表面を覆う美味しい醤油ダレとともに口に運ぶ。 

プリンのように滑らかな舌触りで、ツルンとした喉越し。

期待値どおりの優しい味わいに笑みがこぼれます。

喜臨軒名物 手切り豚肉と天然海老のシューマイ 1個@250 

(レンタロー) オラ、きりんさんの焼売でえすき Love3 肉々しくってジューシーだ。

“キングオブシューマイ”だよ Syumai

“生湯葉ソース”の『やわらか蟹玉ご飯』 限定5食@1,200

“限定”シリーズ、制覇!も束の間。

安澤シェフは、また新しいメニューにチャレンジしてくれています。

限定とあらば、さっそくいただかなくては。 と、自分はけっこう負けず嫌いである(笑)。

このメニューと入れ替わったのが「“海南チキンライス”3種ソースで」

チキンライス好きの私としては名残惜しさもありますが、またいつの日か出会える日もありましょう。

(限定の)大役ご苦労さまでした。

スタッフさんが、「自家製の辣油になります。食べるタイプです。」 とセットしてくれました。

香ばしくて苦味や辛味が突出していない複合的な旨み系の味わい。いい感じ。

個人の偏好ですが、炒飯などを食べ進めると、はじめは良いのですが次第に単調に感じ、

食傷傾向になることは多々あり。

こういうお手元醤があると、味覚のスイッチを変えれるので欲しかった。嬉しいわ。

さて、蟹玉ご飯。正直なところ、限定ということで乗ってみたのですが、蟹玉~、

なんだか力抜けちゃいそうだな。と軽んじていました。

ところがです、ひと口いただいて驚いた。この蟹玉凄い!

ボリュームたっぷりのふわっとろの玉子に口当たりの柔らかな生湯葉、そして蟹肉が

そっと白飯を包み込んでいます。 

緩くとろみをつけたあんは真面目に出汁をとられたスープがベースで優しい塩味。

これは中華版のふわとろオムライスだ Crown04

デリケートな味わいで、女子受けすることは間違いない。

お手元辣油も合いますが、蟹玉ご飯自体、飽きのこないナチュラルな美味しさです。

この場合、ご飯は炒飯でなく白飯で正解。あっさりといただけてバランスが良い。

シェフのお話によると、これしか召し上がらないお客様もいらっしゃるとか。

リピート率の高い限定食なのだ。

仮に私が連日これを食べるとなったら……。 もちろん大喜びでいただきます W04

魅惑のふわとろですが、使用されている玉子は3個ぐらいだそう。

こちらをいただいた日は、他に玉子の摂取を控えたほうが良さそうですね(汗)。

デザートとお茶菓子

ジンジャーミルクプリン(冷)とソラマメのケーキ。

週が変わったところで、新しいデザートに変わるかもしれません、とシェフからのサジェスチョン。

常に前向きで、現状に甘んじない向上心に拍手 Patipati

内容は定期訪問の楽しみにとっておきましょう。

最後に、当店でもファン待望のランチコースの提供が始まりました。

内容は、冷前菜、点心、本日のスープ、主菜、野菜料理、麺飯料理、デザートとお茶菓子。

主菜と麺飯料理を選べるプリフィクススタイルです。

ちなみに、一人でもランチコースを受け付けてくれるというお話。

私も、またお邪魔してしまうんだろうなあ~heart

 

喜臨軒 (キリンケン)

東京都世田谷区池尻3-2-5 コンフィアンス流来 B1F

TEL          03-5787-6982

営業時間/ 11:00~14:00 (L.O)18:00~22:30(L.O)

定休日    日曜

※中国料理満足度数は5.0 (*^・^)ノ特別。 断然定期訪問。

« Sai (サイ) 中野 | トップページ | 天心(テンシン) 中延 »

06.東京23区(目黒・世田谷)」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。