2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 海鮮名菜 香宮 (シャングウ) 六本木 | トップページ | 香港ロジ渋谷新南口店 »

2014年5月19日

華栄(カエイ) 矢口渡

Kaei

中華料理「華栄」(カエイ)

最寄り駅は、東急多摩川線、矢口渡。

改札を出て右手、環八通りを渡った荏原高校通り商店街内。

訪問日が休日ということもあってか、周辺の商店はお休みが多く通りはのんびりとした景観。

オープンは2005年8月ということですが、店構えに古びた感じはない。

入店すると、左手にカウンター(4)、右手にテーブル席(4)、奥は小あがり席(座敷)。

店内も掃除が行き届いており気持ちが良い。

先客の1名様にならい、私もカウンター席に着座する。

卓上には醤油、酢、ラー油、胡椒、紙ナプキン、メニュー。

端の位置には、焼酎のボトルや新聞なども置かれている。

一段高い位置には、引き戸タイプのガラスの小窓。

その奥の広々とした厨房で、一人で鍋を振るっているのが地元矢口渡出身というご主人。

忙しいときは、この小窓越しに料理を受け取るのかなあ。食堂っぽくっていいぞ。

テーブル・セッティングは使い捨て紙おしぼり、割り箸(横置き)。

着後、水の提供有り。お替わりはウォーターピッチャーよりセルフで。

この日の昼は、ご主人のほかに2名の女性スタッフ(厨房内1、フロア1)。

ひょっとしたら、厨房内の女性は奥様かな? 計3人体制。

卓上のランチメニューに目を通したところ、サービスでライス、麺は大盛り無料。

ひときわ大きく朱字でプリントされた“セットギョーザ(3個)¥240”は

このメニューのどれにでもつけることが出来るのだそう。 

つまり餃子は1個80円ってことになるのか。

ラーメンは500円だし、ミニラーメンもある。庶民的な値段が嬉しいな。

ほか、日替わりランチの用意もありますが

当店は2012年「OTA!いちおしグルメ」表彰店。

お目当ては看板料理の一つ、五目うま煮麺。これにセットギョーザをつけることにしました。

注文が入ると、ご主人は強い火力で鍋をふるい手早く調理を始められた。

ザァァァーー! ジュゥゥゥー! カンカンカン!!

視覚でとらえた厨房のライブ感は、同時に音でも伝わってくる。 

五目うま煮麺@800

具材は、豚肉、海老、ニンジン、白菜、青菜、タケノコ、キクラゲ、ウズラのたまごなど。

醤油味ベースのあんかけラーメン。受け皿付きでのサーブです。

寸胴より注ぎ込んだスープの出汁には、豚ガラ、鶏ガラ、鰹節などの他に

焼きアゴを使われているとのこと。 強いクセがなく、飲みやすい。

具材の下に箸を入れ、麺をすすり上げる。 熱々ハフハフ。

ちょっと柔らかい細めの縮れ麺に、上には甘めのあんかけ。

とろみがついているので冷めにくい。

(あんかけの味は)こってりとしたくどさがないものですが、食べ進めると意外と喉は渇いた。

セットギョーザ(3個)@240

ピピピ音のあとに遅れて登場。

綺麗に焼けた可愛らしいひと口餃子。サイドメニューにぴったり。

お好みで卓上の調味料をどうぞ。

会計を済ませると、ご主人からも「ありがとうございました」と声掛けあり。

地域密着型の手づくり中華。テイクアウトで来店される地元の方もいらしていました。

昔ながらのほっと和める味わいがお客様を呼ぶのでしょう。 

座敷席があるので小さなお子様連れの家族にも使いやすいし、ご近所中華として親しみやすい。

また、当店には金曜日限定の人気メニュー、中華風あんかけカツカレーがあるそう。

興味津々。ここは、同じく地元の寝太郎さんに再訪を願いたいものであります。

 

華栄(カエイ) 

東京都大田区東矢口2-6-13

TEL   03-3758-1150

営業時間/火~土 11:30~14:00 17:00~22:00
          日 11:30~21:00

定休日/  月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)

大きな地図で見る

※ランチ満足度数、3.3~5.0

« 海鮮名菜 香宮 (シャングウ) 六本木 | トップページ | 香港ロジ渋谷新南口店 »

07.東京23区(大田・品川)」カテゴリの記事

a-7.中華料理全般・その他」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。