2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 林合發油飯粿店(リンファーファヨウファンファディェン) 台北2014 №12  | トップページ | 新葡苑(シンプーユェン) 台北2014 №14  »

2014年6月17日

度小月擔仔麵(ドゥシャオユエタンヅーミェン) 台北2014 №13 

Dosyaoyue

擔仔麵は台南の名物料理。

漁師さんが漁にでれない時期(小月)、生計の支えに天秤棒を担いで麺を売っていたことに始まります。

向かったのは、台南百年老店「度小月擔仔麵」の台北忠孝店。

場所は、忠孝敦化駅より徒歩5分。

案内してもらったのは奥のテーブル席。モダンな店内には観光客を含めお客様がたくさん。

テーブル・セッティングは、取り皿、箸、レンゲ。卓上にはティッシュペーパーの用意あり。

日本語が併記されたメニューもありますから注文も安心です。

現烤台灣鳥魚子(台湾のカラスミ)二串 100NT$

爪楊枝にカラスミ、ネギ、大根が刺した状態で提供。

ひと口サイズのおつまみです。

台灣金牌啤酒は90NT$。3本注文。

蘆筍沙拉(アスパラガスサラダ)160NT$

野菜不足になりがちなので、サラダをチョイス。新鮮なアスパラガスはスライストマトと共に。

マヨネーズを舐めてみると砂糖が入っているようで甘い。独特の味だ。

連れ(寝太郎さん)はこの味が苦手のよう。箸が止まる。

擔仔麵(湯)50NT$

お店の看板料理。擔仔麵。

汁ありを注文しましたが、その際には香菜を入れるか否かを聞かれました。

上には肉味噌、もやし、エビ、香菜、おろしニンニク。

麺は、米粉(ビーフン)、粿仔條(台湾風きしめん)もありますが、オーダーは通常の麵。

1杯のボリュームは日本のラーメンの半分くらいの量。

口にしたところ、ふにゃっと柔らかい。

エビで出汁をとったスープは、そのものに甘みがあり、

ここに濃厚で甘い肉味噌が混じり合うと甘さが二乗され、

決して濃い味ではありませんが、食したあと甘さが口に残る感じ。

ううむ。台湾人は甘い味が好みなのかしら。 

入口右手では擔仔麵を作っているところを、直に見ることが出来ます。

擔仔麵は、手軽な価格で気軽にいただける庶民食(台湾小吃)の一つ。

当店は旅のガイド本にもよく紹介されていますので、話のタネに老舗の味を

試されるのも面白いかと思います。

服務費(サービス料)が10%加算され Hand01 買單は、1人当たり319NT$。 

 

度小月擔仔麵(忠孝店)
台北市大安區忠孝東路四段216巷8弄12號
TEL 02-2773-1244
営業時間 11:30~23:00
無休

大きな地図で見る

« 林合發油飯粿店(リンファーファヨウファンファディェン) 台北2014 №12  | トップページ | 新葡苑(シンプーユェン) 台北2014 №14  »

16.台湾グルメ」カテゴリの記事

a-6.台湾料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事