2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ランキング

検索窓

  • Loading

時計

無料ブログはココログ

« 吉星港式飲茶(ジンシンガンスーインチャー) 台北2014 №16  | トップページ | 紫藤廬(ツートンルー) 台北2014 №18  »

2014年6月20日

東一排骨(トンイーパイグゥ・ゾンディエン) 台北2014 №17 

Tonni

東一排骨」(トンイーパイグゥ・ゾンディエン)

こちらは、台湾のローカルフードの一つに数えられる排骨飯が有名な老舗店。

場所は、西門駅下車。徒歩7分ほどの距離。

お店の入っている雑居ビルは、老朽化した感じがするのですが、大丈夫?

店舗は2階。階段を上り向かって左手が入口です。

するとエントランスはゲームセンターのような派手さ。意表を突かれた。

店内に足を踏み込むと、ちょうど日本語が話せる年配のスタッフさん(おばちゃん)がいて、

彼女の指示でフロアの中ほどまで足を進める。

「ここ冷房が効きます」

案内してもらった4人掛けのテーブル席に着座。

広いフロアは日本の昭和を感じさせる。

当時のゲーム喫茶、ディスコ、カラオケラウンジ、いろんなものをミックスしたような独特のムードで、

世代的に目に映るものが懐かしいなあ。

80年代の昭和が絶滅を逃れ、台湾で現役活躍しているようだ。

卓上には、紙ナプキン。使用するスプーンや箸はスタッフさんが運んでくれましたが、

テーブル下には収納スペースがあり、予備の箸、調味料、爪楊枝が納められています。

メニュースタンド。

入口には注文受付カウンターがあり、通常はこちらで済ますようなのですが、

日本人待遇なのか?テーブルで注文を受けてくれた。

もちろん、排骨は外せない。事前情報によると、魚排は魚のフライ、雞腿は鶏の揚げ物。

主食類を下まで見ていくと、麻油雞飯(麵線)というものがあった。

この中では一番いいお値段だ。

どんなものだろうか、と尋ねると、雞肉を酒で煮込んだもので、麵線をつけて食べるといった説明。

頭の中で、勝手に鶏の出汁が効いたつけ麺をイメージした。

「じゃあ、私はそれ頼んでみる」

すると、スタッフのおばちゃんが心配そうに「酒が効いているよ」と念を押す。

大丈夫、台湾の人はお酒が弱いかもしれないけれど、私は酒飲みなんだから。へっちゃら。

心の中でそう呟いていた。

麻油雞飯(麵線) 160NT$

注文した料理が卓上に揃った。この時点でお会計を求められる。

左の器には、煮込んだ骨付きの鶏肉がころごろ入り、黒いものは豬血糕(豚の血を米で固めたもの)。

もっちり味です。これは抵抗なくいただけた。

(ノブロー) 取り碗もらえたで。店の人は優しいな♪ 麵線は小麦粉で作った細長い麺。

台湾の素麺だな。甘酢のガリとメンマ付きだよ。

取り分け、まずは麵線をすすりあげる。

――うわっ!! 

スープは酒が強いというより、アルコール分が飛んでいない。もろに酒味。

これはもちろん酒が苦手な人にはダメだろう。

帰国後調べたところ、麻油雞(マーヨージー)は骨付きの鶏肉を酒と胡麻油と生姜で煮た

台湾家庭料理の薬膳スープ。

寒い日には身体がぽかぽかと温まって、台湾お袋の味として親しまれている料理だという。

今回のチャレンジ、おそらく店によって違いはあるのでしょうが、

あまりに酒の味がきつくハードルが高かった。

結果はおばちゃんが心配したとおりに……。ごめんなさい。

排骨飯(麵・乾麵) 130NT$

チョイスは飯で。

そのためスープ付。スープは嫌な味がせず出汁が感じられるナチュラル系。

しっかり塩も効かせているし、この味は日本人好みだわ。

排骨は台湾式のトンカツ。日本のものと比べると極限状態にぺらんぺらん。

トンカツというよりスナック菓子だよ。

しかし、これが凄く旨い! 

使われている衣は店オリジナルのもので、歯を入れるとかりっと香ばしく軽快な食感。

肉も柔らかいし、ほんのりとした甘さは感じましたが、くどさはなく、

味付けがしっかりしているので食が進みます。

また、この写真には写っていませんが、下にはキュウリなどの漬物が敷かれていた。

ご飯には魯肉と付け合わせの3種(板春雨、ブロッコリー、キャベツ)。おかず力が豊かです。

魯肉は脂身部分が多く、排骨より少し甘め。 

ご飯を搔き込みながら、合間にスパイスの効いた排骨で変化をつける。

味わいのトーン、食感ともに一辺倒に終わっていないのが嬉しい。

来店している地元と思しき人たちの注文を見ていても、圧倒的に排骨飯が多かった。

内容的にも人気が高いのは納得。

服務費(サービス料)はかからず、

Hand01 買單は、1人当たり145NT$。 必食したい排骨飯でした。

東一排骨
台北市中正區延平南路61號
TEL 02-2381-1487
営業時間 09:30~20:30
休業日 月曜定休

大きな地図で見る

« 吉星港式飲茶(ジンシンガンスーインチャー) 台北2014 №16  | トップページ | 紫藤廬(ツートンルー) 台北2014 №18  »

16.台湾グルメ」カテゴリの記事

a-6.台湾料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事