2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 横浜中華街 福養軒(フクヨウケン) | トップページ | 艇家大牌トン(テイカダイパイトン) 日暮里 【閉店】 »

2014年6月 6日

横浜中華街 福養軒(フクヨウケン)

Fukuyoken

横浜中華街、西門通りの広東料理「福養軒」(フクヨウケン) 再訪

卓上まわりなどは前回と変わらずなので省略します。

本日の利用もボックス席。入口を背にしてTVが見れるように着座。

入店時、お母さんがいない!どうしたんだろう、と心配していたら、

後からフロアにエプロン姿のお母さんが現れた。

「こんにちは!」

声を掛けると私のことを覚えてくれていたよう。

2階宴席フロアのお掃除をしていたとのこと。にこにこと話をする姿がとてもチャーミングだ。

涼麺セット@1,100

今日は前回の課題、夏季限定の涼麺セットを注文。

塩冷や汁麺、若鶏の葱正油ごはん(ミニサイズ)、ザーサイ。

卓上に揃ったメンバーは目にも涼しげだ。

葱正油ごはん。 あれ?前回と風体が違うぞ?

お母さんに聞いたところ、ワサビ菜は暑さに弱く、この時期入荷が安定して望めないらしい。

今回はカイワレ菜と小口切りのネギバージョン。

ザクザクとスプーンでかき混ぜ口に運ぶ。

ワサビ菜の爽やかな辛味とはまた別のピリっとした刺激。

ワサビ菜のときはサラダごはんというソフトな印象がありますが、こちらはもっと力強い感じ。

塩冷や汁麺の具材は、特製冷豚肉、海老、キュウリ、トマト、生姜。

「薄切りにした生姜もお嫌いでなかったら、どうぞ」 とサジェスチョン。

冷やしスープは干し椎茸の出汁をベースにネギと生姜を使った薄塩味。

麺は中ぐらいの太さでツルツルと口に運べる。個人的にはもう少しとろみが効いた方が好きかな。

しかし、たっぷりの豚肉も美味しいし、あっさりといただけて葱正油ごはんとのコンビ力は抜群。

これ、セットが正解。 麺をスルスルやりながら飯でピリッとしめる。

相乗効果でぐいぐい食が進み、器の中は空っぽになった。満足。

確かに食欲の落ちる時期に嬉しいメニュー。

夏場にむけて、どんどんオーダーが入るんだろうなあ。

お持ち帰りOKのデザート。馬拉糕も当店自慢のデザートだ。

(ノブロー) 馬拉糕1pのポーションは小さいけんど、ふわふわしっとり。

黒糖の風味がぎゅぎゅっと詰まっている感じだで。

(レンタロー) な、テイクアウトでも買うていこうで♪

ブラックボードには手書きでお勧料理。姿蒸しの提供もできるようだ。

ほか、各種お料理の情報は小まめにtwitterで更新しています。

接客は丁寧で温かみがあるし、家族でお店を盛り立てようと頑張っていて、とても微笑ましい。

昼はもちろん、夜にも訪問してみたいお店です。 

 

横浜中華街 福養軒 (フクヨウケン)

神奈川県横浜市中区山下町214

TEL      045-681-2370

営業時間/11:30~21:00 ランチタイム 11:30~14:00

定休日   火曜日

※横浜中華街満足度数は、3.9~5.0

« 横浜中華街 福養軒(フクヨウケン) | トップページ | 艇家大牌トン(テイカダイパイトン) 日暮里 【閉店】 »

01-2.横浜中華街」カテゴリの記事

a-1.広東料理」カテゴリの記事

b-1.中華なランチ」カテゴリの記事