2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

検索窓

  • Loading
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日

チャイナシャドー (CHINA SHADOW) 品川

Cyainasyado

広東料理「チャイナシャドー」 (CHINA SHADOW) 再訪

某土曜日のランチタイム訪問。

去年お邪魔した際に利用した土日祝祭日限定の「飲茶セット」はメニューに見当たらず、

現在は料理と点心メニューをセットにした特別コース(1種類)が

土日祝日限定ランチコースになっていた。

利用は店内右手の窓際2人掛けテーブル席。椅子は荷物を置けるよう3つ準備されている。

なお、テーブル・セッティングは、変わりがないため省略。

HPではアラカルトメニューで31種類の飲茶メニューも用意されているとあったのですが、

手渡されたものは、飲茶ではなく料理のグランドメニュー。その値段の良さに緊張した。

今回、土日祝日限定ランチコースとして紹介されているものは、

」 Kizuna@5,000(2名様より)

その内容構成は、

・特製サラダ風冷菜 ・蒸し点心三種 ・あわび入りスープ蒸し餃子 ・牛肉とピーマンの細切り炒め
・揚げ又は焼き点心二種 ・小海老のチリソース煮 ・メインのお料理を1品チョイス
・クコの実とスィートコーン入りお粥 ・本日のお勧めデザート。

同席の魔神さんも私も、コースに「牛肉とピーマンの細切り炒め」と「小海老のチリソース煮」が

組み込まれていることに難色を示し、なかなか決断がつかなかったのですが、

相談の結果、当該ランチコースとアラカルトで注文を決めました。

上記2品も当店らしいセンスの良さがあるに違いない。「新感覚広東料理」に期待だ! 

 ※コース料理は各自分での提供。

特製サラダ風冷菜 Chef’s special salad

叉焼サラダ。

このサラダのメインとなる叉焼は焼きたてに近くコンディション良好。しっかり旨みもある。

カットして揚げたワンタン皮の食感とピリッとスパイシーなドレッシングを合わせて。

蒸し点心三種 Three kinds of steamed dim sum

海老焼売、ほうれん草餃子、潮州式蒸し餃子。

海老焼売は変わらず、肉餡、ホタテ、海老のスタンダードな三段構造。

グリーンのほうれん草餃子は、以前確認できた海老のボリュームが減少していたように思う。

潮州式蒸し餃子の餡には海老と香菜。フレッシュな香菜の香りがよく合う。

あわび入りスープ蒸し餃子 Steamed abalone dumpling soup

まろやかな口当たりの赤酢もセット。お好みでとのこと。

蒸し点心三種とあわび入りスープ蒸し餃子が、構成的に前回の飲茶セット「葫芦糸」で

提供されたもの同じになる。スープに視認できるのは、あわび、金華ハム、刻みネギ。

リッチなビジュアルがいい。

器にすっぽりとおさまった巨大な餃子の中には餡がみっしり。

このスープには赤酢がよく合うのだ。

くれぐれも、いきなりスープに投入されぬよう。

レンゲで具とスープを掬い、そこに赤酢を落とし、様子を見ながらいただこう。

味覚を幸せにしてくれる、あわび入りスープ蒸し餃子は、このランチコースの主役であった。

(ノブロー) 次は海鮮と肉になるだ。同時に二皿サーブされただ。

小海老のチリソース煮 Braised shrimps in chili sauce

下処理をされた小海老は淑やかな面持ち。

牛肉とピーマンの細切り炒め Sautéed beef and green peppers

具材にはほかに、タマネギ、干しシイタケ、もやし、タケノコ。

野菜からの甘みも加わっている。

「小海老のチリソース煮」、「牛肉とピーマンの細切り炒め」ともに広東スタイルの味つけで、

見目麗しく味も穏やかですが「新感覚広東料理」を謳う当店のメンバーとしては

シャープさに欠け面白味がなく物足りない。

揚げ又は焼き点心二種 Two kinds of deep-fried or pan-fried dim sum

海老入りニラ饅頭、豚肉入りニラ春巻。

一見では問題ありませんが、口に含むと油っこさが口に残り、ニラがかぶっている

こともあって食後感が好ましくない。

むき貝の紅麹炒め(紅麹炒貝)小盆@5,400

グランドメニューよりアラカルトチョイス。サーブするタイミングも聞いてくれた。

小盆一つで、ゆうにこのランチコースを越える値段。中盆になると8,100円です(汗)。

卓上にお披露目後、店の方が取り分けて提供。

この日の貝は肉厚のホタテ。火の入り加減は良いのですが、やはり味の仕上がりが上品。

もう少しパンチを望みたかったところです。

メインのお料理を以下より1品お選びいただけます Your choice of one main dish

「以下より1品」は12種類。ほぼ鹹点心ですが、中から選んだのは

塩玉子入り豚挽肉の中国家庭風蒸しハンバーグ Steamed minced pork with salted egg

ゴツゴツとした粗挽肉は少し蒸しすぎてしまったようで硬く、

程度な歯ざわりが損なわれてしまったのが残念。

塩分が強く前面でていますが、同時に肉と塩玉子の旨味もたっぷり。

しかし、くどさもあって、求めていた味との微妙なズレがもどかしい。

クコの実とスィートコーン入りお粥  Rice porridge with sweet corn and wolfberries

粥は程よくとろり。中央には油條を浮かべている。

口に運ぶとおとなしすぎて、いま一つピントのボケた味。

ここには別注文ですが、調味料で腐乳をお願いしてコクを深めるべきだった。

※XO醤@800、豆瓣醬@400、腐乳@300、金沙@500

本日のお勧めデザート Chef's special dessert

三層のプリン仕立てのデザート。

一番下から、マンゴープリン、ヨーグルトプリン、グレープゼリー。

トップには皮を剥いた瑞々しい葡萄。また、三層の間にはフルーツの果肉入り。

スプーンを下まで入れて、三種の味を口に運ぶ。

マンゴーの濃厚な甘みにヨーグルトのほのかな酸味、喉越しの良いゼリーが

一つに合わさり喉に落ちていく。 美味い。デザートはいつも好印象だ。

お酒は、アサヒドラフト@1,200×3、古山龍山(カメ1合)@1,300を注文。

ほか10%のサービス料を加算し、

Hand01 お会計は、1人当たり12,000円(千円未満四捨五入)。テーブルチェックにて。

「飲茶セット」に比べ、その内容が寂しくなった気がする。

土日祝祭日のランチは、またメニューが変わった頃にお邪魔したい。

 

チャイナシャドー (CHINA SHADOW)

東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 26F

TEL   03-5783-1257

営業時間/11:30~22:00(L.O)

定休日   無休 

※ランチ満足度、中国料理満足度数は、3.8~5.0

2014年7月30日

麻布長江 香福筳 (アザブチョウコウ コウフクエン) 西麻布

Azabucyoukou

2014年6月でリニューアルオープンから5年を迎えた中国料理「麻布長江 香福筳

(アザブチョウコウ コウフクエン) 

お店では5周年を記念し、平日ランチ限定で「フカヒレの姿煮 白湯煮込み」を

お得な限定価格で提供してくれるとの情報。これは当店の”スペシャリテ”でもあります。

 

と、同時に季節は「JAPAN RESTAURANT WEEK2014 SUMMER PREMIUM」の開催時期(7.18~8.6)。

当店も参加店舗で、そのメニューを見ると姿煮はディナーの7,000円に登場している。

店側は(レストラン・ウィークの)在庫を確保するために、このタイミングで、(平日ランチ限定の)

姿煮を終了させてしまうのではないかと、朝に晩に心配でならない。

一刻も早く向かわなくては……。 再訪です。

席のみの予約で2名で訪問。店内中ほどの4人掛けテーブル席を利用。

椅子にはクッションが置かれている。

テーブル・セッティング等は、以前とあまり変りがないのですが、今回はスプーンが準備されていた。

ひょっとしたら、ですが電話をかけた際に、私が【5周年記念フカヒレ姿煮セット】を聞いたからかな?

注文はもちろん、上記フカヒレ姿煮セットですが、背びれと尾びれが選べ値段も違います。

◇フカヒレ背びれ・姿煮込み ¥1,900(税込)

◇フカヒレ尾びれ・姿煮込み ¥4,000(税込)

 ※ご飯orお粥、おかわり自由・サラダ・漬物・スープ付き。

尾びれは、ほぼ背びれの倍のお値段になる。

悩んでいると、フロアスタッフの男性が脇に立ち、丁寧に説明してくれた。

よだれ鶏@700

平日のランチタイムメニューには、1~2名でいただける量のランチ単品があった。

生ビール@800×2 とともに、そこからチョイスしたのが、よだれ鶏だ。

下にはキュウリ、脇には香菜とトマトを添えている。

健やかな鶏肉は厚みもあり、歯が入ったときの食感が違う。

よだれ鶏にも大山鶏を使われているのかも。むっちりとして肉質がすこぶる良い。

濃厚でコクのある大人味の麻辣ソースでいただく。フレッシュな花椒の香りが活きていた。

皮蛋豆腐@1,600(@1,728)

グランドメニューからのチョイス。

なめらかで絹のように柔らかい豆腐の上には、カットしたアボカド、揚げた烏骨鶏の皮蛋、

刻んだ四川ピクルス(泡菜)とネギ、白ゴマが散らしてある。

皮蛋にひと手間加え、揚げることで特有の香りを和らげ、持ち味を活かし、香ばしさを

つけているのでしょう。

あっさりとした豆腐、アボカドのコク、皮蛋の風味が層を織りなし、味覚に涼感を呼ぶ一皿。

(レンタロー) 醤油ベースのたれもまろやかで美味いで。泡菜とのマッチ力もええ。

フカヒレ尾びれ・姿煮込み@4,000(税込)

夜では、80g@4,700(@5,076)のヨシキリ鮫のフカヒレ姿煮込み・白湯仕立てを、

5周年記念では税込4,000円で提供。

 

白湯でじっくり煮込んだ肉厚のフカヒレは艶めき、はっとするほど美麗で食べ手を魅了する。

箸をつけるのもためらわれるほどですが、覚悟を決めた。

――ああ、美味しい。

当店の”スペシャリテ”と謳われることだけあって、その味も格別だった。

雑味のない上品な白湯が繊維にしみ込み、口に含んだ時の充実感が違う。

口福だ。綺麗な味わいが余韻となって紡ぎだされ、舌が心が満たされていく。

(タクロー) 尾びれは煮込んでも形崩れしにくいんだと。見目好いべ。

セットのサラダ・漬物(ザーサイ)・スープ(ワカメ、玉子)。

野菜にはゴマ風味のドレッシング。生野菜ではなく、青菜の炒めものだと、なお口福。

トウモロコシ・キャベツの春巻(2本)@800

もっと口福になりたい。食べ手はどんどん欲張りになる。本日のおすすめより追加注文。

(レンタロー) 春巻は店の人が取り分けてサーブしてくれただよ。

皿には細かく削った自家製カラスミを散らし、かりっと見事なまでに揚がった春巻は

食べやすいように包丁を入れ、中には旬の甘いトウモロコシがみっちり。

カラスミの塩気と調和させた繊細な味わいに感服する。

「フカヒレの白湯ソースは早目にお召し上がりください」

スタッフさんのアドバイスだった。

しかし、私にはしたいことがある。邪道でもなんでもかまわない。

1/3ぐらいをそのままで食べ、残りは勝手をして白飯にON! 

私だけのフカヒレ丼の出来上がりだ Yahho01

もちろん、白湯ソースもスプーンで残らず掬い入れた。

歯を入れると、フカヒレはさくっと心地良く噛み切れる。

このさくっと感は、バラバラの状態になった「散翅」を食べる自分にとっては何ものにも代えがたい喜び。

思いっきりの贅沢を、自分が盛ったフカヒレ丼で体感しているのだ。

白湯ソースがかかった米粒も1つ残らず胃袋に収め、きれいに空っぽにした。

旨かった。我を忘れて駆け付けた甲斐があった。

杏仁豆腐@700(@756)

南杏と北杏のアンニンドーフと記されていたので、混ぜて作っているのでしょう。

誠実さが伝わり、コクと甘みが十分でミルキーな味わいでした。

会計は、テーブルチェックにて。

黄酒 ノンブレンドカメ出し(16度)二合@2,000 を加え、

Hand01 上記注文で、お会計は1人当たり8,000円(千円未満四捨五入)。

※税込は、5周年記念フカヒレ姿煮セットとランチ単品のよだれ鶏。サービス料はかからず。

驚くことに1人あたりの金額を記して提示してくれた。

接客対応は全般を通じ素晴らしいのですが、この細やかな配慮にも頭が下がる。

帰り際には、丁寧なシェフの挨拶を受ける。

夏のシーズンはカエルが美味しいのだとか。

“口福”を求め、またお邪魔したくなってしまうではないか。

 

麻布長江 香福筳 (アザブチョウコウ コウフクエン)

東京都港区西麻布1-13-14

TEL          03-3796-7835

営業時間/ 火~金     11:30~14:30(L.O) 18:00~22:00(L.O)
                   土・祝・日  12:00~14:30(L.O) 18:00~22:00(L.O)

定休日     月曜(祝日の場合翌日休み)

※ランチ満足度、中国料理満足度数は、4.2~5.0

2014年7月29日

嘉賓(カヒン) 渋谷

Kahinn

Chinese Dining 「嘉賓」(カヒン)

当店は四ツ谷の老舗広東料理「嘉賓」(カヒン)の姉妹店。

場所はJR渋谷駅新南口を出て、道を挟み斜め前のGEMS渋谷 8F。徒歩1分

お洒落なBGMが流れ渋谷の年齢層を意識したスタイリッシュな店内は、

メインダイニングのほか個室を完備し、大型モニターも設置。

そこではスポーツ観戦もでき多目的に使用可能というのだから、

“嘉賓”と言うと四ツ谷店のクラシカルなイメージしか頭に浮かばない自分にとって、

ある意味新鮮な驚きだった。

フロアを担当するスタッフのお姉さんも、くたびれ感がなくテキパキ動作がこなせるきりっとしたスタイル。

彼女に案内してもらったのは、片側ベンチシートのテーブル席で、

この時間帯は2名使用に卓を離しセットしている。

テーブル・セッティングは、使い捨て紙おしぼり、割り箸(横置き)、ランチメニュー。

着座後には氷水の提供を受けた。

 

ランチメニュー(11種類)から選んだのは、嘉賓おすすめの逸品と銘打たれた牡蠣ソース和えそば。
白粥・サラダ・お新香・デザート・ドリンク付き。

四ツ谷店のあの懐かしい味が、渋谷で再現されるだろうか、楽しみだ。

ランチは何を選ぶかによってセットが若干異なる。

しかし、サラダ・デザート・ドリンクは必ずついてくるようだ。

注文時、「飲み物はどうされますか?」と聞かれた。

セットのドリンクはサービスドリンク(6種類)の中から選ぶシステムで、チョイスはアイス烏龍茶。

店側では昼を見越して準備しているから、サラダ・お新香・ドリンクが登場するのも早かった。

お新香は3つ仕切り皿で、大根、ザーサイ、塩豚。大根の漬物が甘く、口に合わない。

牡蠣ソース和えそば@900(税込)

程無く、そばと粥が到着。自分で注文しておいてですが、炭水化物に偏った食饌だ。

セットのサラダは食事のバランスを考えてのことと思うけれど、これではなく、

“青菜の炒め”あたりで提供していただきたかったなあ。味の組み立て的にしっくりこない。

(レンタロー) な、具がねえの?上のネギだけだで。

箸を入れ麵をほぐし、口に運ぶ。細く縮れたぽそぽその麵は、私の記憶に残っている

カキソース和えそばとは(麵の)状態や味わいが微妙に違う。甘さの舌残りがある。

似て非なる四ツ谷カキソース和えそばのそっくりさんだ。

白粥には鶏のささ身入り。ほぼ米の原型がなく、ぽってりとろっととした粥で、

特筆すべきものはないけれど、塩加減も整っていて普通にいただける。

大きく外すこともなく安堵した。

デザートは杏仁豆腐。

本格的中華を愉しむというより、小綺麗な店内で中華を肴にワインやハイボールを片手にして

話を弾ませるカジュアルチャイニーズダイニングというイメージを持った。

昼の時間帯、客入りはまばら。 当店の勝負は夜の営業かもしれない。

 

Chinese Dining 嘉賓(カヒン)

東京都渋谷区渋谷3-27-11 GEMS8F

TEL     03-6427-2239

営業時間/  月~金 11:00~15:00(LO)14:30 17:00~23:00(LO)22:30
        土日 11:00~23:00 ※15:00~17:00は、アイドルタイム

定休日/   無休(年末年始を除く)

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、3.2~5.0

2014年7月28日

中国料理 彩龍 (サイリュウ) 横浜

Sairyuu

中国料理 「彩龍」 (サイリュウ)

当店は2014年7月4日、リニューアルデザインを行い、メニューや内装を一新し、

中国料理総料理長に日本の広東料理界の重鎮、陳 啓明(ちん けいめい)氏を迎えた。

同氏は前職のウェスティンホテル東京中国料理「龍天門」でミシュランガイド、

2010年、2011年と連続一つ星獲得に貢献された輝かしい実績を持つ方である。

場所は、横浜駅西口徒歩1分。横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 3F。

実は以前、当店を訪れたことがある。

そのときは、ヨシキリザメのふかひれの姿を、オイスターソースベースの醤油で煮込んだ

あんかけ麺を目当てに来たのだけれど、満席で入店が叶わなかった。

1人の場合はピークタイムを外して向かうべし。ここでの教訓だ。

それを守り、遅めの訪問。

3Fホテル通路からガラス越しに少し中が窺えるので空席を確認し、エントランスをくぐり、

左手のレセプションで1人の旨を伝えると、スムーズに案内してもらえた。

HPによると、当店の席数は140席、個室は6室。 

クラシックなBGMが流れる店内は、

照明の明るさを抑えることで、より落ち着いた雰囲気を作り上げている。

利用は左手のメインダイニング、窓際の2人掛けテーブル席。

運が良いことに端の席で隣は空席。リラックスして食事が取れそうだ。

テーブル・セッティングは、位置皿、リング留めナプキン、カトラリーレスト、スプーン、

箸(縦置き)、卓上簡易メニュー(デザート)。 テーブルクロスは2枚重ね。

着席時にはお店の方がスマートに椅子をひいてくれた。

メニューが手渡され、タオル地おしぼり(トレー置き)がセット。

厚いメニューをめくり、ふかひれあんかけ麺を探すも、メニューが一新されているため見当たらず、

ページをめくっていたところ季節のおすすめ冷製担々麵に目が留った(温かい担々麵の用意も可)。

注文を伝えると

「お飲み物は何か?」

と聞かれたため、要りません、と返答した。

「お茶をお持ちしましょう」

と卓上にティーポット(ティーバッグ入り)と茶杯(ソーサー付)がサーブされ、

「いま、湯を入れたばかりなので、少し時間をおいてからお入れください」とサジェスチョン。

さすが、ホテルスタッフならではのホスピタリティ。安定し行き届いたサービスだ。

海老入り蒸し餃子(蝦餃)4個 @1,000(税別・サービス料込)

ともにオーダーしたのは点心。

蒸し時間は要したが、麵より先に運んできてくれた。

「お味はついていますが、お醤油やからしははどういたしましょう?お持ちしましょうか?」

もちろん、このままでいただく。

半透明の皮からは、海老の色味がくっきりと透けて見える。このシースルー感はかなりのものだ。

もっちりとした皮を噛み切ると、中にはぷりっぷりの海老ががっつり。

餡には塩味が効いていて、ごまかしたたところのない素材の力強さが満足感に繋がった。

冷製担々麵@1,980(税別・サービス料込)

待望の冷製担々麵との対面だ。

オレンジがかった色味のスープの中央には、粗々しい形状の炸醤肉(肉そぼろ)と

花椒をふった白髪ネギが小さな島を成し、周りに散らされた葉ニンニクと辣油が彩を添える。

レンゲでスープを掬い、口に運んだ。

――あ・美味い!

それは新鮮な衝撃だった。

コク深い冷たいスープは旨味の層が深く、ゴマの風味の中に爽やかな甘酸っぱさを感じ、

ビリビリとした辛さが追行してくる。

きりっと氷水でしめた冷たくコシのある縮れ麺との相性も抜群で、

品の良い味わいながらもキレがあり、パンチを持っている Crown04

なんというバランス感なのだろうと至極感心した。

後に聞いたところ、これは料理長の得意とする料理の一つだとか。流石です。

食後はデザートも聞かれたのですが、私自身の時間の都合もありこれにて終了。

会計はテーブルチェックでお願いした。

Hand01 消費税・サービス料10%を入れた合計で3,210円。

料理長が変わられたことで、今後の展開が気になる1軒でありますheart

 

中国料理 彩龍 (サイリュウ)

神奈川県横浜市西区北幸1-3-23 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 3F

TEL       045-411-1144

営業時間/  月~金 11:30~14:30 土日祝 11:30~15:30
                 月~土 17:30~21:00 日祝 17:30~20:30

定休日     無休

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、4.2~5.0

2014年7月27日

羅山(ラザン) 田園調布

Razann

中国料理「羅山」(ラザン) 再訪

利用は同様、半地下の2人掛けテーブル席。卓上まわりは変りがないので省略します。

担々麺@1,080

休日のためランチメニューはなし。グランドメニューからのチョイス。担々麵再び。

お値段は消費税法改正により1,050円から1,080円になった。

サーブされてきた担々麵を見て、力が抜けた。

以前と比べると、盛り付けも雑でそのため安っぽく見える。

箸袋から取り出しパチンと割った割り箸を手に、スープの中に潜り込んだ麺をさぐりすする。

……麵は変わらないか。

気を取り直して、レンゲでスープを味わう。

今日は作り手が違うのか、スープはしゃぱしゃぱ。辣油はしっかり、ニンニクがっちり。

あれ?酸味はどこにいったのだろう。

もちろん問題なく食せる味だけれど、何か違うよなあ。

 

羅山 (ラザン)

東京都大田区田園調布2-51-3

TEL     03-3722-3712

営業時間/  11:30~15:00 17:00~22:30(L.O)

定休日/   無休

2014年7月26日

中国料理くろさわ東京菜 (テイクアウト焼売) 大森

中国料理「くろさわ東京菜

手書きのメニューの裏に「take out 焼売」の文字を見つけた。

8ケ入り1,840円(税込)。1ケ230円だ。

当店で点心をいただいた経験がないので、さっそく購入の意思を伝える。

すると、焼売は冷凍のままか、蒸したものを持ち帰るか選択できた。 

「冷凍で。家で自分で蒸します」

この場合、蒸し時間は10分ほどと説明を受けた。

焼売はフードパックに詰められ、それを手提げ紙袋に入れて渡してくれた。

(ノブロー) 焼売は海老と肉のようだで。こっちは海老焼売だな♪

手作り感の伝わる形状。大ぶりな具材を食感としてとらえることができる。

味付けには胡椒がしっかり入っているので、他の調味料は一切不要。

焼売もくろさわ仕立て。味はちょっと濃い目でお酒にもご飯にも合うんだな。

 

中国料理くろさわ東京菜

東京都大田区山王2-36-10 石毛第2ビル

TEL         03-5743-7443

営業時間/ 11:30~14:00(13:30LO) 18:00~23:00(22:00LO)

定休日    月曜日 ※祝日の際は翌火曜日

 

2014年7月25日

中国料理くろさわ東京菜 大森

Kurosawa

中国料理「くろさわ東京菜」 定期再訪

しばらく間が空いてしまいましたが、A・Bランチのほかにコース仕立ての

Cランチも諸事情により価格改定。

平日はA又はBランチを利用のお客様が多かったので、

今まで(旧価格で)よく頑張っていたと思いますよ。

さて、私はいつものようにBランチ。もちろん、当店ではビールも飲んでしまうのだ。

注文を通したあとには

「こんにちは!」と店の奥から女性のお声掛けがあった。

いつもの方だ。勝手にスタッフさんと思っていたけれど、ひょっとしたら奥様なのかな。

雑談を交わし、リラックスして料理の出来上がりを待つ。

しかし、ジャージャー!ジュゥゥゥー!カンカン!

店内のBGMに混じり、厨房の心地良いサウンド音が聞こえ始めると、

自分は妙にそわそわし、待ち遠しくてたまらなくなる。

「お待たせしました」

スタッフのお兄さんが前菜を持って、ひと声掛けてくれる。

きっと、このときの自分は思いっきり目尻が下がっていることだろう。

――待ってました!!

前菜2種盛り

鮎のパテ 青トマトとジャムの和え物を添えて(左)、豚レバーのピリ辛ソースがけ(右)。

初夏を感じさせる鮎を使ったパテは、ねっとりとした舌触りでほろ苦く、酒との相性は抜群。

手もとのビールを進めさせる美味しさだ。

次に豚レバーに箸をつける。

臭みもなくとろけるような柔らかさで、これも人の舌を唸らせる旨さ。

シェフの前菜にはいつも感心させられている。

今まで一度として同じものが提供されたことはない。研究熱心で工夫しているのだ。

(ノブロー) どちらも丁寧な下仕事あっての味だで。オラ達、与えてもらっているものが大きいだ。

鶏肉・野菜黒胡椒炒め、メカジキの黒酢ソース、ツルムラサキと新ニンニクの塩炒め。

料理は1品ずつ出来上がり次第で運んでくれるけれど、

決してスープやご飯がそれより先に来て、待ちぼうけを食らうことはない。

ちゃんと1品、おかずが卓に登場してから。この決まり事は逸脱してはならないのだ。

 

前菜はビールのつまみで食べてしまったが、この時点で私の食事は出揃い、

こうして一堂に会すると、よい眺めだ。来店した甲斐があった。

緊張から解き放たれ、顔を綻ばせていると――。

「お久しぶりです」

手が少し離れたからだろう。シェフが厨房から挨拶に出てきてくれた。

気の利いた言葉がでない私はオウム返しの挨拶と「厨房は暑いのでは?」

などどありきたりの言葉を投げてしまった。

「ははは、これで外に出ると清々しいですよ」 

料理にも体現されているけれど、自然体でいつも誠実な方だ。

たまにしか来れない私にも温かく接してくれることが嬉しかった。

鶏肉・野菜黒胡椒炒めには、生姜も効かせ、野菜はパプリカ(赤・黄)、ズッキーニ、ジャガイモ。

野菜の量に比べ、肉が少ないわけではなく、ぷりぷりとした鶏肉も十分に入っている。

全ての具材に均等に味がまわり、正しく白飯が進むチャーミングな主菜だ。

メカジキの黒酢ソースも旬のトウモロコシをまとわせて。ソースの加減も上々。

ツルムラサキのクセのある香りも新ニンニクとマッチして美味かった。

(ノブロー) くろさわランチは、肉・魚・野菜とバランスがええだ。

その日の食材の中で、ちゃんと考えて組み立ててくれてるだよ。

デザート

マンゴープリン。

ジューシーな果肉がしっかり入って、なんと甘さが心地良いのだろう。美味。

 

当店にお邪魔すると、私の舌は安心してくろさわモードに入る。

野菜が豊富でちょっぴり味の濃いご飯に合う味つけに――。

久しぶりの訪問でじっくりメニューを見た。

すると、いつの間にか当店でもテイクアウトの焼売が紹介されていた。

ファンとして、これは買って帰らねばならない。

その記録はまた明日。今日もご馳走さまでした。

 

中国料理くろさわ東京菜

東京都大田区山王2-36-10 石毛第2ビル

TEL         03-5743-7443

営業時間/ 11:30~14:00(13:30LO) 18:00~23:00(22:00LO)

定休日    月曜日 ※祝日の際は翌火曜日

※ランチ満足度数は、3.8~5.0 必・定期訪問(*^・^)ノ

2014年7月24日

蜀彩 (ショクサイ) 経堂

Syokusai

四川料理「蜀彩」(ショクサイ)

オープンは2011年10月。オーナーシェフ、村岡拓也氏は原宿「龍の子」出身とのこと。

場所は、経堂駅南口。経堂農大通り商店街内に位置したビルの2階ですが、

通りにはスタンド看板も出しているので容易に見つけることができる。

某日はランチ訪問。友人の誕生日祝いということもあり、遅めの時間帯に席のみ予約を入れておいた。

現地集合。電車の乗り替えがスムーズで、予定より早く経堂に到着してしまった。

店先で待つのもこの時期暑いので一足先に入店。

入口より左手にレジ。その奥が厨房でシェフのほかにもう一人男性が入っている。

接客を担当しているのは奥さんだろうか?3人体制だ。

予約の旨を伝えると壁際の片側ベンチシートのテーブル席にどうぞ、と指示を受ける。

中華系のBGMが流れる店内はこうしたテーブル席と小あがりの掘りごたつ席。

席数は20席ほどの小ぢんまりした造り。

厨房内の人数からしても、これぐらいの席数で丁度良いのだ。

これも適度な誠実の表れと言えよう。

 

当店ランチタイムも大盛況で、フロアのほうも一人で注文を取り、料理を運び、片付けをしてレジを打つ。

空席が出来たなと思っても次から次にお客様が来店するので、常時満席状態。

そのため、タイミングが合わず、「すみません。いっぱいです」とお断りするケースもあった。

 

私のところにはメニューが手渡され、早々と2人分のタオル地おしぼり(トレー置き)と

氷の入ったお茶を持ってきてくれた。しかし、まだ注文ができない立場としては

席を占領しお客様を帰すことに罪悪感を感じ、友人が早く到着してくれないかと

(店の)扉が開くたびにハラハラドキドキして焦りが募り始めていた。

卓上には、取り皿、紙ナプキン、ステンレスポット(茶)、カトラリーバスケット内にレンゲ、箸、箸置き。

ランチ点心やランチデザートを記した簡易メニューも置かれている。

 

友人が到着するまでの間、料理を検討しようとメニューを広げた。

昼もグランドメニューからの料理を受け付けてくれるというので当店を選んだけれど、

見るとランチミニコースもあるではないか。

これだ!お祝いなのだから、これをベースにアラカルトもお願いしよう。

友人が到着したのでさっそく提案し、本日の注文が決まった。

ランチ四川水餃子(辛)2個@350×2

ランチ点心よりチョイス。熱々もっちりの皮に歯を入れる。

――う・うんまい!

なんてことのない小さな水餃子がパワーを秘めていた。

ひと手間かけたタレは、生姜が効いて味のバランスが絶妙。

辛さで力押ししてくるものではなく、旨みがあって軽快な味わいだ。

この味、好きだ。スタートから手ごたえを感じ、先の展開が楽しみになった。

雲白肉(ハーブ豚 バラ肉の特製辛味にんにくソース)@1,100

友人のバースデーケーキ代わりに注文(笑)。

『茹でたハーブ豚のバラ肉を2時間煮詰めて作る自家製甜醤油ソースをかけている』とのこと。

視覚的美しさもさることながら、豚特有の臭みがなく、肉質は柔らかくてあっさり。

上質で繊細な味わいのバラ肉とスパイスの香り豊かなにんにくソースとの相性は抜群で、

互いを損ねず品の良い仕上がり これも美味い。ぺろりと平らげた。

 

次は、ランチミニコース(おひとり様 2,200円)※料理は各自分での提供。

1.前菜3種 

①よだれ鶏・・・下には茄子。スパイスを合わせた麻辣ソースは、香ばしく辛味、甘味、旨味の
      バランスが取れた精妙な味わい。

②豚タンの山椒ソース・・・臭みのないしっとりとした豚タンに合わせたのは、
               爽やかな辛味のグリーンソース。

③四川風漬物・・・エッジの効いた酸味が味をきゅっとひきしめる。野菜たちの食感も豊か。

喜ばしいことに、3種きっちり味の方向性が違うため食傷せずいただける。どれも美味い。

2.本日のスープ

当店では薬膳スープを提供している。

この日は季節の薬膳[梅雨の薬膳]として、
冬瓜、とうもろこし、ハトムギ、クコの実、鶏肉のスープ。

ミニコースには、セットされていますが、単品注文は450円。

ですが、週替わりランチと一緒に注文の場合は450円→350円になる。

ほんのり生姜の効いたスープにレンゲを入れると、ざくざくと具材を掬いあげることができた。

鶏肉はぷりぷり、ハトムギの素朴な食感もいい。

強く薬膳を主張する味ではなく、じんわりゆっくり身体の内部に浸透していくナチュラルな食味。

美味しいものは手を休ませない。飲みこんだ際の綺麗な味の余韻が続き、再びスープを口に運ぶ。

あっという間に器の中は空っぽになった。

3.本日の料理(漬物・ご飯付き)

「本日のランチより一品お選びください」と記されていた。

週替わりの本日ランチ(スープ、漬物、ご飯付き)は4種類。

1.棒々鶏、2.麻婆豆腐、3.豆腐鰈魚、4.腰果鶏蝦 

この中からチョイスしたのは、麻婆豆腐(四川風麻婆豆腐)

ランチタイムは辛味をおさえて作っているため、希望があれば(辛さの)リクエストに応じてくれるとのこと。

主賓である友人のリクエストは「ちょっと辛め」 私もそれに賛同。

ランチミニコースでは既に薬膳スープが提供されているので、漬物とご飯が並んだ。

表面には花椒と刻みネギ。

口にしてみると、豆腐は柔らかな舌触りを残しつつ、しっかり。挽肉もたっぷりだ。

じわっと、ぴりっと、やんわりと、グラデーションのある辛さで効いてくる。

これも辛味だけで押してくるタイプではなく旨味が層を成している深い味わい。

自分としては、もう少し辛めでいけたかもしれない。

自家製の漬物には、大根、人参、セロリなど。

鷹の爪も入っているが、刺激的な辛さはなく味加減、漬かり具合も良好。

パリポリと美味い漬物に箸をつけながら、これまた美味い麻婆豆腐とご飯をいただく。大満足。

4.杏仁豆腐

セットの杏仁豆腐。スプーンを入れるとむちっとした手ごたえ、口には優しい甘さが広がった。

湯園(黒ゴマ入り餡入り白玉団子)2個@400

ランチデザートより、誕生日祝いで温かいデザートを追加。

白玉団子はボイル後、透明で生姜の効いた湯に“半身浴”したまま登場。

手作り感あふれるもちもちとした団子を噛み切ると中には黒ゴマ入りの餡。

風味も良く、心もすっかり満たされた。

この間に酒は、サントリープレミアムモルツ(中)@550、カメ出し紹興酒(グラス)@550をいただいた。

見ると紹興酒のボトルはリーズナブルなもので陳年5年 呉 美香帝2,800円。

紹興老酒8年クリアーは3,500円。

中国白酒も各種取り揃えられていた。この手頃感も自分にとってはいい。

Hand01 上記注文で、お会計は1人当たり5,000円(千円未満四捨五入)。

力押しをしないふくよかな味わいの四川料理。 四川のさじ加減も当店のシェフなら自在だろう。

近くにあれば通いつめたい一軒であります。

 

蜀彩(ショクサイ)

東京都世田谷区経堂1-12-10 松原ビル2F

TEL      03-3425-1668

営業時間/11:30~15:00(L.O.14:45)17:30~22:30(L.O.21:30)

定休日   月曜・年末年始          -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※ランチ満足度は、4.8~5.0

2014年7月23日

China Four Seasons Roppongi (チャイナフォーシーズンズロッポンギ)

China_four_seasons_roppongi

China Four Seasons Roppongi 」(チャイナフォーシーズンズロッポンギ)

当店のオープンは2014年1月。

北京料理店「全聚徳」と御膳房グループ「百菜百味」が仕掛けるチャイナバールで、

総席数247席という大箱店。

場所は六本木駅3番出口直結。ラピロス六本木2F。

1Fには「あおい書店」六本木店がある。

私は所用を済ませた後に向かったので、書店前のエスカレーターを利用した。

その乗り口には、当店のスタンド看板。

北京ダックの文字に気を取られ、よくよく確認せず入店。

正面のバーカウンターを境にフロアは右と左に分かれていて、スタッフさんの案内で

左手のカジュアルな片側ベンチシートのテーブル席に着き、同時にショッキングな言葉を受けた。

「ランチは75分制のバイキングです」

フロアの中央あたりにバイキングのコーナーがある。

それは通されたとき、目についたけれど……。

「ランチはバイキングだけですか?」

「他の料理も出来ます」というレスポンスへの期待も虚しく望みは絶たれた。

「なら、失礼します」と退店する勇気も出せず、そのままバイキング参戦(1,080円)。

卓上にはウォーターピッチャー、コップ、爪楊枝、紙ナプキン。

カトラリーバスケット内には使い捨て紙おしぼり、箸が準備されている。

コーナーに向かった。

麵・飯には炒飯・焼きそば・冷麵・白飯・粥。

ホテルパンに並ぶ中華総菜は品数があるものの、どれも作り置き感ひしひしで愛情が欠落。

安いツアーで出くわす中華バイキングクオリティです。

私の盛り付けが悪いせいもありますが、お腹が空いているのに箸が進まない。

そう、胃袋が怒っているのだ。

デザートも数種あった。

杏仁豆腐にスプーンを入れたらそのままの形でスッポンと容器から外れ、悲しくなった。

オープン当初は普通にランチをやっていたようだけれど集客が思うようにいかなかったのか、

変わってしまったのは残念でならない。

人生の1食分を損をした感じで、こうなると夜に来てみようという気持ちが起きない。

辛口で誠に申し訳ありません。

 

China Four Seasons Roppongi (チャイナフォーシーズンズロッポンギ)

東京都港区六本木6-1-24 ラピロス六本木 202

TEL      03-6432-9689

営業時間/11:30~23:00

定休日/  不定休日あり

大きな地図で見る

2014年7月22日

中国料理 皇家龍鳳(コウカリュウホウ) 早稲田

Koukaryuuhou

中国料理 「皇家龍鳳」(コウカリュウホウ)

2010年リーガロイヤルホテル東京「中国料理 皇家龍鳳」料理長に就任された安川 隆久氏は

台湾で修行を積まれた経歴もあり、広東料理の伝統を重んじ、更なる研究を怠らない方だという。

最寄り駅は都電荒川線の早稲田駅徒歩3分。リーガロイヤルホテル東京1F。

※JR山手線高田馬場駅、早稲田口東側ロータリー内よりシャトルバスも出ています。

重厚なエントランスをくぐり、スタッフさんの案内で店内奥へと足を進める。

メインダイニングの大きな窓からは大隈庭園の緑が清々しく目に飛び込み、

マホガニー張りの壁と、高い天井には美しいシャンデリア。

欧州調でまとめアンティークでシックなインテリアはどれも格調高く

ここが中国料理店であることを忘れさせるクラシカルな特別空間だ。

まるで、フレンチレストランのようだなあ。

それもそのはず、のちにネットで知ったのですが、以前フレンチレストランであった時の

内装をそのまま活かしたものだそう。

席数は70席で、個室は3室(4~20名様)完備されている。

中ほどの4人掛けテーブル席の利用。荷物は片側の空いている椅子に置いた。

テーブル・セッティングは、箸置き、箸(縦置き)、レンゲ置き、レンゲ、ナプキン。

テーブルクロスを2枚重ねた卓上には、醤油、酢、辣油が置かれ、着座後にはメニューと

タオル地のおしぼり(トレー置き)をいただけ、お茶(ジャスミン茶)は茶杯でのサービス。

麵・飯のページを開く。ランチタイムは割増料金で各種セットにできるとのこと。

せっかくなので、2種蒸し点心&杏仁豆腐をつけよう。+@600(@713 税・サービス料込)

担々麵@1,600(@1,901)

受け皿付きでのサーブ。

ラー油が散らされたクルミ色のスープは見るからにぽってり。

表面に確認できるのは、チンゲン菜、肉そぼろ、カシューナッツたち。

いつものように麵をたぐる。

湯気の中から覗くのは極細ストレート麺。おお、いい感じだ。こいつは質の良いものに違いない。

レンゲでスープを掬い口に含む。

辛さや酸味を抑え、ゴマゴマ濃度たっぷりですが、コクが深く、こっくりとまろやか。

上質のゴマをふんだんに使い原価のかかっていそうな味わいだ。

スープにも重厚感があり、ずっしりと腹に溜まりそうなので飲み干すまでにはいかないものの美味い。

2種点心

フカヒレ入り蒸し餃子(右)、海老と翡翠の蒸し餃子(左)。 蒸し時間を要し、遅れて登場。

豆板醤とマスタードもセットされ「お好みで点心につけてお召し上がりください」とのこと。

味見をすると、豆板醤はピリッとした辛みに塩気のバランスが整い、

マスタードは酸味がフレッシュだった。

歯を入れると軽く下味をつけた餡がみっちり。

ホテル中華のクオリティを保たれていて、2個で356円ならお値打ちだと思う。

杏仁豆腐

デザート時には爪楊枝がサーブ。お茶の注ぎ足しもこまめに気を配ってもらった。

空いた器を下げてもらったあとにはデザート。

少し大きなスプーンで口に運ぶ。すっきり爽やかな甘さが広がり、滑らかに舌の上でとろけていく。

口当たりが軽やかで後味も綺麗な杏仁豆腐だ

これも356円ということになる。

値段以上の満足感を得れ、セットにして正解だった。

ラグジュアリーな空間でいただく安らぎのランチタイム。サービス料がかかりますが、これも納得。

会計時には「お味の方はいかがでしたでしょうか」と支配人さんらしき男性より声掛けを受け、

心地良い満腹感で店を後にした。

 

皇家龍鳳(コウカリュウホウ) 東京店

東京都新宿区戸塚町1-104-19 リーガロイヤルホテル東京 1F

TEL      03-5285-1121

営業時間/ランチ 平日 11:30~14:00 土・日・祝 11:30~15:00
     ディナー 17:30~21:30

定休日/  無休

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、3.9~5.0

2014年7月21日

過橋米線 (カキョウベイセン) 日暮里店

Kakyoubeisenn

中国雲南酒膳坊「過橋米線」(カキョウベイセン) 日暮里店。

秋葉原店には以前お邪魔していますが、当店ははじめて。

場所は、日暮里駅東口、尾久橋通りの裏手あたり。

店の前に立つと日替りサービスランチの紹介。

秋葉原店同様、肩の凝らない気軽さが日常使いに嬉しい店内。

ざっと見るとテーブル席のみ、壁側は片側ボックスシートというレイアウト。

利用は奥の4人掛けテーブル席。

卓上には、紙ナプキン、爪楊枝、メニュー、割り箸(箸立てにまとめて)、ステンレスポット。

着座後には氷の入った茶がグラスでサーブされた。

メニューを開くと、当店でも全品298円の小皿料理は健在。

夜は中華居酒屋として賑わいをみせるのでしょう。

夏季限定 冷やし米線@800

セットで麻婆丼や半チャーハンを付ける(各1,000円)こともできますが、単品でのオーダー。

角盆にのせ、タピオカココナッツミルクとともにサーブ。

大ぶりの皿には米粉からできたうどん(米線)、その上には、キュウリ、チャーシュー、肉そぼろ、

人参、キクラゲ、錦糸玉子が並び、トップには茹で玉子が君臨している。

対面時にそのボリュームに圧倒された。単品で正解。

「タレはかけてください」とのサジェスチョンを受け、左上のゴマだれを一気に回しかけた。

眩いばかりの美白うどんは食べ応えあり。

ゴマだれは甘酸っぱく、追い打ちをかけているのは野菜の水気のせいなのだろうか。

微妙に薄くのっぺりとした味わい。

そこで角盆にセットされていた食べるラー油タイプのカリカリ唐辛子をのせてみた。

むむっ。自分にはこのちょい足し、相性が良いとは言えない(汗)。

ボリュームの多さもあり、結果、途中でリタイアすることになった。

セットのタピオカココナッツミルクも薄かった。今回はチョイスミスのよう。残念。

次の機会には別のメニューを選択したいな。ご馳走さまでした。

 

過橋米線(カキョウベイセン) 日暮里店

東京都荒川区西日暮里2-26-2 ツカハラビル 1F

TEL   03-3891-1671

営業時間/ 11:30~14:30 17:00~24:00

定休日    無休

大きな地図で見る

※ランチ満足度は、3.2~5.0

2014年7月19日

中華香彩 ジャスミン(JASMINE) 広尾

Jyasuminn

中華香彩 ジャスミン」 再訪

オープンは2011年3月。

シェフ山口祐介氏はグランドハイアット東京「CHINA ROOM」出身、

中国各地で研修を積まれた後に、当店の料理長に就任された。

 

当店を選ぶにあたり、今回食事をご一緒させていただいた「80C」サイトのサトタカさんの

お話では山口シェフは杭州料理もお得意なのだとか。

乞食鶏のリクエストも魅力的だったのですが、これからの時期冷たい麵も魅力的。

まずは、ランチの中華富士的冷麵より攻略。3名での利用。

テーブル・セッティングは、カトラリーレスト、レンゲ、箸(縦置き)。

卓上には、紙ナプキン、爪楊枝。

食べる辣油、大根の漬物は以前と変わらず。

着座後にメニュー、使い捨て紙おしぼり、冷たいお茶の提供を受けました。

(レンタロー) うわぁぁ~ん!!何でだよぉJitabata なんで、冷たい麵がねえんだよぉNakigao2

(ノブロー) レン!じたばた大泣きするでねえ。麵が間に合わなかっただ。

――ちょっとした手違いで本日、冷たい麵の提供が出来ないとのこと。

そうなるとランチの選択は振り出しに戻り、当店名物“よだれ鶏”に。

JASMINE名物“よだれ鶏”@1,100

本日の小鉢、ランチスープ、ライス(お替り自由)、杏仁豆腐がセット。

※ミニ麻婆豆腐を付けると値段は1,300円になります。

角盆で一緒出しというスタイル。

ライスとスープは炊飯ジャーやスープジャーで保温されていたものですが、状態は良好。

なお、自家製野菜ジュースは、これらランチが運ばれてくる前にいただいています。

すっきりとして飲みやすい。これなら毎日飲み続けられそう。

本日の小鉢はピータン豆腐。

豆腐を崩しカットした皮蛋と和えていますから、口に優しくまったりとクリーミー。

辛い料理をいただく際の舌休めにもなってくれる良き友だ。

美味しいと評判の高い当店のよだれ鶏。

表面にはゴマが浮き、トップには刻みネギ、食感のアクセントになるピーナッツも散らされている。

箸を入れると、下には茄子、キュウリ、板春雨。

鶏肉を口にすると、しっとりとして柔らか。

黒酢の香りが活きたたれには花椒や自家製辣油などのスパイスが効いて、

辛味、甘味、旨味のバランス感がすこぶる良い。名物と謳うのも納得だ。

鶏肉や野菜などを口に運びつつ、たれを白飯にかけ食した。断然美味い。残ったたれもきっちり完飲。

シェフおすすめ!よだれ鶏のせ冷やし麺

シェフがあわてて、テーブルに来た。麺の調達が叶ったようだ。

しかし、もうランチは食べ終わってしまっている。どうしよう。

――でも、せっかく広尾まで来たのだし、3人で1つなら。

各自、胃袋の空きスペースを見計らいながら注文しようと意見が一致。

期間限定 「JASMINE特製!冷やし麺2014」シリーズより登場です。

通常はここに本日の小鉢、ランチスープ、杏仁豆腐がセット(@1,400)されるのですが、

よだれ鶏セットでいただいていますから単品で。

“中華富士”を紹介している「80C」サイトでは、2013年当店はダイナミックな「海鮮×野菜富士」

今年はまた別の試みで冷麺メニューを作り上げたとか。

当該冷麺は、トマト、トウモロコシ、カイワレ菜、ナス、紅芯大根、モヤシ、ゴーヤと

カラフルな夏野菜とピーナッツを裾野に名物よだれ鶏が頂上を飾るというもの。

お話によると、たれは先ほどいただいた“よだれ鶏のたれ”とは同じものではなく、

冷麺用にアレンジを加え、味付けも甘さを抑えているそう。 手間をかけられているのだ。

また、食べる際には、別碗で用意された香り付けの芝麻醤たれをかけ、

混ぜ合わせるというスタイルになります。

(ノブロー) こんが、今年のジャスミンさんの中華富士だで。合掌するだ。

季節の食材と店のうめえもんが集結した贅沢な山だで Yodare

別腹もフル活用で挑む冷麺、攻略近し!

ランチのよだれ鶏を食べた後だからかもしれませんが、そのままだと味の結束不足。

芝麻醤たれを足していただくことで、より高い満足度を得られると思います。

マンゴープリンは、レンちゃん泣かせてごめんね。のお心遣いかしら。

口に含むとマンゴーの濃度が濃くって芳醇な甘さが口いっぱいに広がった。

美味しいなあ♪ 2人(匹)ともご機嫌ですLoveLove_2

 

HPにも記されていますが、シェフはここ数年江南地方(浙江省、江蘇省、上海市)の

郷土料理を研究し、現地訪問を重ね勉強を怠らないのだという。

次の機会にはぜひ乞食鶏をいただいてみたいと思います。

 

中華香彩 ジャスミン (JASMINE)

東京都渋谷区広尾5-22-3 広尾西川ビル 1F

TEL     03-5421-8525

営業時間/ 11:30~15:00(L.O.14:00) 18:00~23:00(L.O.22:00)

定休日   無休

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、3.9~5.0

2014年7月18日

横浜中華街 福養軒(フクヨウケン)

Fukuyoukenn

横浜中華街、西門通りの広東料理「福養軒」(フクヨウケン) 再訪

また、お母さんに会いたくなった。今日は日替り盛り合せランチを食べよう。

入店すると、昼のTV番組の流れる店内では息子さんが一人。

私に気が付くとにこにこと出迎えてくれた。

見回しても、お母さんはいない。2階のお掃除かしら……。

日替り盛り合せランチ A @680

当店の日替り盛り合せランチは、2種類(A・B)。

どちらも3品一皿盛り合せで、お替り自由のご飯又はお粥が付きます。

さらに、スープとザーサイまでランチに参戦してくれて、このお値段は嬉しすぎ♪ 

この日のAランチは、牛の角煮、肉と茄子の辛味、春巻。

(コウタロー) 皿から溢れんばかりでねえか。充実のおかず力だな。

おかずが小さな山を形成しているようだ。

角煮の下には白菜。

キャベツの千切りを仕切りにして、双方の味が混じらないようにしている。

中盤になったらこれも、たぷたぷの汁を絡めてがっちりいただいちゃおう。

肉(挽肉)と茄子の辛味は、刺激的なものではなくほんのり甘辛。

レンゲですくってタレごとご飯にON!

どのおかずも当店らしく心温まる優しい味わいだ。

(コウタロー) 母ちゃんはやっぱりお掃除してただ。

そのほのぼのとした人柄も当店の魅力だで、リラックスして飯が食える。

オラはまた来ようと思うんだnote

 

横浜中華街 福養軒 (フクヨウケン)

神奈川県横浜市中区山下町214

TEL      045-681-2370

営業時間/11:30~21:00 ランチタイム 11:30~14:00

定休日   火曜日

※横浜中華街満足度数は、3.6~5.0

2014年7月17日

神楽坂チャイニーズ 結華楼(ユイカロウ)

Yuikarou

神楽坂チャイニーズ 「結華楼」(ユイカロウ)

オープンは2013年7月1日。

総料理長、齊藤雄史氏は鼎泰豐(ディンタイフォン)をはじめ、数々の名店で研鑽を

積まれた方だという。

HPを拝見したところ、紹介されている各シェフの経歴に共通するのが、小籠包の有名店での修業歴。

豊かな経験あってのことでしょう。

当店の小籠包も好評を博しているようで、期待値も高まる。

場所は神楽坂のメインストリートの早稲田(神楽坂)通り沿いで、1階が上島珈琲店。

エレベーターで5階に向かう。

扉を開け、入店すると左手に半個室のテーブル席、右手がガラス越しに眺められる

オープンキッチンを備えたメインダイニングで、カウンター席と片側ベンチシートタイプの

テーブル席というレイアウト。また、一番奥はVIPルームになっているようだ。

黒を基調としたスタイリッシュな店内は、厨房が明るめ、客席のほうは照明を抑えているようで、

まるで舞台を見ているよう。

その舞台の中には3名、そのうち1名が小籠包の蒸し上がりをみるため付きっきりの作業だ。

 

カウンター席は埋まっていたので、お洒落なギャルソンスタイルのフロアスタッフ(女性)さんから、

ベンチシートへの案内を受ける。

卓上には、たれ、黒酢、爪楊枝、紙ナプキン。

カトラリーバスケット内には使い捨て紙おしぼり、カトラリーレスト、レンゲ、箸がセット。

着座後には氷水。メニューを手渡され、日替わりについても口頭で教えてくれた。注文を検討する。

「新チューボーですよ!」で紹介されたセットも強くアピールしていたが、

選んだのは平日のお得なセット(6種類)。

これらは全て名物の小籠包3個、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐、ライスが付く。

Aセット 鶏肉の唐揚げ薬味和え(油淋鶏)@980(税別)

角盆にのせて一緒出し。

スープは溶きたまご。私には塩がきつく感じた。

鶏肉はややスレンダー。ひと口目は甘酸っぱかったのですが、食べ進めていくうちに

醤油が口に残るようになり、後半はしょっぱく思えた。

濃い味なので、少量でも飯の友になり得る。頼もしいおかず戦士だ。

少し遅れて、小ぶりな小籠包が登場。針生姜と小皿も同時にサーブ。

「お好みで卓上のたれ、黒酢をお使いください」とのこと。

味見をしてみると、既に醤油と酢をブレンドしたものだった。

神楽坂の桜をイメージしたという“神楽坂小籠包” は、ほんのりピンク色で可憐。

いかにも女子受けのしそうなルックスだ。

まずは箸で持ち上げてみる。破れない、きちんとタプタプしてくれる。

薄い皮を噛み切るとスープがじゅわ~っと広がる。

これは2日間煮込んだスープを包んでいるとのことで、かなり濃厚そしてこってり。

口に含むと餡は優しくとろけた。 品よく主張してくる味わい。

当店が力を入れているだけあって小籠包は好感触。

しかし、平日のランチセットそのものはボリュームが少なく、男性には物足りないかもしれない。

ランチタイムは神楽坂散策のマダム達を中心に予約で大盛況。

場所柄も良いのでしょうが女子率が高く、私の退店時にはレジ脇で待つグループ客もいた。

 

神楽坂チャイニーズ 結華楼(ユイカロウ)

東京都新宿区神楽坂3-2 木村屋ビル  5F

TEL     03-6280-7644

営業時間/11:30~15:00(L.O.14:30)17:00~22:00(L.O.21:30)

定休日   無休          -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、3.5~5.0

2014年7月16日

永利(エイリ) 池袋本店

Eiri

中国東北家郷料理「永利」池袋本店。

場所は、池袋駅北口、「平和通り」(へいわ通り)商店街の道沿い。

以前、「中南海」さんにお邪魔した際、当店の前を通り、

その時から一度は訪問してみたいと思っていた宿題店ですが、

こうして来店するまでには時間がかかった。

某日は仕事関係者との中華飲みに利用。

入り口は半地下。扉を開けると店のメインカラー、朱赤が目に飛び込んできた。

だだっ広いフロアには角テーブルがざざっと並び、円卓の用意もある。

窓がない空間に客入りも上々。ガヤガヤと話し声が反響してイメージ的には中国本土の大食堂だ。

在日中国人の来店も多く、当然と言うか、スタッフさんもみな中国人。

利用は指示のあった入口近くの角テーブル席。

卓上には、醤油、酢、辣油、胡椒、爪楊枝、割り箸は箸立てにまとめて。ほか、灰皿。

着座後には、メニューとタオルおしぼりの提供を受ける。

同行者は、クセのある現地っぽい中国料理は苦手のようで、当店への訪問も躊躇していた。

足を運んでくれたのは、私という中華マニアの我欲に合わせてくれたのだろう。感謝。

鮮魷西蘭花(イカとブロッコリーの塩炒め)@990 

味付けには生姜も効かせていて、こりっとした歯ざわりを楽しめるブロッコリーに、

イカは飾り包丁入り。味の馴染みも良く、同料理のチョイスは同行者ですが、

シンプルな炒めものもそつなくこなしているので安堵した。

東北醤大骨(豚背骨のタレ煮付け)@930 

使い捨て透明のビニール手袋付き。

醤油ベースで煮込まれた骨回りの肉をほじり出し、これをつまみに飲むビールが美味いのだ。

周りを見ても思うことは同じ。ほとんどの卓に醤大骨が出ている。

スパイスの効かせ方、味の浸み込み加減も程よく、同行者も大いに気に入ったようで、

手袋をはめバキバキと関節技をきめ解体し、夢中になっていただいていた。

「ね、たまには中国東北料理もいいでしょ。池袋あたりでは食べさせてくれる店が多いのよ」

実際は同行者のほうが池袋には詳しいのだけれど、ちょっと利いた風な口をきいた。

酒を片手にむしゃむしゃ食らいつく。あっという間に骨のみを残す形になった。

これは2名でも難なくいただける量である。

巻餅セット(クレープ包み)@1,290

A.合菜戴帽(野菜の五目炒めと玉子焼きかけ)

B.青椒土豆絲じゃが芋千切とピーマン炒め)

C.京醤肉絲(豚肉細切の甘味噌炒め) 

上記3種類から好きなものを春餅(クレープ)につつんで食べれるセット。

チョイスは京醤肉絲(豚肉細切の甘味噌炒め)ですが、凄まじいボリュームに息を呑む。

4~5人前はあるのではないだろうか。

箸をつけると、肉は甜麺醤が効いてこってりと甘く、またネギは別皿で提供されるのではなく、

その肉の下敷きになってぐったりとしている。

春餅(クレープ)は6枚。1枚ずつラップされている状態。温めたのだろう。

しかし、どう考えてもこの枚数で全ての京醤肉絲は包みきれない。

※春餅(6枚)追加の場合は380円です。

葱絲(ネギの細切り)@110

ネギにはやっぱりシャキシャキ感を望みたい。そこで追加してみた。

ところが、サーブされてきたものは予想と違っていた。下に敷いてあるネギと同じ形状。

ううむ。欲しいのは細くせん切りにした白髪ねぎなのだけれど……。

ネギを前に沈黙した。波長が噛み合わずもどかしい。

いかに春餅1枚で多く肉を消費しようか努力した。そのため、出来栄えがいまひとつ(涙)。

大量に京醤肉絲は余り、同行者は味付けが甘すぎると卓上の辣油をかけ、ドツボにはまる。

結果、ここで箸がストップ。持ち帰りにしたらどうだろうか、との提案だったが味のくどさに辞退。

選択ミスをしたようで、醤大骨で上がったテンションも急降下。会計をすることにした。

総じて料理のボリュームが多いため宴会向け。

ラインナップも豊富なので、大人数での利用が望ましいと思う。

お酒は、アサヒ生ビール@520×3、中国紹興酒15年(グラス)@600×3で

Hand01お会計は、1人当たり3,000円(千円未満四捨五入) ご馳走さまでした。

 

永利(エイリ) 池袋本店

東京都豊島区池袋1-2-6 ベルメゾン池袋

TEL      03-5951-0557

営業時間/ 11:00~24:00(L.O.23:30)

定休日   無休          -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※中国料理満足度数は、3.5~5.0

2014年7月15日

謝朋酒樓(シャホウシュロウ) 横浜中華街

Syahousyurou

横浜中華街、関帝廟通りの四川料理「謝朋酒樓」(シャホウシュロウ) 再訪

 

今回の利用は1階奥のテーブル席。

卓上には、醤油、酢、胡椒、ミニパックの辛子、胡椒、爪楊枝、ペーパーナプキン、取り皿、灰皿。

ロゴ入り箸袋に入った箸(横置き)がセットされ、おしぼりの提供はなし。

着座後に、メニューと氷水をいただく。

日本の夏は“冷やし” 

とかく冷たいものを欲しがる我々日本人のために当店のランチメニューにも

冷やし中華なるものを見つけることができた。

五目特製冷し中華@980(税抜)

麵を彩る五目は、チャーシュー、鶏肉、キュウリ、玉子、干しシイタケ。

細切りの具材を放射状に盛る日本でお馴染みのスタイルで、

そのトップに君臨するのが海老である。

別碗にはゴマだれ。もちろん思い切りよく、全部回しかけて使う。

香辛料香るチャーシューは、中華街を実感させてくれるキーポイントだ。

麵は中ぐらいの太さ。ツルツルするする喉を通過し、

ゴマだれは、ほんのりとした甘みと酸味ですっきりと爽やか。

 

当店は四川料理店ですから、もっとぴりっと刺激的な冷麵があっても良いかと思うのですが

ランチメニューの五目特製冷し中華はこちら。

一般的で面白味には欠けますが、親しみやすく標準的な味の安定感は得られます。

杏仁豆腐のサービス。

お店のご厚意によるものかしら。ご馳走さまです。

注文しやすい価格帯で取り揃えられたランチは普段使いに魅力的。

次回は店の特長を活かした四川系の料理をチョイスしてみたいなあ。

 

謝朋酒樓(シャホウシュロウ)

神奈川県横浜市中区山下町188

TEL      045-662-9113

営業時間/月~金 11:00~23:00 土・日・祝 10:30~23:00

定休日/  無休

※横浜中華街満足度数は、3.6~5.0

2014年7月14日

康華楼(コウカロウ) 横浜中華街

Koukarou

横浜中華街、北門通りの上海家庭料理「康華楼」(コウカロウ)再訪

利用は、1階細長い店内の奥の4人掛けテーブル席。

お目当てはもちろん、前回の課題になった“高菜といか押し延べ豆腐かけご飯”

ランチタイムでも注文可能です。

高菜といか押し延べ豆腐かけご飯@900

スープの具材は、溶きたまご、キャベツ、人参。ほんのり生姜が効いた塩味です。

イカ、高菜、押し延べ豆腐、細長くカットしたタケノコを加え、唐辛子で風味をつけ、

味つけは塩と醤油。仕上げには刻みネギ。

緩くとろみがあって、ザクザクかき混ぜ口に運ぶと、食材こそ違いますが、

中華丼をいただいているような親しみやすい味わい。

想像していたとおり、日常的に嬉しい味です♪

これ、自宅ではイカをアサリにしても良いかな。アレンジが効きそうな、かけご飯だ。

杏仁豆腐もセットされていた。シロップの甘さは控えめです。

やはり立地的なこともあるのか、遅い時間帯のランチは空いていた。もったいないなあ。

会計を済まると、入口近く、2階に向かう階段並びのテーブル席にはお婆さんが座っていて

「ありがとうございました」と声をかけてくれた。お店の方なのかしら。 

なお、ランチタイムはきっちり禁煙なので、モクモクに巻き込まれる心配なし。

またお邪魔させていただきたいお店です。

 

康華楼(コウカロウ)

神奈川県横浜市中区山下町201-5

TEL      045-651-2306

営業時間/ 月~金 11:00~14:00(LO) 17:00~21:30(LO)
        土・祝 11:00~21:30(LO)

定休日   日曜日          -店舗情報「食べログ」より-

※横浜中華街満足度数は、3.7~5.0

2014年7月13日

喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋

Kirinnkenn

温故知新中国料理 「喜臨軒」(キリンケン) 再訪

某日の夜。事前に聞いたところ当店は予約のお客様でいっぱい。

この近くで友人と食事を済ませたので、帰る前に焼売だけ食べて帰れないかしら。

ダメもとで電話をしてみると、遅い時間なので先のお客様も帰られたのでしょう。

カウンター席なら案内ができるという話。2次会使用という感じですが、ちょこっと立ち寄りました。

喜臨軒名物 手切り豚肉と天然海老のシューマイ 1個@250

きゃっほー♪ “キングオブシューマイ”

これこれ、他に類を見ない抜群の食感とジューシーさ。

当店のシューマイは別腹感覚でいくらでも食べれそう。

友人にも当店を紹介したいし、この焼売を食べさせたかったんですよ。

もちろん彼女も気に入ってくれた様子で大喜び。 大満足です。

A菜の炒め

とは言っても、本当に焼売だけを食べて帰るのは申し訳ない。清炒を注文。

シンプルな塩炒めで素材の香り、旨みをストレートに味わう。

お値段を聞くのを失念しましたが、空芯菜と同じ1,400円ではないかな。

 

遅い時間にお邪魔していますから、私達がラストの客。そろそろ火を落とす時間のよう。

カウンター席から望むキッチンの躍動感が少し寂しくなってしまいましたが、

当店への訪問は私の楽しみ。 またお邪魔してしまうんだろうなあ~heart

 

喜臨軒 (キリンケン)

東京都世田谷区池尻3-2-5 コンフィアンス流来 B1F

TEL          03-5787-6982

営業時間/ 11:00~14:00 (L.O)18:00~22:30(L.O)

定休日    日曜

※中国料理満足度数は5.0 (*^・^)ノ特別。 断然定期訪問。

2014年7月12日

レストラン・μ(ミュー) 武蔵小杉

Photo

レストラン「μ」(ミュー) ディナータイムの再訪

予約時の前日には、予約再確認(リコンファーム)の電話あり。

店の前に来ると、「本日予約で満席」というような札がでていた。

後の推測ですが、当店は客席を何回転かさせるというシステムではない様子。

隣の席のお客様が帰られテーブルが空いても、そこが新たに埋まることはなかった。

今回の案内も1階、奥の4人掛け丸テーブル、窓際席。

前回同様、当日でもコース料理は受け付けてくれるそうですが、アラカルトでチョイス。

テーブル・セッティング等は変りがないようですから省略します。

ブロッコリーとカリフラワーの生姜和え@780

シャキシャキと歯触りの良いブロッコリーとカリフラワーを生姜ソースで和えた前菜。

ほんのり生姜も香りますが、シンプルに素材の持ち味を活かしています。

自家製チャーシューのおこげサラダ@1,800

同行者チョイス。前回もいただいています。

山盛り野菜の上には、特製たれに漬け込み炙ったスライスチャーシュー。

オコゲのサクサクとした軽い食感を楽しむボリュームたっぷりの新感覚サラダには、

山椒ドレッシングを使われているそうですが、さほど刺激的なものではありません。

創作色が強いので、好みの分かれる料理かも。(個人的には苦手、すみません)。

うなぎ麻婆豆腐@2,780

片手鍋でのサーブ。

うなぎと麻婆豆腐のコラボは、かば焼き状のうなぎが上に乗るという形で登場、

表面には山椒が確認できます。

スタッフさんの話によると、うなぎに山椒は合いますので、とのこと。

それはわかるけれど、あまりにストレートな合わせ技に息を呑んだ。

豆腐と共に口に運ぶと、辛さの中に甘さを感取する旨味系の麻婆豆腐。

挽肉は手切りしたのかしら?と思うほど食感が良かった。

しかし、前回は1,900円で提供されていたはずですが、1年たたぬうちに2,780円に

価格改定されてしまうとは…。

ポーションも違うのかしら?それとも、鰻の価格高騰によるものだろうか? 

まずは、この機会にいただけて良かった。

お酒は、生ビールにボトルワインを2本注文し、

Hand01 お会計は、1人当たり7,000円(千円未満四捨五入) 

場所柄か、地元の小さなお子様連れのファミリーの利用も多い。

創作中華全開。二ヶ領用水沿いの一軒家レストランです。

 

μ (ミュー)

神奈川県川崎市中原区今井南町405-1

TEL      044-819-7471

営業時間/ 11:30~14:30(L.O.14:00) 18:00~22:30(L.O.21:30)

定休日    月曜日(祝祭日の場合は営業、翌火曜日定休)その他不定休あり

※中国料理満足度数は、3.4~5.0

2014年7月11日

中国茶藝館茗香閣 (チュウゴクチャゲイカン・メイコウカク) 横浜中華街

Meikoukaku

横浜中華街、「中国茶藝館茗香閣」(チュウゴクチャゲイカン・メイコウカク)

場所は、福建路の地久門近く。

創業は1998年。1階の中国茶専門店「緑苑」(リョクエン)さん直営の茶藝館です。

2階に向かう階段の脇には、おすすめ緑茶の紹介。

当店では『全席禁煙』及び『お子様連れのお客様はご遠慮させていただいております』とのこと。

関帝廟通りからも近く立地的にも悪くはないのですが、見落とされがちなのかもしれません。

入店すると、先客はなし。

女性スタッフさんの「どこでもお好きなところにどうぞ」という言葉に甘え、

4人掛けのテーブル席に着座。貸切状態だ。

通りに面しているので窓からは自然光が差し込み、木目調でまとめた店内は落ち着いた雰囲気。

大通りあたりのごちゃごちゃとした喧騒から離れ、くつろぎの時間が持てそうだ。

卓上には、メニュー、茶盤、電茶壺、タオル、砂時計がセットされ、

足元には荷物を置ける籠、ブランケットの用意もあり。嬉しいですね。

さて、メニューの裏には、注文の仕方として下記の事項が記されていた。

・お茶のご注文はお一人様一つづつお願いしております。
・すべてのお茶にお茶菓子がつきます。
・お湯代はかかりません。

ほか、注意点としては、

・デザートのみのご注文はできません。
・お茶のご注文をされない場合は席料として1,000円かかります。
・店内での携帯電話のご利用はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。   

           とのこと。

今季おすすめの茶、春から夏の間だけの限定品(緑茶の新茶)各1,500円の中から
廬山雲霧 江西省 をチョイス。

緑茶は、蓋碗、茶海、茶漉し、聞香杯、茶杯というセット。

緑茶はお湯の温度が高いと味が濃くなり渋みも出るということで、(温度は)

70~80度が好ましいとのこと。電茶壺の湯は熱いため予備の茶海が用意されました。

はじめはスタッフさんがお茶を入れて、手さばきを見せてくれますから、これに習いあとは自分で。

1.予備の茶海 ここでいったん湯冷ましをしてセットの茶海に注ぎ→2.茶海

2.茶海 器が手のひらで触れる程度になったら蓋碗に注ぎ→3.蓋碗 ここで少し蒸らします。

3→2. 茶漉しを使い蓋碗から再び茶海(2)に移し替え

2.→4・ 聞香杯 (茶杯に移したあとは、ゆっくり深呼吸する感じで茶の香りを楽しむ)。

4.→5. 茶杯 の順にお茶を移していきます。

新茶は緑が鮮やかで綺麗。えぐ味がなく爽やかな味わいです。

同行者は烏龍茶のチョイス。茶壺(急須)を使用。

お茶によって使用する茶器に違いがあるのだ。

この場合、卓で注文したお茶をそれぞれ試飲できるよう茶杯が用意されます。

(レンタロー) 茶が入っただ。オラ、烏龍茶ごっちゃんになろ。

(ノブロー) ぼよ~ん、ぼよ~ん。眺めがええだ。

(レンタロー) あっ、なんだべ!ノブ!オラにも貸して欲しいだ。

(ノブロー) えへへ♪

Meikoukaku_2(スタッフさん)まあ、可愛らしいパンダちゃん。ご一緒にお茶ですか?

スタッフさんにお声掛けいただいたよ。落ち着いて、お茶を楽しんでくださいな。

無料でセットされているお茶菓子はドライフルーツとクッキー。

この他にも、手頃な値段のお茶菓子が販売されているので、お茶請けに求めるのも

良いかもしれません。

また、1階「緑苑」さんのお茶のお土産も付いています。

帰宅後、開封。

碗型に圧縮された小侘茶は、ジャスミン茶。

おいしい淹れ方が記された説明書もついていますから安心。

(ノブロー) お茶プレゼント付だで、お得感あるだ。

当店では、お湯も無料でもらい放題。まったりと2時間ぐらいは過ごしたでしょうか。

中華街で静かにティータイムを過ごすには、おすすめの茶藝館です。

 

中国茶藝館茗香閣 (チュウゴクチャゲイカン・メイコウカク)

神奈川県横浜市中区山下町220 緑苑ビル 1F

TEL・FAX      045-651-5651

営業時間/12:00~20:00(L.O.19:30)

定休日   木曜日

大きな地図で見る

※横浜中華街満足度数は、3.6~5.0

2014年7月10日

金陵(キンリョウ) 横浜中華街

Kinnryou

横浜中華街、関帝廟通りの「金陵」 

創業は1923年。焼き物と滷味の店として中華街で高い人気を誇っています。

テイクアウトでは、以前記録しておりますが、本日は店内でのランチ。

店頭に吊るされた焼き物を確認のうえ、入口を入った右手に幅の狭い階段がありますから、

そちらを上り2階まで。

イートインスペースは普通のお宅のリビングのよう。

平日ということが関係していると思いますが、間もなく13時だというのに先客はなし。

カウンターテーブル内に居たスタッフの女性が顔を覗かせ、フロアの灯りのスイッチを入れた。

客卓は円卓と大きめの角テーブルが各1卓ずつ。昼の番組こそ流れてはいないがTVの用意はある。

営業が終わったあと、店の方々がここで食事でもとられるのかしら。

スタッフさんの接客対応はあっさりとしたものなのですが、家庭の匂いがする空間だ。

角テーブル席利用。卓上には、醤油、酢、からし、辛味がマイルドでほんのり酸味のある豆板醤、

紙ナプキン。箸は箸立てにまとめて。着座後にメニューの提供を受ける。

茶杯で中国茶の提供はありますが、おしぼりはなし。

料理・ご飯類より二種盛り丼(二種飯)小@1,200に目をつけた。

この際の二種は、別メニュー(自家製炭火叉焼・鶏・鴨・モツ煮込み)から選び、

丼ものにはスープ&ザーサイが付くというシステム。

二種盛り丼(叉焼・白切鶏)@1,200

ザーサイはほぼ同時に、それに少し遅れワカメープ(塩味)もサーブされた。

丼メンバーは、メニューから主役に抜擢した叉焼、白切鶏。

さしあたって、ヒーローが店の看板、叉焼で、ヒロインが白切鶏というところかな。

青菜、味付けたまごを従えている。

二種のボリュームもさることながら、器は深さがあり、箸を入れると思いのほか

飯が詰めこまれボリューミーだ。

焼き色の美しいチャーシューを噛みしめるとスパイスと炭火の香ばしさが香った。

のはいいが、肉らしさを越え、繊維が硬く食べ辛い。

次に白切鶏に箸をつけた。

こちらは、骨付きでしっとりむっちりタイプ。欲を言えばもっと生姜を効かせてほしい。

 

幸いするのは米質に難がないことで、お供の青菜とたまご、卓上の豆板醤をも

飯のおかずとして順調に食べ進められた。

しかし、器の底が見えているのに、あとひと口が入らない。腹がきつい。

女性には、いささか険しい量だと思う。

(ノブロー) ちなみに、二種飯の大は@1,400になるだ。

会計はテイクアウト同様に1階のレジで済ませる。

横浜中華街で味わう香港の味。

これは創業者が香港から伝え家族に代々受け継がれたものだとのこと。

最近は炭火で焼いたタンドリーチキンもあり、ネパールカレーも好評を博しているとか。

進化をみせています。

 

金陵(キンリョウ)

神奈川県横浜市中区山下町132

TEL      045-681-2967

営業時間/ 11:30~18:30(L.O)売店は20:30まで

定休日   月曜定休(祝日の場合は翌日休み) ※食事・テイクアウトともに売り切れ次第終了。

大きな地図で見る

※横浜中華街満足度数は、3.6~5.0

2014年7月 9日

栄児 家庭料理(ロンアール カテイリョウリ) サンシャインシティ店  池袋

Ronnaru

四川料理「栄児 家庭料理」(ロンアール カテイリョウリ)サンシャインシティ店。

店主は四川省出身の丸藤栄子(周栄)氏。

祖母から教わった四川家庭料理を伝えたいとの思いで本店(板橋店)を2002年にオープン。

現在都内には数店舗姉妹店を有しており、サンシャインシティ店もその中のひとつ。

場所は東池袋サンシャインシティ・アルパ3階。

商業施設内のレストラン街に入っているためか、とてもカジュアル。

ガラス越しに空席を見つけたので遅いランチに利用した。

入店すると先客は3組。

スタッフさんの「一番奥の席でよろしいですか?」とのお尋ねに、もちろん異存はなかった。

客席はテーブル席のみで、ぐるなびによると総席数30席。

利用は3人掛けのテーブル席。壁に対面する方向で着座した。

卓上には、ランチメニュー、紙ナプキン、爪楊枝、ウォーターピッチャー、箸(箸立てにまとめて)。

フロアを担当しているのは、先ほどの女性スタッフ1名。忙しそうだ。

メニューを手に取り、注文を決めて待っていると、水の入ったグラスがサーブ。

「汁なし担々麵」をお願いすると、辛さを聞かれた。

え?そんなのあるの?

スタッフさんが指さす方向を見ると辛さの段階が1~7まで分かれていた。

無謀な挑戦は嫌なので、ちょっと辛いぐらいはどれになるか、と聞いたところ、

答えは3のしびれ(辛)だった。 私にはそれぐらいがいいかな。

 

当店はランチタイム、11:00~15:00までは餃子食べ放題というシステム。

次は入口近くに設置されたコーナーからセルフで水餃子を調達する。

ここには自家製ラー油と合わせ黒酢が置かれていて、スタッフさんの話では

黒酢もたっぷりが美味しいとのこと。アドバイスに従う。

汁なし担々麵@1,000

辛さは3のしびれ(辛)。

柔らかめで細い縮れ麺の上には、肉そぼろ、刻みネギ、ピーナッツ。

サラダ付。 と言っても、生野菜をバリバリ食べるわけではなく、

ボイルしたもやし、キュウリ、人参のあっさり甘酢漬け。

口の中の辛さを和らげるには、酢が丁度良い。

利用が遅かったためか、厚めの皮が硬くなり、

待ちくたびれ感ひしひしのもっちり水餃子、餡にはがっちりニラ入り。

自家製のラー油は舌触りがジャリっとしていて、揚げたニンニク他スパイスが効き香ばしい。

やはり、合わせ黒酢たっぷりのほうが、さっぱりして食べやすいように思う。

また、ランチタイムの終わり頃には、どこにいたのか店のおじさんが

「どうでしょう?」と、テーブルまで水餃子をすすめに来てくれた。

汁なし担々麵は器の底にタレが溜まっていますから、かき混ぜなくてはなりません。

くっつき合っていたので、上下左右に振るようにして麵をほぐし、全体をしっかり混ぜると、

黒酢がぷんと香った。この香り大好き♪

花椒が効いて、辣油は先ほどの自家製ラー油かしら?

唐辛子ほか四川の香辛料が使われ香ばしさもある。

食べ進めるほどにジンジン痺れ、唇がこってりするほどにオイリーですが、旨味も強い。

この旨味のせいか、意外に食べやすく、難なく完食。

スパイスは四川なのですが、味は微妙に日本ナイズされつつある感じ。

レストラン街の店舗だからなのかしら。

本店に伺えばまた印象が違うのかもしれませんね。ご馳走さまでした。

 

栄児 家庭料理 サンシャインシティ店

東京都豊島区東池袋三丁目1-1 サンシャインシティ・アルパ3階

TEL      03-3982-6886

営業時間/ 11:00~15:00 17:30~22:00

定休日   不定休(サンシャインシティに準ずる)

大きな地図で見る

※ランチ満足度数、3.5~5.0

2014年7月 8日

艇家大牌當 閉店

Teika

香港海鮮屋台料理「艇家大牌トン

先日、読者様より「本日も中華日和」宛てに閉店の知らせをいただいたので、

現地確認に行ってまいりました。

到着すると、すでに店の看板等は取り外されテナント募集の貼り紙が出ていた(涙)。

これでようやく私も諦めがつきました。 

最も好きなお店の大事を知らせてくださった読者様に感謝です。

喜臨軒(キリンケン) 池尻大橋

Kirinnkenn

温故知新中国料理 「喜臨軒」(キリンケン) ランチに定期訪問→前回

ランチセットのスターターは蒸しスープ(鶏)。

副菜(小皿料理)は、ピータン入り中華風茶わん蒸しが完売とのことで、選択の余地はなし。

押し豆腐のサラダ。下にはキュウリ、押し豆腐は豆もやしと和え、ゴマ油の香るあっさり塩味。

喜臨軒名物 手切り豚肉と天然海老のシューマイ 1個@250

(レンタロー) 別名“キングオブシューマイ”だで Syumai
 

変わらず肉々しくってジューシーLove3

だけんど、今日はちいと塩がきついな。夏むけバージョンだべか?

海老と枝豆の橄欖菜チャーハン”からし菜とオリーブのオイル漬け風味”@1,200

お客様の入りも上々で、完売の麺飯もありましたが、本日チョイスはこちら。

橄欖菜(カンランサイ)は、メニューにも表記されている通り、からし菜とオリーブのオイル漬け。

炒飯の中にポツポツと黒っぽく点在しているのが、それですね。

いただいたものは、味が高菜漬けにも似ていました。他に具材は海老、枝豆、玉子など。

見事なまでのパラッパラ炒飯。

味は良いのですが、ボリュームがあるので、後半には味が単調に思えてしまった。

これも贅沢な話ですね(汗)。美味しかったです。

デザートとお茶菓子

普洱茶(プーアル茶)のプリンとソラマメのケーキ。

少し間が空いたランチ訪問で驚いた。なんと!カウンターの両端に棚が作られていました。

シェフのお話によると、手狭になったためだとか。

ぐぁぁ~ん!!ダイナミックな調理工程を拝見できるライブ感が半減だ(涙)。

シェフ一人で調理をされているから、効率的にスペースを活用していかなければならない

のはわかるのですが、当店のカウンターファンには、寂しいニュース。

 

喜臨軒 (キリンケン)

東京都世田谷区池尻3-2-5 コンフィアンス流来 B1F

TEL          03-5787-6982

営業時間/ 11:00~14:00 (L.O)18:00~22:30(L.O)

定休日    日曜

※中国料理満足度数は5.0 (*^・^)ノ特別。 断然定期訪問。

2014年7月 7日

福臨門 家全七福 by SEVENTH SON 銀座店 【閉店】

Fukurinnmonn

高級広東料理「福臨門 家全七福

お家騒動の決着により、創業者・徐福全氏の7番目の息子となる徐維均さんが

オーナーとなった日本の「福臨門」。近年中に改名が必要とされていました。

1月丸ビル店にお邪魔した際にはまだだったようですが、6月並木通りの銀座店

(ロイヤルクリスタル銀座7F)に伺ったところ、すでに新ブランド名に改めていました。

 

ブラウンを基調としたモダンで優美な店内。

案内いただけたのは、メインダイニング中ほどの窓際の4人掛けテーブル席。

(ほか、クッションを設えた片側ソファテーブル席)

並木通りに面する大きな窓からは明るい自然光が差し込んできます。

また「香港」、「上海」、「東京」などと名の付いた個室(6)もこのメインダイニングに併設され、

席数は60席なのだそう。

テーブル・セッティングは、位置皿、カトラリーレスト、箸(縦置き)、レンゲ、ナプキン、メニュー。

着座後には、タオル地のおしぼり(トレー置き)の提供があり、

白いテーブルクロスを広げた卓上には塩、胡椒がセット。

某日は席のみ予約。アラカルトで点心を注文し、飲茶プラスアルファでランチを楽しみます。

鮮蝦蒸粉葉(海老と野菜の餃子)(3)@1,260

浮き粉を使った半透明の皮(澄麺皮)からは、餡の色味が透けて見える。

――美しい。

このセクシーさにズッキューん!と心を射抜かれ、思わず息を呑んだ。

味付けはなされているのでこのままで。

宝物を包んだ薄い皮に箸をつけると、吸い付くようにむっちり。

そのまま運び歯を入れる。

つるんとした皮の下で海老と野菜、各々の食感がハーモニーを紡ぎだし、

ナチュラルな美味しさが口いっぱいに広がった。 非常好食Crown04

オーダーを通した段階で、好みで使える豆板醤とXO醤も卓上に用意。

味見をしましたが、印象は、丸ビル店と大差なし。まるみのある品の良い味わいです。

魚翅灌湯餃(フカヒレ入りスープ餃子)(1)@1,840

その丸ビル店でもいただいていますが、魚翅灌湯餃、再び。

スープの表面には、フカヒレ(散翅)。金華ハムは下に沈んでしまった様子。

なお、当店では酢の用意はなかった。

(レンタロー) 同行者さんが、事前にリサーチしてくれただ。

当店では押さえたほうが、賢い組み立てなんだ。こんで、オラも賢くなるだUsisi

レンゲで大きな餃子をすくい上げ、

噛み切ると中からはエビと貝柱がごろごろ。

黄色味がかった皮は厚みがあって独特の風味。この前(丸ビル店)は妙に粉臭いと

感じたのですが、今回は滋味豊かなスープと馴染み、口に含むと香港がしみじみと香った。

味の構築が現地っぽい。そう、本来はこの味なんだわ。好味。

安蝦咸水角(海老入りもち米の揚げ餃子)(3)@1,260

油っこさは微塵もなく、熱々のうちにハフハフ頬張ると、揚げた餅皮は外がかりっと。

中はもっちりと柔らく、とろ~として細かくカットした餡がよく絡む。

この餅皮と餡のバランスも上々。万人受け、間違いない味だと思います。

(ノブロー) オラ達もでえ好きな中華ピロシキだ。ナイスな注文だで!

千蒸牛肉賣(牛肉シュウマイ)(4)@1,260→@315×3

今月おすすめ点心よりチョイス。本来は4個での提供。人数分に合わせていただけました。

がっちり肉々しい牛肉シュウマイ。スパイスの効かせ方が、やはり香港だ。

同時にウスターソースがセット。 なるほど、これが港式なのか。

使ってみると、日本のそれ(ウスターソース)とは一味違う。

珍味帯子餃(ヤングコーン入り帆立の餃子)(3)@1,260

今月おすすめ点心よりチョイス。

むっちりとした澄麺皮に包まれた帆立は、存在感が頼もしく素材の旨みがダイレクトに伝わってくる。 

これも断然、美味いCrown04_2 セクシー系の餃子は、当店の鉄板かもしれないなあ。

蠔油叉焼飽(チャーシュー入り饅頭)(3)@1,260

オイスター風味でほんのり甘く味付けされた叉焼を、ほわっふわの皮で包んでいます。

ボリューム的にも手頃。味わいも王道という感じだ。

香麻咖喱酥(カレー入りごま風味のパイ)(2)@1,260→@630×3

今月おすすめ点心よりチョイス。人数分に合わせていただけました。

白胡麻がふんだんに散らされたパイ生地は、さくっとホロホロ。

中には咖喱粉で味をつけたペースト状の餡と細かくカットした豚肉が入っていて、

ひと口食べた時にイメージしたのはカボチャパイ。(すみません)。

マイルドなカレーの風味はするものの、もさっと甘い。

ここで、豆板醤のチョイつけ。うん、味が引き締まったぞ。

後半に注文したこともありますが、ポーション的には少し小さくてもいいかな。

(ノブロー) 作り立てもらえたで。バターの風味が効いてるだ。

韮王煎竹巻(黄ニラ入り湯葉の焼きもの)(2)@1,260→@630×3

今月おすすめ点心よりチョイス。人数分に合わせていただけました。

ぱっと見はぺらんとしてテンションが上がりにくいビジュアルですが、中にはみっちりと海老、黄ニラ入り。

湯葉巻蒸しはいただく機会が多いのですが、油で両面を焼くものははじめて。

舌に馴染みやすい確実路線の味で、ほっとくつろがせてくれます。

清炒(小)@3,220

介蘭の炒めもの。取り分けてのサーブ。

火入れ加減も申し分なくシャキシャキとした歯応え。薄味です。

(ノブロー) シンプルな炒めものは、技量が如実に表れるものだで Unnunn

鮑汁章魚雞粒飯(干し鮑の煮汁を入れた干しタコと鶏肉の炒飯)2人様用@2,760

取り分け前に「写真は大丈夫ですか?」とスタッフのお姉さん(中国人)から声掛けあり。

細やかな心遣い、ゆとりある接客に感じ入った。

炒飯は2人様用でこれぐらいですから、3名で取り分けるには丁度良い量かな。

香宮」さんの鮑汁入りリゾット風チャーハンは、気に入って、ちょこちょこいただいていますが

さて、ご本家の味はいかがなものでしょう♪

長粒米使用。鮑汁のエキスに干しタコだけではなく、贅沢にがっちり干し貝柱入り。

濃厚なダシが味にぐっと深みをつけ、ぷっくりとした鶏肉が食感にメリハリを与える。

実にリッチな味わいです。

しかし、作り手が違うためもあるのでしょう。

リゾット風チャーハンに慣れた私にはやや甘めに感じられた。

とこしえの旨さ比べ、容易に比較できるものではありません。

合桃露湯丸(白玉入りクルミの温かいスープ)@1,155

最後はデザートタイム。 このタイミングでおしぼりの差し替えを受ける。

先日、「富麗華」さんで断念したこともあり、メニューから迷わずクルミをチョイス。

クルミには美容・薬効、様々な効能が期待でき、かの西太后もくるみ汁粉は愛飲していたとか。

アンチエイジングにも一役買っているとなれば、飲まずにはいられない。

口をつけると熱々で身体の芯まで温まるぽってりとした口当たり。

風味が豊かでこっくりと味わい深く、優しく胃袋に浸透していく。

――う~ん。なんだか、じわじわ効き目がありそうだ。

スープに浮かぶもちもちとした白玉には黒ゴマいり。

しかも、とろっとしたタイプではなく、粗挽きの黒ゴマで凄いツブツブ密度。そのため風味が良い。

ちなみに、同行者さん達も同様に温かいスープを注文。

ここに、汁粉兄弟(姉妹?)が集結。

紅豆沙湯丸(奥・左)、杏仁茶湯丸(奥・右)、各@1,155です。

なお、ドリンクはティーポットでいただけるサービスのお茶で済ませました。

Hand01 お会計はサービス料10%が加算され、1人当たり9,000円(千円未満四捨五入)。

テーブルチェックにて。

同行者さんの尽力により、アラカルトで同店の魅力を味わえたように思います。 感謝。

「福臨門 家全七福」銀座店さんの飲茶。ある程度の人数を揃えたうえ、訪問をおすすめします。

 

福臨門 家全七福 by SEVENTH SON 銀座店

東京都中央区銀座5-4-6 ロイヤルクリスタル銀座 7F

TEL       03-6215-6996

営業時間/  火~金 11:30~16:00 17:00~23:00
土・日・祝 11:30~16:00 17:30~22:00

定休日     月曜日(但し祝日の月曜日はランチのみオープン)

大きな地図で見る 

※ランチ満足度は、4.8~5.0

2014年7月 6日

大三元酒家(ダイサンゲンシュカ) 肉包子 横浜中華街

横浜中華街、南門シルクロードの上海料理「大三元酒家

某日のおやつに小包子(小さい肉まん)をテイクアウトで購入したのですが、

値段が150円(税別)に変わっていました。内容に変りがあるかしら?

チャーシューまん・花巻・小さい肉まん・桃まんは

蒸し器で8分、電子レンジで30秒。賞味期限は冷蔵3日、冷凍1ヶ月。
冷凍した場合は、上記の時間より少し長く調理。        このあたりは変わりません。

餡にはしっかり、下味付き。 以前と比べ若干、具材の存在感が乏しくなったように思います。

皮の甘みはそのままなのですが、敷紙(グラシン紙)も剥がしづらくなったかな。

 

大三元酒家

神奈川県横浜市中区山下町136

TEL      045-641-4402

営業時間/11:00~22:00(L.O.21:30) 

定休日   不定休

2014年7月 5日

緊急速報 「艇家大牌當」

Teika2


香港海鮮屋台料理「艇家大牌トン」さんが諸事情により閉店されたという

ショッキングなニュースを読者様から「本日も中華日和」宛てにいただいたそうです。

“清蒸の神”との別れが、まだ現実のものとして受け止められない自分です(涙)。

康華楼(コウカロウ) 横浜中華街

Koukarou

横浜中華街、北門通りの上海家庭料理「康華楼」(コウカロウ)

中華街のメイン通りからも離れた玄武門(北)近く。横浜スタジアムはすぐそこ。

立地的なことが関係するのか、平日のランチタイムは一般の観光客よりも

付近にお勤めの方々の利用が多いよう。

小綺麗な店構え。当店に好気配を感じます。

表にはリーズナブルな日替わりメニューが紹介されているので入ってみましょう♪

店内は細長い造り。利用は1階入り口近くの4人掛けテーブル席。

情報によると、客席は1階~3階までで、席数は50席ぐらい。座敷席も完備(3階)。

 

テーブル・セッティングは、湯呑みが数個。

ビニールクロスを敷かれた卓上には、醋、醤、辣油、七味、コショウ、爪楊枝、、紙ナプキン、

日替わりメニューもセットされている。

メニューを手に取り、あれこれ悩んでいると、割り箸とステンレスポット(茶葉入り)が置かれた。

担々麵、半ライス、杏仁豆腐@620

杏仁豆腐もさっさと揃う。このお値段のランチです。文句は言えない。

炸醤肉(肉そぼろ)、青菜、刻みネギ。表面には辣油が浮かぶ。

中ぐらいの太さの麺をすすり上げ、次はレンゲを使ってスープを味わう。

クリーミーだけれどピリッと痺れ、きちんと辛い。

もう一口飲んでみる。

ううむ。さらりとした喉越しでいい感じに塩辛い。これはご飯に合う担々麵だ。

嬉しいことに飯も美味いので、良きパートナーとなってスープが進む。

中華街の担々麵と言うよりも、クセがなく都内で食べているような味の親しみやすさがあった。

食後に壁に貼られた別メニューを発見。

いま食事を終えたばかりなのに、またも食指が動いた。

“高菜といか押し延べ豆腐かけご飯”これはちょっと他では見かけないぞ。

庶民的でまかない飯っぽいかけご飯が好奇心をそそる。美味しそうだ。

また、店内には美食節第4回、横浜中華街フードフェスティバル点心品評会で金賞を

受賞した「ふかひれにらまん」の賞状が飾られている。

当店にはいろいろと課題を与えてもらえた。またお邪魔したいな。

 

康華楼(コウカロウ)

神奈川県横浜市中区山下町201-5

TEL      045-651-2306

営業時間/ 月~金 11:00~14:00(LO) 17:00~21:30(LO)
        土・祝 11:00~21:30(LO)

定休日   日曜日          -店舗情報「食べログ」より-

大きな地図で見る

※横浜中華街満足度数は、3.6~5.0

2014年7月 4日

銀座アスター 新宿賓館

Ginnzaasuta_sinnjyuku

中国名菜「銀座アスター」新宿賓館。

本店は銀座1丁目になりますが、当店の場所は新宿三丁目駅、明治通りを池袋方面に

進行した通り沿いのビル(新宿レインボービレッジ)の5階。

ぐるなびによると、総席数200席を誇る大箱店です。

エレベーターを降りた正面にレセプション。

1人の旨を伝え、案内していただけたのは、入口にも近い窓際2人掛けテーブル席。

奥のダイニングまで足を運んでいませんから、店内のすべてはわからないのですが、

けっこう落ち着いた雰囲気です。

テーブル・セッティングは、箸置き、箸(縦置き)。

白いテーブルクロスを2枚重ねた卓上には、醤油、黒酢、胡椒、爪楊枝、紙ナプキン、

卓上簡易メニューなど。

着座後には、タオル地のおしぼり(トレー置き)とグランドメニューをいただきランチの説明を受ける。

注文を伝えると、「お茶で宜しいでしょうか?」とのお尋ね。

ティーポット(茶葉なし)でお茶がサービスされた。

酸辣湯麺(サンラータン麺)ハーフサイズ@900(税込@972)

麵にはハーフサイズで提供出来るものがあった。それが酸辣湯麺と担担麵で、

双方ともにレギュラーサイズは、@1,600(税込@1,728)

それほど、お腹も空いていなかったので、ハーフサイズの酸辣湯麺をチョイス。

受け皿付きでのサーブ。

具材は、ザーサイ、溶きたまご、白髪ネギ、香菜など。

麵は舌触り滑らかな中細ストレートタイプで、その麺をコーティングするように

スープには緩くとろみがついている。

すすりあげると、強い酸味はなく、和出汁を感じさせるような味わい。

まさしく日本生まれの中華という感じ。やや塩辛いのが気になりましたが、無事完食。

蝦仁焼売(海老焼売)3個@720(税込@777)

注文時、少しお時間がかかりますとのこと。出来上がり次第でかまわないとお願いしたところ、

酸辣湯麺を食べている途中で運ばれてきました。マスタード付き。

焼売の底の皮は、せいろ用のクッキングシートにくっついて剥がれてしまった。

皮の味が独特で、後味もったり。鹹点心はチョイスミスをしたかもしれません。

アイドルタイムなしの営業ですから、遅がけのランチにも重宝しますし、

お一人様でも気兼ねなく利用できる点は魅力です。

 

銀座アスター 新宿賓館

東京都新宿区新宿3-5-4 新宿レインボービレッジ5F

TEL      03-3351-4351

営業時間/ 11:30~22:00(L.O.21:00)

定休日   年始

大きな地図で見る

※ランチ満足度数は、3.3~5.0

2014年7月 3日

海鮮名菜 香宮 (シャングウ) 六本木

Syannguu

広東料理 「海鮮名菜 香宮」(シャングウ) ランチに再訪

(ノブロー) こんちは!今日はオラもでえ好きな香宮さんにお邪魔しただ。

支配人さんに聞いたら、いつもの可愛いスタッフの姉さん、今日は休みなんだと。寂しいだあ。

(みに) ノブローさん、ナプキンで遊ばない!

テーブル・セッティング等は変りがありませんので、省略します。

本日のオーダーは麺・飯ランチセット@2,500(税別)。

とこしえの美味しさに浸りたいので、チョイスはもちろん鮑汁入りリゾット風チャーハン。

そのほか、お酒のつまみにアラカルトで酸姜彩皮蛋@1200(税別)を別注文。

・前菜の盛り合わせ

紅芯大根とクラゲの和え物

シャキシャキ、コリコリ。心地良い歯ざわり。

湯葉の精進巻き

じっくりと味が浸み込み、味わいも上品。

よだれ鶏

下にはジャガイモとウズラのたまご。しっとりとした鶏肉がマイルドなタレに馴染む。

当店らしく品の良い味わいで、ウズラのたまごは上手い具合にとろ~っと半熟だった。

酸姜彩皮蛋

皮蛋はもちろん臭みなし。

つるんとした白身に歯を入れ、ねっとりと広がる黄身の旨味に顔を綻ばす。

醤油、黒酢、辣油ほか、タレのバランスが絶妙で細かく刻んだ生姜が味わいを深化させている。

このタレ、美味い。私にとってはドリンクだ。

皮蛋をたいらげた後には余すことなくタレも完飲。満足。

・料理長特製スープ

本日の蒸しスープには、鶏肉、白キクラゲ、干し貝柱、杏仁の種など。

(ノブロー) シェフこだわりの蒸しスープだ。黄金比率によるスープは格別の味だで。

奥行き感のある濃厚な味わい。贅沢に干し貝柱もザクザク入っていた。 

・鮑汁入りリゾット風チャーハン(鶏粒鮑汁飯)

お話によると鮑汁入りリゾット風チャーハンは「福臨門」さんの鮑汁鱆鶏粒飯が

本家本元のお料理なのだとか。

鮑汁のエキスに干しタコの旨味がぎゅぎゅっと濃縮し、渾然一体となった

リッチなチャーハンは、レンゲスプーンを休ませない。この味、妙味Crown04

(レンタロー) ティーウォーマーで中国茶のサービスだよ。くつろいじまうな。

・デザート

本日のチョイスは、5/22より提供がスタートしたパイナップルのグラニテ。

上には、乾燥パイナップルとミントの葉をあしらっています。

支配人さんがお姉さんに代わり説明をしてくれたのですが、

下からココナッツプリン、アロエと角切パイン、パイナップルジュレ、パイナップルグラニテ

と積み上げているのだそう。

ぷにゅっとしたアロエの食感にフレッシュなパイナップルの甘さが口いっぱいに広がる。

ミントの香りも爽やかで、夏を感じさせる美味デザートです。美味しい!おすすめCrown04_2

暑くなってきたので、ご配慮でアイスコーヒーを用意してもらえました。

なお、ランチタイムにサービス料はかかりません。

ゆったりとしたランチタイムを過ごす時にも使いたい隠れ家風シノワです。

 

海鮮名菜 香宮 (シャングウ)

東京都港区西麻布1-4-44 シグマ西麻布Ⅱ1F

TEL      03-3478-6811

営業時間/月~土 11:30~14:00(L.O.) 17:30~22:00(L.O.)

定休日/  日曜日   

※中国料理満足度数は5。当然特別。 必再訪(*^・^)ノ 熱烈応援。

2014年7月 2日

中国飯店 富麗華 (チュウゴクハンテンフレイカ) 東麻布

Fureika

中国飯店 富麗華 」(チュウゴクハンテンフレイカ) 再訪

ディナータイム、席のみの予約で訪問。本日はアラカルトでチョイス。

ご案内をうけたのは右手ダイニングの中ほど、テーブル席。

夜の時間帯のテーブル・セッティングは、位置皿の上にナプキン、箸置き、箸(縦置き)。

茶杯とソーサー、小皿、グラス、フィンガーボウル。

温かい白タオル地のおしぼりは手渡しでいただけ、トレー置き。

クロスを2枚重ねた卓上には、醤油、酢、爪楊枝、ティーウォーマーなど。

次いでマスタードと豆板醤もセットされた。 

昼とはセットされるものが少し多い様子。

(ノブロー) オラも同行してるんだ。久しぶりの富麗華 さんだで。ドキドキだ。

メニューをもろうても、せかされることなくじっくり料理を選ばせてもらえるだ。やっぱ違うな。

片片金錢牛(牛ホホ肉の冷菜)小盆@1,134 (香港)

当店では、香港出身の総料理長をはじめとして、料理人は香港、上海と本国各地より招聘。

グランドメニューの一部にも、系統分類として「香港」「上海」が表記されています。

まずは、冷菜から。

ホホ肉の質の良さはもちろん、香港的なスパイスの効かせ方も申し分ない。

ポーションが少ないのでシェアしていただくのではなく、一人一皿欲しい。美味。

(ノブロー) 自分で取り分けるのはこの冷菜だけだ。

あとはスタッフさんが、出来上がった料理を見せてくれたあと、すべて取り分けてサーブしてくれるだ。

だども、デザートは違うよ。各自分での提供だ。

蝦醤介蘭鍋(ガイラン菜の自家製えびみそ炒め)小盆@1,998 (香港)

土鍋での提供。その後、取り分けた量がこれぐらい。ちょっと寂しい。

ガイラン菜は、ほんの少し火が入り過ぎたように思う。干しエビ入りの自家製えびみそで

コクが出ていますが、私としてはガイラン菜は細かくカットするのではなく、

もっとダイナミックにいただきたかった。生姜の風味も効き、味は良いと思います。

芙蓉海中蝦 (大海老と卵白の炒め)小盆@2,268 (上海)

卵白はふわっとして羽毛のように軽く、滑らかな口当たり。

ぷりっとした大海老の身質を噛み切りながら、レンゲで卵白あんを余すことなく楽しむ。

優しい塩味が口の中に広がる。餡かけのまろやかな旨味、とろみのつけ加減も妙妙たるもの。

さすが、選りすぐりの料理人を擁しているだけのことはあります。美味い。

 

次は黒酢の酢豚。当店にお邪魔したからには、試しておきたい名物メニュー。

系列店「潮夢来」さんのランチにいただいたものは、正直ピンとこなかったのですが、

今回はどうでしょう?

富麗華黒排(上海名物 黒酢の酢豚)小盆@2,214 (上海)

――うーん!黒酢の色艶からして違う。

外はかりっと香ばしく、中はしっとりと柔らかくジューシー。

食感のコントラストが効いたひと口サイズの豚肉に、黒酢の風味豊かな餡がぽってりと絡まる。

きっちりと品の良い味わいは、同じ黒酢の酢豚でも系列店の中でトップをいくものだろう。

(ノブロー) 肉は二度揚げすることによって、衣がかりっとなるだ。

(みに) ノブローさん、それ受け売り。魔神さんに教えてもらったのよね。

培根牛油炒飯(ベーコンとエシャロットのチャーハン)@1,512

具材は、ベーコン、玉子、エシャロット、ネギ、アスパラ、キャベツなど。

油が米粒ひとつひとつをコーティングし、唇に油が残りそうなぐらいオイリーなのですが、

味が均一に入り美味しい。これも技量なのでしょうか。

使用されている油も上質、味付けは薄味。

アスパラの食感が良かったなあ。お好みですが、後半には豆板醤を少しつけて。

 

次はデザート。クルミの温製スープが気になりますが、最近よくジンジャープリンを

いただきますから当店のも試してみたい。

姜汁双皮�垢(温かい牛乳プリン ショウガ風味)@783

温かいというか、あっつあつ。

滑らかでミルキーなプリン。口に含むと生姜の風味が鮮やかに広がる。

しかし、ちょっと私には熱すぎる感があり、少し冷めたぐらいが一番美味しくいただけた。

ミシュランガイド星獲得店 「中国飯店 富麗華」安定感のあるクオリティです。

お酒は、ワイン クラウディ・ベイ@6,912ほかで

Hand01 お会計は、1人当たり11,000円(千円未満四捨五入)。

 

中国飯店 富麗華 (チュウゴクハンテンフレイカ)

東京都港区東麻布3-7-5

TEL      03-5561-7788

営業時間/11:30~14:00L.O. 17:30~22:00L.O.

定休日   無休

※中国料理満足度数は4.8~5.0

2014年7月 1日

萬福臨(Wan Fu Lin) 横浜中華街

Wanfulin1

横浜中華街、南門シルクロードの「萬福臨」(WanFuLin)

当店の創業は1958年。中華食材、調味料等を扱う老舗の卸売店。

店頭にはドライフルーツが並び、綺麗で清潔感のある店内には中国茶、中華調味料、

乾物ほか、店内一番奥の棚にはプロが使うような高級乾貨がグラム売りで並びます。

干しナマコは中華街でも目にするのですが、干しアワビが置いてあるのには驚き。

有難さたっぷりなので、中華街に行った際には、目の保養に最後に立ち寄り

(干しアワビを)拝むと言うのが私の行動パターン。

店内には写真撮影禁止のマークがあるので、下記に某日、購入してきたものをご紹介します。

ハスの実 200g@525、干えび 100g@360

金針菜 120g@260 は購入時に冷蔵庫、野菜室での保存を推奨。

店のスタッフさんは細かくアドバイスをしてくれます。

ドライフルーツでは、干しバナナ 150g@240というのも面白かったので買い求めました。

(レンタロー) もちろん店にはフカヒレだって置いてあるだ。非売品のでっけえヒレは一見の価値ありだで。

中華街散策のついでにお邪魔するだな。オリジナルの中華調味料も評判がええんだよ。

 

萬福臨(Wan Fu Lin)

神奈川県横浜市中区山下町123-8 1F

TEL    045-681-3336 

営業時間 9:00~18:00

定休日   無休

http://homepage2.nifty.com/manpukulin/

大きな地図で見る

2014年7月1日

1407

(ノブロー) 7月7日は七夕だで。天の川が見れるとええな。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »